メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2017年7月6日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2017/7/6号vol.673
http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★7月テーマ★========
夏休みの宿題に役立つスポット
=======================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『国際色溢れる六本木、歴史巡り』

大使館が多く、外国人も多く行き交う港区。
そのなかでも六本木周辺は、国際色豊かなエリアで、他国と日本が歩んできた道を振り返ることができるスポットも多くあります。
今回は国際的な史料がある外務省外交史料館などを巡り、日本と他国について学びましょう。
また、7月といえば夏祭り!
夏祭りイベント情報も掲載しているので、最後までお見逃しなく!

【ルート】
外務省外交史料館⇒国際文化会館⇒臼井副理事長と歩く六本木商店街振興組合

★===========================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===========================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本の8コースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「まち歩きガイドサービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】http://www.minato-kanko.com/
【まち歩きガイドサービスURL】http://www.minato-kanko.com/order-guided-service
※「まち歩きガイドサービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください。

■□■------------------------------------□
Spot1  外務省外交史料館
□■□------------------------------------■
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅2番出口を出て、麻布通りを麻布十番方面に進み、飯倉片町の交差点を左折すると、左手に外務省外交史料館があります。
外務省外交史料館では、日本の外交記録を収集、整理、保管しており、閲覧もできます。
こちらの別館展示室では、7月14日(金)まで、企画展示「国書・親書展 南北アメリカ編(1)」が開催されています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1707-1/1707-1-01.jpg
入口には戦後日本の発展に寄与した吉田茂元首相の像があります

国書・親書とは、国家の元首が相手国の元首に宛てて発出した手紙のことです。
いずれにも、元首の署名(サイン)が記されており、今回の企画展示では、幕末期から昭和戦前期にかけて南北アメリカ諸国の元首から送られた代表的な国書・親書を展示しています。
アメリカ、ハワイ、ペルー、アルゼンチンについては、日本との経済交流の基本的枠組を設定した通商条約も併せて展示しています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1707-1/1707-1-02.jpg
リンカーンの署名がある親書もオリジナルが展示されています

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1707-1/1707-1-03.jpg
実際のやり取りが史料で分かり、外交の歴史が身近に感じられます

スタッフの加藤宏基(かとうひろき)さんにお話を伺いました。
「外交史料館では江戸幕府徳川家の将軍、明治天皇、大正天皇、昭和天皇が諸外国から受け取った国書・親書を約1100通所蔵しています。
企画展示では、幕末のものや、歴史の教科書に掲載されているものがとくに人気で、たくさんの人がいらっしゃいます。
歴史好きな人、学習意欲の高いお子さん、最近では、カリグラフィー(西洋書道)を学ぶ女性の来館も目立ちますね」
歴史的に著名な人物が記した文書やその書体に魅せられている人が増えているようです。

なお7月24日(月)から11月30日(木)は、特別展示「日本とタイ−国交樹立130年−」と題して、日本とタイの間に締結された条約書、調印書、批准書などを展示します。

外務省外交史料館で貴重な史料を見学した後は、国際文化会館に向かいみましょう。

●=Information=●
外務省外交史料館 企画展示「国書・親書展 南北アメリカ編(1)」
【所在地】港区麻布台1-5-3
【開催期間】開催中〜7月14日(金)
【休館日】土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12月28日〜翌年1月4日)、及び臨時の休館日として公示した日(電話にて要確認)。
【開館時間】10:00〜17:30
※入室の際は、本人を確認できる身分証(運転免許証、学生証、保険証など)をご持参ください。
なお、閲覧室では撮影は自由ですが、カメラのシャッター音を消してください。
【料金】無料
【問合せ】03-3585-4511
【ホームページ】http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/
【アクセス】
東京メトロ南北線「六本木一丁目」徒歩8分
東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線「六本木」徒歩10分
ちぃばす「飯倉片町」徒歩1分

■□■------------------------------------□
Spot2 国際文化会館
□■□------------------------------------■
外務省外交史料館を出たら、飯倉片町交差点に戻り、そのまま六本木方面に向かいます。
六本木五丁目交差点を左折し、そのまま鳥居坂を5分ほど進むと、右側に国際文化会館があります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1707-1/1707-1-04.jpg
静かな時間が流れる国際文化会館

昭和27年(1952年)にロックフェラー財団をはじめとする内外の諸団体や個人からの支援により設立された国際文化会館は、日本と世界の人々の間の文化交流と知的協力を通じて国際相互理解の増進を図ることを目的に設立されました。

建物は、昭和30年(1955年)に現在の旧館部分が完成し、昭和51年(1976年)に旧館の改修と新館の増築を行いました。
池のほとりの建物は、平安時代の絵巻物風の様式を取り入れたものです。
庭園は、昭和5年(1930年)に、岩崎小彌太(いわさきこやた)が、京都の名造園家「植治(うえじ)」こと七代目小川治兵衛に作庭を依頼しました。

桃山時代あるいは江戸初期の名残がある近代庭園の傑作として知られており、平成17年(2005年)には港区の名勝に指定されています。

ティーラウンジ「ザ・ガーデン」では、歴史ある庭園を眺めながらお茶や食事が楽しめます。
勉強のひと休みに、テラス席でお茶とケーキをいただくのも良いでしょう。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1707-1/1707-1-05.jpg
六本木の喧騒を忘れる静けさ

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1707-1/1707-1-06.jpg
季節ごとに違った顔を見せる庭園

〜♪ちょっと耳より♪〜
国際文化会館の東館は、平成18年(2006年)8月に文化庁が指定する「登録有形文化財」に登録されています。
こちらは江戸時代から幕末にかけて多度津藩(現香川県)藩主京極壱岐守(きょうごくいきのかみ)の江戸屋敷でした。
明治初期には外務大臣も務めた井上馨候爵の所有となり、明治20年(1887年)、邸内に茶室八窓庵を移築した際、明治天皇、皇后、皇太后、各国大使を迎えてのお披露目が盛大に催されました。
その際に九代目市川團十郎以下も招かれ、庶民の文化であった歌舞伎を初めてご覧になり、これによって歌舞伎が興隆したといわれています。
戦後は国有地となっていたものを国際文化会館が払い下げを受けました。
庭園、建物ともにとても歴史を感じられるスポットです。

国際文化会館でひと休みした後は、六本木商店街振興組合に足を伸ばしましょう。

●=Information=●
国際文化会館
【所在地】港区六本木5-11-16
【休館日】無休
【問合せ】03-3470-4611
【ホームページ】http://www.i-house.or.jp
【アクセス】
都営大江戸線「麻布十番」徒歩5分
東京メトロ南北線「麻布十番」徒歩8分
東京メトロ日比谷線「六本木」徒歩10分
ちぃばす「東洋英和女学院前」徒歩2分

■□■------------------------------------□
Spot3 臼井副理事長と歩く六本木商店街振興組合
□■□------------------------------------■
国際文化会館を出たら左に進み、六本木五丁目の信号まで戻ると、周辺一帯が六本木商店街振興組合です。

副理事長を務めていらっしゃる臼井浩之(うすいひろゆき)さんが、六本木の街を案内してくれました。
生まれも育ちも六本木の臼井さんは、ミッドタウンの向かい側で、「フォトショップ 銀嶺」(ぎんれい)を経営しています。
【フォトショップ 銀嶺ホームページ】
http://www.ginrei.cc

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1707-1/1707-1-07.jpg
梅雨のなか、六本木のお店を紹介していただいた臼井副理事長

「六本木はバブルの頃を中心に夜の街としてのイメージがありましたが、その後六本木ヒルズができてからは、昼の街へと大きく転換しています。
なかでも六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどと協力して行う六本木アートナイトは、昨年の延べ鑑賞者数が63万人と、大掛かりなものになっています。
六本木はアートなどの文化を発信し、夜も昼も楽しめる街へと変化していると思います」
なお、今年の六本木アートナイトは、9月30日(土)〜10月1日(日)に行われる予定です。

臼井さんにご紹介していただいたのは、麻布青野総本舗「和菓子 青野」です。
代表取締役社長の青野輝信さんにお話を伺いました。
青野さんは六代目として安政3年(1856年)創業で160年以上営業をしている青野の看板を守っています。
「六本木は以前から欧米の人が多かったのですが、最近は特にアジア圏の外国人観光客が増えたと思います。
外国人のお客様からは和菓子の材料についても聞かれることがあり、英語のマニュアルを作って対応をしています。
青野は明治時代にこの場所に移転をしたのですが、六本木はとても変化が激しい街だと思いますね。
この辺りは、江戸時代に大名の下屋敷が多くあり、明治時代には財閥系の方が住んでいました。
街の変化に合わせて、法人向けの贈答品など商品の企画を変えていますが、代々愛されるような定番商品も同時に大事にしています。
最近ではインターネットからの注文も増えて、全国のお客様から注文がある時代ですが、私としては地元の皆様とのつながりを基本に考えています。
地元の方からの信頼関係を築くという意味では、商店街に入っているメリットは計り知れないものがあります」
【和菓子 青野ホームページ】
http://www.azabu-aono.com

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1707-1/1707-1-08.jpg
青野さん(左)と臼井副理事長

青野さんに、おすすめの和菓子を伺いました。
「うちでは、鶯もちが定番商品です。北海道産小豆こしあんを羽二重粉製の求肥で包み、北海道産きな粉をたっぷりまぶしたやさしい味の和菓子は、お土産としてお客様から人気ですね」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1707-1/1707-1-09.jpg
青野の定番商品、鶯もち

次に臼井副理事にご紹介いただいたのは、イギリス発祥のフィッシュ&チップスの専門店、「MALINS(マリン)」です。
代表取締役の滝沢隆平(たきざわりゅうへい)さんにお話を伺いました。

「フィッシュ&チップスは今から150年以上前に生まれたイギリス国民のソウルフードで、揚げた白身魚とポテトフライにビネガーをかけて食べるのが一般的です。
マリンは、大正2年(1913)年に英国に設立された英国・国際フィッシュ・アンド・チップス協会から正式認証を受けたアジア唯一の店で、平成26年(2014年)に六本木にオープンしました。北海道・知床の羅臼漁港と特別提携することで、美味しいマダラを使っています」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1707-1/1707-1-10.jpg
英国のソウルフード、フィッシュ&チップス

滝沢さんはもともと航空会社のチーフパーサーで、世界中を飛び回っていました。
「ロンドンの人たちは、1週間に2回ぐらいフィッシュ&チップスを食事として食べるのですが、日本ではまだ知名度が低いです。
ですが、お店をオープンしてから、どんどん認知が広がっている感じがします。
英国大使館の方に召し上がっていただきましたが、イギリスのものより美味しいと評判で、最近ではデパートの英国展などでの販売がとても好評です。
商店街に加入したら、六本木という街の一員として迎えてくれた気がして良かったです」
【MALINS ホームページ】http://www.malins.jp

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1707-1/1707-1-11.jpg
イギリスから「マリン」のために来日したチーフシェフのフィリップさんと滝沢さん(右)

★===========================================★
〜この街のここが注目ポイント!〜
★===========================================★
毎年2月から3月にかけて注目なのが、商店街に掲げられるアートフラッグです。
これは、六本木の街路灯138本に、デザイナーズフラッグ・コンテストの入選作品を掲げたものなのです。
プロのデザイナーだけでなく、学生やアマチュアも応募ができ、審査は六本木にゆかりのある3名の著名デザイナーが担当します。
選ばれた作品は、どれもアートなものばかりで、街中が展覧会になっているようです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1707-1/1707-1-12.jpg
六本木の街を彩るデザイナーズフラッグ

●=Information=●
六本木商店街振興組合
【所在地】港区六本木3丁目10〜13、4丁目4〜12、6丁目1・2、7丁目7・8・12〜14 一帯
【問合せ】03-3401-9451
【ホームページ】http://www.ractive-roppongi.com/
【アクセス】
東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線「六本木」徒歩0分
ちぃばす「六本木駅前」徒歩0分

*★*彡---------*★*
夏祭りイベント情報
*★*彡---------*★*
■芝浦二丁目商店会納涼盆踊り大会
夏を先駆けて行われる盆踊りのほかにも、スーパーボールすくいや射的、輪投げ、かき氷など、子ども向けのお楽しみイベントや商店会の模擬店がたくさん出店されます。
毎年、長い行列ができるほど、大きな賑わいで盛り上がります!
●=Information=●
芝浦二丁目商店会
【会場】港区立船路橋児童遊園前広場(港区芝浦2-11-10)
【日時】7月15日(土)〜16日(日) 18:00〜21:00
【ホームページ】http://www.shibaura2.org
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「田町」徒歩10分
都営地下鉄三田線・浅草線「三田」徒歩10分
ちぃばす「芝浦二丁目」徒歩1分

■第8回 白金阿波踊り
15:00から15:40はバス通りを通行止めにして、「阿波踊り演舞パレード」を開催します。
出演は、東洋天水連・弁慶連・東京神楽坂連のみなさんです。
踊る人も見る人も、みんなで盛り上がるお祭りです。
●=Information=●
白金北里通り商店会
【会場】
阿波踊り演舞&大阿波踊り大会場:三光児童遊園(港区白金5-12-5)
演舞パレード会場:白金北里通り商店街(港区白金4〜5丁目一帯)
【日時】7月16日(日) 12:00〜19:00
【ホームページ】http://www.shirokita-st.com
【アクセス】
東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪」徒歩10分
東京メトロ日比谷線「広尾」徒歩10分

■品川駅港南商店会夏まつり
品川駅前で開催される夏祭りです。
地元商店の手作り模擬店や飲食店の屋台がずらりと並び、地元の人だけでなく、仕事帰りの会社員など一緒になって盛り上がれます。
●=Information=●
品川駅港南商店会
【会場】品川駅港南口駅前広場
【日時】7月21日(金)〜22日(土) 17:00〜21:00
【ホームページ】http://www.yusyc.jp/kounan/
【アクセス】
JR「品川」徒歩3分
京浜急行「品川」徒歩5分
ちぃばす「品川港南口」徒歩0分
==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK