メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2019年12月12日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆港区観光情報メールマガジン =毎週木曜配信=
◆◆  『WELCOME港区』2019/12/12号vol.800
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『WELCOME港区』では、港区内の観光スポットやイベント情報などをご紹介します。
*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.
【今週のスポット】
Spot1=港区観光大使のおすすめスポット [浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)終焉之地の碑] 
Spot2=新橋赤レンガ通り発展会
.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Spot1=港区観光大使のおすすめスポット
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
★+。。。+★港区観光大使とは?★+。。。+★
港区に縁(ゆかり)がある多くの方の情報発信力等を活用した港区のプロモーションの取組として、港区の魅力を国内外に発信していただける69人の皆さんを港区観光大使に認定しました。
港区観光大使には、名刺を活用した観光PRやSNS等の情報発信を通し、区の観光はもちろんのこと、地域に根ざした様々な情報等を、より多くの人に知ってもらえるよう魅力を発信していただきます。
★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

=====今週の観光大使=====
渡辺仁久さん  一般社団法人港区観光協会会長

港区の観光スポットやイベントなどを広くアピールするために活動している一般社団法人港区観光協会の会長を務めているのが渡辺さんです。
忠臣蔵にも造詣が深く、港区の名産品のひとつである、切腹最中を製造・販売する新正堂の社長でもあります。
【一般社団法人港区観光協会】https://visit-minato-city.tokyo/ja-jp/
【新正堂ホームページ】https://www.shinshodoh.co.jp

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-2/1912-2-1.jpg
ユニークなジャケットは自分でデザインしたもの

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)終焉之地の碑
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
日比谷通り沿いにあるのが、浅野内匠頭終焉之地の碑です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-2/1912-2-2.jpg
浅野内匠頭終焉之地の碑の脇には辞世の歌も掲げられています

この碑には渡辺さんのご先祖が関わっていました。

「新正堂というのは、『新橋』と創業したのが『大正』だったので、それぞれから文字を取って作った屋号です。
当初は新橋駅寄りにあったのですが、しばらくして現在の地に移転してきました。
現在の新正堂があるあたりが、浅野内匠頭が刃傷沙汰を起こした後に預けられた田村家の上屋敷だった場所です。
そのような縁もあって、私の祖父にあたる初代と近所の有志、12名で建てたのが現在ある浅野内匠頭終焉之地の碑なのです。
建てられたのは昭和15年(1940年)で、当時は討ち入りの日である12月14日になると毎年、碑の前で餅つきをしていたそうです。
さらに田村家の屋敷にあった大きないちょうは『おばけイチョウ』と呼ばれていて、大正時代まで残っていましたが、大正12年(1923年)の関東大震災で焼けてしまいました。
切り倒された跡には田村銀杏稲荷大明神が建てられました。
こちらも戦災で焼けてしまいましたが、田村銀杏稲荷大明神は先ごろ、新正堂の裏に改めて建立しました。
周囲は今ではビルが立ち並んで面影はありませんが、商店も多く並ぶ下町の雰囲気が残る街だったようです。
他にも近くに、討ち入りを終えた赤穂義士のうちの2名が討ち入り口上書を届け、粥を出してもらった仙石伯耆守(せんごくほうきのかみ)の屋敷があるなど、忠臣蔵にゆかりのあるスポットがありますのも、ファンとして嬉しいですね」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-2/1912-2-3.jpg
浅野内匠頭終焉之地の碑が建立された当時の写真です

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-2/1912-2-4.jpg
おばけイチョウの写真も残されていて、焼けてしまったあとに写されたものです

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-2/1912-2-5.jpg
新しくなったばかりの田村銀杏稲荷大明神は新正堂の裏手にあります

切腹最中についても伺いました。
「最中を作ったときに名前を悩みました。
近くに碑があったので、忠臣蔵に関係したものにしようと、義士最中とか忠臣蔵最中を考えましたが、今ひとつしっくり来ませんでした。
そこでひらめいたのが、切腹最中です。
猛烈な反対を押し切って、販売してみるとさっぱり売れません。
1年ぐらいしたら話題のお詫びの品として新聞に紹介してもらって、それから売れるようになりました。
ある雑誌の調査で、謝罪に持って行くのにおすすめのお菓子ナンバー1に選ばれたときは嬉しかったですね。
最近では『義士ようかん』にも力を入れています。
これは四十七士それぞれのイラストとサイン、家紋がパッケージに入っていて、QRコードを読み取るとさらに詳しい情報が得られるというものです」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-2/1912-2-6.jpg
今や、新正堂といえば、お馴染みの切腹最中です

精力的に活動なさっている渡辺さんですが、浅野内匠頭終焉之地の碑を見るとホッと落ち着くそうです。
皆さんも碑を見て往時に想いを馳せたら、新正堂のお菓子を楽しんでみてはいかがでしょうか。

●=Information=●
浅野内匠頭終焉之地の碑
【所在地】港区新橋4-31
【アクセス】
JR各線「新橋」徒歩10分
東京メトロ銀座線、都営浅草線「新橋」徒歩10分
ちぃばす芝ルート「西新橋二丁目」徒歩3分

★===================================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===================================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本のコースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「ガイド派遣サービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下一般社団法人 港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】https://visit-minato-city.tokyo/
【ガイド派遣サービスURL】
https://visit-minato-city.tokyo/ja-jp/private-guide-service
※「ガイド派遣サービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■
Spot2=新橋赤レンガ通り発展会
□■□■□■□■□■□■□■□■
新橋赤レンガ通り発展会からご紹介するのは、「タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店」です。
ストアマネージャーの半谷(はんがい)孝道さんに、お話を伺いました。
【タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店 ホームページ】
http://www.tamiya-plamodelfactory.co.jp/shimbashi/

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-2/1912-2-7.jpg
ストアマネージャーの半谷さん(真ん中)とスタッフの皆さん

「平成20年(2008年)9月に、タミヤのアンテナショップとしてオープンしました。
プラモデルというと秋葉原や中野などがお馴染みですが、現会長などがタミヤのプラモデルを知らない方や懐かしいと思ってくれる方にアピールしたいということで、新橋に出店しました。
何も買わなくても立ち寄りやすい店を作ろう、というのがコンセプトです。
実際、ふらりと立ち寄ってくださる会社員がたくさんいまして、お昼時や夕方はスーツ姿のお客様が多いんですよ。
また、アーティストやアイドルがタミヤや当店を紹介してくださり、そのファンの方たちが『聖地巡礼』として、当店に足を運んでくれるのも嬉しいですね。
そのほか、海外でも知名度が高いので外国人のお客様も多く、お土産にプラモデルやラジコンを買っていきます。
最近では、東南アジアでのモータースポーツの流行からか、アジアのお客さんも増えています。
タミヤ製品は約6000アイテムを取り扱っていて、人気は接着剤を使わずに作れるミニ四駆シリーズで、店内2階のサーキットで走らせることもできます。
新橋赤レンガ通り発展会に入っていて、本当に良かったのは、精神的なバックアップがあることです。
これまで幸いなことに、大きな事故もなく営業してきましたが、今後何か起きたときに会長や副会長に相談できるのはとても安心です。
区民まつりなどにも協力していて、粘土で本物そっくりなスイーツデコレーションを作れる教室を開いたりしています。
作品ができた子どもたちの笑顔を見ると、物作りというのは世代を超えて喜ばれ、受け継がれていくのだと、感慨深いものがあります」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-2/1912-2-8.jpg
店内にはたくさんのプラモデルやラジコンが並んでいます

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-2/1912-2-9.jpg
とても入りやすい雰囲気のお店です

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-2/1912-2-10.jpg
2階にはミニ四駆のサーキットもあります

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
彡☆ 新橋赤レンガ通り発展会会長から一言 ☆彡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
こんにちは、新橋赤レンガ通り発展会会長の鈴木徹雄です。
昭和54年(1979年)に発足した新橋赤レンガ通り発展会で、今年めでたく40周年を迎えました。
新橋二丁目から六丁目にかけて続き、その長さは約1kmにも及ぶ、とても長い商店会です。
現在の会員は70ほどで、銀行など法人も20くらい含まれているのも特徴だと思います。
私が店の手伝いをはじめた学生の頃は、うなぎの出前が多い時代で、会社や雀荘によく届けていました。
今では雀荘もなくなってしまい、そういった出前もなくなりましたが、加盟店も鮮魚、八百屋、薬、家具など、生活必需品を扱う個人商店が多かったです。
赤レンガ通りというのは、地面がレンガ敷きだからと思っている人も多いのですが、火事が多かったことから、明治政府が耐火を考えてレンガ造りの建物を多く作らせたことに由来しています。
毎年7月に行われる「新橋こいち祭」への協賛や、10月は「みなと区民まつり」への出展も積極的に行っています。
環状二号線が整備されたことで、ホテルも増え、スーツケースを持つ外国人観光客も増えているように思います。
新橋は「新橋こいち祭」などを通じて、他の商店会と協力していく姿勢が強いので、これからも地元全体で協力して、さらに新橋に人を呼べるように頑張っていきたいと思っています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-2/1912-2-11.jpg
新橋の発展のために努力なさっている鈴木会長

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1912-2/1912-2-12.jpg
環状二号線、通称マッカーサー道路周辺の再開発に合わせて、商店街も様変わりしています

+:.♯:.♪+この街トピックス:.♯:.♪+.。*.+
鈴木会長のうなぎ店「鳥かど家」は創業から107年の老舗です。
さらに、鍵屋さん、和菓子屋さんなど、100年以上続いているお店が多いのも、新橋赤レンガ通り発展会の特徴です。
平成28年(2016年)には、芝地区の老舗の店で作る「芝百年会」が発足され、老舗の良さをPRする活動にも力を入れています。
鈴木会長も、来年の春に老舗店についての講演をする予定があり、今から準備を始めているそうです。
【芝百年会 ホームページ】http://www.shiba-shinise.com

●=Information=●
新橋赤レンガ通り発展会
【所在地】港区新橋2-5・6・8〜10・14・15、3-6〜11、4-4〜8・27〜28、5-5〜7 赤レンガ通り 一帯
【ホームページ】http://www.shinbashi.net/10/
【アクセス】
JR各線「新橋」徒歩2分
都営浅草線・東京メトロ銀座線「新橋」徒歩3分
ちぃばす芝ルート「烏森神社」徒歩1分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「イベント」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■一般社団法人港区観光協会ホームページ
https://visit-minato-city.tokyo/
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
@配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved.

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK