メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2018年2月22日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2018/2/22号vol.706
http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★2月テーマ★========
港区で世界一周!ワールドフェスティバルを楽しもう!
=======================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『ワールドフェスティバル特集 3』
世界の文化に触れられるイベント「港区ワールドフェスティバル 2018」の情報を3週にわたってご紹介します。
3週目は、麻布エリアの大使館を回ります。

【ルート】
エクアドル共和国大使館⇒ボリビア多民族国大使館⇒宮崎会長と歩く青山長者丸商店会

《港区ワールドフェスティバルとは?》
日本の大使館の半数以上が集まるインターナショナルな街「港区」で、3月25日(日)までの期間に開催されるこのイベントは、区内各所で世界の文化に触れられる、国際色溢れるイベントです。

《パスポートを手に入れよう!》
港区ワールドフェスティバルの各イベントに参加するには、港区大使館等周遊スタンプラリーをはじめとするイベントの日程や申込み方法、参加店舗情報等を1冊にまとめた専用の「パスポート」が必要です。
パスポートは、港区観光インフォメーションセンター(東京モノレール浜松町駅3階)や、区役所、各地区総合支所、区立図書館等で配布しています。
※配布場所についての詳細は、「港区ワールドフェスティバル」のホームページを確認してください。
※パスポートはなくなり次第、配布を終了します。

♪楽しみ方その1 港区大使館等周遊スタンプラリー♪
オリジナルの「パスポート」を手に、36の大使館等を巡り、スタンプを集めましょう。
スタンプの数に応じ、3月25日(日)に東京タワーで開催される「港区ワールドカーニバル」の会場にて、素敵な景品が当たる抽選会に参加できます。
訪問可能な日程や事前予約が必要な大使館等など対応のルールが異なりますので、詳しくは下記のホームページで詳細を確認してください。
【開催期間】
3月25日(日)まで
【訪問可能な大使館等の日程や事前予約などについて】
http://www.world-festival.jp/stamp-rally/index.html

♪楽しみ方その2 港区商店街ワールドカードラリー♪
港区ワールドフェスティバルの期間中、港区内の91の各店舗でお買い物やお食事等をすると、港区内に大使館がある国の情報が載った「港区商店街ワールドカード」が1枚もらえます。
集めた枚数に応じて、「港区ワールドカーニバル」で抽選会に参加できます。
【開催期間】
3月25日(日)まで

♪ 楽しみ方その3 港区ワールドクイズラリー♪
港区内にある大使館等の、各国の情報を港区ワールドフェスティバルのホームページから学びましょう。
各国にちなんだクイズが毎週水曜日に出題されます。
解答を持って「港区ワールドカーニバル」で確認して、10問中5問以上正解した人は抽選に1回参加できます。
※クイズの正解は、港区ワールドカーニバルの会場で発表されます。
※「パスポート」がなくても参加できます。

●=Information=●
【港区ワールドフェスティバル ホームページ】 http://www.world-festival.jp
【問合せ】港区ワールドフェスティバル事務局コールセンター 03-6737-9397 (10:00〜17:00、無休)
※大使館等への直接の連絡はご遠慮ください。
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

★===========================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===========================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本のコースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「まち歩きガイドサービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】http://www.minato-kanko.com/
【まち歩きガイドサービスURL】http://www.minato-kanko.com/order-guided-service
※「まち歩きガイドサービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください。

■□■------------------------------------□
Spot1 エクアドル共和国大使館
□■□------------------------------------■
東京メトロ日比谷線六本木駅1a出口を出て、六本木通りを渋谷方面に向かい、西麻布交差点を過ぎると左側に「第38興和ビルディング」が見えてきます。
このビルの8階にエクアドル共和国大使館があります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-01.jpg
大使館が多く入っている建物です

エクアドル共和国は南米の北西部に位置した国で、公用語はスペイン語です。
赤道が通っていることから、スペイン語で赤道を意味する「エクアドル(Ecuador)」が国名の由来となっています。
今年は、日本とエクアドル共和国の国交が100周年を迎え、記念すべき年となっています。
日本はエクアドル共和国から、バナナ、チョコレート、ココア、ブロッコリー、マグロ、バラなどを輸入していて、多くのエクアドル産の食べ物が日本の食卓に並んでいます。
また、自動車、水力、建設、化学などの分野で数多くの日本企業が進出していて、エクアドル共和国と日本は長きにわたり、政治、文化、経済、開発援助などにおいて交流を深めています。

エクアドル共和国は、その変化に富んだ地形により、地球上で最も生物学的多様性に富んだ国のひとつと言われています。
ダーウィンの進化論等でも有名なガラパゴス諸島や、アマゾンの一部も領土であるため、日本人にも馴染みがある国だといえます。
また、歴史的建造物が多く残っており、ユネスコ世界遺産として登録されている首都「キト」のパネルも必見です。
エクアドル共和国の雄大な自然の魅力に触れてみてください。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-02.jpg
こちらがエクアドル共和国のスタンプです

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-03.jpg
キトなどを紹介したパネルを見ることができます

〜 注目! 開館日時など 〜
エクアドル共和国大使館をスタンプラリーで巡る際は、以下の開館日時に直接来館可能です。
【開館日時】予約不要:毎週木曜日と金曜日(祝日を除く)14:30〜16:30
※上記の訪問可能日時以外は入館できません。

エクアドル共和国大使館を訪れた後は、ボリビア多民族国大使館に行ってみましょう。

●=Information=●
エクアドル共和国大使館
【所在地】港区西麻布4-12-24 第38興和ビルディング 806号室
【ホームページ】http://www.ecuador-embassy.or.jp
【アクセス】
都営大江戸線、東京メトロ日比谷線「六本木」徒歩12分
東京メトロ 日比谷線「広尾」徒歩12分
ちぃばす「西麻布一丁目」徒歩2分

■□■------------------------------------□
Spot2 ボリビア多民族国大使館
□■□------------------------------------■
エクアドル共和国大使館を出ると、同じフロアにボリビア多民族国大使館があります。
金曜日であれば、2つの大使館を一度に訪れることができます。
ボリビア多民族国は、南米のブラジル連邦共和国、ペルー共和国、チリ共和国、アルゼンチン共和国、パラグアイ共和国に囲まれた、約110万平方キロメートルの国です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-04.jpg
エクアドル共和国大使館と同じフロアにあるので、移動はスムーズにできます

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-05.jpg
こちらがボリビア多民族国大使館のスタンプです

国土は日本の約3倍ですが、人口は約1,082.5万人で、スペイン語及びケチュア語、アイマラ語を中心に、36の先住民言語があります。
文政8年(1825年)にスペイン王国から独立したボリビア多民族国は、天然ガス、亜鉛、金(地金)、大豆、錫(すず)、銀などを、近隣諸国や米国、日本にも輸出しています。
日本とは大正3年(1914年)に通商条約が締結され、その後第二次世界大戦で一旦途切れましたが、昭和27年(1952年)に再開して、現在に至っています。
日本への輸出は、亜鉛、ごまなどで、日本からの輸入品目は、自動車・自動車部品、機械が主なものになっています。
ボリビア多民族国のフォルクローレ音楽や、ワインを楽しみに観光に訪れる人も多いそうです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-06.jpg
観光や自然についての紹介もあります

〜 注目! 開館日時など 〜
ボリビア多民族国大使館をスタンプラリーで巡る際は、以下の開館日時に直接来館可能です。
【開館日時】予約不要:毎週月曜日と金曜日(祝日を除く)14:00〜16:00
※上記の訪問可能日時以外は入館できません。

ボリビア多民族国大使館を訪れた後は、青山長者丸商店会に行ってみましょう。

●=Information=●
ボリビア多民族国大使館
【所在地】港区西麻布4-12-24 第38興和ビルディング804号室
【ホームページ】http://www.ebja.jp
【アクセス】
都営大江戸線、東京メトロ日比谷線「六本木」徒歩12分
東京メトロ 日比谷線「広尾」徒歩12分
ちぃばす「西麻布一丁目」徒歩2分

============期間中、予約不要で訪問可能な大使館等=============
・アフガニスタン・イスラム共和国大使館 毎週月曜日と水曜日と金曜日(祝日を除く)10:00〜12:00
・アルメニア共和国大使館 2月22日(木)10:30〜12:30
・ボリビア多民族国大使館 毎週月曜日と金曜日(祝日を除く)14:00〜16:00
・ブラジル連邦共和国大使館 毎週月曜日〜金曜日(祝日を除く)10:00〜12:00、15:00〜17:00
・エクアドル共和国大使館 毎週木曜日と金曜日(祝日を除く)14:30〜16:30
・フィジー共和国大使館 毎週火曜日と水曜日(祝日を除く)10:00〜12:00
※大使館の中には入れません。
・グアテマラ共和国大使館 2月22日(木)14:30〜16:30
※先着30名まで
・ホンジュラス共和国大使館 3月23日(金)まで平日のみ 14:00〜17:00
・レソト王国大使館 毎週月曜日〜金曜日(祝日を除く)9:30〜16:30
※金曜日は13:30まで
・モルディブ共和国大使館 2月22日(木)、27日(火)13:30〜16:00
・パラオ共和国大使館 毎週金曜日16:00〜17:00
※2月23日(金)は満員のため、ご参加いただけません。
・フィリピン共和国大使館 毎週水曜日(平日のみ)15:00〜17:00
・ウルグアイ東方共和国大使館 毎週火曜日と水曜日(祝日を除く)13:00〜16:00
・ウズベキスタン共和国大使館 毎週月曜日と火曜日と木曜日(祝日を除く)10:30〜12:00
・台北駐日経済文化代表処文化部台湾文化センター 毎週月曜日〜金曜日(祝日を除く)10:00〜12:00、13:00〜17:00

■□■------------------------------------□
Spot3 宮崎会長と歩く青山長者丸商店会
□■□------------------------------------■
ボリビア多民族国大使館を出たら、六本木通りを西麻布交差点まで戻り、交差点を左折して外苑西通りに沿って20分ほど歩きます。
南青山三丁目交差点手前の信号を左折し、港区立青南いきいきプラザの交差点を右折すると、青山長者丸商店会です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-07.jpg
人通りも多く、下町らしさを残した商店会です

南青山三丁目にある船光稲荷神社から青山通りまでの通りは「長者丸通り」と呼ばれています。
この辺りが武家屋敷だった江戸時代、長者の屋敷があったため長者丸通りといわれるようになったとのことです。

「青山長者丸商店会」はさらに範囲を広げる予定だそうです。
会長の宮崎哲男(みやざきてつお)さんは、お米を扱う宮崎商店のご主人でもあります。
バイクや車が趣味という、個性的な宮崎会長にお話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-08.jpg
とても個性的でおしゃれな宮崎会長

「戦後、父が米屋を始めましたが、この場所には私の代になってから移ってきました。
昔の長者丸通りは賑やかで、食料品を売る店や、街のお医者さん、美容室など、たくさんの店がありました。
青山通りには都電が走っていて、ちょうど長者丸通りの入口辺りに停留所があったので、電車を降りた人がたくさん長者丸通りへ流れ、買物をしてくれましたね。
昭和43年(1968年)に都電が廃止され、大きなスーパーマーケットができたり、閉店してビルに建て替える家が多くなるなど、通りの様子が変わっていきました」
宮崎会長は当時を懐かしむように、今と昔の青山の様子を集めた写真を広げながらお話してくれました。

「今後は、青山三丁目商店会など近隣エリアと協力して、街を盛り上げていきたいと思っています。
長者丸商店会も、青山三丁目商店会も、中心になって運営できる人がだんだんと減ってきている中で、これからは一緒に頑張っていこうという話をしています。
防犯・防災活動にも力を入れていますが、マンションが増えたり、家族の住まい形態が変わるなど、独り暮らしの高齢者の方も多くなっているので、そういう方たちが気軽に交流できるような場も作っていきたいと思っています」
と今後の活動についてもお話してくださいました。

宮崎会長からは青山長者丸商店会の新旧の顔、2店舗を紹介していただきました。
1店舗目が、5年前にオープンした新しいお店、台湾発祥のパイナップルケーキのお店「微熱山丘 サニーヒルズ」です。
【サニーヒルズ ホームページ】www.sunnyhills.co.jp

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-09.jpg
隈研吾氏プロデュースのデザインが今注目されています

広報ご担当の、金村幸奈(さちな)さんに、お話を伺いました。
「今年でオープン5年目に入り、青山でも静かなこの場所がとても気に入っています。
周囲は古くからお住まいの方がたくさんいらっしゃいますが、そういった方もお店を利用してくださっています。
お隣りの青山小西商店さんをはじめ、新しくオープンした私たちを商店街の方たちが温かく迎えてくださっているので、とても感謝しています。
サニーヒルズでは、新鮮なブランド卵に、フランスエシレ産の発酵バター、こだわりの小麦粉を合わせて、自然の素材を吟味したパイナップルケーキやパイナップルジュースを販売しています。
パイナップルケーキは台湾の代表的なお菓子です。
サニーヒルズのパイナップルケーキは、無農薬のパイナップルを煮詰めた甘酸っぱいジャムをエシレ産バターの香り漂うしっとり生地で包んだ、素材を生かした優しい味です。
お店に訪れた方を、台湾茶とパイナップルケーキでおもてなししています」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-10.jpg
1階の販売コーナーと金村さん

スタッフの方が笑顔でサーブしてくれるパイナップルケーキとお茶で、心も体も温まります。
青山にあるサニーヒルズの建物は、建築家の隈研吾氏がプロデュースしたもので、木を組んで作った外観が大変話題となっています。
「お店には外国の方や、建築を勉強しているお客様も多くいらっしゃいます。
多くのお客様に、サニーヒルズ流のおもてなしを楽しんでいただきたいです」
スタッフの笑顔、そしておいしいパイナップルケーキと、全てが「おもてなしの精神」につながっているようです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-11.jpg
2階ではパイナップルケーキと台湾茶が楽しめます

次にご紹介していただいたのが、明治37年(1904年)の創業の老舗、「青山小西商店」です。
【青山小西商店 ホームページ】https://www.facebook.com/aoyamakonishi/
現在は四代目店主という鈴木洋介さんに、お店について伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-12.jpg
やる気にあふれた鈴木さん

「小西というのは関西の酒屋の屋号で、東京へ来て暖簾分けして増えていったお店です。
うちの曾祖父が銀座の藤小西という店で修行をしました。以前は地域密着型のお店で、お酒以外に日用品やお味噌も扱っていました。
しかし、青山の街も変わり、珍しくても良いものがあれば興味を持ってくれる方が多くなったので、ワインがメインの中野坂上にある藤小西で3年勉強し、ナチュラルワインを扱うようになりました。
オーガニックワインと違うのは、単に健康のための無農薬と違い、味を重視しているという点です。
ワインはブドウのエキス、作られた土地柄や、生産者の個性がとてもよく表れます。
ナチュラルワインは、肉じゃがなど日本のお惣菜にもよく合うんですよ。
大量生産ではないので、生産本数も少なく、日本に入ってくる数も限られます。
最近は、中国や韓国の方など、外国人のお客様がかなり増えました。
知識も豊富で、タクシーで乗り付けて買いに訪れる方も多いですよ」
テレビなどで話題の、お隣りのパイナップルケーキ店のお客様もよく訪れるそうです。
「昔から青山長者丸商店会に入っていますが、将来は地元の方が夕食の買い物をしたついでに、うちのお店でワインを買ってくれるような、そんな日常生活に寄り添った商店会になるといいと思っています。
肩ひじ張らずに、ワインも、この街も利用してくださることを願っています」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-13.jpg
ナチュラルワインに力を入れていて、おすすめのワインも選んでくれます

★===========================================★
〜この街のここが注目ポイント!〜
★===========================================★
青山長者丸商店会には、船光稲荷神社があります。
寛文2年(1662年)の建立で、当時この付近に住んでいた渋谷長者の勧請を請け、非常に繁昌を極めたといいます。
伝えられるところによれば、昔はこの付近は広大な海であり、長者丸という千石船の船着き場となっていました。
あるとき、長者丸が暴風雨に遭い、沈没の寸前の折に、社殿より五色の御光が射し、その御加護により難を救われたそうです。
それ以来、船乗りをはじめ里人による信仰厚く、後に地名も長者丸と称すようになったと言われています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-4/1802-4-14.jpg
船光稲荷神社は今でも大切にされています

●=Information=●
青山長者丸商店会
【所在地】港区南青山3丁目1・3〜5・7・8 青山長者丸通り一帯
【ホームページ】http://www.aoyama-shop-town.com/pg203.html
【アクセス】
東京メトロ銀座線「外苑前」徒歩5分
ちぃばす「青山二丁目交差点」徒歩3分

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
■国立新美術館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」

スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、生涯を通じ絵画収集に情熱を注いだ傑出したコレクターとして知られています。
主に16世紀のオランダ絵画から20世紀の近代絵画に至る作品を集め、中でも印象派・ポスト印象派の作品は傑作中の傑作が揃っています。
近代美術の精華といえる作品約60点を展示し、その半数は日本初公開となります。
絵画史上、最も有名な少女像ともいわれる《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》、スイス国外に初めて貸し出されることになった4mを超えるモネ晩年の睡蓮の大作など、貴重な作品に触れることができます。

●=Information=●
国立新美術館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」
【場所】国立新美術館 企画展示室1E (港区六本木7-22-2)
【会期】開催中〜5月7日(月)まで
【開館時間】10:00〜18:00(入館は17:30まで)
※毎週金曜・土曜は10:00〜20:00(入館は19:30まで)
【休館日】火曜 ※ただし5月1日(火)は開館
【料金】
一般1600円、大学生1200円、高校生800円
※他に、前売券などもありますので、詳しくはホームページを確認してください。
【問合せ】03-5777-8600
【ホームページ】
http://www.nact.jp(国立新美術館)
http://www.buehrle2018.jp(ビュールレ・コレクション)
【アクセス】
東京メトロ千代田線「乃木坂」徒歩1分
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」徒歩5分
ちぃばす「乃木坂駅入口」徒歩2分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK