メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2018年01月04日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2018/1/4号vol.699
http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★1月テーマ★========
港区で新年を祈願しよう
=========================

新年、あけましておめでとうございます。
今回の『WELCOME港区』が平成30年の最初の配信号となりました。
本年も引き続き、『WELCOME港区』をよろしくお願いいたします。

^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『新年特別編 港七福神めぐり』
長寿と福徳をもたらすといわれる七福神めぐりは、毎年多くの人が参加しています。
ぜひ8つの社寺を巡って、ご利益をいただきましょう!
【港七福神めぐり公式サイト】http://www.minatoshichifukujin.org

港七福神めぐりは昭和8年(1933年)発足の「麻布稲荷七福神詣」に端を発しています。
戦争の影響により昭和15年(1940年)で中断しますが、昭和41年(1966年)に巡拝所を再編し、「港七福神めぐり」として再開しました。
港区では七福神に加え、宝船を含めた8カ所をめぐるのが特徴で、東京タワー、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、麻布十番商店街といった観光名所に立ち寄ることができるのも人気の秘密です。

巡拝の開始場所や順番は決まっていませんので、どこからでもスタートすることができます。
七福神巡りにかかる時間は、混在や途中の休憩も含めて5、6時間程度ですが、期間中は日を跨いでの巡拝も可能です。
最終日の1月8日(月)は14時で受付が終了となりますので、ご注意ください。

【港七福神めぐり豆知識】
「港七福神めぐりの御朱印を集めよう!」
毎年、元日から成人の日までの期間中、港七福神めぐり実施各社寺で、七福神・宝船の御朱印を受け取るための専用色紙・専用台紙を配布しています。
御朱印代は各社寺とも300円、配布時間は9時から17時までです。(御朱印と専用色紙・専用台紙の配布は期間中のみです)
メモ帳やノートには押印できませんので、ご注意ください。
無地色紙であれば、持参の色紙でも押印が可能です。(絵柄入り色紙は不可)

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-1/1801-1-01.jpg
全てを巡って、8つの御朱印を集めましょう
※写真は昨年のものです

【ルート】
天祖神社(福禄寿)⇒久國神社(布袋尊)⇒熊野神社(恵比寿)⇒宝珠院(弁財天)⇒十番稲荷神社(宝船)⇒大法寺(大黒天)⇒麻布氷川神社(毘沙門天)⇒櫻田神社(壽老人)

■□■―――――――――□
天祖神社(福禄寿)
□■□―――――――――■
都営大江戸線六本木駅4a出口を出て、六本木交差点を左折して外苑東通りを乃木坂方面へ進みます。
その後、龍土町美術館通りを歩くと、右側に天祖神社が見えてきます。
天祖神社は、至徳元年(1384年)に初めて祀られ、品川沖から毎夜、竜が御灯明を献じたという故事から「竜灯」と呼び、「竜灯」がなまって、この地を「竜土(りゅうど)」と呼ぶようになり、神社の名前も「龍土(りゅうど)神明宮」と称えられました。
「幸せ・お金・命」の三徳を授ける福禄寿が祀られており、幸福・商売繁盛・技芸上達など、様々なご利益があります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-1/1801-1-02.jpg
ビルの谷間に静かに佇む神社です

●=Information=●
天祖神社
【所在地】港区六本木7-7-7
【問合せ】03-3408-5898
【ホームページ】http://www.minato-kanko.com/kankou/tensojinja
【アクセス】
東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木」徒歩5分
東京メトロ千代田線「乃木坂」徒歩5分
ちぃばす「六本木七丁目」徒歩2分

■□■――――――――□
久國神社(布袋尊)
□■□――――――――■
天祖神社の次は布袋尊を祀っている久國神社へ向かいましょう。
天祖神社を出て、歩いて来た道を六本木交差点まで戻ります。
六本木交差点を左折し、溜池方面に進みます。
六本木二丁目信号の手前の路地を左折すると、正面に久國神社が見えてきます。
久國神社は、後土御門天皇(ごつちみかどてんのう)が寛正6年(1465年)に溜池に祀り、その後永禄3年(1560年)に現在地に遷座しました。
太田道灌が名工久国作の宝剣を寄進したことにより久國稲荷大明神として崇敬されています。
こちらには、福徳円満の神、布袋尊が祀られています。
正面拝殿の額は勝海舟の筆によるものと言われています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-1/1801-1-03.jpg
六本木や赤坂の喧騒を忘れる静けさです

●=Information=●
久國神社
【所在地】港区六本木2-1-16
【問合せ】03-3583-2896
【ホームページ】http://www.minato-kanko.com/kankou/hisakunijinja
【アクセス】
東京メトロ南北線「六本木一丁目」徒歩5分
東京メトロ銀座線「溜池山王」徒歩7分

■□■――――――――□
熊野神社(恵比寿)
□■□――――――――■
久國神社を出て、六本木通りに出ます。
六本木二丁目の信号を渡り、麻布通りを麻布十番方面に進み、飯倉片町交差点を左折して、東京タワー方面に進みます。
その後、飯倉交差点を右折し、右側にあるのが熊野神社です。
商売繁盛をもたらす「恵比寿」様を祀っていますが、太田道灌が戦勝祈願のため御神前に鯛を供えた故事によると言われています。
近年は熊野神社の神紋で、三本足の八咫烏(やたがらす)が公益財団法人日本サッカー協会のシンボルマークになっていることが縁になり、サッカー関係者の参拝が増えたそうです。
日本サッカー協会公認の「サッカー御守」もあります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-1/1801-1-04.jpg
八咫烏をあしらった提灯なども掲げられています

●=Information=●
熊野神社
【所在地】港区麻布台2-2-14
【問合せ】03-3589-6008
【ホームページ】http://www.minato-kanko.com/kankou/kumanojinja
【アクセス】
都営大江戸線「赤羽橋」徒歩7分
東京メトロ日比谷線「神谷町」徒歩10分
ちぃばす「東麻布一丁目(東京タワー下)」徒歩1分

■□■――――――――□
宝珠院(弁財天)
□■□――――――――■
宝珠院は、都立芝公園に隣接しています。
熊野神社を出て、桜田通りを赤羽橋方面に進みます。
東麻布一丁目交差点を左折して突き当たりを右折して、道なりに進み、東京タワー下交差点の横断歩道を渡ると、目の前に宝珠院があります。
弁財天は七福神のなかでは唯一の女性の神様で、琵琶を演奏する芸能の神様でもあります。
弁天堂を建立したのは増上寺の霊玄上人で、同時に宝珠院を開創しました。
境内は、木々に包まれ、近くに弁天池が広がっています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-1/1801-1-05.jpg
東京タワーの下にある、緑あふれる境内です

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-1/1801-1-06.jpg
境内にあるナメクジや蛙、蛇を探し出すといいことがあると言われています

●=Information=●
宝珠院
【所在地】港区芝公園4-8-55
【問合せ】03-3431-0987
【ホームページ】http://www.minato-kanko.com/kankou/housyuin
【アクセス】
都営大江戸線「赤羽橋」徒歩5分
都営三田線「芝公園」徒歩7分
ちぃばす「赤羽橋駅前」徒歩5分

■□■――――――――□
十番稲荷神社(宝船)
□■□――――――――■
宝珠院を出たら、赤羽橋方面に進み、赤羽橋交差点を右折して、麻布十番方面に進みます。
新一の橋交差点を渡り、100mほど進んだ右側に十番稲荷神社があります。
七福神全員を乗せた縁起の良い宝船の神社で、港七福神「宝船のおやしろ」として親しまれています。
七福神を乗せた宝船の石像は鳥居の左側にあり、右側には火傷除けや防火のお守りとして昔から伝わる大・小のガマ親子の石像が置かれています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-1/1801-1-07.jpg
七福神が乗った宝船が目印です

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-1/1801-1-08.jpg
十番稲荷神社は急な階段を上った先にあります

●=Information=●
十番稲荷神社
【所在地】港区麻布十番1-4-6
【問合せ】03-3583-6250
【ホームページ】http://www.jubaninari.or.jp/index.html
【アクセス】
都営大江戸線「麻布十番」徒歩1分
東京メトロ南北線「麻布十番」徒歩5分
ちぃばす「麻布十番」徒歩1分

■□■――――――――□
大法寺(大黒天)
□■□――――――――■
十番稲荷神社を出たら、正面の信号を渡って麻布十番商店街方面へと進みます。
麻布十番商店街のメインストリートを道なりに進み、きみちゃん像があるパティオ十番の交差点を右折して、大黒坂をしばらく進むと右側に大法寺が見えてきます。
麻布にある「一本松坂」を下ったところにあり、地元では大法寺というより「一本松の大黒様」の愛称で親しまれています。
毎年2月の節分の日は、境内で盛大な「豆まき」が行われるほか、麻布十番商店街の年男を乗せた山車が街を練り歩く「豆まきパレード」も行われます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-1/1801-1-09.jpg
大黒坂の途中にあるお寺です

●=Information=●
大法寺
【所在地】港区元麻布1-1-10
【問合せ】03-3451-6039
【ホームページ】http://www.minato-kanko.com/kankou/daihouji
【アクセス】
都営大江戸線、東京メトロ南北線「麻布十番」徒歩5分
ちぃばす「仙台坂上」徒歩5分

■□■――――――――□
麻布氷川神社(毘沙門天)
□■□――――――――■
七福神めぐりも、残りあと2つとなりました!
大法寺を出たら右手へ坂を上っていき、そのまま道なりに350m程進むと、左側に麻布氷川神社があります。
江戸氷川七社のひとつである麻布氷川神社には、勇気と勝運と財運の毘沙門天が祀られています。
疾病・災難を除き、大願成就を果たす「毘沙門天」は、古くから武人たちが戦勝祈願をした神様で、別名「多聞天(たもんてん)」とも呼ばれています。
江戸祭礼巡行図が残る昭和初期の大神輿もあるほか、アニメ「美少女戦士セーラームーン」に登場した神社のモデルでもあります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-1/1801-1-10.jpg
大きな鳥居が目印で、くぐると大神輿の倉もあります

●=Information=●
麻布氷川神社
【所在地】港区元麻布1-4-23
【問合せ】03-3446-8796
【ホームページ】http://www.azabuhikawa.or.jp/
【アクセス】
都営大江戸線、東京メトロ南北線「麻布十番」徒歩8分
ちぃばす「仙台坂上」徒歩1分

■□■――――――――□
櫻田神社(壽老人)
□■□――――――――■
七福神めぐりの締めくくりは櫻田神社です。
麻布氷川神社を出たら左に進み、仙台坂上交差点を右折します。
まっすぐ進み、愛育病院前交差点を右折し、六本木ヒルズ方面に進んだ左側に櫻田神社の石柱と鳥居が見えてきます。
細長い参道を通って奥に行くと、左手の社に健康や長寿を授ける壽老人が祀られています。
寛永元年(1624年)に現在の霞ヶ関から麻布に遷座しました。
長寿を授ける壽老神が祀られ、毎年元日から1月8日まで、御神像が一般公開されます。
静寂な雰囲気に包まれた櫻田神社で壽老人をお参りし、6社2寺をたどる港七福神めぐりを終えることができました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1801-1/1801-1-11.jpg
六本木ヒルズのすぐ横にあります

六本木ヒルズや東京タワーを眺めながら、麻布、六本木など港区の中心部をぐるりと巡る港七福神めぐりでした。
七福神めぐりをしたあなたには、今年一年良いことがあるでしょう。

●=Information=●
櫻田神社
【所在地】港区西麻布3-2-17
【問合せ】03-3405-0868
【ホームページ】http://www.minato-kanko.com/kankou/sakuradajinja
【アクセス】
東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木」徒歩10分
ちぃばす「六本木けやき坂」徒歩4分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK