中小企業お役立ち大百科

企業の株主資本の増加をもたらす資金調達【エクイティファイナンス】

 エクイティファイナンスとは、「新株発行を伴う資金調達」のことを言います。このファイナンスは、企業のエクイティー(株主資本)の増加をもたらす資金調達を言い、具体的には、公募(時価発行増資)、株主割り当て、第三者割当等と言った払い込みを伴う増資や、転換社債型新株予約権付社債(CB)等の新株予約権付き社債の発行などを総称する際に使われます。

(1)エクイティファイナンスの特徴及びリスク

  • ①発行会社(企業)にとつては、原則として返済期間のない資金調達であり、財務体質を強固にする効果がある。
  • ②投資家(株主)にとっては、調達した資金が中長期な利益の拡大に貢献する投資に充当されない場合、1株あたりの株式価値が薄くなる可能性がある。
  • ③調達した資金が適切な投資に充てられなかつた場合、会社の支配関係や配当政策などに影響が出たりするなどのリスクもある。
  • ④エクイティファイナンスを実施する場合は、会社は株主に対して、合理的かつ納得のいく説明が求められる。

(2)エクイティファイナンスとデットファイナンスについて

一般に企業が資金調達する場合、様々な方法があるが、大きく分けて「エクイティファイナンス」と「デットファイナンス」があります。

  • ①エクイティファイナンスは市場(株主)から株式などで資金を調達する直接金融と言われています。
  • ②デットファイナンスは銀行等から借入により資金を調達する間接金融と言われています。

 現在は低金利により金融資産を多額に持つ資産家や少額でも有利に運用したい投資家が、銀行借入(間接金融)から直接金融へ移行する流れが顕著になっています。この流れは貸し手(個人や法人)が投資先のリスクを直接に追わなければならなく、自己責任で行うことが原則です。

BACK