メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2019年5月2日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆MINATOあらかると観光情報メール
◆◆◆ 『WELCOME港区』2019/5/2号vol.768
◆◆  http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.
今週のテーマは...
『観光大使と巡る、港区の庭園』

港区には、区の魅力を発信する69人の観光大使がいます。
その観光大使がおすすめするスポットを紹介します。
今回は対称的な2つの庭園を巡ってみましょう。

【今週のスポット】
Spot1=観光大使がガイドするおすすめスポット[旧芝離宮恩賜庭園とイタリア公園]  
Spot2=青山三・四丁目商店会
.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.
□■□■□■□■□■□■□■□■□
Spot1=港区観光大使がガイドするおすすめスポット
□■□■□■□■□■□■□■□■□
★+。。。+★港区観光大使とは? ★+。。。+★
港区に縁(ゆかり)がある多くの方の情報発信力等を活用した港区のプロモーションの取組として、港区の魅力を国内外に発信していただける69人の皆さんを港区観光大使に認定しました。
港区観光大使には、名刺を活用した観光PRやSNS等の情報発信を通し、区の観光はもちろんのこと、地域に根ざした様々な情報等を、より多くの人に知ってもらえるよう魅力を発信していただきます。
★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

=====今週の観光大使=====
近藤敏康(こんどうとしやす)さん 区民参画組織「麻布を語る会 麻布未来写真館分科会」座長

区民参画組織「麻布を語る会」の分科会の1つとして、港区在住・在勤・在学の方たちが集い、麻布地区の歴史や文化、まちの変化を記録・保存・継承していく活動の座長を務めています。
月1回程度の会議で集まったり、まちを歩いて写真撮影等を行っています。
現在、明治から平成10年代頃の麻布の写真と、一緒に活動していただけるメンバーを募集していますので、下記までお問い合わせください。
03-5114-8812(麻布地区総合支所協働推進課地区政策担当)
【麻布未来写真館ホームページ】https://www.city.minato.tokyo.jp/azabuchikusei/mirai/index.html

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1905-1/1905-1-1.jpg
まちの記録に力を入れる近藤さん

□■□■□■□■□■□■□■□■□
旧芝離宮恩賜庭園とイタリア公園
□■□■□■□■□■□■□■□■□
今回は港区観光大使の近藤さんに旧芝離宮恩賜庭園とイタリア公園をご案内していただきました。
「なぜ庭にこだわっているのか」という理由は、近藤さんの経歴に秘密があります。
近藤さんに庭にこだわる理由を聞いてみました。
「父方の親戚には代々、お寺の坊さんが多く、その関係で子供の頃より庭師との交流がありました。
大人になってから子供の頃を思い出し、ベランダに移動式の枯山水を作ったところ、NHKの『住まい自分流 DIY大賞』を受賞しました。
これがきっかけで、さまざまなアイデアを形にしてきました。
昨年までの7年間ほど、当時は三田にあった港郷土資料館で親子学習会<見て・さわって・学ぼう>『日本庭園にふれ、ミニミニ石庭(枯山水)を作ろう』を開催して、ミニミニ石庭作りの講師をしておりました。
そのようなこともあり、旧芝離宮恩賜庭園とイタリア公園という、和と洋の庭園が一度に感じられる浜松町周辺というのは、ぜひおすすめしたいスポットなのです。
出張中の会社員の方が、空き時間を利用するのにも向いていると思います」

最初に向かったのは、江戸初期の大名庭園の一つである旧芝離宮恩賜庭園です。
「池を中心とした区画や石の配置によって、回遊式泉水庭園という特徴を持っています。
中心にある池は海水を引き入れた『潮入りの池』と呼ばれ、明治時代に周囲が埋め立てられるまでは、江戸湾に面していました。
今でも海水を取り入れていた遺構が残っているほか、石垣や水門跡も見ることができ、海につながっていたことが分かります。
現在は海水の取り入れができなくなり、淡水の池になっていますが、当時は潮汐のある池であり、日本庭園としてとても魅力的だと思います」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1905-1/1905-1-2.jpg
JR浜松町駅のすぐ隣にある旧芝離宮恩賜庭園

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1905-1/1905-1-3.jpg
大きな池を中心とした日本庭園です

次に、近藤さんは、「この旧芝離宮恩賜庭園が一望できるスポットをご紹介しましょう」と、浜松町駅から田町方面に伸びている歩行者デッキに向かいました。
歩行者デッキを日の出桟橋方面に進むとベンチが置かれた休憩所があり、「庭園内ももちろん良いですが、上から見ると、回遊式泉水庭園の様子がよく分かりますよね」と、ガラス張りの向こうに広がる旧芝離宮恩賜庭園の全体が見られるとっておきのスポットを教えてくれました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1905-1/1905-1-4.jpg
旧芝離宮恩賜庭園全体が見渡せる貴重なスポットです

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1905-1/1905-1-5.jpg
旧芝離宮恩賜庭園についての説明も設置されています

次に向かったのは、イタリア公園です。
イタリア公園は「日本におけるイタリア2001年」を記念して、イタリアから寄贈されました。
イタリア人の設計による、トスカーナ・ルネッサンス様式のイタリア式庭園で、イタリア製の彫刻、噴水などもあります。
「14世紀から16世紀にかけて、イタリア郊外で発達したイタリア式庭園は、丘の中腹にある隠れ家のような敷地の中に、軸線(ビスタ)を通し、左右対称に構成されているのが特徴です。
先ほどの日本庭園とは全く違う設計思想で、その違いを肌で感じることのできる意味でも、旧芝離宮恩賜庭園が近くにあるというのはおすすめの理由です」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1905-1/1905-1-6.jpg
ウッドデッキから見下ろすと、旧芝離宮恩賜庭園との違いがよくわかります

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1905-1/1905-1-7.jpg
左右対称に作られているのがイタリア式庭園の特徴です

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1905-1/1905-1-8.jpg
イタリアから贈られた彫像

近藤さん自身もお忙しいということもあり、会社員がリフレッシュできるスポットを教えていただきました。

●=Information=●
旧芝離宮恩賜庭園
【所在地】港区海岸1丁目4
【開園時間】9:00〜17:00 (入園は16:30まで)
【休園日】年末・年始 (12月29日〜翌年1月1日まで)
【入園料】一般150円、65歳以上70円 (小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
【問合せ】03-3434-4029
【ホームページ】http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index029.html
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「浜松町」徒歩1分
都営浅草線・都営大江戸線「大門」徒歩3分
ちぃばす芝ルート「プラザ神明」徒歩5分

イタリア公園
【所在地】港区東新橋1丁目10-20
【問合せ】080-9811-1659
【ホームページ】http://shiba-italia-park.jp/italy/
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「浜松町」徒歩10分
都営大江戸線「汐留」徒歩10分
新都市交通ゆりかもめ「汐留」徒歩5分
ちぃばす芝ルート「プラザ神明」徒歩3分

★===========================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===========================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本のコースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「ガイド派遣サービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】https://visit-minato-city.tokyo/
【ガイド派遣サービスURL】
https://visit-minato-city.tokyo/ja-jp/private-guide-service
※「ガイド派遣サービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください

□■□■□■□■□■□■□■□■□
Spot2=青山三・四丁目商店会
□■□■□■□■□■□■□■□■□
青山三・四丁目商店会でご紹介するのは、浴槽設備やガスの工事などを行う、石井商店です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1905-1/1905-1-9.jpg
青山通りに面したお店です

三代目代表の石井智(さとし)さんにお話を伺いました。
「私の祖父がお店を始めたのですが、最初は青山二丁目にあったと聞いており、正確な創業年ははっきりとしていません。
商売を本格的に始めてからは、おそらく、60年以上は続いているかと思います。
私は、建築系の会社勤めを10年弱してから、この店を継ぎました。
都内を中心に、企業での施工案件が多いです。
小さい頃から青山に住んでいる自分からしてみれば、中心の青山通りは広くて環境もよく、周辺の住宅街も下町っぽいところが魅力だと思います。
他のお店も、どんどん自由な発想でチャレンジしていってもらいたいですね。
最近は、他の地域から引っ越してきた方も増えていますので、各店舗が個性を出すことで、街が活性化して、青山らしさも生まれていくのではないかと思っています」

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
彡☆ 青山三・四丁目商店会副会長から一言 ☆彡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
こんにちは、青山三・四丁目商店会副会長の金井(かない)武博です。
2年前の春、青山三丁目商店会と青山長者丸商店会が一緒になりまして、「青山三・四丁目商店会」に名称が変わり、80軒以上の店舗が加盟するにぎやかな商店会になりました。
飲食店ばかりというわけでもなく、物販など、昔からこの地で商売を続けているお店も多く、古くからの顔見知りというつきあいも、まだ残っています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1905-1/1905-1-10.jpg
商店会の中心となる青山通りと金井副会長

商店会が関係するイベントは、ブラジル連邦共和国大使館が近いことから移住交流100周年、ボサノヴァ誕生50周年をそれぞれ記念して始まった、毎年10月に行われる「BOSSA AOYAMA」で、こちらには青山商店会連合会の一員として協力しています。
そして、大きな盛り上がりを見せているのが、毎年秋に行われるハロウィンイベントです。
仮装した子どもたちが大勢、家族も入れると3000人ほどが参加します。
青山三・四丁目商店会が主催ですが、周囲の青山の商店会も協力してくれるので、かなり広範囲のイベントです。
範囲が広くなったこともあり、一つにまとまる機会がなかなかないのですが、ハロウィンは一体感のあるイベントですので、参加者も増え続けているので、今後とも続けていきたいと思います。
他の商店会のイベントにもできる限り足を運んで、一緒になにができるかをいつも考えています。

+:.♯:.♪+この街トピックス:.♯:.♪+.。*.+
前回の東京オリンピックの際に建てられた都営アパートなどが、青山三・四丁目商店会内の青山通り沿いなどにいくつかありますが、築50年以上となり、建て替えが始まっています。
「また違うビルになったら、新しいお店ができたり、通りの風景も変わると思います」
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、街の様子がさらに変わっていきそうです。

●=Information=●
青山三・四丁目商店会
【所在地】港区北青山3丁目2・3・5、南青山3丁目1・8・10〜12、南青山4丁目1・2・4・5・9・12・17一帯
【ホームページ】http://www.aoyama-shop-town.com
【アクセス】
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」徒歩2分
ちぃばす青山ルート「南青山三丁目交差点」徒歩0分

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
■東京タワー 恒例「端午の節句」 特別企画 333 匹の「鯉のぼり」と 巨大「さんまのぼり」
高さ333mの東京タワーでは、1階正面玄関前に333匹の「鯉のぼり」と、サンマの形をした長さ約6mの「さんまのぼり」1匹を毎年飾っています。
この「さんまのぼり」は、毎年9月に開催される「三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」でも友好関係にある岩手県大船渡市に向けて、復興のエールとメッセージを込めもので、東日本大震災直後の平成23年(2011年)4月に作られたものです。
鯉のぼりとさんまのぼりは 終日掲揚していますが、17時から23時までLEDでライトアップされるだけでなく、吊るしているワイヤーも7色に光り輝きます。
タワーと鯉のぼりの組み合わせは迫力満点で、SNS投稿にもおすすめです。

●=Information=●
東京タワー
【場所】東京タワー 1階正面玄関前(港区芝公園4丁目2-8)
【開催日時】開催中〜5月6日(月・祝)
【問合せ】03-3433-5111
【ホームページ】
https://www.tokyotower.co.jp/event/attraction-event/koinobori2019/index.html
【アクセス】
都営大江戸線「赤羽橋」徒歩5分
都営三田線「御成門」徒歩6分
ちいばす麻布東ルート「東麻布一丁目」徒歩8分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「イベント」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■一般社団法人港区観光協会ホームページ
https://visit-minato-city.tokyo/
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
@配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK