メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2019年12月19日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆港区観光情報メールマガジン =毎週木曜配信=
◆◆  『WELCOME港区』2019/12/19号vol.801
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『WELCOME港区』では、港区内の観光スポットやイベント情報などをご紹介します。
*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.
【今週のスポット】
Spot1=港区観光大使のおすすめスポット [東京都庭園美術館] 
Spot2=芝浦商店会
.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Spot1=港区観光大使のおすすめスポット
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
★+。。。+★港区観光大使とは?★+。。。+★
港区に縁(ゆかり)がある多くの方の情報発信力等を活用した港区のプロモーションの取組として、港区の魅力を国内外に発信していただける69人の皆さんを港区観光大使に認定しました。
港区観光大使には、名刺を活用した観光PRやSNS等の情報発信を通し、区の観光はもちろんのこと、地域に根ざした様々な情報等を、より多くの人に知ってもらえるよう魅力を発信していただきます。
★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

=====今週の観光大使=====
鈴木將人さん  東京グラフィックサービス工業会港支部支部長

鈴木さんは中小印刷企業の業界団体である「(公益社団法人)東京グラフィックサービス工業会」の港支部長を務めています。
ご自身で経営なさっている会社は100年前に、三田に創業したとのことで、100年企業の代表でもあります。
業務は工業系マニュアル類の制作が中心とのことですが、現在はVR(仮想現実)にも力を入れていて、港区の観光スポットや建築物などの紹介がVRでできれば嬉しいとのことでした。
【(公益社団法人)東京グラフィックサービス工業会ホームページ】https://www.tokyographics.or.jp

□■□■□■□■□
東京都庭園美術館
□■□■□■□■□
鈴木さんがおすすめするのは、白金台にある東京都庭園美術館です。
まずは学芸員の吉田奈緒子さんに歴史や成り立ちについて伺いました。
「本館は昭和8年(1933年)に建てられた旧朝香宮邸です。
朝香宮鳩彦王はフランスに留学していて、そこで交通事故に遭い、現地で静養した際にアール・デコ様式に触れ、日本に戻って邸宅を建てる際にアール・デコ様式の精華を取り入れました。
主な部屋の設計はフランスの装飾美術家アンリ・ラパンに依頼し、日本側では宮内省内匠寮が担当したことから、日仏の様式が混ざり合った作品としても注目です。
アール・デコ仕様の邸宅が残っているのは世界的にも珍しくて、日本だけでなく、海外からも注目されています。
ギャラリーとカフェスペースが併設された新館は、平成26年(2014年)に建てられたものです」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-3/1912-3-1.jpg
鈴木さん(右)と今回案内していただいた学芸員の吉田さん

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-3/1912-3-2.jpg
入口から森を抜けると旧朝香宮鳩彦王邸が現れます

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-3/1912-3-3.jpg
新館の内部は開放感溢れ、カフェやミュージアムショップも併設されています

鈴木さんのおすすめの理由です。
「仕事で100年前の歴史を調べていたのですが、当時のフランスでは印象派からアール・ヌーヴォーへと移行していた時代なんですよね。
そこから建築様式としてアール・デコが出てきたのですが、朝香宮は当時渡欧して、現地で開かれていた『アール・デコ展』を見ているんですよね。
それを日本に持って帰って、アール・デコの建築を作ろうと思ったことは凄いことだと思います。
材料はフランスから輸入したものも多く使ったため、壊れていたり、説明がフランス語で書かれていたりして、よくわからないことも多かったようです。
それを日本の技術で補っていて、例えばアンリ・ラパン直筆の壁紙を貼るには「袋張り」という下地に和紙を何層にも重ねる日本の技術を使っています。
当時は鉄筋コンクリートに壁紙を貼ることはなかったようですが、それをうまく仕上げているのは驚きますよね」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-3/1912-3-4.jpg
朝香宮鳩彦王が使用した書斎

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-3/1912-3-5.jpg
第一浴室のほかに、ふたつの浴室があり、家族で使い分けていました

吉田さんによると、建物の維持は大変とのことです。
「朝香宮家が皇籍離脱したあと、吉田茂元首相の公邸として使われたり、西武鉄道が使っていた時期があって、その際に手が加えてられている部分があります。
できるだけ宮邸時代の形で保存したいので、現在も調査しているところです。
美術館として後世に伝えていく使命があるので、改修や修復をする際は慎重に行います」

鈴木さんからも詳しい視点での紹介がありました。
「使われているガラスは、当時のものは微妙に歪んでいるんですけど、それが雰囲気を出していますし、ここを通して朝香宮が外を見ていたと思うとロマンを感じます。
また本館の2階は暖房用のラジエーターカバーなどに「青海波」という様式が取り入れられていて、日本人は落ち着くのはこういう感じなんだなと思います。
1階は来賓を迎えることもあって、西洋色が強いのと対象的です。
1階と2階の違いはわかりやすいので、ぜひ見比べてみてください」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-3/1912-3-6.jpg
寄せ木を使った床やラジエーターカバーのデザインに注目です

吉田さんからは庭園についてもご紹介いただきました。
「芝庭と日本庭園は宮邸時代から引き継いだものです。
茶室は立礼席(りゅうれいせき)と呼ばれる珍しい様式をもち、国の重要文化財にも指定されています。
庭の部分だけなら、入園料だけで入れますし、庭園パスポートも用意していますので気軽に来てほしいですね」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-3/1912-3-7.jpg
広くて、ゆったりとした時間が過ごせる芝庭

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-3/1912-3-8.jpg
日本庭園には国の重要文化財に指定されている茶室もあります

造詣の深い鈴木さんだけでなく、学芸員の吉田さんからもお話が聞けました。
現在、東京都庭園美術館では令和2年(2020年)1月13日(月・祝)まで、展覧会「アジアのイメージ-日本美術の『東洋憧憬』」が開催されています。
20世紀初頭から半ばにかけて、日本の知識人や美術愛好家などは、アジアの古典美術に強烈な想いを馳せました。
当時、日本に輸入された美術品と、それに魅せられた日本作家の作品、現代作家の目から見たアジアのイメージを表現した展示が見所です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-3/1912-3-9.jpg
アジアの視点で美術の過去と今について展示がされています

●=Information=●
東京都庭園美術館
【所在地】港区白金台5-21-9
【入園料】一般200円、大学生(専修・各種専門学校含む)160円、中・高校生・65歳以上 100円
【入館料】一般1000円、大学生(専修・各種専門学校含む)800円、中・高校生・65歳以上500円
※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。
※入館料は「アジアのイメージ-日本美術の『東洋憧憬』」の場合で、展示によって異なりますので、詳しくはホームページを確認してください。
【開館時間】10:00〜18:00(入館は17:30まで)
【休館日】第2・第4水曜日、12月28日(土)〜1月4日(土)
【問合せ】03-5777-8600(ハローダイヤル)
【ホームページ】https://www.teien-art-museum.ne.jp
【アクセス】
JR山手線「目黒」徒歩7分
都営三田線、東京メトロ南北線「白金台」徒歩6分
ちぃばす高輪ルート「高輪警察署前」徒歩15分

★===================================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===================================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本のコースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「ガイド派遣サービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下一般社団法人 港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】https://visit-minato-city.tokyo/
【ガイド派遣サービスURL】
https://visit-minato-city.tokyo/ja-jp/private-guide-service
※「ガイド派遣サービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください。

□■□■□■□■□■
Spot2=芝浦商店会
□■□■□■□■□■
芝浦商店会でご紹介するのは田町駅東口から近い、お好み焼きと鉄板焼きの「むさし」です。
店主の石高秀典さん(高は正しくははしごだかです)にお話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-3/1912-3-10.jpg
商店会の活動にも積極的な石高さん(右)とスタッフ

「平成5年(1993年)に開店したので、今年で26年を迎えます。
田町駅東口は、以前であればお店も少なかったのですが、再開発もあり、現在はとても賑やかになりました。
ビルが建ち、大きな企業も入っているので、平日は会社員が多くて、会社の飲み会にも利用してもらっています。
また、周囲にはほかにお好み焼き屋さんがないので、わざわざ探してきてくれる人も多いですね。
最近では、マンションが多くできているので、土日には家族連れが増えました。
もんじゃ焼き、お好み焼き、鉄板焼きの3つが人気で、自分で焼くスタイルがお子さんたちにも楽しいようです。
また、海外の方、特にヨーロッパからのお客様が増えてきているので、英語のメニューも用意しています。
言葉は通じないことも多いですが、身振り手振りで説明すれば分かってもらえますね。
芝浦商店会には開店した時から入っていて、横のつながりができるのがとてもいいと思います。
昔からやっている店も多くて、いろいろと相談に乗ってもらえたり、お祭りをみんなで盛り上げたりと、一体感があるのが芝浦らしくていいです」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-3/1912-3-11.jpg
鉄板を囲んで自分たちで焼いて楽しむスタイルのお店です

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-3/1912-3-12.jpg
写真付きで分かりやすい英語のメニュー

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
彡☆ 芝浦商店会会長から一言 ☆彡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
こんにちは、芝浦商店会会長の大野岳史です。
今年から新しく、会長に就任しました。
芝浦商店会は、「港区田町、江戸前の歴史が息づく運河の街」をキャッチフレーズにした、人情味あふれる商店街を目指しています。
田町駅東口に『msb Tamachi(ムスブ田町)』ができて大きく変わりました。
商店街棟として、『なぎさテラス』があるので、飲食店を中心に増えています。
三菱自動車工業やファミリーマート本社など、大企業がムスブ田町に入っているので、街の規模はかなり大きくなりました。
加盟店は現在、150店舗ほどで、昔から営業している店だけでなく、新しいお店の加入も増えています。
また港区の中でもマンションが特に増えており、住民の方が多くなっているので、商店会の店舗も土日営業をしたりと、変化が起きています。
活性化という点ではいいことだと思います。
イベントは7月の『芝浦まつり』、10月の『芝浦運河まつり』、11月の『謝恩福引セール』を行っていて、こちらの規模も大きくなってきました。
福引は年末にやる商店会が多いと思いますが、芝浦商店会では皆さんが忙しい時期を避けて、11月にやるようにしています。
商店会主催のイベントだけでなく、『芝浦アイランド島まつり』や『みなと区民まつり』への参加なども積極的に行っていて、芝浦を盛り上げていきたいと思っています。
田町駅東口周辺はもちろんのこと、運河周辺も整備が進んで、とてもきれいになってきました。
運河の街、芝浦をぜひお散歩しに来てください」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-3/1912-3-13.jpg
新しく会長に就任した大野さんは、イベントにも積極的に参加しています

+:.♯:.♪+この街トピックス:.♯:.♪+.。*.+
運河沿いのテラスに、毎年5月から10月まで「芝浦CANAL CAFE(キャナル カフェ)」がオープンします。
運営しているのは芝浦商店会で、かわいいキッチンカーでの営業となります。
17時頃から21時頃まで、雨の場合は中止です。
メニューも豊富なので、運河を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

●=Information=●
芝浦商店会
【所在地】港区芝浦3丁目1〜3・5・6・12〜15 一帯
【ホームページ】http://www.shibaura-shoutenkai.com
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「田町」徒歩1分
都営三田線・都営浅草線「三田」徒歩3分
ちぃばす芝ルート・田町ルート・芝浦港南ルート・車庫発着便「田町駅東口」徒歩0分

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
≪港区立みなと科学館開設100日前イベント「みなと科学館がやってくる!」≫
令和2年(2020年)4月1日、虎ノ門に新たに開設されるのが「港区立みなと科学館」です。
開設100日前イベントとして、12月21日(土)、22日(日)の2日間、白金の教育センターで「みなと科学館がやってくる!」が開催されます。
移動プラネタリウムや星座早見盤作り、星砂フレーム作りなど、科学を身近に親しめるプログラムが盛りだくさんです。
※定員が決まっていたり、整理券が必要なプログラムがありますので、詳しくは下記のホームページでご確認ください。

●=Information=●
≪港区立みなと科学館開設100日前イベント「みなと科学館がやってくる!」≫
【開催地】港区立教育センター(港区白金3-18-2)
【日時】
12月21日(土) 12:00〜16:00
12月22日(日) 10:00〜16:00
【問合せ】港区立みなと科学館開設準備室 03-3221-5684(平日 9:00〜18:00)
【ホームページ】
https://www.city.minato.tokyo.jp/shidoushien/msmbefore100event.html
【アクセス】
都営三田線、東京メトロ南北線「白金高輪」徒歩10分
ちぃばす麻布西ルート「光林寺」徒歩5分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「イベント」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■一般社団法人港区観光協会ホームページ
https://visit-minato-city.tokyo/
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
@配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved.

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK