メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2019年3月28日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆MINATOあらかると観光情報メール
◆◆◆ 『WELCOME港区』2019/3/28号vol.763
◆◆  http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.
今週のテーマは...
『港区の桜スポット』

寒かった冬も終わり、春がやってきました。
桜も開花して、お花見シーズン、真っ盛りです。
今回は桜が楽しめる港区のスポットを紹介しましょう。

【今週のスポット】
Spot1=港区の桜スポット  Spot2=新橋駅前ビル商店会

□■□■□■□■□■□■□■□■□
Spot1 港区桜お花見スポット情報
□■□■□■□■□■□■□■□■□
春もすぐそこ、桜が咲き誇る季節がやってきました。
港区内のお花見スポットを紹介しましょう。
ひとりで、そして友達や仲間で、楽しんでみてはいかがですか。

■増上寺
港区を代表するお寺、増上寺でも桜を楽しむことができます。
三解脱門を入って大殿まで歩く間、両側に桜が咲き誇ります。
東京タワーをバックに桜が咲いていて、写真映えする風景です。
また、桜の散る時期には、境内に桜吹雪が舞うので、ほかにはない美しさを楽しむことができます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1903-4/1903-4-1.jpg
お寺と桜は風情を感じられる風景です

●=Information=●
増上寺
【所在地】港区芝公園4-7-35
【問合せ】03-3432-1431
【ホームページ】http://www.zojoji.or.jp/
【アクセス】
都営浅草線・都営大江戸線「大門」徒歩5分
都営三田線「御成門」「芝公園」徒歩3分
JR山手線・京浜東北線「浜松町」徒歩10分
ちぃばす芝ルート「港区役所」徒歩1分

■芝公園
芝公園は、増上寺を取り囲むような形の広大な公園で、東京タワーと桜を一緒に撮影できるスポットとして有名です。
弁天池付近や丸山古墳周辺などではソメイヨシノ、サトザクラ、ヤマザクラなど150本以上の桜が楽しめます。
同時に菜の花畑も黄色く鮮やかに彩られ、華やかな気分を感じられます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1903-4/1903-4-2.jpg
東京タワーと桜を一緒に楽しめるスポットです

●=Information=●
芝公園
【所在地】港区芝公園1〜4丁目 一帯
【問合せ】
03-3431-4359(都立芝公園サービスセンター)
080-9811-1659(港区立芝公園管理事務所)
【ホームページ】
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index001.html(都立芝公園)
http://shiba-italia-park.jp/shiba/(港区立芝公園)
【アクセス】
都営三田線「芝公園」「御成門」徒歩2分
都営浅草線・大江戸線「大門」徒歩5分
都営大江戸線「赤羽橋」徒歩3分
ちぃばす芝ルート「芝公園駅」徒歩0分

■六本木ヒルズ
さくら坂や毛利庭園など、港区を代表する桜スポットです。
回遊式の日本庭園である毛利庭園にはソメイヨシノ7本、枝垂れ桜2本があり、毛利池をはじめ、滝の川のせせらぎなど、自然を感じながら夜桜が楽しめます。
また、約400mの桜並木が続く六本木さくら坂では、六本木ヒルズの再開発で植えられたソメイヨシノが15年を経て道を覆うように咲き誇ります。
また「桜のライトアップ 2019」として幻想的な雰囲気の夜桜を楽しむことができます。
点灯時間は毛利庭園が17時30分から23時まで、さくら坂が17時30分から22時30分までとなっています。
美しくライトアップされた夜の桜並木は、昼間とは違った美しさがあります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1903-4/1903-4-3.jpg
ビルや東京タワーと、きれいにライトアップされた桜との組み合わせは幻想的です

●=Information=●
六本木ヒルズ
【所在地】港区六本木6丁目10-1(六本木ヒルズ内)
【問合せ】03-6406-6000(総合インフォメーション)
【ホームページ】https://www.roppongihills.com/events/2019/03/005048.html
【アクセス】
東京メトロ日比谷線「六本木」直結
都営大江戸線「六本木」徒歩4分
東京メトロ南北線、都営大江戸線「麻布十番」徒歩8分
ちぃばす赤坂ルート、青山ルート「六本木ヒルズ」徒歩0分
ちぃばす麻布東ルート、麻布西ルート「六本木けやき坂」徒歩0分

■アークヒルズ周辺の桜(桜坂)
アークヒルズ周辺には150本の桜の木が植えられており、桜の成長状況は30年にわたり、訪れるものを楽しませてくれています。
アークヒルズから、ANAインターコンチネンタルホテル東京まで進み、角を右折すると全長75mほどの桜坂があります。
その名の通り、坂の両側には桜が植えられ、閑静な雰囲気のなかで桜を愛でることができます。
桜坂などでは例年4月中旬まで、17時から22時頃までの間、桜のライトアップが行われます。
また、4月5日(金)から7日(日)までは「アークヒルズさくらまつり2019」も開催予定です。
【アークヒルズさくらまつり2019】
https://www.arkhills.com/events/2019/04/003893.html

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1903-4/1903-4-4.jpg
桜坂という名のとおり、坂道の両側にたくさんの桜が植えられています

●=Information=●
アークヒルズ
【所在地】港区赤坂1丁目12-32
【問合せ】03-6406-6663
【ホームページ】http://www.arkhills.com
【アクセス】
東京メトロ南北線「六本木一丁目」徒歩1分
東京メトロ銀座線「溜池山王」徒歩2分
ちぃばす赤坂ルート「溜池山王駅」徒歩4分

■赤坂サカス
赤坂サカスには、およそ100本の桜があり、3月上旬に咲き始める「河津桜」から5月上旬に咲く「兼六園菊桜」まで、11種類もの桜があります。
順に開花するので、長い期間、お花見を楽しめるのが特徴です。
なかでも、平成22年(2010年)に東京都緑の大賞特別賞を獲得したという、紅枝垂れ桜が見事です。
この紅枝垂れ桜は、日本三大桜のひとつで天然記念物でもある福島県三春町の滝桜の子孫樹となります。
また、赤坂サカスのホームページから、ダウンロードできる「桜MAP」には施設内の桜が詳しく紹介されていますので桜見物の参考にしてください。
【桜MAPのページ】
http://sacas.net/images/top/sakuramap.pdf

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1903-4/1903-4-5.jpg
時期をずらして、様々な桜が楽しめるスポットです

●=Information=●
赤坂サカス
【所在地】港区赤坂5丁目3
【ホームページ】http://sacas.net
【アクセス】
東京メトロ千代田線「赤坂」徒歩1分
東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附」徒歩8分
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」徒歩7分
ちぃばす赤坂ルート「赤坂駅前」徒歩1分

■都立青山公園(北地区)
南青山一丁目にあるのが都立青山公園の北地区です。
ソメイヨシノが咲き終わっても、八重桜やしだれ桜を楽しむことができます。
あまり知られていない桜スポットなので、のんびりと気持ち良く、お花見ができます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1903-4/1903-4-6.jpg
ソメイヨシノだけでなく、八重桜も楽しめる公園です

●=Information=●
都立青山公園(北地区)
【所在地】港区南青山1丁目5,6
【問合せ】03-3470-3223 (青山公園サービスセンター)
【ホームページ】https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index080.html
【アクセス】
東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目」徒歩3分
東京メトロ千代田線「乃木坂」徒歩5分
ちぃばす青山ルート・赤坂ルート「青山一丁目駅前」徒歩3分

■青山霊園
明治7年(1874年)に日本で初めて開設された公営墓地が青山霊園です。
こちらには、26ヘクタールという広大な敷地に、乃木将軍、志賀直哉、市川団十郎などの著名人を含めて、12万人以上が眠っています。
園内には、ソメイヨシノや八重桜など、約300本の桜の木があるほか、霊園中央を通る道路には美しい桜並木が広がり、花のトンネルが出現します。
桜のシーズンはいつも静かな霊園もにぎわいます。
また、外人墓地にあるデュアン シモンズの墓碑銘は、医師かつ宣教師であった彼に発疹チフスを治してもらった福沢諭吉が記したものです。
※墓地を訪れる際には、マナーを守って静かに訪れましょう。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1903-4/1903-4-7.jpg
桜のトンネルの中を散策してみましょう

●=Information=●
青山霊園
【所在地】港区南青山2丁目32-2
【問合せ】03-3401-3652 (青山霊園管理所)
【ホームページ】https://www.tokyo-park.or.jp/reien/park/index072.html
【アクセス】
東京メトロ銀座線「外苑前」徒歩7分
東京メトロ千代田線「乃木坂」徒歩10分
東京メトロ半蔵門線・銀座線、都営大江戸線「青山一丁目」徒歩9分
ちぃばす青山ルート・赤坂ルート「青山一丁目駅前」徒歩9分

□■□■□■□■□■□■□■□■□
Spot2 新橋駅前ビル商店会
□■□■□■□■□■□■□■□■□
新橋駅前ビル商店会でご紹介するのは、文房具店の「明文堂」です。
代表の菖蒲 大(しょうぶまさる)さんにお話を伺いました。
【明文堂ホームページ】http://www.shinbashi.net/shop/200607

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1903-4/1903-4-8.jpg
地域の人々に愛されている文房具店です

「新橋駅前ビルが建てられた時からここで営業していますので、50年以上が経っています。
私は二代目となりますが、先代はこのビルができる前から新橋で文具店をやっていたので、かれこれ60年近く、新橋で文具店を営んでいます。
お客様は会社員の方や汐留エリアにお住まいの方々で、ご高齢の方も多いですね。
ペン1本でも試し書きしてから買いたいという方や、相談しながら自分にぴったりのものを選びたいという方が、リピーターになっています。
最近は、外国人観光客の方も見えるのですが、事前にスマホで情報を仕入れてあって、その画面を見せられて「これを下さい」と言われることもあります。
なかでも中国の方は、シャープペンシルを買って行くケースが多い気がします。
商店会に加入していると異業種の方たちと横のつながりができますので、情報交換できることがありがたいです。
これからも会員の皆さんと仲良くやっていきたいと思っています」

2軒目は、居酒屋の「三芳八(みよしや)」です。
【三芳八ホームページ】http://www.shinbashi.net/shop/200601
店長の緑川朝博(みどりかわ あさひろ)さんにお話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1903-4/1903-4-9.jpg
ランチのおすすめ、長崎ちゃんぽんと緑川さん(右)、川田会長

「昭和60年(1985年)に創業の老舗で、私は四代目の店長にあたります。
営業中は11時から15時までお昼のメニューで、15時以降が夜のメニューに切り替わりますので、中休みなしで早い時間から腰を据えて飲むことができます。
お昼は、オーナーが九州出身ということもあり、長崎チャンポン、皿うどんを提供しております。
また、本場と同じようにテーブルには長崎の金蝶ソースもご用意しています。
夜は、私が以前和食店にいたということもあり、鮮魚を中心としたメニューでお酒を楽しんでいただいています。
魚の仕入れ内容によって毎日メニューを変えていますので、リピーターの方も飽きが来ない工夫をしています。
また、夜には出汁の効いただし巻き卵が人気で、1日20本出る日もあります。
とても希少なマグロ脳天も置いてあり、それを楽しみにいらっしゃる方が多いです。
美味しい生ビールと新鮮なやきとり、やきとんを、ぜひ味わいに来てください。
商店会では、特に懇親会に出席するように心がけています。
業務時間中は他のお店の方と挨拶はしますが、落ち着いてゆっくりと話すことはできないので、懇親会の場でその人となりが分かり、新橋駅前ビル全体の団結力がついていくものだと思っています」

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
彡☆ 新橋駅前ビル商店会会長から一言 ☆彡
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
こんにちは、新橋駅前ビル商店会会長の川田圭子(港区観光大使)です。
新橋駅前ビルは、昭和44年(1966年)に、東京都の再開発によって建てられました。
このあたりの一部は、昔、私の祖父が管理をしていて、狸小路共栄会と呼ばれていました。
路地には飲食店、床屋さん、旅館など、様々なお店があり、賑わっていました。
明治時代、鉄道建設中に親子の狸がいて、小屋を作って作業員みんなで可愛がっていたそうなんです。
その後、狸は成長とともにいなくなってしまいましたが、今度は人がそこに集まって、お酒を飲むようになったというのが、狸小路と名付けた由来だと言われています。
私にとって、新橋で最も印象的だったことは汐留の開発です。
それまでは操車場で、何もなかった場所に、次々とビルが建ち並び、新橋駅前ビルからお客さんが減ってしまうのでは、と心配したものでした。
幸いなことに、人の流れが多くなり、結果的に新橋駅前ビルに立ち寄っていただく方も増えました。
現在、商店会員は60軒ほどですが、もっと多くの方々に訪れてもらえるような新橋駅前ビルにみんなでしていきたいと思っております」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1903-4/1903-4-10.jpg
新橋駅前ビルの場所にあった狸小路の当時の写真です

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1903-4/1903-4-11.jpg
1階と地下は飲食店街になっていて、多くの人が行き交っています

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1903-4/1903-4-12.jpg
狸小路の雰囲気を残した、通路もあります

+:.♯:.♪+この街トピックス:.♯:.♪+.。*.+
新橋駅前ビルの1階正面玄関に堂々と立っているのが、開運狸の「狸広(たぬこう)」です。
新橋駅前ビル商店会によって、平成3年(1991年)に建てられました。
クリスマスには川田会長によって、サンタクロース、お正月にはしめ縄を巻くなど、季節に合った扮装がされて、道行く人の心を和ませます。
ちなみに、お腹は、開運を願う人々に撫でられて、ツルツルです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1903-4/1903-4-13.jpg
開運狸の「狸広(たぬこう)」と川田会長

●=Information=●
新橋駅前ビル商店会
【住所】港区新橋2丁目20-15
【ホームページ】http://www.shinbashi.net/13/
【アクセス】
JR各線「新橋」徒歩2分
東京メトロ銀座線、都営浅草線「新橋」徒歩1分
新都市交通ゆりかもめ「新橋」徒歩1分
ちぃばす芝ルート「新橋駅」徒歩1分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■一般社団法人港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
@配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK