メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2019年8月29日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆MINATOあらかると観光情報メール
◆◆◆ 『WELCOME港区』2019/8/29号vol.785
◆◆  http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『WELCOME港区』では、港区内の観光スポットやイベント情報などをご紹介します。
*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.
【今週のスポット】
Spot1=観光大使のおすすめスポット [櫻田神社]  
Spot2=赤坂一ツ木通り商店街振興組合
.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Spot1=港区観光大使のおすすめスポット
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
★+。。。+★港区観光大使とは?★+。。。+★
港区に縁(ゆかり)がある多くの方の情報発信力等を活用した港区のプロモーションの取組として、港区の魅力を国内外に発信していただける69人の皆さんを港区観光大使に認定しました。
港区観光大使には、名刺を活用した観光PRやSNS等の情報発信を通し、区の観光はもちろんのこと、地域に根ざした様々な情報等を、より多くの人に知ってもらえるよう魅力を発信していただきます。
★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

=====今週の観光大使=====
北島由記子さん 人と地域を元気にする盆踊り実行委員会代表

西麻布霞町会で婦人部長となったのをきっかけに、盆踊りを踊るようになっただけでなく、港区内の各地域で大正や昭和の時代に作られたご当地盆踊り曲にも興味をもつようになったのが北島さんです。
現在は、踊られなくなり、人々から忘れ去られてしまいつつあるご当地盆踊り曲の掘り起こしと保存継承を目的とした「人と地域を元気にする盆踊り実行委員会」を主宰し、活動しています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1908-5/1908-5-1.jpg
ご当地盆踊り保存のために精力的に活動する北島さん

□■□■□
櫻田神社
□■□■□
六本木ヒルズのすぐに横に神社があるのをご存知でしょうか。
北島さんからおすすめいただいたのは、この櫻田神社です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1908-5/1908-5-2.jpg
通りに面した鳥居が目印です

「港区には大きな神社がいくつかありますが、ひっそりとした佇まいの小さい神社もあります。テレ朝通り沿いに建つ櫻田神社もそのひとつ。鳥居をくぐり短い参道を進むと、都会の喧騒が嘘のようで、趣深く厳かさすら感じられます。
また港区七福神のひとつで、健康、長寿の寿老人です。
歴史も古く、平安時代末期に源頼朝の命によって、現在の霞ヶ関にある桜田門外に霞山櫻田明神として創建されました。
その後、寛永元年(1624年)に現在の地に遷移。
“櫻田”の由来は、源頼朝が寄進した田畑を、一般の田畑と区別するために桜を植えたためとされています」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1908-5/1908-5-3.jpg
細長い参道を進んでいくと、本殿があります

櫻田神社のご近所に住み、宮司、そしてそのご家族とも親交のある北島さんに、さらに詳しいお話が聞けました。
「新撰組の沖田総司が生まれたのはすぐ隣ですし、初宮参りも櫻田神社です。
乃木大将も初宮参りをしたとされています。
また細かいところに注目していただきたいのですが、石段の上にある二ノ鳥居には「従五位下松平伊勢守源定朝敬白(じゅうごいげまつだいらいせのかみみなもとのさだともけいはく)」という陰刻があります。
これは天保元年(1830年)に江戸幕府の旗本である松平定朝が奉納したことを示しています。
松平定朝は菖蒲の育種でも有名な人物です。
そのほかにも手水舎などにも色々な印があるので、見てみてください」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1908-5/1908-5-4.jpg
本殿前にある鳥居の右の柱に印があります

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1908-5/1908-5-5.jpg
フランスで人気のアーティスト、レ・ロマネスクさんプロデュースのお守りもあります

最後に北島さんが保存、継承、記録に力を入れている港区の盆踊り曲について伺いました。
「各町内にあったと言っていいほど、たくさんの盆踊り曲が港区にはありました。
また東京タワーができたときは、東京タワーの取り入れた曲が多く作られているのも面白いところですし、東京タワー完成を祝って地元の人たちが中心になって40日間、芝公園で盆踊りを踊り続けたと聞いています。
ただその多くの曲は継承されていません。高齢の方が歌の一部分だけをかろうじて覚えているという曲もあります。
今が最後のチャンスと思って記録しています。
振り付けを書き留めたカードが残っていればそれを解読しますが、残っていないものもあり、それを会の仲間と新しい振り付けをして踊るのも楽しいですね」
とのことでした。
「人と地域を元気にする盆踊り実行委員会」では港区と共催で、「港区発掘ご当地曲盆踊り大会」を行っており、3月の本番だけでなく、主に区民センターで毎月練習会も開かれているので皆さんもぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
【人と地域を元気にする盆踊り実行委員会Facebook】
https://www.facebook.com/hitotochiikibonodori/

●=Information=●
櫻田神社
【所在地】港区西麻布3-2-17 
【問合せ】03-3405-0868
【アクセス】
東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木」徒歩10分
ちぃばす「六本木けやき坂」徒歩4分

★===================================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===================================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本のコースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「ガイド派遣サービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下一般社団法人 港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】https://visit-minato-city.tokyo/
【ガイド派遣サービスURL】
https://visit-minato-city.tokyo/ja-jp/private-guide-service
※「ガイド派遣サービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Spot2=赤坂一ツ木通り商店街振興組合
□■□■□■□■□■□■□■□■□■
青山通りからTBSを結ぶ通りは赤坂一ツ木通りと呼ばれています。
沿道に広がるのが、赤坂一ツ木通り商店街振興組合です。

赤坂一ツ木通り商店街振興組合からご紹介するのは、寝具の大坂屋です。
スタッフの方にお話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1908-5/1908-5-6.jpg
赤坂一ツ木通りの中ほどにある大坂屋

「寝装品を中心にパジャマ、エプロンなどの衣料、タオルといった繊維品を扱っているほか、貸布団や布団の丸洗いも行っています。
明治の頃から商売を始めて、現在四代目が店を継いでいます。
赤坂に移って以来、関東大震災や戦争での空襲など、様々な困難がありましたが、乗り越えて、ずっと一ツ木通りでお店をやってきました。
昔は赤坂に料亭も多く、夏と冬でたくさんの座布団の打ち直しを行っていました。
最近では近所にお住まいの外国人の方が、布団を買って行くこともあり嬉しいですね。
港区でも布団屋さんがだんだんと減っていますが、必要とされているお客様がいるので、できる限り長くお店を続けていきたいと思っています」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1908-5/1908-5-7.jpg
今では港区内でも数が少なくなったふとん店ですが、業務用にも力を入れて、頑張っています

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
彡☆ 赤坂一ツ木通り商店街振興組合理事・相談役から一言 ☆彡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
「こんにちは、赤坂一ツ木通り商店街振興組合の理事・相談役をしている、小宮邦夫です。
赤坂一ツ木通り商店街振興組合は昭和46年(1971年)の発足で、会員数は約85です。
江戸時代、一ツ木通りのある赤坂は大名屋敷があり、溜池を臨む風光明媚な場所でしたが、明治時代以降に発展してきました。
昭和30年(1955年)にTBSが一ツ木通りで開局してからは人通りがさらに多くなり、メディア関係者や芸能人なども多く利用する、華やかな商店街となりました。
現在では組合員のほとんどが飲食店ですが、お茶の土橋園さんや、酒屋の四方(よも)さんなど、創業100年を超える老舗の物販もまだ残っています。
昔は花柳界で、料亭の黒塀沿いに芸者さんが歩いていたり、三味線の音が聞こえてきた街でしたが、現在では近隣にお勤めの方や住んでいる方が利用しやすい街に生まれ変わっています。
春には、周辺企業に勤めている方の参加が多い、赤坂チャレンジマラソンが行われます。
TBS内の坂を実際に走れる貴重なチャンスということもあり、300人以上が参加する大規模なもので、これまでに20回以上開催をしています。

また、意外と子どもの数が多いこともあって、職業体験ができる「赤坂子供商店」や、秋のハロウィンイベントの他、音楽と赤坂の街をからめたSwing赤坂などのイベントについては他の商店街とも連携しながら進めています。
最近の赤坂は、特に外国人の旅行者が多くなり、外国人向けのホテルがたくさん建ち始めています。
みなさんが過ごしやすい赤坂一ツ木通りを目指して、振興組合一丸となって頑張っていこうと思っています」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1908-5/1908-5-8.jpg
理事として、様々な活動に力を入れている小宮さん

+:.♯:.♪+この街トピックス:.♯:.♪+.。*.+
「昔の赤坂は暗い場所もあって、怖いイメージがあったかもしれませんが、今は安心・安全な街づくりに取り組んできたことで、誰もが利用しやすい街に変わっています」と、小宮さんは語ってくれました。
路地裏の道を石畳にする、街灯のデザインを変える、令和に元号が変わった時には日の丸のフラッグを掲げるなど、一ツ木通りの美観を向上させています。
また、「赤坂交通安全のつどい」などのイベントを通じて、赤坂を訪れる人に交通安全の意識を高める取組みを進めています。
最近も、赤坂警察署の防犯功労感謝状伝達式に出席し、一ツ木通り商店街が「地域安全運動功労 団体賞」で表彰されました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1908-5/1908-5-9.jpg
赤坂一ツ木通りをまたぐアーチは、デザインに注目です

●=Information=●
赤坂一ツ木通り商店街振興組合
【所在地】港区赤坂4丁目3 一帯
【ホームページ】http://www.hitotsugi.jp/top.html
【アクセス】
東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附」徒歩3分
東京メトロ千代田線「赤坂」徒歩1分
ちぃばす赤坂ルート「赤坂駅前」徒歩1分

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
TOKYO God Valley WEEK Kamiyacho 2019
「神谷町God Valley協議会」によるエリアイベント『TOKYO God Valley WEEK - Kamiyacho 2019 - さあ! 世界を、未来を、楽しもう。』が開催されます。
セミナーなど含むWEEK期間は9月6日(金)〜12日(木) ですが、メインイベントが開かれるのは、9月6日(金)・7日(土)の2日間となります。
今回のテーマは『Bless Your Physical ココロとカラダに祝福を!』。
プロジェクションマッピング卓球や、食のエキスパートによるトークショーなど、「ウェルネス」が体感できるような、「心と体の健康」や「食」などにまつわるものに加え、大人も子供も楽しめるコンテンツが充実です。
港区内の観光を疑似体験できる「VR体験会」も開催します。
ぜひ会場にお越しください。

●=Information=●
TOKYO God Valley WEEK Kamiyacho 2019
【日時】9月6日(金)〜12日(木) 
※主要コンテンツ開催日
6日(金)11:00〜20:30
7日(土)11:00〜18:00
《港区観光VR体験会》
 6日(金)第1回11:00〜14:00 第2回17:00〜20:00
 7日(土)第1回11:00〜14:00 第2回15:00〜18:00
【会場】城山ガーデン(港区虎ノ門4‐3‐1)
【料金】入場無料
【問合せ】ホームページ最下段のお問い合わせフォームより問合せ
【ホームページ】https://www.mori-trust.co.jp/event/godvalleyweek2019.html
【アクセス】
東京メトロ日比谷線「神谷町」徒歩3分
東京メトロ南北線「六本木一丁目」徒歩6分
ちぃばす麻布東ルート「神谷町駅前」徒歩5分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「イベント」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■一般社団法人港区観光協会ホームページ
https://visit-minato-city.tokyo/
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
@配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。
@配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK