メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2017年4月13日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2017/4/13号vol.661
http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★4月テーマ★========
港区  心機一転!スタートを切ろう
=======================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『まだ間に合うお花見特集』
ソメイヨシノは散ってしまいましたが、お花見はまだ間に合います。
港区の自転車シェアリングを使って、春を探しに出かけてみませんか。
今週は、港区にある貴賓館や芝桜を巡るコースをご紹介します。

【ルート】
グランドプリンスホテル高輪 (貴賓館・日本庭園)⇒住友不動産三田ツインビル西館⇒木村副会長と歩く慶応仲通り商店会
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■-------------------------------------------□
Spot1グランドプリンスホテル高輪 (貴賓館・日本庭園)
□■□-------------------------------------------■
まずは、グランドプリンスホテル高輪内にある、貴賓館に向かいましょう。
品川駅の高輪口を出て、右側にシナガワグース、左側にウィング高輪WESTを見ながら、ざくろ坂を上ると、5分ほどでグランドプリンスホテル高輪に到着します。

この建物は宮家・竹田宮の邸宅として、明治44年(1911年)に竣工されたネオ・バロック様式の宮殿です。
設計は宮内省内匠寮(たくみりょう)があたり、片山 東熊(かたやま とうくま)、木子 幸三郎(きこ こうざぶろう)、渡辺 譲(ゆずる)が担当しました。

貴賓館の外観正面はフランス式マンサード屋根とドーマ窓が特徴で、内部にはフランス・ルネッサンス様式が取り入れられています。
特に2階御座所・御寝室には豪華な装飾が施されています。
1階玄関の両脇には2部屋が左右対象に配置されており、当時はともに浴室が付属され、ゲストのための居室として利用されていました。
そして廊下を挟んで庭園側の中央には、大理石の暖炉や天井の装飾が豪華な客間「鳳凰の間」があります。

昭和47年(1972年)に建築家、村野 藤吾(むらの とうご)の手により改修され、華やかな皇族の邸宅という雰囲気を醸しつつ、現在では結婚式をはじめ、会食の場として利用されています。
※貴賓館の敷地内では撮影禁止です。
基本的に婚礼、会食で利用しているため、自由に出入りできる場所ではないことから、外から眺めるようにしましょう。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-01.jpg
明治44年(1911年)に竣工された貴賓館

貴賓館を眺めた後は、グランドプリンスホテル高輪など3つのホテルに囲まれた日本庭園を訪ねてみましょう。
この日本庭園は、昭和46年(1971年)に旧高輪プリンスホテルの新築に伴って作られました。

こちらの庭は、皇居新宮殿なども手がけた楠岡 梯二(くすおか ていじ)によるもので、バランスの取れた日本庭園は、言葉を失うほどの美しさです。
約20,000平米に及ぶ庭園内には、四季折々の表情を見せる花や草木、池などの自然のほか、歴史的、美術的にも由緒ある数多くの史跡が点在しています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-02.jpg
四季折々の表情が楽しめる日本庭園

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-03.jpg
日本庭園の中にある茶室「竹心庵(ちくしんあん)」

散策の後は、グランドプリンスホテル高輪1階にある、「ラウンジ 光明」でひと休みしましょう。
天井が高くシンメトリーを意識した和の空間で、庭園を眺めながら時間を忘れてくつろげます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-04.jpg
天井が高く、ゆったりとした雰囲気の「ラウンジ 光明」

ひと休みしたら、品川駅に戻り、品川駅港南口を出たら左に進みます。
突き当りを右折すると、左側に「こうなん星の公園」が見えるので、「こうなん星の公園」で自転車を借りて、三田の芝桜を見に行きましょう。

●=Information=●
グランドプリンスホテル高輪 (貴賓館・日本庭園)
※貴賓館の敷地内では撮影禁止なので、ご注意ください。
【所在地】港区高輪3-13-1
【問合せ】03-3447-1111(グランドプリンスホテル高輪)
【ホームページ】http://www.princehotels.co.jp
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線など「品川」徒歩5分
都営地下鉄浅草線「高輪台」徒歩3分
ちぃばす「品川駅高輪口」「東京高輪病院前」徒歩1分

■□■------------------------------------□
Spot2住友不動産三田ツインビル西館
□■□------------------------------------■
自転車を借りたら、品川駅から旧海岸通りへ出て、芝浦方面に向かって10分ほど進みます。
八千代橋交差点を左折して、JRの陸橋を越えて札の辻交差点を右折すると、田町駅西口第1暫定自転車等駐車場のサイクルポートがありますので、ここで自転車を返却しましょう。
第一京浜の札の辻交差点を過ぎ、道なりに歩いていくと、住友不動産三田ツインビル西館が右側に見えてきます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-05.jpg
芝桜で埋め尽くされた広場
※写真は過去のものです。

芝桜は、ハナシノブ科の多年草で、別名ハナツメクサともいいます。
芝のように地面に沿って伸び、4・5月頃に淡い桃色、紫、白色の花を咲かせ、葉や花の形が桜に似ていることから、芝桜と名付けられました。
住友不動産三田ツインビルに咲いているのは、紫の芝桜です。
昨年、45,000株の芝桜を植え替えたばかりだそうなので、今年は特に素晴らしい景色になりそうです。

また、例年4月下旬には三田新町町会主催で、「芝ざくら祭り」が開催されています。
今年は4月23日(日)の11時30分から14時30分まで、「芝ざくら祭り」が雨天決行で開催されます。
ベーゴマやけん玉など、懐かしい昔遊びが楽しめるほか、和菓子とお抹茶(有料)もいただけます。
三田警察署の防犯キャンペーンや、芝消防署の消火訓練も行われるほか、焼きそばやおでんなどの模擬店が出るなど、大人も子どもも一緒にお祭りを楽しめます!

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-06.jpg
斜面に咲く、紫の芝桜が鮮やかです

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-07.jpg
賑やかな模擬店などで、盛り上がります
※写真は過去のものです。

芝桜を楽しんだら、次は慶応仲通り商店会に向かいましょう。

〜♪ちょっと耳より♪〜
住友不動産三田ツインビル西館北側、奥の階段を上ったところにひっそりと、元和キリシタン遺跡があります。
元和9年(1623年)に徳川三代将軍家光が、キリスト教信者50人を火刑に処しました。
刑場があった高輪大木戸の石垣の一部が残され、横に石碑が設置されています。
当時、芝口札の辻は東海道から江戸への入口で、幕府や領主の最も基本的な法令を書き記した木の札(高札)を掲示した施設、高札場(こうさつば)でもありました。
多くの人が通る場所のため、見せしめとして処刑が行われたのだそうです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-08.jpg
江戸時代のキリシタン弾圧の悲しい歴史です。

●=Information=●
住友不動産三田ツインビル西館
【所在地】港区3-5-27
【アクセス】
JR山手線「田町」徒歩5分
都営三田線「三田」「泉岳寺」徒歩7分
ちぃばす「三田四丁目」徒歩3分

■□■------------------------------------□
Spot3 木村副会長と歩く慶応仲通り商店会
□■□------------------------------------■
住友不動産三田ツインビル西館を出たら、第一京浜を田町駅方面に歩いていきます。
田町駅西口交差点を駅と反対側に曲がったところにある、慶應義塾大学に抜ける細い路地が慶応仲通り商店会です。
飲食店を中心に、慶應義塾の学生さん向けやビジネスマン向けのお店が、路地にたくさん並んでいます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-09.jpg
黄色と赤がアクセントカラーのゲート

今回は慶応仲通り商店会副会長の木村 延雄(のぶお)さんに、商店会を案内していただきました。
「慶応仲通り商店会では、この春にホームページをリニューアルしたばかりで、とても見やすくなりました。お店も探しやすいので、商店街に来る人が増えればいいと思っています」

ホームページのリニューアル時期と合わせ、商店会に加入したお店「炉端人(ろばたりあん)べにや」があります。
今年の2月末から店長を務めている川合 広之さんが切り盛りする、炉端焼きのお店です。
川合さんに商店会に入ったきっかけをお伺いしました。

「地元密着型の飲食店ということもあり、商店会に入ることで、商売をする上での情報が得られることが大きなメリットになると思いました。
慶応仲通り商店会の皆さんは、街を盛り上げることに熱心で、加入してよかったです」
川合さんは山形県のご出身だそうで、「べにやには、山形の郷土料理もありますので、ぜひ食べてみてください」とのことでした。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-10.jpg
赤提灯が目印の、懐かしい木造の店構え

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-11.jpg
元気な川合さんが切り盛りする「べにや」

木村副会長は、創業50年を超えるバー「テンプテーション」のマスターでもあります。
豊富な種類のお酒はもちろんですが、手作りのミックスピザや、手の込んだお通しセットなど、食事も充実したバーです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-12.jpg
静かな雰囲気でお酒を楽しめる「テンプテーション」

慶応仲通り商店会では独自のゆるキャラを作成中で、もうすぐデビューするそうです。
デザインは地元の小学生たちが一生懸命考えてくれたとのこと。

応募作品の一部を見せていただきましたが、小学生とは思えない力作ばかり!
コンセプトもしっかりとしていて、かわいい動物をベースに慶応仲通りの歴史と絡めたキャラクターなど、商店会についての勉強跡が伺えるものばかりで驚きました。
ゆるキャラ完成後は慶応仲通り商店会のイメージアップにも貢献するでしょう。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-13.jpg
慶応仲通りのゆるキャラはどれになるのでしょうか

★===========================================★
〜この街のここが注目ポイント!〜
★===========================================★
慶応仲通り商店会は赤穂浪士の切腹の地である「水野監物邸跡」という史跡があるなど、歴史が感じられる商店会です。
今回、木村副会長に紹介していただいたのは、巌流(がんりゅう)稲荷社というとても小さな神社です。
注意していないと見落としてしまいそうです。
正面は道路に面していないという不思議な作りですが、しめ縄が巻かれている、本格的な神社です。
「私もこの商店会に長くいますが、由緒は分からないんですよ。でも、商店街の鎮守的な存在で大切にしています。巌流というだけあって、宮本武蔵と関係があるという説もあるんですよね」とお話していただきました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-2/1704-2-14.jpg
なかなか見つけにくい、巌流稲荷社

●=Information=●
慶応仲通り商店会
【所在地】港区芝5丁目14〜17、22〜24、26 一帯
【ホームページ】http://www.keinaka.jp
【アクセス】
JR「田町駅」徒歩3分
都営地下鉄三田線・浅草線「三田駅」徒歩2分
都バス田87「田町駅」徒歩2分
ちぃばす「浅草線三田駅前」徒歩2分

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
■国立新美術館開館10周年 チェコ文化年事業 ミュシャ展
今年は、日本とチェコが国交を回復してから記念すべき60周年を迎える年にあたることもあり、国立新美術館で6月5日(月)まで、ミュシャ展が開催されています。
アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、オーストリア=ハンガリー帝国領モラヴィア(現チェコ)に生まれ、ウィーンやミュンヘンを経て、27歳でパリに渡り絵を学びました。
ミュシャの集大成が、50歳で故郷に戻り、晩年の約16年間を捧げた渾身の作品《スラヴ叙事詩》(1912-1926年)です。
今回は、縦6m、横8mにも及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた20点の油彩画である《スラヴ叙事詩》をチェコ国外では世界で初めて、全20点まとめて公開する貴重な展覧会です。
ぜひ、足を運んでみてはいかがですか。

●=Information=●
国立新美術館
【場所】国立新美術館 企画展示室2E(港区六本木7-22-2)
【開催日時】6月5日(月)まで
【開館時間】10:00〜18:00
※金曜日は20:00まで
※4月29日(土)−5月7日(日)は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
【休館日】毎週火曜日
※5月2日(火)は開館
【料金】
一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
※中学生以下および障害者手帳をお持ちの人(付添の人1名含む)は、入場無料
※その他、割引等もありますので、詳しくはホームページを確認してください。
【問合せ】03-5777-8600 (ハローダイヤル)
【ホームページ】http://www.mucha2017.jp
【アクセス】
東京メトロ千代田線「乃木坂」徒歩0分など

*★*彡---------*★*
産業振興課からのお知らせ
*★*彡---------*★*
■港区観光ボランティアガイドを募集します!
15回程度の育成講座を通じて、技術を習得後、まち歩きツアー等のボランティア活動をしていただきます。
応募の際の条件等、詳しくはホームページを確認してください。
【URL】https://www.city.minato.tokyo.jp/keieishien/29kankoborantia.html

また、以下の日程で港区観光ボランティアガイド募集説明会も行いますので、ぜひご参加ください。(予約不要)
【日時】4月18日(火)19時〜20時
【会場】麻布区民協働スペース(港区六本木5-16-46)
【問合せ】03-3578-2552(港区産業・地域振興支援部産業振興課 観光政策担当)

■シティプロモーションシンボルマークを募集しています!
区は、国内外の人々に港区の魅力やブランド、都市イメージを伝えるためのシティプロモーションを行っています。
このたび、取組のひとつとして、区の都市イメージを表現し、魅力を伝える「シティプロモーションシンボルマーク」を募集します。
審査を経て採用されたシンボルマーク(1作品)は、区民や企業・団体等の皆さんに、さまざまな場面で使用していただきます。
港区を好きな人はどなたでも応募できますので、詳しくはホームページを確認してください。
【URL】http://www.city.minato.tokyo.jp/citypromotion/symbolmark.html

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/


配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK