メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2020年2月27日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆港区観光情報メールマガジン =毎週木曜配信=
◆◆  『WELCOME港区』2020/2/27号vol.811
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『WELCOME港区』では、港区内の観光スポットやイベント情報などをご紹介します。

================================!お知らせ!=================================
新型コロナウィルス感染症の影響を鑑みて、来場者、出展者、出演者の皆様の健康と安全を第一に考え、感染拡大防止のため、港区ワールドカーニバル及びプレイベントは中止となりました。
なお、港区ワールドカーニバルで行う予定だった抽選会も中止となりますが、抽選会に代わる方法を検討していますので、決定次第ホームページ等でお知らせします。
スタンプを収集したワールドフェスティバルパスポート、商店街ワールドスタンプラリーのチラシは保管くださるようお願いします。
皆様のご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
【ホームページ】http://www.world-festival.jp/
=============================================================================

*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.
『港区大使館等周遊スタンプラリー特集』
日本には約150の大使館があり、港区には84の大使館があるので、日本にある大使館の半数以上が港区に集まっていることになります。
そんなインターナショナルな街である港区で、1月から3月にかけて開催されているイベントが「港区ワールドフェスティバル」です。
様々なイベントが用意されていますが、スタンプ専用パスポートを入手して、実際に大使館等を巡ってスタンプを集めるのが「港区大使館等周遊スタンプラリー」です。
スタンプは国によって図柄が異なっていて、お国柄が出ているので見ているだけで楽しくなります。
今年は新たに、千代田区、品川区、目黒区、渋谷区とも連携して、各区にある大使館等もスタンプラリーに参加しています。
今まで以上に集める楽しさ、訪れる楽しみが増えました。
※参加大使館やパスポートの配布場所については下記ホームページをご参照ください。
※パスポートはなくなり次第、配布を終了します。
※新型コロナウィルス感染症の影響で、大使館等がスタンプラリーの参加を急遽中止する場合があります。
下記ホームページやコールセンターにて、最新情報をご確認ください。

【ホームページ】http://www.world-festival.jp/
【コールセンター】03-6737-9397(10:00〜17:00)ワールドフェスティバル事務局

.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.

予約の必要な大使館もありますが、今回は予約なしで訪問可能な大使館等の中から、区外にある新規参加の2カ国を含めた4カ国の大使館を巡ってみました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
大使館1=アフガニスタン・イスラム共和国大使館
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
アフガニスタン・イスラム共和国は、南アジアと中央アジア、西アジアと東アジアを結ぶ内陸にある国です。
紛争が長く続いた国で、現在復興半ばですが、元々はシルクロードの交差点的な位置であったため、ヨーロッパやアジアの文化を取り入れた特有で豊かな文化が特徴です。
中でもバーミヤンの仏教遺跡は大変よく知られていて日本人にも馴染み深いですが、仏像彫刻はアフガニスタンから始まったものとされています。

大使館は東京タワーの近く、ロシア大使館の裏手にあり、隣には日本経緯度原点があります。
建物は宮殿のような荘厳な感じで、これを見るだけでも訪れる価値があります。
手前には大きな門がありますが、警備スタッフが開けてくれますので、中にそのまま入ることができます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2002-4/2002-4-1.jpg
国旗がはためく大使館の建物は、荘厳で存在感にあふれています

大使館の建物に入ると、エントランスにスタンプ台があり、スタンプを押すことができ、大使館スタッフから資料ももらえます。
大使館スタッフの都合にもよりますが、館内を案内してくれることもあり、屋上から間近にそびえ立つ東京タワーを眺めることもできます。
館内は広くて、風景写真や特産品であるラピスラズリを使った花瓶、アフガニスタン絨毯などが展示されていて、見応え十分です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2002-4/2002-4-2.jpg
特産品など、実物が展示してあり、手に取ることもできます

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2002-4/2002-4-3.jpg
現在は破壊されてしまったバーミヤンの遺跡の在りし日の姿

展示で特に注目していただきたいのは、ポロの源流とも言われる伝統のスポーツ「ブズカシ」や太鼓を叩きながら舞い踊る民衆が描かれた絵画で、アフガニスタンの文化に触れることができます。
民族衣装をまとって記念撮影も可能ですので、スタッフにお願いしてみましょう。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2002-4/2002-4-4.jpg
色鮮やかな民族衣装を着て写真を撮ることができます

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2002-4/2002-4-5.jpg
現地の写真や絵画など、壁には様々な展示があり、文化などを知ることができます

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2002-4/2002-4-6.jpg
中世の高名な詩人の名前をつけられたルミ・バルヒホール

------------------------------ 注目! 開館日時など ---------------------------
アフガニスタン・イスラム共和国大使館をスタンプラリーで巡る際は、以下の開館日時に直接来館可能です。
【開館日時】予約不要:毎週水曜日、金曜日(祝日除く) 10:00-12:00
※毎週金曜日は予約が必要です。ホームページを確認のうえ、ご予約ください。
-----------------------------------------------------------------------------

●=Information=●
アフガニスタン・イスラム共和国大使館
【所在地】港区麻布台2-2-1
【ホームページ】http://www.afghanembassyjp.com/jp/
【アクセス】
都営大江戸線「赤羽橋」徒歩8分
東京メトロ日比谷線「神谷町」徒歩10分
ちぃばす東麻布ルート「東麻布一丁目(東京タワー下)」徒歩3分

□■□■□■□■□■□■□■
大使館2=レソト王国大使館
□■□■□■□■□■□■□■
昭和41年(1966年)に誕生したレソト王国は、南部アフリカの内陸に位置し、四方を南アフリカ共和国に取り囲まれた珍しい国です。
九州の7割の大きさの小さな国で、世界で唯一、国土全域が標高1500mを超えていて、「天空の王国」と呼ばれています。
日本からの直行便は無く、香港、シンガポール、ドバイ、アムステルダムなどを経由して、南アフリカのヨハネスブルグで乗り換える必要があり、とても時間がかかりますが、しかし、大使館であればすぐに行けるので、現地の雰囲気が味わえるのが港区ワールドフェスティバルの魅力です。

地下鉄の青山一丁目駅の近く、高橋是清翁記念公園の裏手にある大使館は独立した建物ではなく、ビルの1階にあります。
ドアのところでインターホンを鳴らすとスタッフが出迎えてくれます。

エントランスでは、国を紹介するビデオが流され、ゆっくりと見ることができます。
また、特産品である陶器や織物も展示されていますが、レソトブランケットというウールの毛布は注目です。
レソトは高地にあるため、夜は冷え込むことから現地では欠かせないもので、鮮やかな柄が特徴となっています。
また藁で編まれたバソトハットは国旗にあしらわれるほど、現地で愛されている帽子です。
大使館ではブランケットを巻いて、帽子を被ることができるので、思い出づくりとしてぜひトライしてみてください。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2002-4/2002-4-7.jpg
鮮やかなデザインのブランケットとバソトハットを被ってみました

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2002-4/2002-4-8.jpg
陶器や革製品も特産品で、実物が展示されています

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2002-4/2002-4-9.jpg
大使館スタッフが現地で撮影した写真も展示され、我々がイメージするアフリカとはまた違った風景が広がっています

大使館には日本人スタッフもいて、詳しい説明を聞いたり、質問にも答えていただきました。

------------------------------ 注目! 開館日時など ---------------------------
レソト王国大使館をスタンプラリーで巡る際は、以下の開館日時に直接来館可能です。
【開館日時】予約不要:毎週月曜日〜金曜日(祝日を除く) 10:00〜16:00(金曜日は13:30まで)
-----------------------------------------------------------------------------

●=Information=●
レソト王国大使館
【所在地】港区赤坂7-5-47 U&M赤坂ビル1階
【ホームページ】http://lesothotokyo.com/jpn/top/index.html
【アクセス】
東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目」徒歩7分
ちぃばす「高橋是清翁記念公園前」徒歩3分

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
大使館3=エジプト・アラブ共和国大使館
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
今回のワールドフェスティバルには、港区外からも参加があり、このエジプト・アラブ共和国大使館は、目黒区にあります。
ツタンカーメンのマスクやスフィンクスの置物が飾られ、エジプトらしい外観に注目です。
スタンプは正面でなく、裏手に回ったゲートで押すことができます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2002-4/2002-4-10.jpg
オブジェも置いてあって、オリエンタルな雰囲気です

エジプト・アラブ共和国は、100万平方キロメートルの面積で、日本の約2.7倍です。
首都はカイロで、アラビア語が話され、宗教はイスラム教とキリスト教(コプト派)です。
ラマダンの季節には、日が出ている間、断食が行われていますが、夜は、盛大に飲食が行われています。
日本は、昭和11年(1936年)にカイロに公使館を設置して以来、エジプトと良好な関係を維持していて、昭和29年(1954年)に大使館に昇格しました。
首都のカイロのほか、ルクソール、アスワン、アブシンベル、アレキサンドリアなど、古代文明の発祥に触れられる観光地がたくさんあります。
大使館では、大学・研究機関と文化交流・学術協定を築いたり、大使館訪問等を通じて日本の小・中・高校の国際理解教育プログラムへの協力を行う他、イベントへの出展、アラビア語講座などが実施され、日本との文化交流の架け橋となっています。

------------------------------ 注目! 開館日時など ---------------------------
エジプト・アラブ共和国大使館をスタンプラリーで巡る際は、以下の開館日時に直接来館可能です。
【開館日時】予約不要:毎週月曜日〜金曜日(祝日を除く)10:00-15:00
-----------------------------------------------------------------------------

●=Information=●
エジプト・アラブ共和国大使館
【所在地】目黒区青葉台1-5-4
【フェイスブック】https://www.facebook.com/EgyptcesbJapan/?rf=454039171284515
【アクセス】
東急東横線「代官山」徒歩7分

□■□■□■□■□■□■□■□
大使館4=トルコ共和国大使館
□■□■□■□■□■□■□■□
トルコ共和国大使館は渋谷区からの参加で、原宿と代々木の中間あたり、明治通り沿いにあります。
スタンプは正門を入ってしばらく進んだところにある、守衛所で押すことができます。
石畳の通路や白壁、国旗をあしらったプレートなど、トルコらしい感じで、異国感が味わえます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2002-4/2002-4-11.jpg
明治通り沿いの白い門と国旗が目印で、通用門から中に入れます

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2002-4/2002-4-12.jpg
トルコのスタンプの図柄は国旗の五芒星(ごぼうせい)と三日月をモチーフにしたものです

トルコの国土面積は780,576平方キロメートルで日本の約2倍ですが、人口は8200万人です。
1299年のオスマン帝国の成立から1922年の滅亡までの間、最盛期にはバルカン、アナトリア、メソポタミア、北アフリカ、アラビア半島にまで及ぶ大帝国に発展したという歴史を持ちます。
日本とトルコは、明治23年(1890年)に発生した遭難事故、エルトゥールル号事件での日本人による救助をきっかけに、友好関係にあり、有事の際には助け合いの精神をもっています。
トルコ人は一般的に非常に親日的であり、日本文化に対する関心も高い国です。
首都のアンカラをはじめ、イスタンブール、カッパドキアなど、観光に訪れる人もたくさんいます。

------------------------------ 注目! 開館日時など ---------------------------
トルコ共和国大使館をスタンプラリーで巡る際は、以下の開館日時に直接来館可能です。
【開館日時】予約不要:3月9日(月)〜13日(金) 各9:00-12:30/14:00-17:30
-----------------------------------------------------------------------------

●=Information=●
トルコ共和国大使館
【所在地】渋谷区神宮前2-33-6
【ホームページ】http://www.tourismturkey.jp
【アクセス】
東京メトロ 千代田線、副都心線「明治神宮前<原宿>」徒歩9分
JR山手線「原宿」徒歩10分

====================予約不要で訪問可能な大使館等===================
※大使館入口でスタンプ押印できるのみで、入館できない大使館もあります。
※大使館等は公式行事などで臨時休館する場合があります。
[アフガニスタン・イスラム共和国] 毎週水曜日と金曜日(祝日を除く。※金曜日は要予約)10:00-12:00
[ブラジル連邦共和国] 2月28日(金) 10:00-12:00、15:00-17:00
[エクアドル共和国] 毎週木曜日(祝日を除く)15:00-17:00
[エジプト・アラブ共和国] 毎週月曜日〜金曜日(祝日を除く) 10:00-15:00
[エルサルバドル共和国] 毎週月曜日〜金曜日(祝日を除く) 10:30-16:30
[ホンジュラス共和国]  2月28日(金) 10:00-13:00
[レソト王国] 毎週月曜日〜金曜日(祝日を除く)10:00-16:00(金曜日は13:30まで)
[モロッコ王国] 月曜〜木曜日(祝日を除く)10:30-12:00/13:00-15:00
[パキスタン・イスラム共和国]  3月12日(木)・13日(金)10:00-13:00/14:00-16:00
[ルーマニア]  3月20日(金・祝)15:00-17:00
[ニカラグア共和国] 毎週月曜日〜金曜日(祝日を除く) 10:00-16:00
[サンマリノ共和国] 毎週土曜日、日曜日、期間中の祝日 10:00-18:00
[トルコ共和国] 3月9日(月)〜13日(金) 9:00-12:30/14:00-17:30
[ウルグアイ東方共和国] 3月18日(水) 10:00-13:00
[ウズベキスタン共和国] 毎週月曜日と火曜日と木曜日(祝日を除く) 10:30-12:00
[ベネズエラ・ボリバル共和国] 3月3日(火)、5日(木)、11日(水)、17日(火)、27日(金) 9:30-11:30
[台北駐日経済文化代表処台湾文化センター] 毎週月曜日〜金曜日(祝日を除く) 9:00-17:00

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「イベント」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■一般社団法人港区観光協会ホームページ
https://visit-minato-city.tokyo/
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
@配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved.

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK