メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2020年3月19日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆港区観光情報メールマガジン =毎週木曜配信=
◆◆  『WELCOME港区』2020/3/19号vol.814
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『WELCOME港区』では、港区内の観光スポットやイベント情報などをご紹介します。
*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.
【今週のスポット】
Spot1=港区観光大使のおすすめスポット [赤坂氷川神社と赤坂の歴史] 
Spot2=白金プラザ会
.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Spot1=港区観光大使のおすすめスポット
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
★+。。。+★港区観光大使とは?★+。。。+★
港区に縁(ゆかり)がある多くの方の情報発信力等を活用した港区のプロモーションの取組として、港区の魅力を国内外に発信していただける69人の皆さんを港区観光大使に認定しました。
港区観光大使には、名刺を活用した観光PRやSNS等の情報発信を通し、区の観光はもちろんのこと、地域に根ざした様々な情報等を、より多くの人に知ってもらえるよう魅力を発信していただきます。
★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

=====今週の観光大使=====
藤田薫さん 冊子「あの日あの頃」データ整理会代表

曾祖父の代に赤坂へとやって来て、ご自身も赤坂育ちの藤田さん。
飲食を中心とした華やかな街としてだけでなく、歴史と文化のある街として、赤坂・青山地区の暮らしの記憶を発掘して記録した冊子『語り継ぐ赤坂・青山―あの日あの頃』をボランティアの仲間と共に制作・赤坂支所から刊行し、現在も仲間と記録の整理をしています。
その成果を活かし文化をもっと前面に出せるよう、赤坂在住・在勤・出身の仲間とともに赤坂無形文化振興会を結成し、代表として、積極的に活動なさっています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-3/2003-3-1.jpg
赤坂にまつわる歴史や文化の記録はもちろん、発信にも力を入れている藤田さん

□■□■□■□■□■□■□
赤坂氷川神社と赤坂の歴史
□■□■□■□■□■□■□
多方面で活躍されている藤田さんですが、そのなかでも力を入れている活動やおすすめスポットについて伺いました。

「スポットとしておすすめなのはやはり赤坂の鎮守様、赤坂氷川神社です。
私たち赤坂無形文化振興会・みやび会は赤坂氷川神社で『赤坂氷川能』というお能体験のワークショップを行っています。
詳しいスケジュールなどは、『赤坂みやび会』のホームページでご確認ください。
これはお能の成り立ちや所作の意味の分かりやすい解説、謡やすり足の体験、装束の着付けや能のクライマックスの舞の拝見をするもので、講師は赤坂で30年以上、謡と仕舞を指導している重要無形文化財の金春流・高橋忍師にお願いしています。
ワークショップの参加者に、「赤坂氷川神社のあたりは都心とは思えない静かさなのを初めて知りました。赤坂の街をもっと紹介してほしい」と言われて、始めたのが『ぶらかおる』というまち歩きの会です。名称が以前出演したテレビ番組のもじりなのが、ちょっと恥ずかしいのですが、仲間が、どんなことをするのか一目瞭然というので決めました。
この会では、2時間のお散歩での赤坂の魅力発見と、元赤坂芸者が営む、品よく静かなサロンで軽食とお茶をいただく2時間の茶話会で楽しんでもらっています。
赤坂の『粋と雅とハイカラ』を感じられる場所を精選したコースを無理せずにゆっくりと歩き、ご自分の五感で赤坂を味わい、茶話会で分かち合ってもらえたら嬉しく思います。
意外な場所に庭園があったり、豊川稲荷の奥に銭洗い弁天があったりと発見もできます。
好評なので、色々なテーマで今後も続けていきたいと考えています。
また、赤坂に50年以上ある(公財)日伊協会の短期留学で毎夏来日するイタリア人学生たちに、一ツ木通りの浄土寺盆踊りや赤坂氷川能の体験も楽しんでもらっています」
【赤坂無形文化振興会・赤坂みやび会 ホームページ】
https://akasakamiyabikai.wixsite.com/website

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-3/2003-3-2.jpg
都心とは思えない静けさに包まれた、赤坂の鎮守である赤坂氷川神社

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-3/2003-3-3.jpg
ワークショップの赤坂氷川能では、能についての様々な体験ができます

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-3/2003-3-4.jpg
能楽師を講師に迎えた、本格的な内容です

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-3/2003-3-5.jpg
「ぶらかおる」では和服で案内しています

力を入れている活動についても伺いました。
「もうひとつ取り組んでいるのが、『赤坂オペラ』の復活と創造です。
日本のオペラの発祥の地は赤坂なんです。
大正5年(1916年)10月、日比谷の帝劇でオペラとバレエの指導をしていたイタリア人のローシーが私財を投じて、ローヤル館という日本初のオペラハウスを赤坂見附(現サントリー本社)に開設しました。
のちに浅草オペラの大スターとなった田谷力三はローシーに見いだされて、ここでデビューしました。
そしてローヤル館大阪公演で田谷の美声に感激してオペラ歌手となった藤原義江が歌劇団を旗揚げしたのは、赤坂氷川神社の並びでした。
これは東京オペレッタ劇場とのコラボで、赤坂にある(公財)日伊協会のご協力もいただいています。
オペラというと敷居が高いように思われますが、〈上品で本格的な〉オペラを目指し、興行的に立ち行かずに渡米したローシーも、実は日本語でやっていました。
今回からは、やはりローシーのオペラの復活を考えていらした赤坂在住の舞台芸術家お二方と、ぜひ一緒にやりましょうということになり、〈上品で本格的〉ながら〈楽しくて分かりやすい〉日本語による『赤坂オペラ』を復活・創造しようという機運になりました。
第1回復活公演『蝶々夫人』は赤坂区民ホールが満員になるほどの大成功で、第2回は、今秋、旧赤坂区青山南町(現南青山)で、『伯爵令嬢マリツァ』公演を予定しています。
こういうのもみんなで体験して、育てていくものです」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-3/2003-3-6.jpg
ローヤル館があったのは、現在の赤坂見附交差点付近です

赤坂らしさを支える文化と歴史について伺いました。
藤田さんによれば、根底には3つの美意識があるとのこと。
「江戸時代からバブルの頃までは、赤坂の街の骨格というのは変わっていません。
多様性が赤坂らしさで、例えば、戦後の赤坂中学校には福岡藩黒田家のご子孫や木戸孝允のお孫さん、粋筋のお家の子どもなどいろいろな人が通い、分け隔てがありませんでした。
江戸時代からの武家文化の下地に、明治になって皇族・華族の公家文化が入ってきて、その後できた軍隊や、官庁の奥座敷として花柳界が成立し、各国の大使館も設けられます。
大名・公家の雅、外国文化のハイカラがいち早く入ってきて、そして明治末期に勃興した花柳界の粋。
雅・ハイカラ・粋が共存しているのが赤坂らしさで、今でも地下水脈となっています」
質のいいものを、身近な場で、参加費も抑えながら毎年続け、地道に活動していきたいと語る藤田さん。
語り部として自分で執筆・編集して、プリンターで作っている『赤坂小町』は昭和の赤坂の街と暮らしを知るにはおすすめの冊子です。
赤坂の街にある個人店舗で、一業種一店だけ置いてもらっているとのことで、皆さんも赤坂に来たときは探してみてください。

●=Information=●
赤坂氷川神社
【所在地】港区赤坂6-10-12
【問合せ】03-3583-1935
【ホームページ】http://www.akasakahikawa.or.jp
【アクセス】
東京メトロ千代田線「赤坂」徒歩8分
東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木」徒歩8分
東京メトロ南北線「六本木一丁目」徒歩8分
ちぃばす赤坂ルート「檜町公園」徒歩5分

□■□■□■□■□■
Spot2=白金プラザ会
□■□■□■□■□■
地下鉄の白金高輪駅を中心とした商店会で、オフィスなども多く、多くの人が行き交い、活気に溢れています。
白金らしい名店も、周囲には多くあります。

白金プラザ会からご紹介するのは、「バスクチーズケーキ専門店 ガスタ」です。
【ガスタ ホームページ】http://gazta.jp

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-3/2003-3-7.jpg
ガスタは白金アエルシティのすぐ横にあります

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-3/2003-3-8.jpg
シンプルなデザインの店構えで、お客さんを出迎えてくれます

シェフパティシエの戸谷尚弘(とだになおひろ)さんにお話を伺いました。
「フランスで修業を積む中で、バスク地方のサンセバスチャンという街にある老舗バル《ラ・ヴィーニャ》のバスクチーズケーキと出会い、初めて食べるその食感、味わいに衝撃を受け、どうしても日本でこの味を再現したいと思いました。
帰国後も、バスクチーズケーキへの思いは募るばかり。
《ラ・ヴィーニャ》に何度もその味を学びたいと働きかけましたが、なかなか実らないという結果に終わっていました。
しかし、諦めずに根気よく働きかけることにより、その熱意が伝わり、世界で前例のない《ラ・ヴィーニャ》の厨房に入る機会を頂き、その製法を継承させていただきました。
そして、平成30年(2018年)に《ガスタ》をオープンすることができました。
店名はバスク語でチーズという意味で、定番のバスクチーズケーキのほか、もっとバスクチーズケーキの魅力を知って頂きたいという思いから、先月2月に新しくホワイトチョコレートのバスクチーズケーキを発売しました。
こちらはガスタのオリジナルです。
本場のコク、そしてこのトロけるような滑らかな食感に作り上げるのには、焼き上がり後の冷まし方が重要で、特別な木製の棚で数時間が必要となります。
定番のバスクチーズケーキは、お好みで塩、メープルシロップ、スパイスの入ったキャラメルソースをかけてお召し上がりください。
実際、サンセバスチャンの地元の人たちも、様々なスタイルでチーズケーキを楽しんでいます。
私は自分の店は白金でオープンする、と決めていました。
以前から仕事で白金と縁がありまして、この街の人たちは、良いものを愛する心があると感じており、自分のチーズケーキを理解してくださると信じていました。
今はテレビなどのメディアに紹介されることもあって、かなりの数のお客様が遠方からいらっしゃいます。
それはもちろん心から嬉しいことなのですが、白金の皆様から評価をいただくことが、お店を長く続けていくことにつながっていくのではないかと思っています。
そういった面からも、白金プラザ会に加入したことで、様々なつながりを持つことができ、時間をかけずに地元に馴染むことができました。
これからも、白金の街のシンボルの一つとして、美味しいチーズケーキと質の高いサービスを提供していきたいと思っています」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-3/2003-3-9.jpg
丸いカップケーキのような形をしているのが特徴で、製法も独特です

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-3/2003-3-10.jpg
暖かみのある店内と、笑顔が素敵なスタッフの皆さん

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
彡☆ 白金プラザ会会長から一言 ☆彡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
こんにちは、白金(しろかね)プラザ会で会長を務めております、小林宗吉です。
白金プラザ会は、「白金高輪」駅直結の白金アエルシティを中心とした商店会です。
平成17年(2005年)に完成した白金アエルシティは、白金1丁目東地区の再開発によってできた複合施設で、「アエル」とはギリシャ語で「空あるいは風」という意味があるそうです。
白金アエルシティは店舗、高層住宅やオフィス棟、白金ならではの町工場、そして公園などがあり、その中の商店会が「白金プラザ会」となります。
私自身もタワーのすぐ近くで「ヘアサロン コバヤシ」という床屋を営んでおります。
【ヘアサロン コバヤシホームページ】http://www.pu3.fiberbit.net/kobayashi/

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-3/2003-3-11.jpg
商店会を力強く引っ張っている小林会長

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-3/2003-3-12.jpg
白金アエルシティは飲食店だけでなく、様々な種類の業種の店舗が入っています

現在、40軒が白金プラザ会に加盟していまして、15の飲食店だけでなく、16のサービス&物販店、そして9の医療&ヘルスケア店と、医療関係機関が多いのも商店会の特徴です。
それだけ住んでいる方が多いと言えると思います。
お祭りに力を入れていて、7月には山形県庄内町からやってくるホタルが見られる「天の川蛍祭」で、10月には高輪の商店会と合同で行う「T8ハロウィン物語in高輪」が人気です。
そして12月には福引抽選会を行い、さらに新潟県十日町市の雪から運んできた本物の雪を使った「スノーフェスタ」を開催しています。
雪のオブジェを作ったり、雪だるまコンテストを開くなど、子どもを中心に皆さん、大喜びです。
また、白金プラザ会と魚らん商店会でコラボして、白金という街を紹介する冊子を作ったのですが、そろそろなくなりそうなので、また新しいものが作ろうかと商店会スタッフと話しています。
これから、周辺に大型のマンションが建つ予定もあり、ますます人の流れが増えていくと思います。
周辺の商店会のみなさんと協力しながら、良い街づくりのためにさらに力を入れていきたいですね。

+:.♯:.♪+この街トピックス:.♯:.♪+.。*.+
数年前に庄内町、港区、庄内町観光協会、そして白金プラザ会で『商店街友好都市との交流に関する基本協定』という四者協定を結び、庄内町の特産品であるお米のパッケージデザインの提案をしています。
小林会長にお聞きすると、庄内町と協力しながら進めた「ホタルまつり」がきっかけとのこと。
「ホタルまつりというイベントを通じて、遠く離れた街とのつながりを深めることができたのはとても嬉しいです。
これからも続けていきたいですね」

●=Information=●
白金プラザ会
【所在地】港区白金1丁目17 一帯
【ホームページ】http://www.shirokaneplaza.com/
【アクセス】
東京メトロ南北線、都営三田線「白金高輪」 徒歩0分
ちぃばす高輪ルート「高輪地区総合支所前」徒歩0分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「イベント」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■一般社団法人港区観光協会ホームページ
https://visit-minato-city.tokyo/
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
@配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved.

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK