メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2018年2月1日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2018/2/1号vol.703
http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★2月テーマ★========
文化と芸術
=======================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『港区で文化芸術に触れる』

本日から2月28日(水)まで、「ミナコレ(MINATO COLLECTION)2018 冬」が開催されています。
「ミナコレ(MINATO COLLECTION)」とは、夏と冬の年2回、港区内の美術館や博物館などの文化施設と区が連携して、文化芸術イベントを集中的に開催する事業です。
今回は、ミナコレ対象施設を巡るルートをご紹介します。
【ミナコレ2018冬ホームページ】https://www.city.minato.tokyo.jp/bungeishinkou/minakore/home.html

【ルート】
パナソニック 汐留ミュージアム⇒港区立港郷土資料館⇒齊藤会長と歩くピアタ会

★===========================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===========================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本の8コースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「まち歩きガイドサービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】http://www.minato-kanko.com/
【まち歩きガイドサービスURL】http://www.minato-kanko.com/order-guided-service
※「まち歩きガイドサービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください。

■□■------------------------------------□
Spot1 パナソニック 汐留ミュージアム
□■□------------------------------------■
JR新橋駅の汐留口を出てまっすぐ進み、新橋駅前交差点を渡り、汐留北交差点を左折すると、右側にパナソニック 汐留ミュージアムがあります。
こちらでは、「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯 ―」の企画展が3月21日(水・祝)まで開催されています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-1/1802-1-01.jpg
《色絵金彩「皇帝」文コーヒーセット》
1860年頃
ブダペスト国立工芸美術館蔵

ヘレンドとは、ハンガリーの首都・ブダペストから南西に約110kmを隔てた静かな村にある磁器製作所のことを言います。
文政9年(1826年)に創設され、ハプスブルク家の保護を受けて発展し、各国の王侯貴族に愛好されたヘレンドは、ハンガリーを代表する高級磁器窯として、今日に至るまで高い評価を得ています。
開窯初期の希少な逸品から、バロックやロココといった伝統的な様式を踏襲した名品に加え、中国や日本の陶磁器に学んだ東洋風の作品群、そして現代の製品までおよそ150件、約230点が今回の展示に集結しています。
ヘレンド190年余の歴史と、優雅で華やかな磁器の魅力を感じに展示会に行ってみてはいかがですか。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-1/1802-1-02.jpg
《青地色絵ネオロココ様式人物図植木鉢》
1890年代
ブダペスト国立工芸美術館蔵

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-1/1802-1-03.jpg
《色絵金彩花束文鳥飾り果物皿》
1880年頃
ヘレンド磁器美術館蔵

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
19世紀半ばのヨーロッパにおいて、中国や日本の磁器が品質や技術力ともに賛美の的でした。
ヘレンドをはじめとした欧州の名窯は、東洋磁器の複製を作ることでその技術を徹底的に研究していました。
この展覧会では、当時のいくつかの作品を見ることができます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-1/1802-1-04.jpg
《色絵金彩「伊万里」様式人物飾り蓋容器》
1860年頃
ブダペスト国立工芸美術館蔵

さらに、展示室内の一部では「牡丹とアポニー・グリーン」シリーズによるティータイム・セッティングを見ることができます。
このセッティングは、シノワズリーの装飾スタイルに合わせて、中国で皇帝の色とされる黄色をテーマカラーに茶会をイメージした東洋風のもので、撮影可能なので、インスタ映えしそうですね。

パナソニック 汐留ミュージアムでヘレンド展を見た後は、港区立港郷土資料館に足を運んでみましょう。

●=Information=●
パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯 ―」
【所在地】港区東新橋1丁目5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
【開催期間】開催中〜3月21日(水・祝)
【休館日】水曜日(祝・祭日は開館)
【開催時間】10:00〜18:00(入館は17:30まで)
【入場料】一般1000円、65歳以上900円、大学生700円、中・高校生500円、小学生以下無料
※その他の割引もありますので、詳しくはホームページを確認してください。
【問合せ】03-5777-8600(ハローダイヤル)
【ホームページ】
https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/18/180113/ex.html
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「新橋」徒歩8分
都営大江戸線「汐留駅」徒歩5分
東京メトロ銀座線、都営浅草線、新交通ゆりかもめ「新橋」徒歩6分
ちぃばす「新橋駅」徒歩6分

■□■------------------------------------□
Spot2 港区立港郷土資料館
□■□------------------------------------■
ちぃばす芝ルートの「新橋駅」からちぃばすに乗って「田町駅西口」で下車します。
田町駅西口交差点を渡り、読売理工医療福祉専門学校の角を左折して進むと、右側に港区立三田図書館があります。
港区立港郷土資料館は、港区立三田図書館の4階にあります。
伊皿子貝塚遺跡の16mに及ぶ貝層断面や、区内で発掘された原始・古代から近世遺跡の出土遺物、区指定文化財、館蔵の古文書や民俗資料などを展示して、港区の歴史や文化を紹介しています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-1/1802-1-05.jpg
16mもの貝塚が展示されています

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-1/1802-1-06.jpg
港区の歴史を古代から知ることができます

ガイドコーナーでは、港区と日本の歴史の流れを比較して作られた「年表」、江戸時代と現在の地図を重ね合わせて作成した「江戸復原図」、港区の地図と写真を用いて史跡や文化財を紹介する「史跡と文化財を訪ねて」の3つの展示があり、港区のあゆみについて学ぶことができます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-1/1802-1-07.jpg
大迫力のミンククジラの骨格にも触ることができます

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
港区郷土資料館では、港区の伝統工芸品を3月14日(水)まで展示しています。
港区には現在、8名の伝統工芸士がいます。
額縁、江戸表具、三味線、金・銀細工、剣道具、指物といった伝統工芸の数々が一堂に介して実際に見ることができる貴重な機会ですので、どうぞお見逃しなく。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-1/1802-1-08.jpg
港区で作られた伝統工芸品が並んでいます

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-1/1802-1-09.jpg
細かな細工がとてもきれいです

港区立港郷土資料館で港区の歴史や文化を学んだ後は、ピアタ会にお買い物に行きましょう。

●=Information=●
港区立港郷土資料館
【所在地】港区芝5丁目28-4 港区立三田図書館 4階
【休館日】日曜日・祝日・第3木曜日・特別整理期間
【開館時間】9:00〜17:00
※さわれる展示室は、火曜日・金曜日・土曜日の12:30〜16:30のみとなります。
【料金】無料
【問合せ】03-3452-4966
【ホームページ】http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/muse
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「田町」徒歩5分
都営浅草線・三田線「三田」徒歩2分
ちぃばす「田町駅前」徒歩2分

■□■------------------------------------□
Spot3 齊藤会長と歩くピアタ会
□■□------------------------------------■
港区立港郷土資料館を出たら、田町駅まで戻りましょう。
JR田町駅(西口)と地下鉄三田駅に直結する田町センタービルの、地下1階から3階のショッピングモールが「ピアタ会」です。
飲食店から物販店まで、バラエティ豊かな店舗が揃っています。
去年から始まったハロウィンや年末に行われる福引のほか、夏に行われる田町音楽祭はこれまで20回以上開催されており、道行く人々の心を癒やしています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-1/1802-1-10.jpg
田町駅西口改札を出るとすぐ目の前のビルにあるのがピアタ会です

平成6年(1994年)発足のピアタ会を、齊藤俊一(しゅんいち)会長が案内してくださいました。
「ピアタ会はJR田町駅直結なので、仕事途中に必要なものを買う会社員のお役立ち商店会です。
ピアタに1人でも多くの人が訪れるよう、ビルの「清潔さ」には特に気を配っています」という齊藤会長が紹介してくださったのは、ドラッグストア慶愛堂です。
ピアタ会の理事及び総務委員長で、ドラッグストア慶愛堂のご主人、山本裕二さんにお話を伺いました。
【慶愛堂 ホームページ】https://www.facebook.com/keiaidoh?ref=hl

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-1/1802-1-11.jpg
昔からの田町を知る山本さん(右)と齊藤会長(左)

「平成6年(1994年)の田町センタービルの完成と同時に、ピアタ会も発足しました。
終戦後の田町駅前は、復員者の生活再建を目途としたお店などが並んでいて、このビルの計画までは以前の雰囲気も残っていましたが、平成に入るとビル建設のために一斉閉店し、その姿を消しました。
うちも元は写真店でしたが、平成の時代とともに生業を薬店に変えました。
今では化粧品も、お客様にご好評をいただいています」
山本さんは、奥様のご意見も大切にされているそうです。

「『ピアタ』とは、イタリア語で広場という意味の「ピアッツァ」と田町の「田」から作られた造語で、人々が集まるようにという願いが込められています。
現在会員の7割が飲食店ですが、ファッションやお菓子などのお店も揃っています。
周囲にお勤めの人が多く訪れるのですが、三田や芝浦はマンションが増えたので、新しくお住まいになったお客様もかなり増えました。
ピアタ会は、田町駅の東西自由通路の計画にも、積極的に参加してきました。
また働く人たちだけでなく、マンションが増えているので家族連れにも喜んでいただけるようなサービスを考えたいですね」と、田町駅を昔から知る山本さんのお話でした。
築22年の田町センタービル ピアタは、比較的新しい駅ビルですが、近年は周囲に住む人が増え、土日の利用も増えているとのことです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-1/1802-1-12.jpg
様々な店がビルの中にあります

★===========================================★
〜この街のここが注目ポイント!〜
★===========================================★
ピアタ会の齊藤会長は1階の雑貨店ベイホームズのほか、港区芝の酒蔵「東京港醸造」の代表も務めています。
東京港醸造で作られている「江戸開城」などは、ベイホームズで東京土産に買っていく人もたくさんいます。
東京港醸造は400年以上続く、都内では珍しい酒蔵であり、醸造元です。
西郷隆盛や勝海舟とゆかりを持つことから、このお酒が生まれました。
【東京港醸造ホームページ】http://tokyoportbrewery.wkmty.com

●=Information=●
ピアタ会
【所在地】港区芝5-34-7 田町センタービルB1階〜3階
【ホームページ】http://www.piata.net/index.html
【アクセス】
都営浅草線・三田線「三田」徒歩1分
JR 山手線・京浜東北線「田町」徒歩1分
ちぃばす「田町駅西口」徒歩1分

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
■増上寺「節分追儺式(せつぶんついなしき)」
増上寺の「節分追儺式」は、東都の四季を彩る年中行事の名物として毎年大勢の方が訪れます。
特設舞台上では、餅つきや鬼問答、年男年女や角界・芸能界の方々による「豆まき」が行われます。
諸々の厄難を払い、福を招く節分追儺式に、今年の福をもらいに行ってみてはいかがでしょうか。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1802-1/1802-1-13.jpg
お馴染みの有名人なども登場して、たくさんの人で賑わいます

●=Information=●
増上寺「節分追儺式」
【所在地】港区芝公園4丁目7-35
【日時】2月3日(土) 12:20開始
【場所】大殿前特設舞台
【問合せ】03-3432-1431
【ホームページ】http://www.zojoji.or.jp/
【アクセス】
都営浅草線・都営大江戸線「大門」徒歩5分
都営三田線「御成門」「芝公園」徒歩3分
JR山手線・京浜東北線「浜松町」徒歩10分
ちぃばす「港区役所」徒歩2分

■豊川稲荷東京別院「節分会」
芸能の神様が祀られている豊川稲荷東京別院の節分会では、芸能人も参加します。
お練り、厄除祈祷、芸能関係者の紹介、その後豆まきが行われます。
豆まき終了後、豆とお餅が無料で配布されますが、数に限りがありますので、お早めに。
●=Information=●
豊川稲荷東京別院「節分会」
【所在地】港区元赤坂1丁目4-7
【日時】2月3日(土)14:00開始
【問合せ】03-3408-3414 (電話受付:8:30〜16:00)
【ホームページ】http://www.toyokawainari-tokyo.jp/
【アクセス】
東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附」徒歩5分
東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」徒歩5分
ちぃばす「豊川稲荷前」徒歩1分

■東京タワー「節分追儺式と豆まき」
東京タワーでは高さ150mの大展望台1階で、開業当時からの恒例行事である「節分追儺式(せつぶんついなしき)と豆まき」を行います。
大展望台への料金のみで、どなたでも自由に参加できます。
当日は、芝・増上寺のご住職に厄難を祓っていただいた後、今年一年の無病息災・災厄消除・開運招福を願って、ご住職と東京タワースタッフ(年女)、紋付き袴姿のノッポン弟が、福豆やお菓子などをまく「豆まき」を行います。
また、節分に欠かせない「恵方巻きの丸かぶり(丸かじり)」ができる特設コーナーも設置されます。
10時30分頃から、今年の恵方である「南南東」を向いて「恵方巻き」を食べることができます。
今回大展望台で販売する恵方巻き(丸かぶり寿司)は、銀座「鮨 板井」監修の手作り恵方巻で、長さ約20cmの手作り恵方巻きを333個限定で販売します。
●=Information=●
東京タワー「節分追儺式と豆まき」
【所在地】港区芝公園4丁目2-8
【日時】2月3日(土)
節分追儺式と豆まき 10:45頃から11:00頃まで
恵方巻きの丸かぶり 10:30頃から14:00頃まで
【場所】大展望台1階
【休館日】無休
【開館時間】9:00〜23:00(最終入場22:30)
※外階段の開放時間など、詳細はホームページを確認してください。
【料金】大人(高校生以上)900円、小・中学生500円、幼児(4歳以上) 400円
※大展望台までの展望料金
【問合せ】03-3433-5111
【ホームページ】www.tokyotower.co.jp
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線、東京モノレール「浜松町」徒歩15分
都営大江戸線「赤羽橋」徒歩5分
都営三田線「御成門」徒歩6分
ちぃばす「東京タワー入口」徒歩5分
==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK