メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2020年1月2日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆港区観光情報メールマガジン =毎週木曜配信=
◆◆  『WELCOME港区』2020/1/2号vol.803
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『WELCOME港区』では、港区内の観光スポットやイベント情報などをご紹介します。
*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.
【今週のスポット】
Spot1=港七福神めぐり
Spot2=初詣スポット その2
*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.

新年、あけましておめでとうございます。
『WELCOME港区』の令和2年最初の配信号をお届けします。
今週は新年のスタートにふさわしい、スポットをご紹介します。

□■□■□■□■□■□
Spot1=港七福神めぐり
□■□■□■□■□■□
最近では御朱印ブームなどもあり、長寿と福徳をもたらすといわれる七福神めぐりをする人が多くなっています。
港七福神めぐりは昭和8年(1933年)に発足した「麻布稲荷七福神詣」がルーツで、戦争により、昭和15年(1940年)に一旦中断しますが、昭和41年(1966年)に「港七福神めぐり」として再開し、現在に至ります。
港区では通常の七福神に加えて、麻布十番にある宝船を含めた8カ所をめぐるのが特徴です。
途中には、東京タワー、六本木ヒルズ、東京ミッドタウンなどのスポットがあり、お参りの後に、新年のイベントに参加するのもおすすめです。

開始場所や巡る順番は決まっていないので、公式サイトで配布しているマップを見ながら、どこからでもスタートすることができます。
最短で約6kmとなる七福神めぐりにかかる時間は、混雑や途中の休憩も含めて5、6時間程度です。
また、期間中であれば日を跨いでの巡拝も可能ですが、最終日の1月13日(月・祝)は14時で受付が終了となりますので、ご注意ください。
各所では御朱印と御守も取り扱っていますので、併せて集めてみるのもいいでしょう(有料)。
それでは七福神それぞれについてご紹介しましょう。
【港七福神めぐり公式サイト】http://www.minatoshichifukujin.org

■□■―――――□
天祖神社(福禄寿)
□■□―――――■
天祖神社は、至徳元年(1384年)に初めて祀られた歴史ある神社です。
福禄寿は「幸せ・お金・命」の三徳を授けてくれると言われ、老翁の姿で杖と巻物を持っています。
鶴に乗り、国境を越え、自由自在に世界を飛び回り、道を教える「鶴上の仙人(かくじょうのせんにん)」でもあります。
この姿にあやかり、海外旅行・留学の安全を司る神様としても信仰されています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-1.jpg
ビルと神社のコントラストが特徴的です

●=Information=●
天祖神社
【所在地】港区六本木7-7-7
【問合せ】03-3408-5898
【ホームページ】http://tensojinja.tokyo-jinjacho.or.jp
【アクセス】
東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木」徒歩5分
東京メトロ千代田線「乃木坂」徒歩5分
ちぃばす赤坂ルート「六本木七丁目」徒歩2分

■□■―――――□ 
久國神社(布袋尊)
□■□―――――■
久國神社(ひさくにじんじゃ)の詳しい由緒などは不明ですが、古くは現在の皇居内にあって、太田道灌が江戸城を築く際に現在の地に遷座したと伝わっています。
久國は太田道灌が名工久國作の宝剣を寄進したことに由来し、その後、久國稲荷大明神と称するようになりました。
布袋尊は福徳円満の神となります。
正面拝殿の額は勝海舟の筆によるものと伝わっています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-2.jpg
赤坂アークヒルズ近くの、とても静かな場所にあります

●=Information=●
久國神社
【所在地】港区六本木2-1-16
【問合せ】03-3583-2896
【アクセス】
東京メトロ南北線「六本木一丁目」徒歩5分
東京メトロ銀座線「溜池山王」徒歩7分
ちぃばす赤坂ルート「溜池山王駅」徒歩7分

■□■―――――□ 
熊野神社(恵比寿)
□■□―――――■
飯倉交差点近くにある熊野神社では、商売繁盛をもたらす恵比寿様を祀っています。
これは太田道灌が戦勝祈願のため御神前に鯛を供えた故事によると言われています。
熊野神社の神紋は、三本足の八咫烏(やたがらす)で、賽銭箱にも八咫烏が描かれています。
八咫烏は公益財団法人日本サッカー協会のシンボルマークということで、日本サッカー協会公認の「サッカー御守」もあり、サッカーファンの人におすすめです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-3.jpg
東京タワーのすぐ近くにあります

●=Information=●
熊野神社
【所在地】港区麻布台2-2-14
【問合せ】03-3589-6008
【アクセス】
都営大江戸線「赤羽橋」徒歩7分
東京メトロ日比谷線「神谷町」徒歩10分
ちぃばす麻布東ルート「東麻布一丁目(東京タワー下)」徒歩1分

■□■――――□
宝珠院(弁財天)
□■□――――■
都立芝公園に隣接する宝珠院は、貞亨2年(1685年)に創建されたお寺です。
もともとは、増上寺の市井の人々のために作られた寺で、正式名称を「増上寺塔頭 三縁山宝珠院」と言います。
弁財天は七福神のなかでは唯一の女性の神様で、琵琶を演奏していることから、芸能の神様でもあります。
境内には、港区重要文化財の閻魔大王像も安置されています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-4.jpg
改築も完了して、ガラス張りのモダンな本殿に生まれ変わりました

●=Information=●
宝珠院
【所在地】港区芝公園4-8-55
【問合せ】03-3431-0987
【ホームページ】http://hoshuin.jp
【アクセス】
都営大江戸線「赤羽橋」徒歩5分
都営三田線「芝公園」徒歩10分
ちぃばす田町ルート「赤羽橋駅前」徒歩5分

■□■――――――□ 
十番稲荷神社(宝船)
□■□――――――■
麻布十番商店街近くにあって、港七福神「宝船のおやしろ」として親しまれています。
七福神全員を乗せた宝船の石像は、向かって鳥居の左側にあります。
反対側には火傷除けや防火のお守りとして昔から伝わる大・小のガマ親子の石像が置かれているので、一緒にお参りしてみるといいでしょう。
神社では「かえる」お守りもあり、防火・火傷のお守りとしてだけではなく、「かえる」の語音から旅行や入院の際に無事に帰る、元気で帰る、あるいは、遺失物が返る、若返る等にご利益のあるお守りとして親しまれています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-5.jpg
階段の横にある七福神が乗った宝船の石像

●=Information=●
十番稲荷神社
【所在地】港区麻布十番1-4-6
【問合せ】03-3583-6250 
【ホームページ】http://www.jubaninari.or.jp
【アクセス】
都営大江戸線「麻布十番」徒歩1分
東京メトロ南北線「麻布十番」徒歩5分
ちぃばす麻布西ルート、田町ルート「麻布十番」徒歩1分

■□■―――――□ 
大法寺(大黒天)
□■□―――――■
麻布にある「一本松坂」を下ったところにあり、福徳開運・財産授与のご利益をもたらすという「大黒天」を祀っているお寺です。
毎年2月の節分の日は、境内で盛大な豆まきが行われたり、麻布十番商店街の年男を乗せた山車が街を練り歩く「麻布十番商店街 節分パレード」も行われます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-6.jpg
赤い靴のきみちゃん像の近くにあります

●=Information=●
大法寺
【所在地】港区元麻布1-1-10
【問合せ】03-3451-6039
【アクセス】
都営大江戸線、東京メトロ南北線「麻布十番」徒歩5分
ちぃばす麻布西ルート「仙台坂上」徒歩5分

■□■――――――――□ 
麻布氷川神社(毘沙門天)
□■□――――――――■
天慶元年(938年)に麻布一本松の地に創建された麻布氷川神社には、勇気と勝運と財運の毘沙門天が祀られています。
また江戸氷川七社のひとつでもあります。
疾病・災難を払い、大願成就を果たす「毘沙門天」は、古くから武人たちが戦勝祈願をし、別名「多聞天(たもんてん)」とも呼ばれています。
江戸祭礼巡行図に描かれている昭和初期の大神輿が保存されているほか、アニメ「美少女戦士セーラームーン」にも登場したことで話題を呼び、アニメと神社のコラボレーションの先駆けとなりました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-7.jpg
高台にあり、麻布十番の街を見下ろせます

●=Information=●
麻布氷川神社
【所在地】港区元麻布1-4-23
【問合せ】03-3446-8796
【ホームページ】https://www.azabuhikawa.or.jp
【アクセス】
都営大江戸線、東京メトロ南北線「麻布十番」徒歩12分
ちぃばす麻布西ルート「仙台坂上」徒歩1分

■□■―――――□ 
櫻田神社(壽老神)
□■□―――――■
六本木ヒルズのすぐそばにある神社です。
寛永元年(1624年)に現在の霞ヶ関から麻布に遷座しました。
霞ヶ関は桜の名所だったので櫻田の名が付けられたとされています。
細長い参道を進むと、左手にある本殿に健康や長寿を授ける壽老神が祀られています。
アーティストとコラボレーションしたお守りなどもあります。
長寿を授ける壽老神が祀られていて、毎年元日から1月8日まで、御神像が一般公開されます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-8.jpg
沖田総司にゆかりのある神社でもあります

●=Information=●
櫻田神社
【所在地】港区西麻布3-2-17 
【問合せ】03-3405-0868
【Twitter】https://twitter.com/sakuradajinjya
【アクセス】
東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木」徒歩10分
ちぃばす麻布東ルート、麻布西ルート、赤坂ルート、田町ルート「六本木けやき坂」徒歩4分

□■□■□■□■□■□■□■
Spot2=初詣スポット その2
□■□■□■□■□■□■□■
新年の始まりに心も新たにして、初詣に行く人も多いのではないでしょうか。
港区には多くの神社仏閣があり、初詣におすすめです。
初詣スポット情報の2回目をお届けします。

■□■――□
芝東照宮
□■□――■
東照宮といえば、日光が有名ですが、芝にもあります。
芝東照宮には慶長6年(1601年)正月に60歳を迎えた家康が自ら命じて彫刻させたと言われている等身大の寿像があり、東京都指定有形文化財にも指定されています。
さらに境内には三代将軍家光が植えたと伝えられる、大イチョウがあります。
昭和31年(1956年)に天然記念物として指定されていて、巨大な幹は長い歴史を感じさせるもので、パワースポットとしても人気です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-9.jpg
徳川家の威厳が感じられる神社です

●=Information=●
芝東照宮
【所在地】港区芝公園4-8-10
【問合せ】03-3431-4802
【ホームページ】http://www.shibatoshogu.com/
【アクセス】
都営浅草線・都営大江戸線「大門」徒歩5分
都営三田線「芝公園」徒歩1分
JR山手線・京浜東北線「浜松町」徒歩12分
ちぃばす芝ルート、麻布東ルート「芝公園駅」徒歩1分

■□■――――□
三田春日神社
□■□――――■
奈良にある春日社の東京の分社となります。
天徳二年(958年)に創建され、天文年間(1533年から1555年)に目黒から遷座したと伝えられています。
江戸府内唯一の春日社として、江戸時代には代々の徳川将軍も庇護も厚かったようです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-10.jpg
急な階段を上がったところに本殿があります

●=Information=●
三田春日神社
【所在地】港区三田2-13-9
【問合せ】03-3451-5420
【ホームページ】http://phoresto.net/shrine/mitakasuga/
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「田町」徒歩10分
都営浅草線・都営三田線「三田」徒歩10分
ちぃばす高輪ルート「慶應義塾東門」徒歩1分

■□■――□
烏森神社
□■□――■
新橋駅に近いこともあり、烏森神社には、近くにお勤めの会社員や店舗を経営している人などが初詣に多く訪れます。
必勝祈願、商売繁盛、家内安全などのほかに、芸能の神とされる天細女命(あまのうづめのみこと)を祀る神社ということで、技芸上達を祈願する方もいます。
訪れたらぜひ引きたいのが心願色みくじです。
願い毎に4色に色分けされていて、おみくじ、願い札、願い玉の3点がセットになっています。
超大吉を引き当てると、超大吉御守と福分けセットがいただけます。
御朱印などの最新情報は烏森神社公式Twitterで確認できます。
【こい吉Twitter】@Koikichi_K

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-11.jpg
新橋の繁華街から路地を入ったところにあります

●=Information=●
烏森神社
【所在地】港区新橋2-15-5
【問合せ】03-3591-7865
【ホームページ】http://karasumorijinja.or.jp
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線、東京メトロ銀座線「新橋」徒歩2分
都営浅草線「新橋」徒歩5分
ちぃばす芝ルート「烏森神社」徒歩0分

■□■――――――――――――――□
虎ノ門 金刀比羅宮(ことひらぐう)
□■□――――――――――――――■
金毘羅参りで有名な高松市にある金刀比羅宮の分院です。
万治3年(1660年)に讃岐国丸亀藩主であった京極高和が、領内にある象頭山に鎮座する、金刀比羅宮(本宮)の御分霊を、当時藩邸があった芝・三田の地に勧請し、延宝7年(1679年)、現在の虎ノ門に遷座しました。
虎ノ門は当時、江戸城の裏鬼門にあたったそうです。
ご神徳は海上守護、大漁満足をはじめ、五穀豊穣・殖産興業・招福除災として知られています。
元旦から10日(金)まで、福銭開運のお守りを販売するほか、4日(土)午前10時45分頃からは、一般社団法人江戸消防記念会 第二區道具中による梯子乗り奉納が披露されます。
10日(金)の正午からは初こんぴら祭も行われます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-12.jpg
ビルの1階部分にある、金刀比羅宮

●=Information=●
虎ノ門 金刀比羅宮
【所在地】港区虎ノ門1-2-7
【問合せ】03-3501-9355
【ホームページ】http://www.kotohira.or.jp
【アクセス】
東京メトロ銀座線「虎ノ門」徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線・千代田線・日比谷線「霞ヶ関」徒歩5分
ちぃばす芝ルート「虎ノ門二丁目」徒歩2分

■□■――――――□
豊川稲荷東京別院
■□■――――――□
豊川稲荷はその名前からも分かるとおり、本院は愛知県にあります。
時代劇でもお馴染みの大岡越前守こと大岡忠相(おおおか ただすけ)が創建に関わっています。
八代将軍徳川吉宗の享保の改革を支えた、江戸南町奉行として活躍しましたが、三河国(愛知県)の出身でした。
元々は赤坂の一ツ木にあった大岡家の屋敷の一角にあったそうです。
没後は子孫によって本尊が遷座されて、明治20年(1888年)に現在の「豊川稲荷東京別院」が創建されました。
境内には本殿以外に、大岡越前の霊廟である「大岡廟」や、金銀財宝の融通が叶うという「融通稲荷」などがあります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-13.jpg
お稲荷さんなので、あちこちにきつねが祀られています

●=Information=●
豊川稲荷東京別院
【所在地】港区元赤坂1-4-7
【問合せ】03-3408-3414 (電話受付:8:30〜16:00)
【ホームページ】http://www.toyokawainari-tokyo.jp/
【アクセス】
東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附」徒歩5分
東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」徒歩6分
ちぃばす赤坂ルート、青山ルート「豊川稲荷前」徒歩1分

■□■――――――□
出雲大社東京分祠
■□■――――――□
にぎやかな六本木に、出雲大社の東京分祠があるのをご存知ですか。
縁結びの神様として有名な出雲大社ですが、男女の縁だけではなく、あらゆるものとの繋がり、続き合いを意味しています。
一般には神社ではお参りの際に2回手を叩きますが、出雲大社では「二拝四拍手 一拝」といって、4回手を叩くのが正式となっています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/2001-1/2001-1-14.jpg
2階に本殿があり、ご祈祷を受けることもできます

●=Information=●
出雲大社東京分祠
【所在地】港区六本木7-18-5
【問合せ】03-3401-9301(電話受付:9:00〜17:00)
【ホームページ】http://www.izumotaisya-tokyobunshi.com
【アクセス】
東京メトロ日比谷線「六本木」徒歩1分
都営地下鉄大江戸線「六本木」徒歩3分
ちぃばす赤坂ルート、田町ルート「六本木駅前」徒歩1分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「イベント」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■一般社団法人港区観光協会ホームページ
https://visit-minato-city.tokyo/
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
@配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved.

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK