メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2020年3月26日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆港区観光情報メールマガジン =毎週木曜配信=
◆◆  『WELCOME港区』2020/3/26号 vol.815
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『WELCOME港区』では、港区内の観光スポットやイベント情報などをご紹介します。
*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.
【今週のスポット】
港区観光大使のおすすめスポット [旧細川邸のシイの木] 
.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:

□■□■□■□■□■□■□■□■
港区観光大使のおすすめスポット
□■□■□■□■□■□■□■□■
★+。。。+★港区観光大使とは?★+。。。+★
港区に縁(ゆかり)がある多くの方の情報発信力等を活用した港区のプロモーションの取組として、港区の魅力を国内外に発信していただける69人の皆さんを港区観光大使に認定しました。
港区観光大使には、名刺を活用した観光PRやSNS等の情報発信を通し、区の観光はもちろんのこと、地域に根ざした様々な情報等を、より多くの人に知ってもらえるよう魅力を発信していただきます。
★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

===============今週の観光大使=============
安藤洋一さん 「高輪地区地域情報紙」チーフ

5歳の頃から高輪に住んでいるという安藤さんは、都市計画コンサルタントだったことから、港区の街作りに積極的に関わっていて、松ヶ丘会という町会の町会長でもあります。
また港区チャレンジコミュニティ大学の出身でもあります。
港区まち創り研究会、略してまち研を主催するとともに、港区高輪地区総合支所が主催の高輪地区地域情報紙である『みなとっぷ』のチーフを務めています。
『みなとっぷ』は年3回発行され、すでに10年以上の歴史があり、編集部員は公募で、15名ほどが参加しています。
安藤さんは第1回から参加していて、高輪の街に根ざした様々な情報を発信しています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-4/2003-4-1.jpg
地元育ちということで、高輪の街にとても造詣が深い安藤さん

□■□■□■□■□■
旧細川邸のシイの木
□■□■□■□■□■
高輪に70年以上住み続けている安藤さんのおすすめは旧細川邸のシイの木です。
高輪地区総合支所の裏手にあり、東京都指定文化財だけでなく、東京都天然記念物にも指定されています。
安藤さんは近所に住んでいることもあり、シイの木との思い出もたくさんあるとのことです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-4/2003-4-2.jpg
周りには木立がありますが、ひと際大きいのが旧細川邸のシイの木です

「高輪地区は歴史があり、樹齢を重ねた古くて大きな木が見られるのが特徴です。
なかでも旧細川邸のシイの木は樹齢400年と言われ、地域のシンボルとなっています。
私が小学生の頃は、シイの木の隣にある高松中学校もなかったですし、高輪区民センターもありませんでした。
自然豊かな場所で、シイの木のそばは崖になっていて、崖を下りたりして遊んでいました。
当時シイの木は2倍位の高さがあったのですが、私が中学生の頃、雷が落ちて幹の中が焼けてしまい、木が弱ってしまいました。
その頃は、周りに高い建物がなく、シイの木に雷が落ちたのだと思います。
そこで、港区で木を生き延ばすために枝を落としたりして、なんとか再生させました。
そのため、当時に比べて木の大きさは小さくなっていますが、何とか生き延びることができました。
貫禄のある幹の姿は当時のままです。
幹の上部に大きな穴があり、当時そこにフクロウが住みついており、毎晩「ホー、ホー」と鳴いていました。今では考えられないですね。
旧細川邸はもともと熊本藩の下屋敷で、このシイの木の近くで細川家に預けられた赤穂義士たちが切腹しました。
樹齢400年ということは、このシイの木が義士たちの切腹を見守っていたと考えると何かロマンがありますね」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-4/2003-4-3.jpg
フクロウが住みついていたという穴は今でも残っています

最後に高輪の魅力について伺いました。
「高輪に古くて大きな木が多いのはお屋敷が多かったからです。
旧細川邸のシイの木の並びには桜並木もあります。
お寺も多く、歴史を感じる落ち着いた雰囲気が高輪の魅力です」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-4/2003-4-4.jpg
安藤さんはシイの木の近くでギャラリーを営んでいます

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-4/2003-4-5.jpg
今年は中止になりましたが、例年、桜並木の下で行われている桜祭り

●=Information=●
旧細川邸のシイの木
【所在地】港区高輪1-16-25(高輪地区総合支所裏)
【アクセス】
東京メトロ南北線、都営浅草線「白金高輪」徒歩3分
ちぃばす高輪ルート「高輪地区総合支所前」徒歩3分

*★*彡---------*★*
お知らせ
*★*彡---------*★*
■港区観光ボランティアガイド育成講座受講生募集!
港区の魅力を発信し、観光案内活動を行う観光ボランティアガイドの育成を行っています。
18歳以上(高校生不可)で、国内外からの観光客に対しておもてなしの心をもって案内できる人を募集しています!
年間15回の育成講座を経た令和3年度以降、観光ボランティアガイド活動をしていただきます。
観光ボランティアガイドとして港区の魅力を発信してみませんか。
※本講座は、語学等を学ぶための講座ではありません。

●=Information=●
【応募期間】
募集中〜4月17日(金・必着)
【講座期間】令和2年6月〜令和3年1月に月2〜3回(予定)
午後3時〜午後5時
※原則平日に行いますが、講座内容によっては、休日や日中に開催する場合があります。
【場所】芝コミュニティはうす(港区芝5-13-15 芝三田森ビル2階)等
【対象】詳細はホームページをご覧ください。
【申込み】参加申込書に必要事項を明記の上、郵送してください。
〒105-8511港区役所産業振興課 観光政策担当(区役所3階)へ
※参加申込書は以下ホームページからダウンロードできます。
【定員】40人
※応募多数の場合は、書類選考の上、区内在住・在勤・在学者を優先します。
※結果については、4月24日(金)までに発送します。
【問合せ】03-3578-2552(産業・地域振興支援部産業振興課観光政策担当)
【ホームページ】http://www.city.minato.tokyo.jp/keieishien/kankouvolunteer.html

◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
@配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved.

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK