メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2017年3月16日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2017/3/16号 vol.657
http://www.minato-ala.net =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★3月テーマ★========
港区春のオススメお散歩コース
=======================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『赤坂編』
春分の日も間近、お天気が良いとついお出掛け気分になりますね!
今週は、乃木将軍、大岡越前など歴史の中で人々から愛され、尊敬された偉人ゆかりの場所を訪ねる春のお散歩コースをご紹介します。
【ルート】
乃木神社 ⇒ 豊川稲荷東京別院 ⇒ エスプラナード赤坂商店街振興組合
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■------------------------------------□
Spot 1 乃木神社
□■□------------------------------------■
東京メトロ千代田線の乃木坂駅1番出口を出ると、乃木公園が目の前にあります。
公園に隣接する静かな佇まいの神社が、乃木将軍をお祀りしている乃木神社です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-01.jpg
4月になると満開になる、一の鳥居脇に植えられた樹齢約100年の枝垂桜
※写真は昨年のものです。

乃木大将、乃木将軍と呼ばれ親しまれた、明治の陸軍大将 乃木希典(のぎまれすけ)と、静子夫人の御霊をお祀りしているのが「乃木神社」です。

乃木希典は現在の六本木生まれ、子どもの頃は泣き虫で、無人(なきと)という幼名から「泣き人」とあだ名されていたそうです。
大人になってからは、松下村塾などで学問や剣術に研鑽を重ね、日清・日露戦争の功績で明治天皇からの信望を得た後、学習院第10代院長に就任し、昭和天皇の教育にも当たりました。

しかし明治45年(1912年)、明治天皇崩御の際、戦争の死傷者へ責任を感じていた乃木希典は、天皇の後を追い静子夫人とともに殉死しました。
亡くなる10年前に赤坂区新坂町(現 赤坂8丁目)に建造された、自邸でのことでした。
大正12年(1923年)、邸の隣地に夫妻の御霊を祀るために建立されたのが「乃木神社」です。

乃木坂駅に近い「一の鳥居」をくぐると、旧乃木邸の庭園には今、サンシュユが可憐な黄色い花を咲かせています。
その奥の屋敷は、フランス陸軍の兵舎を模したもので、ガラス窓越しの内部の様子も当時のままです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-02.jpg
当時のままの乃木邸を、回廊を回りながら外から見学できます

玄関近くには、乃木希典が金沢の町で、占いで生計を支えていた少年に出会い、金二円を渡したところ、少年はそのご恩を忘れず、後に金箔業で成功を収めたというエピソードを表す銅像が建っています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-03.jpg
乃木希典の人となりを感じさせる少年との像

境内には、乃木希典が父の代から崇敬していた「赤坂王子稲荷神社」、本殿の脇を入ると、吉田松陰の叔父で松下村塾の創立者、玉木文之進(たまき ぶんのしん)を祀った「正松神社」などがあります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-05.jpg
朱塗りの鳥居が連なる「赤坂王子稲荷神社」

文武に長けた乃木希典は、学問の神でもあるので、境内には受験祈願に訪れる若者も多くみられます。
授与所横にある「宝物殿」では、殉死時の刀など貴重な品々を無料で見学できるので、必見です!

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-04.jpg
絵馬にお願い事を書いていた青年たち

一の鳥居に向かって左側が、乃木公園です。
乃木希典の遺言により、没後屋敷の一部が東京市に寄贈され、大正2年(1913年)に公園が開設されました。
現在は、旧乃木邸とともに港区が管理をしています。
園内はモダンな彫刻を中心に草木が広がっています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-06.jpg
津久井利彰(つくい としあき)の作品「樹に染まり 96」が桜の大木に溶け込みます

神聖な空気と、明治時代の息吹も身近に感じられる乃木神社をぜひ訪れてみてください。
乃木神社で乃木希典の生きた時代を感じた後は、愛知県にある有名な豊川稲荷の直轄別院である、豊川稲荷東京別院に行ってみましょう。

●=Information=●
乃木神社
【所在地】港区赤坂8-11-27
【問合せ】03-3478-3001
【ホームページ】http://www.nogijinja.or.jp
【アクセス】
東京メトロ千代田線「乃木坂」徒歩1分
東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線「六本木」徒歩5分
ちぃばす「乃木公園」徒歩0分

■□■------------------------------------□
Spot 2 豊川稲荷東京別院
□■□------------------------------------■
乃木神社から、東京メトロ千代田線乃木坂駅1番出口まで戻ります。
乃木坂陸橋を渡り、外苑東通りに出て右方向に進むと10分ほどで青山通りと交差する赤坂郵便局交差点に着きます。
交差点を右折し、赤坂御用地を左手に見てさらに10分ほど道なりに進むと左側に豊川稲荷東京別院が見えてきます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-07.jpg
今は、見上げるとエドヒガンザクラが満開です!

8代将軍徳川吉宗の享保の改革を支え、江戸南町奉行として時代劇でもお馴染みとなった、大岡越前守こと大岡忠相(おおおか ただすけ)は、三河国(愛知県)の出身でした。
故郷である三河国の豐川閣妙嚴寺の稲荷を崇拝し、当時赤坂一ツ木町の屋敷内にも、本尊である荼枳尼眞天(だきにしんてん)を祀っていましたが、没後は子孫により本尊が遷座され、明治20年(1888年)に現在の「豊川稲荷東京別院」が創建されました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-08.jpg
本殿の前でお参りをする人たち

境内は、本殿、そして大岡越前の霊廟である「大岡廟」をはじめ、金銭財宝の融通が叶うという「融通稲荷」や、人々に代わって苦しみを受けてくださる「身替地蔵」などがあり、お参りする人が後を絶ちません。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-09.jpg
人々に代わって苦しみを受けてくださる身替地蔵

また、境内では「七福神めぐり」もでき、同時にスタンプラリーも楽しめます。
受付で七福神色紙(1枚 1,000円)を購入し、七人の神様のスタンプを押し終わると、日付書と捺印がいただけます。
数々のお稲荷様や七福神にお詣りをして、今年の春は幸せを招きましょう!

境内のお土産物の店では、ご本尊の姿にちなんでいなり寿司が売られています。
いなり寿司の中にはゴマがいっぱい入っていて、食べたらこちらもご利益がありそうですね!

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-10.jpg
ふっくらとして美味しそうないなり寿司

●=Information=●
豊川稲荷東京別院
【所在地】港区赤坂1-4-7
【問合せ】03-3408-3414 (電話受付:8:30〜16:00)
【ホームページ】http://www.toyokawainari-tokyo.jp/
【アクセス】
東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附」徒歩5分
東京メトロ半蔵門線「永田町」徒歩5分
ちぃばす「豊川稲荷前」徒歩1分

■□■------------------------------------□
Spot 3  エスプラナード赤坂商店街振興組合
□■□------------------------------------■
豊川稲荷東京別院から青山通りに戻り、左方向に東京メトロ赤坂見附駅に向かって進みます。赤坂見附駅前の赤坂見附交番から田町通り一帯に広がる商店街が 「高貴でおしゃれな散歩道」という意味が込められた 「エスプラナード赤坂商店街振興組合」です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-11.jpg
人と車で賑わう、夜の華やかな「エスプラナード赤坂商店街振興組合」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-12.jpg
女性ならではの発想でご活躍されている、城所(きどころ)理事長

日本で初めての、女性の商店会理事長の、城所ひとみさんにお話を伺いました。
「以前、囲碁ラウンジを経営していた時、赤坂の街の人々や、理事の皆さんからの推薦もあって、商店会の理事長に就任することになりました。
当時、日本で最年少、女性初の理事長でしたので、女性ならではの視点にこだわり、まず取り組んだのはごみ問題でした。朝、道路が汚いのは気分が悪いですよね。会員店のごみは道路に出さず、毎朝6時前に収集してもらうようにしたら、カラスもいなくなりました。
赤坂は大人の街、キャリアのある女性が上司やご主人、ボーイフレンド等をお連れになるので、街路灯も女性の肌の色が美しく見え、歩道はハイヒールのかかとに傷がつかない素材にするなど、優しい街づくりを考えました。」と、城所理事長ならではの発想を、商店会活動に生かしていらっしゃいました。

「歩道上にある電力の変圧器には、ブラックライトが当たると女性の絵が浮かび上がる、『ルミアート』を取り入れたり、赤坂見附の地下通路で看板広告の事業を始め、夜の警備費用に当てています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-13.jpg
エスプラナード通りの夜をフェミニンに変えるルミアート

毎年、赤坂区民センターで行っているジャズフェスティバルも、去年で20回を迎え、大変好評を得ています。
赤坂は昔のイメージが強いところもありますが、特色のある個店が増えて欲しいですね。
今後は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、Wi-Fi事業や外国人観光客の対応など、さらに活動を広めていきたいと考えています。」と、積極的で女性ならではのアイディア溢れる城所理事長のお話でした。

城所理事長からのご紹介は、松阪牛だけを使った焼肉店「焼肉本家 肉兵衛」です。
和牛一頭買いのこだわりなどを、店長の齊藤勇気さんにお話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-14.jpg
肉兵衛イチオシは松阪牛の舟盛り、様々な部位が楽しめます

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-3/1703-3-15.jpg
おすすめの部位を手にした店長の齊藤さん

「肉兵衛は松阪牛専門店です。店で牛を一頭買いするので、28か所ほどの部位を安く提供できます。普通の焼肉店では、カルビ、ハラミなど、部位でメニューが分かれますが、当店では、松坂牛の希少部位を盛り合わせで召し上がれる『舟盛り』があるので、ぜひお試しください。
最近は熟成牛が流行っており、当店でもタンは熟成させますが、霜降りや赤身肉はそのまま使用し、他は煮込みなどにしています。
松阪牛を、このお値段でお出しできる店はほかにはありません!赤坂で焼肉と聞くと敷居が高く思われますが、お手頃なのでぜひお越しください。」
齊藤さんのお話を聞いただけで、エスプラナードに足が向いてしまいそうです。
【焼肉本家 肉兵衛 ホームページ】http://urutora-d.com/store.html#5

●=Information=●
エスプラナード赤坂商店街振興組合
【所在地】港区赤坂3丁目
【ホームページ】http://www.e-akasaka.com
【アクセス】
東京メトロ銀座線・丸の内線・半蔵門線「赤坂見附」徒歩0分
ちぃばす「赤坂見附駅」徒歩0分

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
■2017旅いくキッズフェスタin 品川シーズンテラス
様々なジャンルの「子ども向け体験型プログラム」を一堂に集め提供する、祭典が品川シーズンテラスで、1日限定で行われます。
墨田区、江東区の職人による「旅いく×アウトオブキッザニア」や、日本一の豪雪地域である新潟県十日町市から直送された雪が使われた「雪遊び広場」など、今から楽しみなプログラムがいっぱいです!

●=Information=●
旅いくキッズフェスタ実行委員会
【場所】港区港南1-2-70
品川シーズンテラス オフィスエントランスロビー/カンファレンスルーム/イベント広場
【開催日時】3月18日(土)10:00〜16:00
【料金】無料(一部有料ワークショップあり)
【問合せ】03-5909-8878
【ホームページ】
https://tabi-iku.jtbbwt.com/feature-static/kidsfesta_2017/1196
【アクセス】
JR「品川駅」徒歩6分
都バス 「品川港南口」徒歩6分
ちぃばす 「芝浦中央公園入口」徒歩1分
==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報 「VISIT MINATO CITY-YOUR TOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK