メールマガジン

中小企業向けメルマガ バックナンバー

2018年8月28日配信
毎月第2、4火曜日の配信です。お役立ち情報満載でお届けしています。ぜひご購読ください!

□◎●□◎●    2018/8/28 vol.433
●┏━━┓
◎┃\/┃ MINATOあらかると
□┗━━┛ 中小企業応援メール
============================□◎■

こんにちは!今回は、英文ビジネスメールの書き方のポイントを紹介します。参考にしてみてください。

INDEX
【1】初めてでも臆せず書ける! 
英文ビジネスメールのポイント Part1
【2】港区立商工会館主催 創業支援セミナー(参加無料)のご案内
【3】第44回発明大賞候補者募集のご案内
【4】革新的サービスの事業化助成金のご案内
東京発!新サービス事業モデルの創出
【5】中小企業にとっての知的財産とは
知的財産基礎セミナーのご案内
【6】健康経営を考えよう セミナーのご案内
疾病をもつ社員をどう支援するか?
【7】俳句で脳トレ! 日常を俳句にする句作講座
生涯学習講座提供事業「まなび屋」 右脳俳句で自分史づくり
--------------------------------------------------------
□◎●【1】初めてでも臆せず書ける! 
英文ビジネスメールのポイント Part1
========================================================
 海外との取引等で、英語でビジネスメールを書くことも珍しくなくなりました。今回は英文ビジネスメールを書くための件名と宛名の書き方を紹介します。

【1】件名
 本文の内容が一目でわかるよう件名を付けることが重要です。その際、完全なセンテンスにする必要はありません。件名欄は短いので「a」「the」「About」等の語は適宜省略してかまいません。また、重要・緊急のメールには大文字で「IMPORTANT(重要)」「URGENT(緊急)」等を件名につけ、重要度を表します。「Information(お知らせ)」や「New Product(新商品)」といった"何"のおしらせなのか分からない件名だと迷惑メールと間違われる可能性があります。

例)「Request for Product Information(製品情報送付のお願い)」
「IMPORTANT:Reschedule of Meeting on 28th(重要:28日の会議の日程変更)」

【2】宛名
 改まった間柄や初めてメールを送る相手の場合、「Dear+Mr./Ms.+相手の姓」で表します。日本語の場合、フルネームやファーストネームに敬称を付けることは不自然ではありませんが、英語の場合はMr.等の敬称に続けるのは苗字のみのほうが自然です。相手の名前がわからない場合は「To whom it may concern(関係者各位)」等といった表現を使います。

例)〇名前がわかっている相手
「Dear Mr.Harbor,」
〇名前の分からない相手
「Dear Sir or Madam,」「Dear all,」
〇知人等、ある程度親しい相手
「Dear Minato,」
〇同僚等カジュアルな間柄
「Hi Minato,」

 名前の後には必ず「,」(英国・欧州式)か、「:」(米国式)をつけましょう。厳格なルールはないので、どちらを付けても構いません。

--------------------------------------------------------
□◎●【2】港区立商工会館主催 創業支援セミナー(参加無料)のご案内
========================================================
「創業の第一歩!起業家のためのビジネスモデルの作り方」と題して創業前に絶対に知っておいてほしい5つのことを紹介します

〇とき:平成30年9月10日(月)午後6時30分から8時30分
〇ところ:港区立商工会館
〇対象:創業をお考えの方
〇受講料:無料
〇定員:30人(先着順)

〇詳しくは下記URLをご覧ください
https://minato-shoukou.jp/

【問い合わせ】港区商工会館
電話:03-3433-0862

--------------------------------------------------------
□◎●【3】第44回発明大賞候補者募集のご案内
========================================================
(公財)日本発明振興協会は、優秀な発明考案によって、わが国科学技術の振興、産業の発展、国民生活の向上、環境問題の解決等に寄与した中小企業または発明研究者を表彰します。

〇賞の種類:
・発明大賞本賞(副賞100万円)
・東京都知事賞、日本発明振興協会会長賞副賞、日刊工業新聞社賞(いづれも副賞50万円)他
〇募集期間:平成30年9月30日(日曜)(当日消印有効)

〇詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.jsai.org/taishou-30.html

【問い合わせ】公益財団法人 日本発明振興協会 発明大賞推進委員会
電話:03-3464-6991
E-mail:jsai_aaa@jsai.org

-------------------------------------------------------
□◎●【4】革新的サービスの事業化助成金のご案内
東京発!新サービス事業モデルの創出
========================================================
新しいサービス事業モデルの創出と事業化を促進するため、事業化等に要する経費の一部を助成するとともに、サービス担当マネージャーによる専門家派遣を実施します。本事業には申請要件があります。詳しくは公社ホームページをご確認ください。

〇助成限度額:2000万円
〇助成率:1/2
〇申請予約:平成30年9月25日(火曜)まで

〇詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/service/kakushin.html

【問い合わせ】東京都中小企業振興公社 経営戦略課 山中・請川
電話:03-5822-7232
E-mail:senryaku@tokyo-kosha.or.jp

--------------------------------------------------------
□◎●【5】中小企業にとっての知的財産とは
知的財産基礎セミナーのご案内
========================================================
知的財産初心者の方を対象に、知的財産の基礎全般を説明し、知的財産を創造、活用するためのヒントを紹介します。

〇とき:平成30年9月21日(金曜)午後2時から5時
〇ところ:(公財)東京都中小企業振興公社 3階第1会議室
〇定員:60人
〇費用:無料

〇詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.tokyo-kosha.or.jp/chizai/seminar/2018/300921chizaikiso.html

【問い合わせ】東京都知的財産総合センター
電話:03-3832-3656
E-mail:chizai@tokyo-kosha.or.jp

--------------------------------------------------------
□◎●【6】健康経営を考えよう セミナーのご案内
疾病をもつ社員をどう支援するか?
========================================================
「健康経営」の取組みが企業に急速に広がっています。本セミナーでは治療を受けながら仕事を続けられる時代になってきている『がん』にフォーカスをあて、これから将来にわたって対応すべき課題について考えます。

〇とき:平成30年9月13日(木曜)午後6時から午後8時
〇ところ:港区立湊勤労福祉会館2階 勤労者教室
〇定員:20人(先着順)
〇参加費:無料

【問い合わせ】みなとぴっく福利厚生倶楽部
電話:03-3457-7591

--------------------------------------------------------
□◎●【7】俳句で脳トレ! 日常を俳句にする句作講座
生涯学習講座提供事業「まなび屋」 右脳俳句で自分史づくり
========================================================
右脳の強化鍛錬には「俳句」が最適です。日々の何気ない日常をテーマに俳句を作れば、ボケ防止や脳トレになるだけでなく、自分の作った作品が自分史になります。本講座では自分史や俳句について学び、実際に俳句を作ります。

〇とき:午後1時30分から5時までの1回90分
    日にちは応相談
〇必要経費:100円(教材費)
〇対象:3人以上のグループ(半数以上が区内に在住・在勤・在学の人)が対象です。

〇詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.city.minato.tokyo.jp/shougaigakushu/kodomo/shogai/manabiya/kozaichiran.html

【問い合わせ】講師 加藤 晃規
電話:03-5443-0315
E-Mail:Ko-ki575@ozzio.jp

--------------------------------------------------------
毎月第2・第4火曜日、皆さんに役立つ情報をお届けします。
意見・感想をお寄せください。
次号は、平成30(2018)年9月11日にお送りします。

港区内の中小企業・商店街のご紹介や、お得な情報満載の港区中小企業応援情報誌「こうりゅう」のバックナンバーはこちら。
https://www.minato-ala.net/kouryu/

----------------------------------------------------------

【発行元】 港区産業振興課

【問い合わせ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

----------------------------------------------------------

■配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag/
※原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。

Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。


メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎月第2、4火曜日の配信です。すぐに役立つお役立ち情報を満載でお届けしています。購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK