メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2017年6月29日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2017/6/29号vol.672
http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★6月テーマ★========
室内でゆったり芸術鑑賞
=======================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『六本木・麻布 現代アート巡り』
日本だけでなく、世界を代表する最先端の街、六本木・麻布周辺には、現代アートを楽しめるスポットが多くあります。
今回は作者のこだわりが強く、個性的な美術館をご紹介します。
梅雨の季節は、室内でゆったりと美術鑑賞を楽しみましょう。

【ルート】
21_21 Design Sight(デザインサイト)⇒スヌーピーミュージアム⇒庄司理事長と歩く麻布十番商店街振興組合

★===========================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===========================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本の8コースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「まち歩きガイドサービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】http://www.minato-kanko.com/
【まち歩きガイドサービスURL】http://www.minato-kanko.com/order-guided-service
※「まち歩きガイドサービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください。

■□■------------------------------------□
Spot1  21_21 Design Sight(デザインサイト)
□■□------------------------------------■
大江戸線の六本木駅で降りて、ミッドタウン・ガーデン直結出口を出ると、ミッドタウンガーデン内に21_21 Design Sightがあります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-5/1706-5-01.jpg
ミッドタウン・ガーデン内にある21_21 Design Sight
Photo:Masaya Yoshimura

日本のデザイン文化の拠点となる、デザインミュージアムを目指して作られたのが21_21 Design Sightです。
デザイナーの三宅一生(みやけいっせい)が呼びかけて、平成19年(2007年)にオープンしました。

こちらでは、10月1日(日)まで、企画展「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展」が開催されています。
常識では考えられないようなことをやり遂げた多くの作品が並びます。
作家たちは途方もないと思えるようなことや、いつできるのか分からないようなことでも、「実現させたい」と思えば決して諦めることはありません。
その結果、着想から完成まで数十年という長い年月がかかり、その間、新たに別の問題が持ち上がってくることも珍しくありません。

様々な困難に対して「何か解決策があるはずだ」というポジティブな姿勢で立ち向かい、完成に向かって突き進みます。
そのスケールの大きさには、圧倒されるばかりですが、私たちの日常においても、不屈のチャレンジ精神には、学ばされることも多いでしょう。
彼らはなぜ、「そこまでやる」のか。
その答えを、この展覧会を見ることで、一緒に考えてみませんか。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-5/1706-5-02.jpg
フローティング・ピアーズ、イタリア・イセオ湖、2014-16 でのクリスト(Photo: Wolfgang Volz)

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-5/1706-5-03.jpg
石上純也
「Church of the Valley」 (C)junya.ishigami+associates

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-5/1706-5-04.jpg
ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ
「福島での開催の様子」(2015 年)

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-5/1706-5-05.jpg
ダニ・カラヴァン
「大都市軸」(1980 年〜現在)(C)Lionel Pagés

21_21 Design Sightでスケールの大きい展示を見た後は、スヌーピーミュージアムに向かってみましょう。

●=Information=●
21_21 Design Sight企画展「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展」
【所在地】港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内
【開催期間】開催中〜10月1日(日)
【休館日】火曜日、年末年始、展示替え期間
【開館時間】10:00〜19:00(入館は18:30まで)
【料金】一般1,100円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料
(15名以上は各料金から200円引き)
【問合せ】03-3475-2121
【ホームページ】http://www.2121designsight.jp
【アクセス】
東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線「六本木駅」徒歩3分
東京メトロ千代田線「乃木坂」徒歩5分
ちぃばす「六本木七丁目」徒歩3分

■□■------------------------------------□
Spot2スヌーピーミュージアム
□■□------------------------------------■
21_21 Design Sightを出て、東京ミッドタウンの正面に行き、外苑東通りを東京タワー方面に進みます。
六本木交差点を通り過ぎてさらに進み、六本木五丁目交差点を右折して進むと、左側にあるのがスヌーピーミュージアムです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-5/1706-5-06.jpg
様々な年代で描かれたスヌーピーがお出迎え
(C)Peanuts Worldwide LLC

チャールズ・M・シュルツが50年間にわたって描き続けた新聞漫画『PEANUTS』(ピーナッツ)の主人公チャーリーブラウン、スヌーピーや、その仲間たちの原画、映像、グッズなど、200点以上が展示されています。
アメリカにあるシュルツ美術館と同じく、4500枚のコミックで作られたモザイクの壁画は圧巻です。

現在、開館1周年を記念して、「ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!−ともだちを紹介してよ、スヌーピー。」が9月24日(日)まで開催されています。
「ピーナッツ」に登場する70を超すキャラクターの中から、特に馴染み深いキャラクターをオールスターとしてピックアップしています。
スヌーピーをはじめとした個性豊かな仲間たち(「ピーナッツ・ギャング」)やそれぞれの関係性などを、計80点の貴重な原画や新作のオリジナル映像を通して紹介しています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-5/1706-5-07.jpg
スヌーピーと仲間たちのユーモラスな原画
(C)Peanuts Worldwide LLC

かわいい原画を見た後は、ショップやカフェで、スヌーピーの世界を堪能できます。
開館1周年を記念したパンケーキなど特別なメニューを提供するカフェのほか、ミュージアムショップもあり、ぬいぐるみや雑貨、お土産用のスイーツなどが販売されています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-5/1706-5-08.jpg
カフェも併設されています
(C)Peanuts Worldwide LLC

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-5/1706-5-09.jpg
かわいいスヌーピーグッズも充実
(C)Peanuts Worldwide LLC

〜♪ちょっと耳より♪〜
「シュルツ美術館」があるアメリカ・カリフォルニア州サンタローザは『PEANUTS』の作者であるチャールズ・M・シュルツが約30年にわたって住んだ場所です。
日本のスヌーピーミュージアムは、アメリカの「シュルツ美術館」と同じコンセプトを掲げた、世界初のサテライトとして、昨年オープンしたばかりの美術館です。

スヌーピーミュージアムを楽しんだ後は、麻布十番商店街をぶらりとお散歩しましょう。

●=Information=●
スヌーピーミュージアム「ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!−ともだちを紹介してよ、スヌーピー。」
【所在地】港区六本木5-6-20
【開催期間】開催中〜9月24日(日)
【休館日】会期中無休
【開催時間】10:00〜20:00(入場は19:30まで)
【入場料】(前売券)一般/2000円(1800円)、大学生/1400円(1200円)、中学・高校生/1000円(800円)、4歳〜小学生/600円(400円)
※チケット販売、入館時間などの詳しい情報は、ホームページを確認してください。
【問合せ】03-6328-1960(10:00-20:00)
【ホームページ】http://www.snoopymuseum.tokyo
【アクセス】
東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木」徒歩7分
ちぃばす「麻布地区総合支所前」徒歩1分

■□■------------------------------------□
Spot3 庄司理事長と歩く麻布十番商店街振興組合
□■□------------------------------------■
スヌーピーミュージアムを出たら右に進み、そのまま鳥居坂を下っていくと、鳥居坂下交差点に出ます。
鳥居坂下交差点から新一の橋交差点の一帯が、麻布十番商店街振興組合です。

今回は、理事長を務める庄司光敬(みつたか)さんにお話を伺いました。
「現在、370くらいの店舗が組合に加盟しています。しかし、飲食店の増加とともに、鮮魚店や日本茶屋さんなど、長い歴史を持つ商店の減少という悩みがあるのも事実です。
でも、毎年の麻布十番納涼まつりはとても盛況ですし、今年から、仙台七夕まつりも開催することになっていますので、新しいチャレンジにも取り組みつつ、なお一層商店街を盛り上げていきたいと思っています」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-5/1706-5-10.jpg
穏やかで優しい庄司理事長

「麻布十番商店街というと、きみちゃん像や宝船が有名かと思いますが、じつはアートにも力を入れているんです。世界の様々なアーティストによって作られた、大きなモニュメントが2体、小さなモニュメントが12体、商店街のあちらこちらに設置してあります」
モニュメントに目を向けてみると、麻布十番商店街の街並もまた変わって見えそうですね。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-5/1706-5-11.jpg
ユニークなモニュメントもあり、見ていて楽しくなります

庄司理事長からおすすめいただいたのは、ヨーロッパで100店舗以上を展開している、パリ生まれのスーパーマーケット、「ビオセボン」です。
副店長の荻野友理(おぎのゆり)さんにお話を伺いました。
「オーガニック生鮮食品、加工品、雑貨を扱っています。お客様は30代前後の女性が多く、近くにお住まいの人が多く利用されていますが、日本に1店舗しかないということもあり、遠方からいらっしゃる人もいます。
ご近所にお住まいの人の中には、港区内共通商品券を使ってお買い物をしている人もいらっしゃるので、商店街に加盟してよかったと思っています。
食に関する様々なテーマでワークショップやトークショーを開くこともありますので、ぜひ参加してみてください」
【ビオセボン ホームページ】
https://www.bio-c-bon.jp

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-5/1706-5-12.jpg
きみちゃん像の正面にあり、おしゃれな外観です

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-5/1706-5-13.jpg
店内は海外のスーパーのようです

★===========================================★
〜この街のここが注目ポイント!〜
★===========================================★
麻布十番商店街では7月2日(日)から9日(日)まで仙台七夕まつりが行われます。
麻布には仙台坂という坂もあるように、江戸時代には仙台藩の下屋敷がありました。
そのつながりから、東北三大祭りの一つである仙台七夕まつりの吹き流しをパティオ十番広場に展示します。
7月8日(土)は、パティオ十番広場で仙台市の物産販売、十番青年会によるわたあめとかき氷の販売、東京メトロによる子ども制服撮影会と輪投げのゲームが行われます。
また7月9日(日)には、麻布氷川神社で毎年恒例の流しそうめんや仙台七夕まつりの吹き流しも行われます。
また、麻布十番商店街の楽しみが一つ増えましたね。

●=Information=●
麻布十番商店街振興組合
【所在地】港区麻布十番2-3-10 麻布十番会館
【問合せ】03-3451-5812
【ホームページ】http://www.azabujuban.or.jp
【アクセス】
都営地下鉄大江戸線、東京メトロ南北線「麻布十番」徒歩0分
ちぃばす「麻布十番駅前(一の橋)」徒歩0分

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
■第14回港区観光フォトコンテスト MINATO STORY「とっておきの一瞬」入賞作品展示
昨年度、港区観光協会主催により、港区の様々な観光スポット、名所・旧跡、四季の風物詩の観光資源を、写真を通じて紹介するとともに、港区の魅力を再発見することを目的に、フォトコンテストを行いました。
応募数1170作品の中から入選した31作品を展示します。
●=Information=●
【所在地】みなとパーク芝浦(港区芝浦1-16-1)1階喫茶前広場(カフェフルール)
【開催期間】7月4日(火)〜7月17日(月・祝)
【料金】無料
【ホームページ】
http://www.minato-kanko.com/common/contest16
【問合せ】03-3433-7355(港区観光協会フォトコンテスト事務局)
【アクセス】
都営地下鉄 三田線「三田」徒歩8分
JR山手線「田町」徒歩4分
ちぃばす「みなとパーク芝浦」徒歩1分
==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK