メールマガジン

中小企業向けメルマガ バックナンバー

2018年10月23日配信
毎月第2、4火曜日の配信です。お役立ち情報満載でお届けしています。ぜひご購読ください!

□◎●□◎●    2018/10/23 vol.437
●┏━━┓
◎┃\/┃ MINATOあらかると
□┗━━┛ 中小企業応援メール
============================□◎■

こんにちは!今回は、英文ビジネスメールの書き方について紹介します。ご参考にどうぞ。
INDEX
【1】初めてでも臆せず書ける!
英文ビジネスメールのポイントPart2
【2】仕事に役立つセミナー
「仕事に直結!ビジネス英会話《初級編》」受講者募集のお知らせ
【3】「働くパパママ育休取得応援奨励金」のご案内
【4】みなとぴっく福利厚生倶楽部 セミナーのご案内
【5】自分の殻を破ってみよう!新体験スポット #12
英語と日本語で日本文化を体験する 茶道・香道

--------------------------------------------------------
□◎●【1】初めてでも臆せず書ける! 英文ビジネスメールのポイントPart2
========================================================
 今回は英文メールの本文の書き方のポイントについて紹介します。

◆5センテンス・ルール(文章5つルール)
 英文ビジネスメールを書くためのポイントとして、欧米のビジネスパーソンの間で広く知られている“5センテンス・ルール(文章5つルール)”というものがあります。長すぎるメールはしっかり読んでもらえず、短すぎると失礼に当たるので、5文が一番ちょうど良いと考えられています。

〇1文目:挨拶
 初めてメールを送る相手には日本語同様、挨拶文が必要です。もらったメールに返信する場合なら、メールへのお礼を簡単に書きましょう。
例)Thank you for your e-mail.(メールいただき、ありがとうございます。)
例)Thank you for contacting Minato Company.(ミナト社へお問い合わせありがとうございます。)

〇2〜4文目:目的・詳細
 何のためにメールしたのか簡潔に書きます。重要なのは、自分の目的を最初に書くこと。理由や詳細事項はそのあとに書きます。目的→詳細→相手にしてほしいことの順で書くとわかりやすいです。
例)I'm writing to inquire about the meeting on Oct. 23.(10月23日の会議について問い合わせたくメールしました。)
 詳細事項が長くなる場合は、箇条書きにするとわかりやすいです。
例)Could you please: 
  ・print 20 copies of the handouts
  ・schedule a taxi to pick Professor Minato
  ・set up meeting room
(・資料を20部コピー
 ・ミナト教授を迎えに行くタクシーの手配
 ・会議室の準備
 をお願いできますか?)

〇5文目:クロージング
 最後に簡単に日本語の『よろしくお願いいたします』のような結びの言葉を入れて完成です。
例)I hope to see you soon.(お会いできるのを楽しみにしております。)

 英文メールにぜひ挑戦してみてください!

--------------------------------------------------------
□◎●【2】仕事に役立つセミナー「仕事に直結!ビジネス英会話《初級編》」
受講者募集のお知らせ
========================================================
『仕事に直結!「ビジネス英会話」Beginner`s class』を開催します。ぜひご参加ください。

〇とき:平成30年11月16日(金曜)午後1時から4時30分
〇ところ:港区立商工会館
〇受講料:無料
〇定員:40人(先着順)

〇詳しくは下記URLをご覧ください。
https://minato-shoukou.jp/8870

【問い合わせ】港区立商工会館
       電話:03-3433-0862

--------------------------------------------------------
□◎●【3】「働くパパママ育休取得応援奨励金」のご案内
========================================================
公益財団法人東京しごと財団では、東京都と連携をして「働くパパママ育休取得応援奨励金」を開始しました。ご活用ください。

〇働くママコース
従業員に1年以上の希望する期間の育児休業等を取得させ、育児中の雇用を継続する
環境整備を行った都内中小企業等に対し125万円支給。
〇働くパパコース
男性従業員に育児休業等を取得させた都内企業等に対し、15日の取得で25万円支給。
以降15日ごとに25万円加算。最大300万円。
〇申し込み期間:平成30年5月15日から平成31年3月29日

〇詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.shigotozaidan.jp/koyo-kankyo/joseikin/papamamaikukyusyutoku.html

【問合いわせ】公益財団法人東京しごと財団 
       雇用環境整備課 育児休業促進支援担当係
       電話:03-5211-2399 

--------------------------------------------------------
□◎●【4】みなとぴっく福利厚生倶楽部 セミナーのご案内
========================================================
中小企業のための「経営を強くする!銀行とうまく付き合う秘訣」セミナーを開催します。ぜひご参加ください。

〇とき:1回目 平成30年11月21日(水曜)午後3時から5時
    2回目 平成30年11月22日(木曜)午前10時から正午
※両日ともに同じセミナー内容です。各日時間が異なるのでご確認のうえ、申し込みください。
〇ところ:港区立港勤労福祉会館2階 勤労者教室
〇定員:各回20人(先着順・要予約)
〇費用:無料

【問い合わせ】みなとぴっく福利厚生倶楽部
       電話:03-3457-7591

--------------------------------------------------------
□◎●【5】自分の殻を破ってみよう!新体験スポット #12
英語と日本語で日本文化を体験する 茶道・香道
========================================================
日本語と英語で日本の伝統文化を学ぶ、シリーズの体験型ワークショップです。根津美術館の茶室で薄茶を点てる茶道体験や、能の登場人物も聞いていた聞香が体験できます。

『能楽への誘い 平安から平成、そして次世代へ(平成30年度港区文化芸術活動サポート事業助成)茶道・香道体験』
〇とき:11月18日(日曜)午後2時から4時
〇ところ:根津美術館(港区南青山6丁目5番地1号)
〇定員:30人
〇費用:3000円(区内在住・在勤者料金)
【問い合わせ】伝統の橋がかり
       mail:dentou@hashigakari.org
       電話:090-4021-8313

--------------------------------------------------------
毎月第2・第4火曜日、皆さんに役立つ情報をお届けします。
意見・感想をお寄せください。
次号は、平成30(2018)年11月13日にお送りします。

港区内の中小企業・商店街のご紹介や、お得な情報満載の港区中小企業応援情報誌「こうりゅう」のバックナンバーはこちら。
https://www.minato-ala.net/kouryu/
----------------------------------------------------------

【発行元】 港区産業振興課

【問い合わせ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

----------------------------------------------------------

■配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag/
※原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。

Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。


メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎月第2、4火曜日の配信です。すぐに役立つお役立ち情報を満載でお届けしています。購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK