メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2020年3月5日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆港区観光情報メールマガジン =毎週木曜配信=
◆◆  『WELCOME港区』2020/3/5号vol.812
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『WELCOME港区』では、港区内の観光スポットやイベント情報などをご紹介します。

============================!お知らせ!=============================
新型コロナウィルス拡大防止のため、「大使館等周遊スタンプラリー」は中止となりました。
ご予約いただいた参加者の皆様には、港区ワールドフェスティバル事務局から個別に中止のご連絡を差し上げています。
また、開催を予定していました、3月19日(木)「港区ワールドカーニバルプレイベント」、3月29日(日)「港区ワールドカーニバル」も中止となっています。
港区ワールドカーニバルで行う予定だった抽選会も中止となりますが、抽選会に代わる方法を検討していますので、決定次第ホームページ等で周知します。
スタンプを収集したワールドフェスティバルパスポートは保管くださるようお願いします。
皆様のご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
【ホームページ】http://www.world-festival.jp/
=====================================================================

*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.
【今週のスポット】
Spot1=港区観光大使のおすすめスポット [高輪橋架道橋] 
Spot2=芝浦一丁目商店会
.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Spot1=港区観光大使のおすすめスポット
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
★+。。。+★港区観光大使とは?★+。。。+★
港区に縁(ゆかり)がある多くの方の情報発信力等を活用した港区のプロモーションの取組として、港区の魅力を国内外に発信していただける69人の皆さんを港区観光大使に認定しました。
港区観光大使には、名刺を活用した観光PRやSNS等の情報発信を通し、区の観光はもちろんのこと、地域に根ざした様々な情報等を、より多くの人に知ってもらえるよう魅力を発信していただきます。
★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

=====今週の観光大使=====
古屋公啓(きみひろ)さん 港南振興会事務局長

港区の港南地域に事業所がある企業の親睦団体「港南振興会」で事務局長を務めているのが古屋さんです。
港南振興会とは、企業版町内会のような雰囲気で、働く人が町の中でスムーズに意思疎通や情報共有ができるようになるというのが目的の組織です。
ボウリング大会や総会旅行、研修会などを行いながら、各会員や関係者の方々との顔が見える付き合いを目指しています。

□■□■□■□
高輪橋架道橋
□■□■□■□
高輪橋架道橋とは、3月14日(土)に開業予定の高輪ゲートウェイ駅の北側にあり、国道15号線から続く、JRの線路の下を抜けることができる区道のことです。
この高輪橋架道橋が古屋さんのおすすめスポットです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-1/2003-1-1.jpg 
港南地区の発展のために、日々活動する古屋さん

「高輪橋架道橋は、全長は230m幅約5mの一方通行の道で、高さの制限は1.5mほどしかなく、別名「提灯殺し」や「おばけトンネル」と呼ばれています。
提灯はタクシーの屋根に付いている行灯(あんどん)のことで、トンネルの天井に当たって取れてしまうことがあったので、こう呼ばれるようになりました。
このトンネルは、高輪エリアと芝浦港南エリアを結ぶ、重要な道路として、人々の往来が絶えませんが、中は予想以上に長くて、暗いです。
頭上には線路が走り、電車の音を聞きながら、背をすぼめて歩きつつ、肩をすかしてすれ違ったりしています」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-1/2003-1-2.jpg 
入口に設置されている標識も1.5m制限の文字が大きく表示されています

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-1/2003-1-3.jpg 
線路の下をくぐるため、道路自体がくだっています

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-1/2003-1-4.jpg 
高輪と港南エリアを結ぶ数少ない道路のため、通行量が多く、続々と車が通り抜けていきます

「車で走り抜けると吸い込まれるようで、日常の中でのちょっとした冒険だと思います。
残念なことに、高輪橋架道橋は4月12日(日)から自動車の通行ができなくなり、整備に向けての工事が始まります。
工事中も歩行者は通ることができますが、自動車と人が一緒に通行できる今の状態は間もなく見られなくなるので、興味のある方はぜひ早めにいらっしゃってください」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-1/2003-1-5.jpg 
すき間から上を見ると間近に線路が見られます

また、高輪や港南エリアの発展について、古屋さん独自の視点で語っていただきました。
「JRの線路が通っているところは、明治時代には高縄鉄道が走り、海上を線路が通っていました。
諸説あるようですが、辺り一帯が海の中だったことに驚きながら、街道という人馬が行き交った道があり、さらに鉄道の発達にともない、新しくできる駅と広がりつつある街を想像して、港区の湾岸エリアの過去・現在・未来を感じてもらえたらと思います。
なかなかほかで感じられないワクワクする空間だと思います。
町なかのちょっとした観光スポットという視点で見るのも面白い場所であり、港区らしい歴史の象徴として、ぜひいらっしゃってください」

高輪橋架道橋の周辺についてもご紹介いただきました。
「高輪橋架道橋の近くには泉岳寺がありますし、高輪大木戸跡もあります。
また高輪橋架道橋を抜けて行くと、芝浦中央公園と品川シーズンテラスがあって、憩うのもいいですよね。大きな空、東京タワー、レインボーブリッジを見ることができます。
港南地区は、江戸時代にペリーが来航したときに東京湾を整備するため、隅田川から出た土砂を使って埋め立てて生まれた場所です。
歴史の移り変わりを垣間みられるのもこのあたりの魅力だと思います」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-1/2003-1-6.jpg 
高輪側の入口近くには高輪大木戸跡が残っています

最後に今後の活動についてお伺いしました。
「平成28年(2016年)に、会発足50周年を記念して、港南の街を走る「第1回みなと港南ファミリー・ロードレース」というマラソン大会を開催して、地元を中心に盛り上がりました。
港南や品川駅周辺の発展を見つめながら、働く人、住む人、集う人に心地よい場所とは何かを考えています。これからも楽しくて、ためになるイベントを作っていきたいです。
笑顔ですれ違える街になるといいですね」

これからさらに発展していく高輪・港南エリアを、人と人とのつながりという視点で語っていただきました。
今後のまちづくり、そして発展に注目です。

●=Information=●
高輪橋架道橋
【所在地】港区港南2-19付近
【アクセス】
都営地下鉄浅草線「泉岳寺」徒歩3分
ちぃばす「高輪二丁目」徒歩5分

★===================================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===================================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本のコースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「ガイド派遣サービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下一般社団法人 港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】https://visit-minato-city.tokyo/
【ガイド派遣サービスURL】
https://visit-minato-city.tokyo/ja-jp/private-guide-service
※「ガイド派遣サービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください。

□■□■□■□■□■□■□
Spot2=芝浦一丁目商店会
□■□■□■□■□■□■□
みなとパーク芝浦、愛育病院に隣接するのが、芝浦一丁目商店会です。
路地が多く、海辺の町として栄えた芝浦の雰囲気を感じることができます。

芝浦一丁目商店会でご紹介するのは、魚料理の「太平山(たいへいざん)」です。
三代目となる井口大作さんにお話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-1/2003-1-7.jpg 
お話を伺った井口さん(左)と家族で切り盛りしています

「当店は、戦後すぐの頃に金杉橋あたりでお店を開いたのが始まりなので、もう70年以上続いていることになります。
現在は、両親と力を合わせて家族みんなでお店を切り盛りしています。
平日のみ営業ということに加えて、表通りではないものですから、昼も夜も近所の会社員の方にご利用いただいています。
常連さんが多く、昼は日替わりの定食が一番の人気ですね。
刺し身や焼き魚など、季節の魚料理が人気です。
芝浦一丁目商店会は、町会の知り合いからすすめていただき、昨年、加入しました。
商店会の他の店の方にもお店をご利用いただいていますし、横のつながりができたのは、とても良かったと思っています。
隣にみなとパーク芝浦のビルができてから、人の流れが生まれて、お客様も増えました。
また、旧協働会館が港区立伝統文化交流館としてリニューアルオープンするということなので、さらにたくさんの方にこの街に来てもらえることを期待しています」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-1/2003-1-8.jpg 
路地の角にあって、モダンな店構えです

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-1/2003-1-9.jpg 
魚料理を中心とした和食を楽しむことができます

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
彡☆ 芝浦一丁目商店会会長から一言 ☆彡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
こんにちは、芝浦一丁目商店会会長の吉藤(よしふじ)正彦です。
商店会が設立されたのは平成21年(2009年)なので、区内の他の商店会と比べるとできたばかりと言っていいかもしれません。
設立した理由は芝浦一丁目町会をバックアップして、さらに地域を盛り上げたいという声が高まったからだと聞いています。
私は芝一丁目で畳屋をやっていましたが、5年ほど前にこちらの芝浦一丁目に移ってきて、畳屋を続けています。
芝浦一丁目商店会の会長に就任して2年目を迎え、少しずつ慣れてきました。
会員は現在15軒ですが、飲食だけでなく、企業やホテルも加盟しています。
6月には町会と協力して、『芝浦一丁目こども祭り』を開催していますが、高層マンションが増えたことで、昨年は1500人ほどに参加していただき、とても盛り上がりました。
この辺りは、江戸時代に雑魚場(ざこば)といわれ、豊かな漁場でした。
明治から大正時代にかけて埋立てが進むまでは、三業地(さんぎょうち)といい、料亭・置屋・待合が100軒近く集まる花街として賑わったそうです。
今では全く違った街に生まれ変わった芝浦ですが、これからさらにいろいろな商業施設もできていきますので、今後の発展に期待しています」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-1/2003-1-10.jpg 
積極的に活動している吉藤会長と街のシンボルである「港区立伝統文化交流館」

+:.♯:.♪+この街トピックス:.♯:.♪+.。*.+
港区の指定有形文化財として保存に向けての改修工事を続けていた、港区指定有形文化財「旧協働会館」が「港区立伝統文化交流館」として4月1日(水)にオープンします。
昭和11年(1936年)にできたこちらは、目黒雅叙園(がじょえん)を手がけた酒井久五郎(さかいきゅうごろう)の設計です。
特に注目なのは2階の大広間で、桧(ひのき)板敷舞台を合わせると、約100畳もの広さになります。
通称「百畳敷」と呼ばれていたのですが、西洋の技術も取り入れて、柱が1本もない大広間というのも注目のポイントです。
畳店を経営している吉藤会長も畳の仕事で入ったことがあるそうです。
今後は「百畳敷」を文化芸術活動や交流の場として活用するほか、地域の歴史・文化展示スペースや観光案内・散策立ち寄りスペース、福祉喫茶「憩いの間」もあるので、立ち寄ってみてください。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-1/2003-1-11.jpg 
横から見ると、かなり大きいことがわかります

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-1/2003-1-12.jpg 
銘板も設置されて整備がされています

●=Information=●
芝浦一丁目商店会
【所在地】港区芝浦1丁目13〜15 一帯
【ホームページ】http://shibaura1.org/category/syoutenkai/
【アクセス】
JR山手線、京浜東北線「田町」徒歩8分
都営浅草線・三田線「三田」徒歩10分
ちぃばす芝ルート「芝浦一丁目」徒歩5分

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
≪伝統工芸パネル展≫
港区内で伝統工芸技術の継承者として活躍されている9名の伝統工芸士の方々と、その工芸品ができるまでの過程を紹介する「伝統工芸パネル展」を開催します。
普段は見ることができない、伝統工芸の作成工程について知ることができる貴重な機会です。
ぜひ、お見逃しなく。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2003-1/2003-1-13.jpg 
琵琶や三味線など、9名の伝統工芸士による伝統工芸のパネル展です

●=Information=●
≪伝統工芸パネル展≫
【開催日時】3月10日(火)〜26日(木)
【料金】無料
【場所】みなとパーク芝浦1階区民ギャラリー(港区芝浦1-16-1)
※詳しくはホームページを確認してください。
【問合せ】03-3578-2552(産業振興課観光政策担当)
【ホームページ】
https://www.city.minato.tokyo.jp/keieishien/dentoukougeiminatopark.html
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「田町」徒歩5分
都営三田線・浅草線「三田」徒歩6分
ちぃばす芝ルート・芝浦港南ルート「みなとパーク芝浦」徒歩0分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「イベント」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■一般社団法人港区観光協会ホームページ
https://visit-minato-city.tokyo/
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
@配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved.

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK