メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2018年1月18日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2018/1/25号vol.702
http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★1月テーマ★========
新しい1年の始まり
========================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『港区のパワースポット巡り』

今年1年を良い年にするためにも、港区にあるパワースポットを巡って、開運祈願をしましょう。

【ルート】
青松寺⇒黄梅院⇒小林会長と歩く白金商店会

★===========================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===========================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本の8コースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「まち歩きガイドサービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】http://www.minato-kanko.com/
【まち歩きガイドサービスURL】http://www.minato-kanko.com/order-guided-service
※「まち歩きガイドサービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください。

■□■------------------------------------□
Spot1 青松寺
□■□------------------------------------■
東京メトロ三田線の御成門駅A6番出口を出て、神谷町方面に向かい、一つ目の信号を右折して愛宕下通りを進んだ先の左側に、曹洞宗の青松寺があります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-4/1801-4-01.jpg
大きな山門が目印で、両側には仁王像があります

青松寺は、今の国立劇場・最高裁判所の辺りの麹町貝塚にあり、「江戸貝塚青松寺」と称されました。
その後、慶長5年(1600年)、徳川家康が江戸城の外堀をつくる際に、現在の地へ移転しました。
平成15年(2003年)から始まった、宗派を超えた僧侶の修行道場である獅子吼林サンガの活動を行っています。
明治34年(1901年)、山門前の愛宕下通りには、美しい櫻川が溜池から流れていました。
当時の石橋は、現在、新たに青松寺境内に復興された桜川に掛かっています。
広大な境内には自然が多く、落ち着いた雰囲気の中で、ゆったりとリラックスできます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-4/1801-4-02.jpg
都心とは思えない、緑の多い境内

境内の通路を通って、愛宕グリーンヒルズMORIタワーの裏に向かってみましょう。
ここには十二支の摩尼車があります。
摩尼車とは、先端が回転するもので、一回転させるとお経を一回読んだのと同じ効果があると言われています。
十二支ということで、今年の干支である戌もあるので、摩尼車を回転させて運気を上げてみてはいかがでしょうか。
戌はその性格から社交性に関わるとされ、人間関係の運気が特に上がるかもしれませんね。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-4/1801-4-03.jpg
林の中に十二支の摩尼車が並んでいます

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
最近、注目が集まっている「坐禅」で、改めて自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか。
青松寺では毎月第3水曜日の夜7時から月例参禅会を行っているだけでなく、個別での参禅も受け付けています。
費用は無料で、予約も不要です。
初回の方は、18時20分までに行けば、坐禅堂での座り方を教えてくれるので、初心者でも安心ですね。
その他、「般若心経」を書写する写経の会(有料)も行われています。
※詳細はホームページを確認してください。

青松寺でお参りした後は、黄梅院に行ってみましょう。

●=Information=●
青松寺
【所在地】港区愛宕2丁目4-7
【問合せ】03-3431-3575
【ホームページ】http://seisyouji.p1.weblife.me
【アクセス】
東京メトロ日比谷線「神谷町」徒歩8分
都営三田線「御成門」徒歩5分
ちぃばす「御成門北」徒歩3分

■□■------------------------------------□
Spot2  黄梅院
□■□------------------------------------■
青松寺を出たら、御成門駅まで戻り、「御成門駅」から芝ルートのちぃばすに乗ります。
「浅草線三田駅前」で、高輪ルートのちぃばすに乗り換えて「高輪警察署前」で降ります。
高輪警察署前交差点からメリーロード高輪を伊皿子方面に歩いていくと、左側に黄梅院があります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-4/1801-4-04.jpg
高輪は寺町でもあり、黄梅院はその中のひとつです

黄梅院は320年以上前に開創された東海道の名所で、由緒ある西方24番札所となっており、境内には美しい梅園があります。
黄梅院には、「高輪銭洗不動」と呼ばれる不動明王が祀られています。
一般的には鎌倉「銭洗弁財天」が有名ですが、地元商店の人も「ここに銭洗不動があることを知らない人は多いと思います」というほどです。
弁財天はその名のとおり、金運にご利益があると言われていますが、こちらの「黄梅院」では、珍しい不動明王が金運を授けてくれます。
境内にある宝珠(ほうじゅ)から湧き出る浄水でお金を洗い清めて祈願すると、お金に不自由せず商売繁盛することができると伝わっています。
なお、お寺では、洗った銭を入れる小袋を配布していますので、銭洗したら小袋に入れてお守りにするのも良いでしょう。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-4/1801-4-05.jpg
備え付けのザルにお金を入れて洗います

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-4/1801-4-06.jpg
住職にお声掛けすると、小袋がいただけます

黄梅院でお参りした後は、白金商店会を散策してみましょう。

●=Information=●
黄梅院
【所在地】港区高輪1丁目27-21
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「品川」徒歩15分
都営三田線「白金高輪」徒歩10分
都営浅草線「高輪台」徒歩9分
ちぃばす「高輪警察署前」徒歩1分

■□■------------------------------------□
Spot3 小林会長と歩く白金商店会
□■□------------------------------------■
黄梅院を出たら、高輪警察署前の交差点まで戻り、右折します。
その後、明治学院前交差点を右折し、桜田通りを道なりに進み、白金一丁目交差点を左折します。
1つ目の信号を過ぎ、次の大きなT字路を右折し、道なりに進んで行くと、白金商店会が見えてきます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-4/1801-4-07.jpg
路地に店が立ち並ぶ、昔ながらの商店街の雰囲気が残ります

マスコットのコキンメフクロウのイブちゃんがいる衣料品店「メンズショップ コバヤシ」のご主人で、平成2年(1990年)から商店会長を務める小林靖彦さんにお話を伺いました。
「白金商店会は、明治43年(1911年)に設立されました。当時この界隈にガス灯工場ができ、工員さんたちが生活できるよう店が増えていったと聞いています。
この店は、義父が昭和23年(1948年)に始めた洋品店で、昭和59年(1984年)に私が継ぎました。シニア向きの品揃えですが、昔は若いお客さんもたくさん店に来ていました。
私は十一代目の商店会長で平成2年(1990年)から会長になったので、もう30年近くになりますね。
現在、白金商店会は68店舗が加盟しており、最近トレーニングジムやケーキ屋さんなど、個性のあるお店がとても増えてきているため、朝や昼の人通りがとても多くなってきました。
また、白金高輪に大きなビルができ、そこから7分ほどで白金商店会まで歩けますので、お昼にビジネスマンがたくさん来てくれます。
白金商店会はカキフライの美味しい魚屋さんをはじめ、今でも生鮮三品があるという、港区では貴重な商店会です」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-4/1801-4-08.jpg
商店会の入口に立つ、小林会長

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-4/1801-4-09.jpg
小林会長のお店は商店会の入口のすぐ横にあり、フクロウのイブちゃんにも会えます

小林会長にご紹介していただいたお店は、「白金こむすび庵 さんかく」です。
「このお店は、お米や具材の質が良くとっても美味しいんですよ。またこの辺りでは珍しく、日曜日も営業しています」と小林会長のおすすめのお店です。
早速、代表の本田剛(たけし)さんと、スタッフの西村香織さんに聞いてみました。
【白金こむすび庵 さんかく ホームページ】https://komusubi-sankaku.jimdo.com

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-4/1801-4-10.jpg
おむすび専門店として人気です

昨年の9月にオープンしたばかりのこちらのお店ですが、本田さんと西村さんは元々IT系の会社にお勤めなさっていたそうです。
どうしておにぎり屋さんをオープンしたのでしょうか。
「接客業が好きだったこともあり、人と触れ合う仕事をしたかったのと、おにぎりは日本人のソウルフードということで、お店を開きました。
お米は何よりも大事な素材となりますが、もう60年以上のご経験がある、地元のお米屋さんに頼んで、おむすびに合うお米をブレンドしてもらい、羽釜で炊いています。
精米したてのお米が一番美味しいのと、商店会や地元を盛り上げたいという気持ちもあって、地元のお米屋さんに頼んでいます。
最初から白金商店会には加入するつもりでいました。
とてもイベントの多い商店会ですが、イベントでは若手と年配の方の企画が共存し合い、とても刺激になります。
今でもおすそ分けをし合うような、下町らしい雰囲気があり、恵まれた環境で店を出すことができたと感じています。
これからも商店会の活動には積極的に参加していきたいと思っています」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-4/1801-4-11.jpg
代表の本田さん(左)とスタッフの西村さん(右)。そしてお手伝いの方々

★===========================================★
〜この街のここが注目ポイント!〜
★===========================================★
春の桜まつりクーポン、四の橋夏祭り、歳末福引セールなど年間の定期的なイベントのほか、今年初めて「白金バル」という、バルなどのお店めぐりができるイベントも行われました。
夏祭りは毎年約34万人が訪れるなど、とにかく白金商店会のイベントの集客数はバツグンだそうです。
「アイデアがいっぱいの若い人の力も借りながら、もっと商店会を発展させていきたいですね」と小林会長も嬉しそうでした。

●=Information=●
白金商店会
【所在地】港区白金1丁目5・7・8・15・25、3丁目2・9・10・22・23
【ホームページ】https://www.shirokane-shotengai.jp
【アクセス】
東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線「白金高輪」徒歩3分
ちぃばす「高輪地区総合支所前」徒歩3分

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
■水陸両用バス「TOKYO NO KABA」
東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、ますます盛り上がりを見せるお台場エリアで、陸上も水上も進むことができる水陸両用バス「TOKYO NO KABA」が運行されています。
「TOKYO NO KABA」は、「アクアシティお台場」を出発して、お台場エリアのビル群を走り抜けながら陸上走行した後、「お台場海浜公園スロープ」から大きな水しぶきとともにレインボーブリッジに向かい、海へとダイブするアトラクションバスです。
英語、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語の 5 ヶ国語の観光案内を収録した多言語音声ガイダンスも装備されているので、外国人観光客にも対応しています。
お台場ドライブと東京湾クルーズを、一緒に楽しんでみてはいかがですか。
●=Information=●
水陸両用バス「TOKYO NO KABA」
【発着場所】アクアシティお台場(1階海側バス乗り場)(港区台場1-7-1)
【ルート】出発地(アクアシティお台場)〜陸上(台場エリア)〜海上(台場)〜終着地(アクアシティお台場
【運行回数】7 便/日(夏期、混雑状況により増便あり)
【乗車時間】約45分(陸上約25分、海上約20分)
【料金】大人3500円、小人1700円、乳幼児500円
【問合せ】株式会社フジエクスプレス 03-3455-2211(受付時間9:00〜18:00)
【ホームページ】http://www.kaba-bus.com/tokyo/

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK