メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2017年6月15日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2017/6/15号vol.670
http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★6月テーマ★========
室内でゆったり芸術鑑賞
=======================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『表参道 美術館巡り』

港区のおしゃれな街として有名な表参道。
裏道に入った閑静な街並みには、古美術から写真まで、様々なジャンルの美術館があります。
梅雨間近の季節は、室内でゆったりと美術鑑賞を楽しみましょう。

【ルート】
根津美術館⇒秋山庄太郎写真芸術館⇒小林専務理事と歩く青山外苑前商店街振興組合
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

★===========================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===========================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本の8コースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「まち歩きガイドサービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】http://www.minato-kanko.com/
【まち歩きガイドサービスURL】http://www.minato-kanko.com/order-guided-service
※「まち歩きガイドサービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください。

■□■------------------------------------□
Spot1 根津美術館
□■□------------------------------------■
東京メトロ銀座線の表参道駅A5出口を出て、西麻布方面に道なりに進むと根津美術館前交差点があり、交差点の目の前が根津美術館です。

根津美術館は、東武鉄道の社長などを務めた実業家、初代根津嘉一郎(ねづかいちろう・1860〜1940)が蒐集した日本・東洋の古美術品コレクションを保存し、展示するため、二代目根津嘉一郎によって、昭和16年(1941年)に開館したものです。
昭和15年(1940年)の財団設立当時、4643件でスタートした所蔵品の数は、平成28年(2016年)3月末の時点で7420件となり、うち国宝7件、重要文化財87件、重要美術品94件が含まれています。
コレクションの大部分は、初代根津嘉一郎の蒐集であり、日本・東洋古美術の広いジャンルにわたっています。
また晩年、自ら青山と号して茶の湯を愉しむ中で集めた茶道具の数々も、コレクションの重要な柱となっています。
美術館の敷地内には、4棟の茶室を含む17000平方メートルに及ぶ庭園もあるので、散策を楽しむのも良いでしょう。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-3/1706-3-01.jpg
建物の美しさも魅力の根津美術館 (C)藤塚光政

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-3/1706-3-02.jpg
庭園内の茶室「弘仁亭」

現在根津美術館では、企画展として「はじめての古美術鑑賞−紙の装飾−」展が7月2日(日)まで行われています。
「はじめての古美術鑑賞」は、日本の古美術は敷居が高い気がするというお客様の声に応えて昨年から始まったシリーズです。

今年は、「読めない」という理由から敬遠されがちな書の作品にアプローチするひとつの方法として、書を書くための紙、すなわち料紙(りょうし)の装飾に注目しました。
華麗な色や金銀あるいは雲母(きら)による様々な装飾技法について、やさしく解説するとともに、絵画に取り込まれた例も見ることができます。
書の芸術をもっと深く知りたいと思う人におすすめの展覧会です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-3/1706-3-03.jpg
国宝 無量義経 1巻 彩箋墨書 日本・平安時代 11世紀 根津美術館蔵

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-3/1706-3-04.jpg
百人一首帖 智仁親王筆 1帖 彩箋墨書 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

根津美術館でコレクションを見た後は、秋山庄太郎写真芸術館の写真展を見に行きましょう。

●=Information=●
根津美術館「はじめての古美術鑑賞−紙の装飾−」
【所在地】港区南青山6-5-1
【開催期間】開催中〜7月2日(日)
【休館日】月曜日
【開館時間】10:00〜17:00(入館は16:30まで)
【料金】一般1100円/学生(高校生以上)800円
*20名以上の団体、障害者手帳提示者及び同伴者は200円引き、中学生以下は無料
【問合せ】03-3400-2536
【ホームページ】http://www.nezu-muse.or.jp
【アクセス】
東京メトロ 銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」徒歩8分
ちぃばす「青南小学校」徒歩1分

■□■------------------------------------□
Spot2 秋山庄太郎写真芸術館
□■□------------------------------------■
根津美術館を出て、美術館通りを乃木坂方面に進み、根津美術館前交差点を右折し、2つ目の路地を左折すると、秋山庄太郎写真芸術館があります。

雑誌の表紙やグラビアを彩った女性ポートレート、ライフワーク「花」などの作品で知られる、写真家の秋山庄太郎(あきやましょうたろう・1920〜2003)のアトリエを改装したミュージアムです。
大正9年(1920年)東京・神田に生まれた秋山庄太郎は、13歳の時に小型カメラを買ってもらい、写真を撮り始めました。

戦時中は陸軍に召集され、激動の時代を生き抜いた秋山の経験は、その後の作風に大きな影響を与えたのでしょう。
数々の週刊誌の表紙を秋山の写真が飾ったことで、多くの人が目にすることになり、人気を博しました。
秋山庄太郎写真芸術館では、自身が撮影した作品展示はもちろん、彼の収集した絵画、資料などの企画展示が行われることもあります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-3/1706-3-05.jpg
白い壁が印象的な秋山庄太郎写真芸術館

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-3/1706-3-06.jpg
写真が映えるよう、照明にもこだわった展示室

秋山庄太郎写真芸術館では、特別展「秋山庄太郎流 フォトアートとその道具たち」が行われています。
秋山庄太郎のフォトアートの魅力を形作る要素のひとつとなったのが、様々な「道具」たちでした。
特別展では、秋山が発表した「ポートレート」「花」「静物」「風景」等の諸作品を、カメラや背景ボードといった撮影機材、被写体になった小物などとともに展示しており、名作を生み出した写真家の技や道具が紹介されています。
特に写真を撮影することが好きな人には、技術や道具の使い方が学べるので、おすすめの展示です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-3/1706-3-07.jpg
道具を駆使して、細かい描写にこだわりました

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-3/1706-3-08.jpg
女性とともに得意としたのが花でした

〜♪ちょっと耳より♪〜
特別展の開期中には、ワークショップも行われています。
「秋山庄太郎流 ポートレート撮影講座」(6月24日(土)、25日(日)の全2回 ※参加費10,000円)、「納涼ポストカードづくり」(7月1日(土)、2日(日) ※参加費300円)といった、写真撮影を楽しく学べるイベントです。
また、毎月第3日曜日に催される、秋山庄太郎の撮影地を訪れて撮り歩く「カメラ散歩」もあります。
次回は6月18日(日)第36回「湯沢高原アルプの里」(新潟県湯沢町)、続いて7月16日(日)第37回「横浜(港界隈)」(神奈川県横浜市)が予定されています。
※予定が変更されることもありますので、ご了承ください。
※詳細については、下記のホームページを確認してください。
【秋山庄太郎写真芸術館イベント】
http://akiyama-shotaro.com/wspage.html#portrait

秋山庄太郎写真芸術館で写真を学んだ後は、青山外苑前商店街振興組合に行ってみましょう。

●=Information=●
秋山庄太郎写真芸術館 特別展「秋山庄太郎流 フォトアートとその道具たち」
【所在地】港区南青山4-18-9
【開催日】開催中〜7月2日(日)
【開館時間】11:00〜16:30(入館は16:00まで)
【休館日】月・火曜
【入館料】
一般500円、小・中学生300円、中学生以下無料
障害者手帳提示者及び同伴者300円
【問合せ】03-3405-8578
【ホームページ】
http://akiyama-shotaro.com
【アクセス】
東京メトロ 銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」徒歩7分
ちぃばす「青南小学校」徒歩2分

■□■------------------------------------□
Spot3 小林専務理事と歩く青山外苑前商店街振興組合
□■□------------------------------------■
根津美術館前交差点に戻り、交差点を右折して青山通りに向かいます。
青山通りの表参道交差点に出たら右折して10分ほど歩くと、青山外苑前商店街振興組合が広がる外苑前交差点です。
「きもの処 青山の橘屋」のご主人で、青山外苑前商店街振興組合専務理事も務める小林敏夫さんにお話を伺いました。
「現在加盟店舗は100店程度となっていますが、そのうち半分は自動車ディーラーなど企業が占めています。残り半分もほとんどが飲食店です。
商店街のイベントとして最も大きいのは「郡上おどりin青山」ですね。
今年は6月23日(金)と24日(土)に行います(※注目ポイント参照)。
商店街に加盟しているヤクルトスワローズから提供されたグリーンのユニフォームでイベントに参加したり、月に2回の町の清掃をして地域の人々の一体感を高めています」
【青山の橘屋ホームページ】
http://www.tachibana-ya.co.jp

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-3/1706-3-09.jpg
呉服店の三代目を務める、小林専務理事

お店の三代目ということで青山生まれの小林さんから、最初にご紹介いただいたのがスポーツのあるライフスタイルを提案する「ニュートラルワークス.バイ ゴールドウイン」です。
こちらのマネージャー、関達人(せきたつと)さんとアシスタントマネージャーの近藤 潤(こんどうじゅん)さんが元気に答えてくれました。
「お店は昨年の春にオープンして1年が経ったところです。
建物は4階まであり、ショップやカフェ、ボディメンテナンスなどがあります。
とくにランニング、ジム、ヨガなどのスポーツウェアは充実していて、デザイン性と機能性に優れたものを置いています。
4年後の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けてスポーツを通じて健康なライフスタイルを提案していきたいと思っています」と近藤さん。

マネージャーの関さんからは、商店街振興組合に加盟したメリットを聞くことができました。
「うちは20代から30代の若手スタッフが中心です。
昔はお祭りなどの地域イベントに参加することもありましたが、若い人たちは仕事とプライベートを切り離して生活しがちです。
オープンしたときに、私たちも街づくりに協力したいという気持ちから商店街に入ったのですが、郡上おどりなどを手伝う内に、地元の皆さんとの一体感も生まれてきました。
特に昔からこの場所に住んでいらっしゃる理事長の昔話はとても面白く、接客業である私たちの仕事に役立っています。
華やかでファッショナブルな青山のイメージとはまた違った面を知ることで、遠くからいらっしゃったお客様にも、この街の魅力を伝えていきたいと思っています」
【ニュートラルワークス.バイ ゴールドウイン ホームページ】
http://www.goldwin.co.jp/neutralworks/

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-3/1706-3-10.jpg
爽やかな笑顔の関さん(左)と近藤さん(右)

次にご紹介いただいたのは、「喫茶 川志満・外苑前宝くじセンター」の長場昌子(ながばまさこ)さんです。
こちらは昔ながらの純喫茶で、今どきは珍しくなった全席喫煙で、愛煙家が集っています。
「うちの店は祖父が始めたのですが、58年目になります。
その後父が店を継ぎ、現在は三代目として私が、双子の妹と一緒にお店を切り盛りしています。人気メニューはおしるこや、小倉トーストです。
仙台から大納言小豆を仕入れて、自家製の餡を使ったこだわりのものですよ。
人と人とのおつきあいという意味で、商店街振興組合に入っていて本当に良かったです。
これから東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会もありますので、外苑前がもっと盛り上がっていくといいですね」
【喫茶 川志満・外苑前宝くじセンター ホームページ】
http://www.aoyama-gaienmae.or.jp/shop/s30001.html

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-3/1706-3-11.jpg
双子の妹と元気にお店を仕切る、長場さん(左)

小林専務理事が、もう1軒お店を紹介してくれました。
イタリアンレストランの「ハンター・ラ・ストラーダ」です。
スパゲッティやピザなど懐かしい雰囲気の感じさせる、イタリアンレストランで代表の茅野洋治(ちのようじ)さんにお話を伺いました。

「創業は昭和42年(1967年)で、昭和49年(1975年)にこちらの場所に移転をして現在に至ります。
昔に比べて、今はすっかり様変わりし、お客様もビジネスマン中心となっていますが、最近では近所にマンションが建ったおかげで、小さいお子さん連れのお母さんが見えることもあります。
この辺りはお子さん連れで入れるレストランが少ないということもあるのでしょうね。
以前から商店街振興組合に入っていますが、他の組合員さんともとても良いお付き合いができています。
うちはリピーターが多いんですが、これからもっと地元の人に愛され続ける店にしていきたいですね」
【ハンター・ラ・ストラーダ ホームページ】
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13076553/

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-3/1706-3-12.jpg
懐かしさを感じるイタリアンレストラン「ハンター・ラ・ストラーダ」の茅野さん


★===========================================★
〜この街のここが注目ポイント!〜
★===========================================★
「第24回 郡上おどりin青山」が、秩父宮ラグビー場の駐車場を会場にして、6月23日(金)・24日(土)に開催されます。
青山という地名は、江戸時代に岐阜県の郡上八幡城主・青山家の屋敷があったことに由来するという説があります。
この縁で本場の郡上おどり保存会を外苑に招いたことから、「郡上おどりin青山」が始まりました。
本場の郡上おどりに加えて、当日は13:00から郡上の観光物産展も開催され、名物の鮎の塩焼きや郡上八幡の特産品を購入することもできます。
【郡上おどりin青山ホームページ】
http://www.aoyama-gaienmae.or.jp/event/indexodori.html

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1706-3/1706-3-13.jpg
昨年の「郡上おどりin青山」の様子

●=Information=●
青山外苑前商店街振興組合
【所在地】港区北青山2-2〜9、12〜15、南青山2-22〜28一帯
【ホームページ】http://www.aoyama-gaienmae.or.jp
【アクセス】
東京メトロ銀座線「外苑前」徒歩0分
ちぃばす「外苑前駅」「南青山三丁目交差点」徒歩1分

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
■シンポジウム「港区ならではの文化プログラム〜オリンピック・パラリンピックの先を見据えて〜」
本シンポジウムでは、文化プログラムについての基調講演と、今年度港区内で実施する様々な取組を紹介するとともに、2021年以降を見据えた文化プログラムの活用とレガシー(未来に残すべき伝統、人材、知恵等の継承)について考えます。
参加者にはオリンピック・パラリンピック公式エンブレムの入ったピンバッジを配布します。
お早目にお申し込みください。
※事前の予約が必要ですので、詳しくはホームページを確認してください。
●=Information=●
【会場】リーブラホール(みなとパーク芝浦1階)(港区芝浦1-16-1)
【日時】7月8日(土)  15:00〜17:30(開場は14:30から)
【ホームページ】
港区ホームページ:
http://www.city.minato.tokyo.jp/bungeishinkou/bunkaprogram/h29/symposium.html
みなとアートナビ:http://www.minato-artnavi.jp/eventsearch
【問合せ】03-3578-2343(地域振興課文化芸術振興係)
【アクセス】
JR 山手線「田町」徒歩4分
都営地下鉄三田線「三田」徒歩3分
ちぃばす「みなとパーク芝浦」徒歩2分
==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK