メールマガジン

中小企業向けメルマガ バックナンバー

2013年12月10日配信
毎月第2、4火曜日の配信です。お役立ち情報満載でお届けしています。ぜひご購読ください!

◎●◎●□     2013/12/10 vol.320
●┏━━┓
◎┃\/┃ MINATOあらかると中小企業応援メール
□┗━━┛
================□◎■=●◎●=■◎□==================

こんにちは。今日のコラムは、クリーンエネルギーの分野
で“誰でも発電”に挑戦するベンチャー企業を紹介します。

INDEX
【1】時代を切り開け〜ユニークビジネス〜 #14
“誰でも発電”を現実に!エネルギーベンチャー
【2】外国実用新案出願費用助成事業
平成25年度 追加募集のご案内
【3】〜ワールドカフェをやろう!〜(無料)
「新しい市場の生み出し方・育て方」について
話し合ってみませんか?
【4】東京工業大学 シリーズ 公開講演会
本年度第二期「東工大の最先端研究」ご案内(無料)
【5】★ビジネスマンおすすめシリーズ! #63
ワケもなく無性に食べたくなる!?ガッツリ系スパゲティ

------------------------------------------------------
□◎●【1】時代を切り開け〜ユニークビジネス〜 #14
“誰でも発電”を現実に!エネルギーベンチャー
======================================================

 “電気は誰でも簡単に作れる”発電を身近なものにしたい
として、節電・発電支援サービスを提供するエネルギーのベ
ンチャー企業が赤坂にあります。みんな電力株式会社(大石
英司社長・44歳)です。

 大石社長は、大手印刷会社で新規事業開発を担当する管理
職でした。誰もが自己表現できる場を作りたいと考え、テー
マを何にするかと考えていたある日、有楽町駅で太陽光発電
のキーホルダーを下げている女性に目が留まりました。

 「この人発電している!? その電気が欲しい」大石社長は、
ちょうど携帯端末のバッテリー切れで困っており、“お金を
払ってでもその女性から電気を買いたい”と感じた瞬間、事
業のヒントが閃きました。

「今まで野菜やゲームアプリなどの発表の場を考えていたが、
誰でも作れるものではない。しかし発電なら誰でも簡単!」
素晴らしいアイデアと思って社内で話したものの、印刷会社
で発電事業はかけ離れすぎとして賛同が得られませんでした。

 “誰でも発電”は、新しい価値を世の中に生み出すと見込
んだ大石社長は、2011年に独立。エネルギーの自給自足生活
に向け、主に普及啓発のWEBサイト「エネとも」運営と、「じ
ぶん発電所」「家庭発電所」「地域発電所」の大小3つの発
電所開設を推進する創エネ・省エネ事業で創業しました。

 創エネ事業はマスコミに注目されたものの、なかなか収益
には結びつきません。当初は、大手経営者から、コンセプト
が面白いから話をしに来いと呼ばれ、その際に太陽光発電パ
ネルの大量発注を貰えたこと等で成り立ってきました。

 先行き不透明な中、他社にないコンセプトが自治体から注
目され、現在は、省エネ・創エネ政策で話題の世田谷区から、
地産地消の電力会社をつくるための準備事務局の運営を受託
しました。更に同社の家庭用ベランダ発電の研究が、新エネ
ルギー・産業技術総合開発機構の「太陽光発電多用途化実証
プロジェクト」にも採択されるなど、今後の見通しが立って
きました。

 大石社長は「将来は、生産者の顔が見える野菜販売のよう
に、個人が発電した電力も“誰が発電したかわかる”状態を
目指したい。親しみが持てて、クリーンエネルギーの推進が
もっと活発になるはず。」と信念を持って邁進しています。

〇みんな電力株式会社 http://minden.co.jp/

------------------------------------------------------
□◎●【2】外国実用新案出願費用助成事業
平成25年度 追加募集のご案内
======================================================

都は外国での実用新案出願に係る経費の一部を助成します。
実用新案は、特に中国においては無審査で早期に登録され
るため、容易に権利取得できるという特徴があります。
また、出願件数の増加に伴い、実用新案権に基づく知的財
産侵害訴訟事件が注目されるなど、知的財産の保護という
観点からも非常に重要な権利です。助成をご活用ください。

○対象経費:外国実用新案出願手数料、弁理士費用、翻訳料等
○助成額等:助成対象経費の2分の1以内 上限60万円
○募集期間:平成26年1月31日(金)まで先着順
※助成総額が予算上限に達した時点で受付終了します。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2013/11/22nbe100.htm

【お問い合わせ】(公財)東京都中小企業振興公社
東京都知的財産総合センター
TEL:03-3832-3656

------------------------------------------------------
□◎●【3】〜ワールドカフェをやろう!〜(無料)
「新しい市場の生み出し方・育て方」について
話し合ってみませんか?
======================================================

水泳帽で新しい市場を生み出したフットマーク(株)の磯
部成文会長を講師に招き、基調講演を行います。講演後は
「新しい市場の生み出し方・育て方」についてワールドカ
フェ方式でディスカッションを行います。ご参加ください。

○開催日時:平成26年1月23日(木)14:00〜17:00)
○会場:秋葉原ダイビル5階 カンファレンスルーム5B
(千代田区外神田1-18-13)
○募集人数:80名(先着順)
○参加費用:無料

※大企業の方や経営コンサルティング業に従事されている
方のご参加はご遠慮ください。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1311/0002.html

【問い合わせ先】(公財)東京都中小企業振興公社 取引振興課
TEL:03-3251-9330
E-mail:sangyo-jinzai@tokyo-kosha.or.jp

------------------------------------------------------
□◎●【4】東京工業大学 シリーズ 公開講演会
本年度第二期「東工大の最先端研究」ご案内(無料)
======================================================

東工大が取り組む最先端研究を一般の方々へわかりやすく
お話し、その研究の役割と魅力に触れてもらう機会として
講演会を開催します。ぜひご参加ください。

○開催期間:平成25年12月6日〜平成26年1月29日
各回すべて19:00〜20:30
○会場:東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター
1階 国際会議室(JR田町駅芝浦口徒歩1分)
○プログラム:
12/11(水)運動と場の力学 −安全・安心・快適に
向けた人の誘導とそのデザイン―
12/18(水)バイオの仕組みでメカ造り
−バイオ活用型メカニズム−
12/20(金)暮らしのあちこちで熱電発電
1/15(水)インターネットから現実世界の「今」を読み解く
1/17(金)氷 −身近な機能性物質−
1/22(水)The end is the beginning
−DNAの「端」から医療応用へ−
1/29(水)核融合プラズマ技術を転用した
次世代半導体の微細加工
○参加費:無料
○定員:各回100名(先着順)
○申込み方法:WEBサイトの「参加申込フォーム」から
またはメール、Fax等で受付。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://kyoiku-in.titech.ac.jp/cat13/detail_27.html

【問い合わせ先】東京工業大学 社会人教育院事務室(内)
「国民との科学・技術対話」推進チーム
TEL:03-3454-8804 FAX:03-3454-8762
E-mail:info.taiwa@jim.titech.ac.jp

------------------------------------------------------
□◎●【5】★ビジネスマンおすすめシリーズ! #63
ワケもなく無性に食べたくなる!?ガッツリ系スパゲティ
======================================================

虎の門にある「ロメスパ バルボア」は、極太麺を炒めて作
るガッツリ系スパゲッティを、並盛り350gからメガ盛り1kg
で食べられるスパ専門店。 流行のナポリタンは具材がちょ
っと面白い。ベーコンじゃなく炒め豚。それに組み合わされ
るのは小松菜。5分程度で出て来るから忙しい人にぴったり。

【問い合わせ先】ロメスパ バルボア 虎ノ門店
港区虎ノ門1-16-2 岩尾ビル1F
http://www.wdi.co.jp/ja/re-balboa.html
TEL:03-5510-6821

=================□◎■=●◎●=■◎□=================
毎月第2・第4火曜日、皆様に役に立つ情報をお届けします。
ご意見・ご感想をお寄せください。
次号は、2013年12月24日にお届けします。
----------------------------------------------------------

【発行元】 港区産業振興課

【お問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

----------------------------------------------------------

■配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag/
※原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。

Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎月第2、4火曜日の配信です。すぐに役立つお役立ち情報を満載でお届けしています。購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK