メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2018年3月22日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2018/3/22号vol.710
http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★3月テーマ★========
港区とオリンピック
=======================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『オリンピックに向けて生まれ変わる港区』

港区内では東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて様々な準備が進められています。
新しい時代にふさわしい街へと生まれ変わりつつある、港区のスポットを巡ってみましょう。

【ルート】
青山通り今昔⇒赤坂再開発⇒土橋(どばし)理事と歩く赤坂一ツ木通り商店街振興組合

★===========================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===========================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本のコースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「まち歩きガイドサービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】http://www.minato-kanko.com/
【まち歩きガイドサービスURL】http://www.minato-kanko.com/order-guided-service
※「まち歩きガイドサービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください。

■□■------------------------------------□
Spot1  青山通り今昔
□■□------------------------------------■
青山通りは国道246号線で、外苑駅前、青山一丁目駅などに面する、港区の赤坂や青山を中心にした、千代田区の三宅坂交差点から渋谷区の渋谷駅までの道路です。
この青山通りは昭和39年(1964年)の東京オリンピックで大幅な道路の拡張工事がなされました。

江戸時代には厚木街道と呼ばれ、五街道に次ぐ主要な街道の一つでもありました。
明治37年(1904年)には青山通りの三宅坂から現在の外苑前付近である、青山4丁目まで市電が開通し、その後も渋谷まで延長されるなどして、東京市民の足として愛されました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1803-4/1803-4-01.jpg
高いビルはなく、商店が立ち並ぶ、青山一丁目の交差点

昭和37年(1962年)に、青山通りの呼び名が正式名称として採用され、昭和39年(1964年)に行われた東京オリンピックの時には、それまでの幅22mから現在の40mへと道路幅が拡張されました。

当時の様子を、青山表参道商店会副会長の竹内陽治さんにお聞きしました。
「私が小さい時には、青山通りは片側2車線で、今では信じられないかもしれませんが、都電も通るから更に狭い道路だったんですよ。
その工事を行っていた場所に入り込んで、土を丸めて投げて遊んでいたら、近所の人から怒られたのを思い出します。
この街が大きく変わったのは、前回の東京オリンピックによるところが大きいですね。
道幅もほぼ2倍になりましたからね」と幼い頃の思い出を語ってくれました。
青山通りを通っていた都電は交通量が増えたこともあり、昭和43年(1968年)に廃止となっています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1803-4/1803-4-02.jpg
拡張直後の青山通りですが、建物は少ないことがわかります
※撮影:藤井悠紀子 (初出:『東京・青山の記憶』(青山を研究する会)

また青山三丁目商店会副会長の金井武博さんはこんな話をしてくれました。
「この辺りは前回の東京オリンピックでビルができ、街並みが大きく変わってしまいました。
1階に商店が入り、上は公団住宅という、いわゆるゲタ履きアパートが多く作られて、住民の数も増えていたので、たくさんの商店でにぎわっていましたよ。
そのビルもそろそろ建て替えの時期が来ているので、これからもっと街が近代的になっていくでしょうね」
これから東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けてまた違う姿になる青山通りに注目です。

青山通りの次は、新しい街に生まれ変わりつつある赤坂を訪ねてみましょう。

■□■------------------------------------□
Spot2 赤坂再開発
□■□------------------------------------■
青山通りには、赤坂も含まれていますが、こちらも再開発が進んでいます。
すでにオープンしている、地上38階建ての「赤坂インターシティAIR」には、カフェやレストラン、オフィスなどが入り、多くの人で賑わっています。
再開発の中心となる赤坂1丁目と2丁目は、国際戦略総合特別区域の「アジアヘッドクォーター特区」や、特定都市再生緊急整備地域の「東京都心・臨海地域(環状二号線新橋周辺・赤坂・六本木)」内に位置する再開発事業エリアにあたります。
【赤坂インターシティ AIR ホームページ】
https://www.intercity-air.com

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1803-4/1803-4-03.jpg
すでに完成している赤坂インターシティAIR

また、この春に東京ミッドタウンに隣接してできたばかりで、44階建てとなる集合住宅「パークコート赤坂檜町 ザ タワー」があります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1803-4/1803-4-04.jpg
アークヒルズの向かい側で再開発が計画されている赤坂の街

赤坂の再開発地区を見たら、赤坂一ツ木通り商店街振興組合に立ち寄ってみましょう。

●=Information=●
赤坂再開発
【所在地】港区赤坂1丁目、2丁目 一帯
【アクセス】
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」徒歩2分
ちぃばす「溜池山王駅」徒歩2分

■□■------------------------------------□
Spot3 土橋理事と歩く赤坂一ツ木通り商店街振興組合
□■□------------------------------------■
東京メトロ千代田線「赤坂駅」から、赤坂サカスのある赤坂Bizタワー前の交差点に出ると、青山通りまでの一帯が、「赤坂一ツ木通り商店街振興組合」です。
江戸時代、一ツ木通りのある赤坂は溜池を望む風光明媚な場所でしたが、明治時代以降に発展してきました。
昭和30年(1955年)にTBSが赤坂で開局してからは人通りがさらに多くなり、にぎやかな商店街となりました。
赤坂一ツ木通り商店街振興組合の理事を担当なさっている土橋功(どばし いさお)さんに、お話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1803-4/1803-4-05.jpg
土橋理事と、たくさんの人が行き交う一ツ木通り

「赤坂一ツ木通り商店街振興組合は昭和46年(1971年)の発足で、会員数は約90です。
7割ほどが飲食店ですが、書店の金松堂さんやカナイ金物さんなど、創業100年を超える老舗もあります。
一ツ木通り周辺は、赤坂サカスができてから訪れる人が大変多くなりました。
特に外国人の旅行者が本当に多くなりましたね。
赤坂一ツ木通り商店街では春と秋のセールを行うのですが、物販店はそう多くありませんので、今後は飲食店の方も参加しやすいイベントができたらと思っています。
例えばお弁当やテイクアウトの飲み物など、赤坂で働いている方に商店街のお店を知ってもらえるようなものはどうかなど案を出しています。
加盟店みんなで力を合わせ、一ツ木通りを盛り上げていきたいと思っています」

赤坂一ツ木通り商店街振興組合加盟の、創業明治25年(1892年)のお茶屋さん「土橋園」をご紹介します。
【土橋園 ホームページ】http://www.dobashien.com

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1803-4/1803-4-06.jpg
通りのランドマークにもなっている土橋園

土橋園では静岡県掛川産の深蒸し煎茶を中心に取り扱っていますが、もっと日本茶を気軽に楽しんでいただきたい思いから、粉末茶の種類も豊富に揃えています。
お店の中には、喫茶スペースを設けているので、周辺の会社にお勤めの方が、ランチ後に立ち寄ったり、テイクアウトするお客様もいらっしゃいます。
最近は、外国人のお客様が本当にたくさんいらっしゃるということで、中には何種類も試飲をして好みのお茶をお求めになるお客様もいるそうです。
中国人のお客様の中には、日本の繊細な美しさが表現されている高級な茶器を買って行く方もいるそうです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1803-4/1803-4-07.jpg
店内には様々なお茶が並んでいます

「インターネットやSNS、口コミを利用して、わざわざ探してお店に来てくださるのは、とても嬉しいですね」と、スタッフの方も仰っていました。
最近では通販も反響があるので、これからは海外向けの通販サイトも企画したいとのことでした。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1803-4/1803-4-08.jpg
お茶だけでなく、茶器なども豊富に扱っています

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1803-4/1803-4-09.jpg
カップに入れた、お茶のテイクアウトも行っています

★===========================================★
〜この街のここが注目ポイント!〜
★===========================================★
赤坂の老舗の若旦那など、二代目や三代目が中心となって結成された「赤坂ひよこクラブ」があります。
赤坂一ツ木通り商店街だけではなく、赤坂の街を若い力で活性化しようと、イベントを企画しています。
老舗料亭「赤坂金龍」の駐車場を使ってビアガーデンイベントを行い、大変好評となりました。
土橋理事も「商店街の垣根を超えた、若い人たちの活動が、これからの赤坂を支えていくことを期待しています」とエールを送っていました。

●=Information=●
赤坂一ツ木通り商店街振興組合
【所在地】港区赤坂4-3 一帯
【ホームページ】http://www.hitotsugi.jp/top.html
【アクセス】
東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附」徒歩3分
東京メトロ千代田線「赤坂」徒歩1分
ちぃばす「赤坂駅前」徒歩1分

*★*彡---------*★*
桜お花見スポット情報
*★*彡---------*★*
春もすぐそこ、桜が咲き誇る季節がやってきました。
港区内のお花見スポットを紹介します。

■アークヒルズ周辺の桜(桜坂)
アークヒルズ周辺には150本の桜の木が植えられており、桜の成長状況は30年にわたり、定点観測されています。
アークヒルズから、ANAインターコンチネンタルホテル東京まで進み、角を右折すると全長75mほどの桜坂があります。
その名の通り、坂の両側には桜が植えられ、閑静な雰囲気のなかで桜を愛でることができます。
桜坂などでは例年4月中旬くらいまで、17時から22時頃までの間、桜のライトアップが行われます。
また3月30日(金)から4月1日(日)まで、アークヒルズさくらまつり2018も開かれる予定です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1803-4/1803-4-10.jpg
一面に桜が咲き誇る、桜坂

●=Information=●
アークヒルズ
【所在地】港区赤坂1-12-32
【問合せ】03-6406-6663
【ホームページ】http://www.arkhills.com
【アクセス】
東京メトロ南北線「六本木一丁目」徒歩1分
東京メトロ銀座線「溜池山王」徒歩1分
ちぃばす「溜池山王駅」徒歩4分

■芝公園
日本で最も古い公園のひとつである芝公園は、東京タワーと桜を一緒に撮影できるスポットとして有名です。
弁天池付近や丸山古墳周辺などではソメイヨシノ、サトザクラ、ヤマザクラなど150本以上の桜が楽しめます。
同時に菜の花畑も黄色く鮮やかに彩られ、華やかな気分を感じられます。

●=Information=●
芝公園
【所在地】港区芝公園1〜4丁目 一帯
【問合せ】
03-3431-4359(都立芝公園サービスセンター)
080-9811-1659(港区立芝公園)
【ホームページ】
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index001.html(都立芝公園)
http://shiba-italia-park.jp/shiba/(港区立芝公園)
【アクセス】
都営三田線「芝公園」「御成門」徒歩2分
都営浅草線・大江戸線「大門」徒歩5分
都営大江戸線「赤羽橋」徒歩3分
ちぃばす「芝公園駅」徒歩0分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。




 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK