メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2017年9月28日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2017/9/28号vol.685
http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★9月テーマ★========
幕末と文明開化
=======================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『港区はじめて物語』

文明開化と呼ばれる、江戸から明治への大きな時代の変わり目には、西洋から様々なものが日本へと伝わってきました。
今まで見たことがないものに、人々は驚いたのではないでしょうか。
港区には、様々な文明開化にまつわる史跡が残っています。
文明開化をたどる歴史散歩を楽しみましょう。

【ルート】
芝浦運河⇒新芝運河沿緑地⇒秋山会長と歩く品川駅港南商店会
★===========================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===========================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本の8コースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「まち歩きガイドサービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】http://www.minato-kanko.com/
【まち歩きガイドサービスURL】http://www.minato-kanko.com/order-guided-service
※「まち歩きガイドサービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください。

■□■------------------------------------□
Spot1  芝浦運河
□■□------------------------------------■
JR田町駅東口を出てまっすぐ進み、新芝橋を渡ります。
旧海岸通りに出て左折すると潮路橋がかかった芝浦運河があります。
芝浦は明治時代、多くの人で賑わった海水浴場でした。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1709-4/1709-4-01.jpg
海岸線は今のJRのところまであったのが、埋め立てられ運河になっています

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1709-4/1709-4-02.jpg
橋の名前にも昔の名残が見られます

芝浦にあった海水浴場は、国内初という説があります。
従来は神奈川県の大磯海岸とされていましたが、それよりも前の明治11年(1878年)に海水浴場の開設を申請する書類が確認されています。
申請者は宗十郎町(現在の銀座・京橋周辺)の医者で、病気療養のための潮湯治が目的だったようです。
また「芝浦海水浴広告」というものがあり、「芝浦の海水浴場は外人常に来浴し賞賛して日欧米諸国に於て海水浴場流行すれども此の如き好地に設けある浴場は甚だ稀なりと。」と書かれています。
西洋人から見ても芝浦の海水浴場はいいものであるという記載が残っています。

さらに歴史は太田道灌(どうかん)が江戸城を築いた室町時代の中頃(1450年頃)に遡ります。
『廻国雑記(かいこくざっき)』の中に「芝の浦といえる所に至れば」とあり、また「やかぬより もしほの煙 名にぞ立つ 船にこりつむ 芝の浦人」とあります。
海藻を集めては塩を製し、でき上がった塩を、船に積んでいく芝の浦の人々が暮らしていた海辺を詠んでいます。

以来、明治時代まで風光明媚な場所として人気が高く、海水浴場ができたのも自然なことでした。

しかし、明治5年(1872年)、防波堤の上を日本最初の鉄道(後の山手線)が敷設され、明治13年(1880年)秋から埋め立てが始まり、芝の浦は地形環境が変わりながらも、芝浦という町が誕生しました。
現在の運河を見ても、かつて海水浴場だったとは思いもよらないですね。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1709-4/1709-4-03.jpg
昔と様子が変わったとはいえ、芝浦は運河を中心とした水の街です。

〜♪ちょっと耳より♪〜
埋め立ては当時、田町駅東口付近あたりから始まり、大正3年(1914年)5月に完成した土地を、新しい芝で新芝町と名付けられました。
その後、新芝運河を埋め立てたところと併せて芝浦三丁目となりました。
以降も次々と運河先を埋め立てて、月見町二丁目や月見三丁目が誕生しました。
昭和11年(1936年)1月1日に町名改正があり、芝浦三丁目は新芝運河で分別されて、西芝浦一丁目、西芝浦三丁目に、月見町一丁目は西芝浦二丁目、月見町二丁目は西芝浦四丁目となりました。
月見三丁目は芝浦三丁目に改名され、市電局車両工場の施設が置かれました。

日本初の海水浴場があった芝浦運河を出たら、新芝運河沿緑地(ガス創業の地)を訪ねましょう。

●=Information=●
芝浦運河
【所在地】港区芝浦1〜4丁目と海岸2〜3丁目の間 一帯
【ホームページ】http://shibaura1.org
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「田町」徒歩1分
都営三田線・浅草線「三田」徒歩3分
都バス 田92、ちぃばす「田町駅東口」徒歩1分

■□■------------------------------------□
Spot2 新芝運河沿緑地
□■□------------------------------------■
芝浦運河から新芝橋まで戻ると、新芝運河沿緑地が広がっています。
ここには、10基のガス灯が設置されており、夕方から夜にかけてレモン色の灯りが灯されます。
黒川晃彦(くろかわあきひこ)作のモニュメント「リバーサイドトリオ」という、トランペット、フルート、サックスを吹いている三人の像もあり、雰囲気を盛り上げています。
朝や日中は、運河沿いを散歩やジョギングする人も多く、地元の人々に愛されていることがわかります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1709-4/1709-4-04.jpg
黒川晃彦作「リバーサイドトリオ」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1709-4/1709-4-05.jpg
運河沿いは遊歩道として整備されているので、お散歩にも最適です

日本で初めてガス灯が設置されたのは、明治4年(1871年)の大阪造幣局です。
翌年には、横浜にも設置されています。
そして、東京では芝浜崎町に工場を建設し、明治7年(1874年)に中央区の京橋から金杉橋に85本のガス灯が設置されることになりました。
明治18年(1885年)、渋沢栄一らが 東京瓦斯(がす)会社を設立し、ガスの用途を街灯から燃料用に転換し、生産量も急増していきました。
新芝運河沿緑地は、旧東京ガス用地だったということで、このガス灯がありますが、他にも港区にある日本ガス協会ビル前や大門周辺にも置かれ、やわらかい光を放っています。
また、JR浜松町駅近くの東京ガス本社には、東京瓦斯創業記念碑があります。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
新芝運河沿緑地の近くには、「英字新聞の碑」が建っています。
こちらは、明治30年(1897年)に設立された、ジャパン・タイムズがある場所です。
日本最古の英字新聞を発行した会社です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1709-4/1709-4-06.jpg
当時、英字新聞は日本に住む外国人向けでした

新芝運河沿緑地を出たら、品川駅港南商店会へ向かいましょう。

●=Information=●
新芝運河沿緑地
【所在地】港区芝浦1丁目・3丁目と芝浦2丁目の間 一帯
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「田町」徒歩8分
都営三田線・浅草線「三田」徒歩6分
ちぃばす「芝浦一丁目」徒歩1分

■□■------------------------------------□
Spot3 秋山会長と歩く品川駅港南商店会
□■□------------------------------------■
新芝運河沿緑地を出たら、旧海岸通りに戻り、品川方面に進んでいきます。
道なりに進んで行き、港南二丁目交差点を右折すると見えてくるのが品川駅港南商店会です。
中央卸売市場・食肉市場がすぐ近くにあるため、焼肉店や居酒屋など、飲食店が中心の商店会となっています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1709-4/1709-4-07.jpg
品川駅港南口に直結しているため、会社員を中心にとても賑やかです

港南ご出身の秋山正利(まさとし)会長にご紹介していただいたのは、ミツバ薬局の店長、関 昌幸さんです。
ミツバ薬局は街に根付いた薬局で、商店街のメインストリートに面していることから、近くにお勤めの会社員にも気軽に利用されています。
調剤薬局も併設しており、処方箋に対応しているのも、ミツバ薬局の強みです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1709-4/1709-4-08.jpg
秋山会長(右)と関さん(左)は、偶然にも同い歳

「昭和59年(1984年)に開業した当時、この辺りに大きなビルはほとんどない状態でした。
会社もあるにはあったのですが、本社機能と言うよりは、倉庫のようにして使っている会社が多かったので、倉庫街のようだったのと記憶しています。
まるで昭和30年代の風景が広がっているかのようでした。
私は学生の時にこのあたりでアルバイトをしており、飲食店以外の物販店などがない不便な場所だったのですが、この場所で薬局を開業したかったのです。
将来発展する気がしたのかもしれませんね。
しばらくするうちに、秋山さんと私ともう一人の方が発起人となり、この品川駅港南商店会を発足することになりました。
今では人通りも多くなり、商店会に入って頑張ってきてよかったと思います。
地元の会社員だけでなく、出張でいらっしゃる方にもいろいろと利用してもらっています」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1709-4/1709-4-09.jpg
小さな路地がひっそりとあるのも魅力です

品川駅港南商店会は平成11年(1999年)に発足された商店会で、発足当初から秋山さんが会長を務めています。
「現在加盟店舗は52となり、ほとんど入れ替えがありません。
飲食店がほとんどですが、幸いなことにお客さんの流れが良いという立地条件もその理由だと思います。
それだけに一体感がある商店会だと思います。
道路の一方通行の仕組みや、街の整備に関して、会員皆さんの意見を聞いてまとめて提出できるというのは、組織化した大きなメリットだと思っています
今は春に行われる「品川クラシックカーレビュー イン 港南」と夏祭りに加えて、年に3回ほど陶器市も開催しています」
秋山会長は実は、大の車好きだそうです。
商店会には、古い車の整備を行う会社が加盟していることもあり、10年以上車のパレードを開催して、好評を博しています。

「車は文化だと思っていますので、港区の商店会にはあまりない自動車のイベントを続けていきたいと思っています。
今後は再開発の話もたくさんある場所なので、商店会を守って発展していけるよう、会長として交渉を続けています。
それが私の一番の使命だと思い、頑張って商店会を盛り上げていきたいと思っています」

★===========================================★
〜この街のここが注目ポイント!〜
★===========================================★
品川駅港南口を出ると広がっている「港南ふれあい広場」に背の高い、2つのハートのモニュメントがあるのをご存知でしょうか。
これは平成16年(2004年)に港区の港南二丁目コミュニティデザインワークショップで、東京藝術大学鋳金研究室によって制作されたもので、「人と人、人と街との共生の心」がテーマとなっています。
柱には「2つのハート達がこの街に集う人々を迎え、寄り添いながら人々の心に残り、長く愛されることを願います」と記されています。
「ハートに見えないよ、なんて意地悪を言う人もいるのですが、品川駅港南商店会のシンボルですね」と秋山会長も誇らしげでした。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1709-4/1709-4-10.jpg
駅前に立つ商店街のシンボルですが、秋山会長と並んでもこの高さ

●=Information=●
品川駅港南商店会
【住所】港区港南1丁目7〜9一帯
【ホームページ】http://www.yusyc.jp/kounan/
【アクセス】
JR 山手線・京浜東北線・横須賀線「品川」徒歩1分
京浜急行「品川」徒歩3分
ちぃばす「品川駅港南口」徒歩0分

*★*彡---------*★*
産業振興課からのお知らせ
*★*彡---------*★*
■シティプロモーションシンボルマーク候補作品についてのご意見を募集します!
区は、港区の魅力やブランド、都市イメージを伝えるためのシティプロモーションを推進しています。
この度、区の都市イメージを表現し、魅力を伝えるシンボルマークを募集したところ、42作品の応募があり、選考委員会での選考を経て3作品が選定されました。
今後、皆さんからのご意見を参考に1作品を決定します。
ぜひご意見をお送りください。
※候補作品のコンセプトなど、詳しくは、ホームページを確認してください。
【対象】
 区内在住・在勤・在学者
【期間】
 10月10日(火)まで
【ご意見の提出方法】
港区ホームページから提出するか、郵送またはファックスで、ご意見(150字以内)・お住まいの地域(区市町村名)・性別・年齢を明記の上、〒105-8511 港区役所産業振興課シティプロモーション担当まで。
【問合せ】03-3578-2552(港区 産業振興課シティプロモーション担当)
【ホームページ】
https://www.city.minato.tokyo.jp/citypromotion/symbolmark.html

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
■みなと区民まつり
恒例となったみなと区民まつりが今年も開催されます。
芝公園には様々なブースが出店されて盛り上がるだけでなく、10月8日(日)お昼からのパレードには、2000人が参加します。
毎年人気の記念バッジの今年のデザインは、虎ノ門金刀比羅宮です。
10月9日(月・祝)には、みなとパーク芝浦一帯で、「みなと区民 スポーツ・体育祭」が開かれます。

●=Information=●
みなと区民まつり
【開催日時】
10月7日(土)11:00〜17:00
10月8日(日)10:00〜16:00
【場所】港区芝公園 一帯
【ホームページ】https://www.kissport.or.jp/maturi/#1
【アクセス】
JR「浜松町」徒歩12分
都営地下鉄三田線「芝公園」「御成門」徒歩2分
都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門」徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」徒歩2分
ちぃばす「芝公園」徒歩0分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK