メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2017年4月6日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2017/4/6号 vol.660
http://www.minato-ala.net =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★4月テーマ ★========
港区 心機一転!スタートを切ろう
=======================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『お花見 特集』
4月は桜をはじめ、たくさんの花や草木が美しいシーズンです。
港区の自転車シェアリングを使って、春を探しに出かけてみませんか。
今週は港区の桜を巡りながら、ちょっと穴場のスポットも巡るコースをご紹介します。

【ルート】
アークヒルズ周辺の桜(桜坂)⇒ 赤坂サカス ⇒ 小山会長と歩く赤坂第一商店会
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■------------------------------------□
Spot 1 アークヒルズ周辺の桜(桜坂)
□■□------------------------------------■
東京メトロ南北線の六本木一丁目駅3番出口を出ると、複合施設であるアークヒルズが見えてきます。
まずはアークヒルズかアークヒルズ・サウスタワーのサイクルポートで、自転車を借りましょう。

アークヒルズ周辺には150本の桜の木が植えられており、桜の成長状況は30年にわたり、定点観測されています。
昭和61年(1986年)のアークヒルズ開業から30年を経て、桜の木も成長してきました。

開業当時平均28cmであったソメイヨシノの幹は、30年後の平成28年(2016年)には約124cmと、約4倍以上となり、約1mもの成長が確認されているそうです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-01.jpg
アークヒルズの周りに植えられている桜

アークヒルズから、ANAインターコンチネンタルホテル東京まで進み、角を右折すると全長75mほどの桜坂があります。
桜坂の名前の由来は、実は並木道ではなく、戦前まで坂の下に大きな桜の木があったことに由来します。
近代的なビルができてから、周囲の雰囲気は変わりましたが、今でも桜の名所として続いているのは歴史を感じますね。

その名の通り、坂の両側には桜が植えられ、閑静な雰囲気のなか楽しめる、穴場の桜名所といえるでしょう。
桜の時期は1年で一番来訪者数が多いとのことで、桜坂もそれなりに混雑はしますが、他の有名スポットに比べると、ゆったりと桜を鑑賞することができます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-02.jpg
戦前まで坂の下に大きな桜の木があったことから桜坂と命名されました

桜を愛でることができるのは昼間だけではありません。
桜坂などでは17時から22時頃までの間、桜のライトアップが行われるので、仕事帰りなど、夜に桜を楽しむ人も大勢います。
年によって多少変わってきますが、例年4月中旬くらいまでライトアップは行われています。
昼間とはまた違った幻想的な雰囲気を醸し出しており、道を覆うように咲くので、「桜のトンネルに入ったみたいです」といった声もありました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-03.jpg
ライトアップされ、幻想的な夜桜も楽しめます

次は、11種類もの桜がある、赤坂サカスに行ってみましょう!

●=Information=●
アークヒルズ
【所在地】港区赤坂1-12-32
【問合せ】03-6406-6663
【ホームページ】http://www.arkhills.com
【アクセス】
東京メトロ 南北線「六本木一丁目」徒歩1分
東京メトロ 銀座線「溜池山王」徒歩1分
東京メトロ 日比谷線「神谷町」徒歩8分
都バス 都01「赤坂アークヒルズ前」徒歩0分
ちぃばす「溜池山王駅」徒歩4分

■□■------------------------------------□
Spot 2  赤坂サカス
□■□------------------------------------■
桜坂からは、六本木通りを少し皇居方面に向かって進み、溜池交差点を左折します。
外堀通りをしばらく進み、山王神社前の交差点で左折します。
300mほど進むと、左側に国際新赤坂ビルのサイクルポートがありますので、ここで自転車を返却しましょう。
通りを挟んだ反対側が赤坂サカスです。

赤坂サカスは、赤坂のビジネスの中心地ですが、イベントも多く開催され、ショップやレストランも多いので、たくさんの人々で活気があふれています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-04.jpg
新しい赤坂の中心、活気があふれる赤坂サカス

赤坂サカスエリアには、およそ100本の桜があります。
通常、ソメイヨシノは1週間ほどで散ってしまいますが、赤坂サカスは3月上旬に咲き始める「河津桜」から5月上旬に咲く「兼六園菊桜」まで、11種類もの桜があり、順に開花するので、春を長く感じることができます。

その赤坂サカスの桜のなかでも、平成22年(2010年)に東京都緑の大賞特別賞を獲得したというプレートが立っている、紅枝垂れ桜は圧巻です。
この紅枝垂れ桜は三春桜という名称で、日本三大桜のひとつで天然記念物でもある福島県三春町の滝桜の子孫樹です。
三春桜はエドヒガン系の紅枝垂れ桜で、樹高は12m、樹齢は100年ともいわれています。
枝垂れ桜はその名の通り、枝が細く下に垂れ下がるのが特徴で、花がまるで滝のように迫ってくる様子は圧巻です!
ビルときれいな桜の組み合わせはなんとも不思議な感じですが、ビジネス街でお花見というのも風情があっていいものですね。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-05.jpg
エドヒガン系の紅枝垂れ桜は圧巻です

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-06.jpg
ビルと桜。ビジネス街でお花見も風情ありますね

赤坂Bizタワー横の「憩いの広場」は小さな広場で見落としがちですが、2羽の巨大な黄色いインコの彫像がお出迎えします。
これは「PollyZeus(ポリーゼウス)」という名の、現代美術家である椿 昇(つばき のぼる)によるアート作品で、赤坂の街にビビッドなエッセンスを放っています。

赤坂サカスに行ったことがある人でも「こんな場所に広場があったの!」と思うかもしれません。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-07.jpg
春の日差しに映える、現代アートの巨大インコ

桜を楽しんで、インコを発見したら、次は隣りの赤坂第一商店会へ足を伸ばしてみましょう。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
赤坂サカスのホームページから、施設内の「桜MAP」をダウンロードすることができます。
ソメイヨシノを含めて11種類もあり、「桜にはこんなに種類があったんだ」と驚いてしまうほどです。
実はソメイヨシノは江戸時代に作られて比較的新しい品種で、日本にはそれ以前から様々な品種がありました。
その多くは花びらが多く、なかには300枚の花びらをもつ桜もあります!
大ぶりの花は見応え十分で、例年5月頃まで続々と満開になるので、たっぷり楽しめますよ。

【桜MAPのページ】
http://sacas.net/images/top/sakuramap.pdf

●=Information=●
赤坂サカス
【所在地】港区赤坂5-3-6
【ホームページ】http://sacas.net
【アクセス】
東京メトロ千代田線「赤坂」徒歩1分
東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附」徒歩8分
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」徒歩7分
ちぃばす「赤坂五丁目交番前」「赤坂駅前」徒歩1分

■□■------------------------------------□
Spot 3  小山会長と歩く赤坂第一商店会
□■□------------------------------------■
憩いの広場を出て、赤坂Bizタワーの正面を横に進み、赤坂通りを右折して乃木坂方面に坂を上っていくと、赤坂五丁目交番の交差点に出ます。
ここから先の赤坂小学校までのエリアを中心としたのが赤坂第一商店会です。
赤坂通りを中心とした赤坂第一商店会ですが、昔は個人商店も多く立ち並び、下町的な情緒もあったそうです。
最も乃木坂に近い場所にあり、現在では、乃木会館も商店会に含む広範囲な商店会になっています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-09.jpg
最も乃木坂に近い赤坂第一商店会

赤坂第一商店会の会長をなさっている小山 直行会長が、商店会を案内してくださいました。
小山会長と一緒に街を歩いてみましょう!

小山会長は生まれも育ちも赤坂で、商店会の通り沿いにある赤坂小学校の出身です。
今でも先輩後輩が近くに住んでいて、深い付き合いがあるそうです。
海外の人も多く住み、「昔は一緒によく遊んだものだよ」とのことです。
「私は赤坂小学校を出て、ずっとここで育っています。
今でも同級生が周りにたくさんいるので、同窓会もよく開いているんですよ」と、人と人との付き合いを大切にされているご様子でした。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-10.jpg
小山会長が卒業した赤坂小学校

小山会長は、消防団での長年の功績を讃えられ、藍綬褒章(らんじゅほうしょう)を受賞なさっています。
ニュースにもなった、昭和57年(1982年)に起きたホテルニュージャパンの火災にも出動したそうです。
江戸火消しの精神を引き継いだ、正義感の強さも小山会長の魅力です。
数々の火災を消し止めた経験をお持ちの小山会長は防災の意識がとても高く、また、赤坂の芸者文化を盛り上げるなど、赤坂の活性化に一役買っています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-08.jpg
藍綬褒章の前で微笑む小山会長

そんな小山会長が案内してくださったのは、創業明治38年(1905年)の老舗、「酒のくりはら」です。
若い感性でお酒の仕入れをなさっている栗原 一平(かずとし)専務にお話を伺いました。
「今は、インターネットでも珍しいお酒が買える、便利な時代ですが、酒のくりはらに足を運んでいただければ、私ども専門のスタッフがお好みのお酒を選ぶことができ、新しいお酒の魅力を知っていただける機会になると思います」
酒のくりはらでは日本酒と焼酎にこだわり、全国の蔵元との交流にも力を入れ、珍しい銘柄も扱っています。
気軽に相談して、自分のお気に入りのお酒を探してみるのもいいでしょう。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-11.jpg
「酒のくりはら」でお酒の仕入れにこだわる、栗原専務
【酒のくりはらホームページ】http://sakenokurihara.o.oo7.jp

その後に、小山会長が和菓子のお土産を買うならと、すぐそばにある赤坂青野の赤坂本店を紹介してくれました。
武田 真人店長は、「やはり、定番は『赤坂もち』ですね」と、看板商品をおすすめしてくれました。
柔らかいお餅にクルミと黒蜜を練り込み、きな粉をたくさんまぶしていただく赤坂もちは、贅沢な気分になれそうです。
素材の香りが口いっぱいに広がって、懐かしい味わいです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-12.jpg
江戸時代創業の和菓子屋、赤坂青野の武田店長
【赤坂青野 赤坂本店ホームページ】http://akasaka-aono.com

ですが、小山会長は「いや、オレは『黒べい』が好きだねぇ」と、譲りません!
クルミ入りの黒糖カステラの「黒べい」は、一旦販売が終了しましたが、リクエストが多く、最近復活した逸品です。
小山会長と商店会の人たちとの掛け合いもがとても楽しい商店会散策となりました。

★===========================================★
〜この街のここが注目ポイント!〜
★===========================================★
「赤坂もち」は、赤坂を代表するお土産のひとつで、明治32年(1899年)に創業した赤坂青野の看板菓子。去りゆく江戸の風情を懐かしみながら初代が考案したものですが、小風呂敷包みの小分けスタイルとしたのは3代目とのことです。
実は今では全国の和菓子で見かける、この小風呂敷包みは赤坂青野が考え出したものなんです。
また赤坂青野はアップルの創業者、あのスティーブ・ジョブズの愛した和菓子屋さんでもあります。
赤坂を訪れたら、ぜひ足を運んでみてください!

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-13.jpg
黒蜜も練りこんであるので、そのまますぐに食べられます

●=Information=●
赤坂第一商店会
【住所】港区赤坂6丁目14〜15、7丁目9〜11、9丁目1 一帯
【ホームページ】http://akasaka5.net/ak/daiichi/index.html
【アクセス】
東京メトロ 千代田線「赤坂」徒歩3分
都営地下鉄 大江戸線「六本木」徒歩10分
ちぃばす「赤坂小前」「赤坂五丁目交番前」「赤坂六丁目」徒歩1分

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
■赤坂芸能祭
赤坂は赤坂能楽堂や花柳界と芸能の舞台として輝いてきた街です。
春爛漫の赤坂を舞台に、新たな赤坂の魅力を伝える「赤坂芸能祭」が行われています。
4月8日(土)には曹洞宗の寺院「豊川稲荷 東京別院」を会場に、金春流の世界が体験できる「お能体験ワークショップ」や、琵琶語りと歌舞伎を影絵で再現した舞踊劇「鶏娘」の上演が予定されています。
事前申し込みが必要ですので、詳しくはホームページを確認してください。

【ph】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1704-1/1704-1-14.jpg
赤坂芸能祭チラシ

●=Information=●
NPO法人 江戸前21 赤坂芸能祭事務局
【場所】赤坂地域一帯
【開催日時】4月8日(土)まで
【問合せ】03-3470-7066
【ホームページ】https://akasaka-geino.jimdo.com
【アクセス】
東京メトロ 千代田線「赤坂」徒歩3分など

*★*彡---------*★*
産業振興課からのお知らせ
*★*彡---------*★*
■シティプロモーションシンボルマークを募集します!
区は、国内外の人々に港区の魅力やブランド、都市イメージを伝えるためのシティプロモーションを行っています。
このたび、取組のひとつとして、区の都市イメージを表現し、魅力を伝える「シティプロモーションシンボルマーク」を募集します。
審査を経て採用されたシンボルマーク(1作品)は、区民や企業・団体等の皆さんに、さまざまな場面で使用していただきます。
港区を好きな人はどなたでも応募できますので、詳しくはホームページを確認してください。
【URL】http://www.city.minato.tokyo.jp/citypromotion/symbolmark.html

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報 「VISIT MINATO CITY-YOUR TOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/



配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK