メールマガジン

中小企業向けメルマガ バックナンバー

2018年1月9日配信
毎月第2、4火曜日の配信です。お役立ち情報満載でお届けしています。ぜひご購読ください!

□◎●□◎● 2018/1/9 vol.418
●┏━━┓
◎┃\/┃ MINATOあらかると
□┗━━┛ 中小企業応援メール
============================□◎■
明けましておめでとうございます!2018年最初のメールマガジンです。今回のコラムでは、メイド・イン・ジャパンにこだわった子ども用竹食器の製造販売会社の取り組みを紹介します。

INDEX
【1】時代を切り開け《ユニークビジネス》 ♯30
竹から始まる、食育物語
【2】港区立商工会館「ビジネス支援セミナー」のご案内
【3】平成30年度リーダー講演会のお知らせ
「誰もが楽しく働ける社会を作るための工程表」
【4】平成29年度「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募を開始します
【5】歴史を知ろう!港区ゆかりの建築 #8
明治天皇崩御の後に殉死された陸軍大将乃木希典の邸宅

--------------------------------------------------------
□◎●【1】時代を切り開け《ユニークビジネス》 ♯30
竹から始まる、食育物語
========================================================

 メイド・イン・ジャパンにこだわった竹食器で、家族に安心・安全を提供しているファンファン株式会社(藤岡恒行共同代表)。喜ばれる出産祝いギフトとして評判です。

○写真 http://www.minato-ala.net/mag/photo/c/180109/001.jpg

 同社は、お椀、お皿、箸、コップ等の約100種類の竹製子供用食器を製造・販売しています。化石燃料素材を一切使わずに、製造・加工・塗装のすべての工程を日本で行っている商品は、軽くて丈夫・抗菌性も高いと好評を得ています。また、子どもがスプーンで食べ物をすくうのに最適なお皿の深さや角度を調整し、特許を取得。一流ホテルの子供向けマナー講座等でも使用されています。

 竹のせいで他の植物が育たなくなる「竹害」が問題視されるなか、竹を木材の約20倍のスピードで成長する"資源"として着目した藤岡共同代表。竹食器のメーカーという立場に留まらず、食育という付加価値で独自の成長を遂げてきました。東京都の檜原村に建設した自社工場では、子どもが製造や調理、販売を体験できる環境をつくる等、活躍の幅を広げています。「製造業と観光業の一体化を目指し、2020年に向けて日本の文化を伝えていくことが大切だと感じています」(藤岡共同代表)。

 同社の竹食器は、大手百貨店等、国内外600店舗以上で取り扱われる人気商品です。藤岡共同代表は、「今後は、食器をデバイスに見立てることで、ヘルスケアの分野にも進出していきたいです」とさらなる展開に情熱を燃やしています。

〇ファンファン株式会社 http://www.funfam.jp/

--------------------------------------------------------
□◎●【2】港区立商工会館「ビジネス支援セミナー」のご案内
========================================================

港区立商工会館は、日本シニア起業支援機構(J-SCORE)と協働して定例講演会を開催しています。今回は、農業・食品関係者8名の発表があります。皆さんご参加ください。

○とき:平成30年1月16日(火曜)午後1時15分から4時55分
○ところ:港区立商工会館
○料金:無料
○定員:95人(先着順・要予約)

詳しくは下記URLをご覧ください。
https://minato-shoukou.jp/6472

【問い合わせ】港区立商工会館
       電話:03-3433-0862

--------------------------------------------------------
□◎●【3】平成30年度リーダー講演会のお知らせ
「誰もが楽しく働ける社会を作るための工程表」
========================================================

東京都立中央図書館では、“ヒト”を生物のひとつとして捉える女性科学者独自の視点から、女性や男性の働き方や、楽しく働くためのヒントを学べる講演会を開催します。ぜひご参加ください。

○とき:平成30年1月27日(土曜)午後2時から4時
○ところ:東京都立中央図書館 多目的ホール(4階)
○料金:無料
○定員:100人

詳しくは下記URLをご覧ください。
https://www.library.metro.tokyo.jp/tabid/4345/Default.aspx

【問い合わせ】東京都立中央図書館
       電話:03-3442-8451

--------------------------------------------------------
□◎●【4】平成29年度「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募を開始します
========================================================

厚生労働省では、 ひとり親家庭に対しての自立支援の一環として 、就業支援に積極的に取り組んでいる企業や団体を表彰する「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募を11月13日から開始しています。

○募集内容:
 1.母子家庭の母・父子家庭の父の就業支援に積極的に取り組んでいる企業・団体
 2.母子・父子福祉団体等に相当額の事業の発注を行っている企業・団体
○募集締切:平成30年2月2日(金曜)

詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000183922.html

【問い合わせ】厚生労働省 子ども家庭局 家庭福祉課 母子家庭等自立支援室
       電話:03-5253-1111

--------------------------------------------------------
□◎●【5】歴史を知ろう!港区ゆかりの建築 #8
明治天皇崩御の後に殉死された陸軍大将乃木希典の邸宅
========================================================

旧乃木邸 明治35年(1902)

明治の陸軍大将・乃木希典が住んだ邸宅。明治天皇の大喪の日に殉死した地として知られています。木造2階建で、地階を有します。地下は大谷石を積み上げて造られ、その上に西洋風の下見板張の木造を立ち上げています。装飾的要素を排した、きわめて質素な西洋館です。大正時代から一般公開されている建物としても長い歴史を持ちます。

参考出典:港区ゆかりの建築データベースより
https://www.lib.city.minato.tokyo.jp/yukari/j/bld-detail.cgi?id=6

----------------------------------

毎月第2・第4火曜日、皆さんに役立つ情報をお届けします。
意見・感想をお寄せください。
次号は、平成30(2018)年1月23日にお送りします。

港区内の中小企業や商店街のご紹介や、お得な情報満載の港区中小企業応援情報誌「こうりゅう」のバックナンバーはこちら。
https://www.minato-ala.net/kouryu/

----------------------------------------------------------

【発行元】 港区産業振興課

【問い合わせ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

----------------------------------------------------------

■配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag/
※原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。

Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎月第2、4火曜日の配信です。すぐに役立つお役立ち情報を満載でお届けしています。購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK