メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2017年3月2日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2016/3/2号 vol.655
http://www.minato-ala.net  =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★3月テーマ ★=============
港区 春のオススメお散歩コース
===============================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『芝編』
3月になり、春の気配も一気に増してきました。
今月は、溢れる春を探す公園などのお散歩コースの紹介です。
まずは、歴史ある芝の公園と、日本酒ならここという、三田のおしゃれな居酒屋をご案内します。

【ルート】
旧芝離宮恩賜庭園 ⇒ 芝公園 ⇒ 三田料理飲食業組合
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■------------------------------------□
Spot 1  旧芝離宮恩賜庭園
□■□------------------------------------■
JR浜松町駅の北口を出て、JR線の高架下を竹芝埠頭側へと抜けると、すぐ右手が「旧芝離宮恩賜庭園」です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-1/1703-1-01.jpg
和の雰囲気が漂う、旧芝離宮恩賜庭園入口

「旧芝離宮恩賜庭園」は、 江戸時代に大久保忠朝(ただとも)が、4代将軍徳川家綱から土地を拝領し、屋敷を築いた際に造られた庭園です。
庭園内では、池の周りをめぐりながら風景を楽しむ「回遊式泉水庭園」が造られ、その後大正13年(1924年)に「旧芝離宮恩賜庭園」として開園、昭和54年(1979年)には、国の名勝(芸術上または観賞上価値が高い土地)として指定されました。
今では、汐留などの高層ビルに囲まれた、都心的な景観も魅力のひとつとなっています。

入口の左には、5月になると花房で覆われる藤棚があり、先に見える灯籠の手前には、ふっくらとした木瓜(ぼけ)の花が、静かに咲いています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-1/1703-1-02.jpg
陽だまりで迎えてくれる「木瓜」の花

鯛の形の石橋を過ぎると、染井吉野(そめいよしの)の集まる一角があります。
桜の季節はまだ先ですが、近くに広がる芝生広場では、水仙の花畑が見られます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-1/1703-1-03.jpg
春の陽を受けて咲く、水仙の花畑

さらに進むと、梅林が広がっており、3月上旬は梅の花が楽しめそうです。
梅林にはベンチが置かれているので、花から花へとメジロが行き交う様子も、ゆっくり観察することができます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-1/1703-1-04.jpg
ベンチから眺める、梅越しの世界貿易センタービル

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-1/1703-1-05.jpg
梅の花の蜜を求め、枝から枝へと忙しいメジロ

これからの季節は、黄色く小さな花をたくさんつける、山茱萸(さんしゅゆ)も咲き始めるそうです。
地面には野草も花を覗かせていますので、足元の変化にも目を配りながら、今も残る大名庭園をお楽しみください。

次は東京タワーのお膝元で、梅林が有名な「芝公園」を訪ねてみましょう。

●=Information=●
旧芝離宮恩賜庭園
【所在地】港区海岸1丁目
【開園時間】 9:00〜17:00 (入園は16:30まで)
【休園日】年末・年始 (12月29日〜翌年1月1日まで)
【入園料】一般 150円、65歳以上 70円
【問合せ】03-3434-4029 (旧芝離宮恩賜庭園サービスセンター)
【ホームページ】http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index029.html
【アクセス】
JR 山手線・京浜東北線「浜松町」徒歩1分
都営地下鉄 浅草線・大江戸線「大門」徒歩3分
都バス 浜95「海岸1丁目」徒歩2分
ちぃばす「プラザ神明」徒歩5分

■□■------------------------------------□
Spot 2  芝公園
□■□------------------------------------■
旧芝離宮恩賜庭園から、浜松町駅に戻り、東京タワーへ向かって大門通りをまっすぐ進めば、突き当たりの増上寺周辺が「芝公園」です。
上野恩賜公園などと並び、日本では最も古い公園のひとつですが、芝公園が開園する前は、増上寺の敷地でした。
開園した当時は、増上寺も芝公園の敷地に含まれていましたが、戦後の政教分離により、増上寺の境内が除かれ、周囲が芝公園となりました。

日比谷通りの増上寺と芝東照宮の間には、区立芝公園があります。
港区は今年の3月15日に「区政70周年」を迎えます。
これを記念し、入口付近の花壇には、昨年6月に「カンザクラ」が植樹されました。
カンザクラの下には菜の花が植えられ、桜のピンク、菜の花の黄色、そして後ろに見える東京タワーの赤と、港区ならではの素敵なコントラストを作っています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-1/1703-1-06.jpg
東京タワーとカンザクラの背比べ

公園の奥へ向かうと、ボランティアによって手入れのされている花壇「交流ガーデン」があり、今はパンジー、プリムラなど、色鮮やかな花たちが、散歩する人を迎えています。
チューリップの球根は、まだ芽が出たばかり。
どんな花が咲くのか楽しみですね。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-1/1703-1-07.jpg
遊歩道沿いには、パンジーやプリムラが

区立芝公園に近い、芝丸山古墳下の梅林には、約70本の梅の木があります。
江戸時代、「梅屋敷銀世界」と呼ばれていた梅林の梅が、2度移転したのち、昭和41年(1966年)に現在の芝公園1号地に植えられました。
豊後(ぶんご)、長束(なつか)、見驚(けんきょう)、冬至(とうじ)などの品種名を見て、由来を考えてみるのも面白いですね。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-1/1703-1-08.jpg
江戸時代の「梅屋敷銀世界」を継承する都立芝公園の梅林

ザ・プリンスパークタワー東京内のプリンス芝公園では、早くも河津桜が濃いピンクの花を咲かせています。
東京タワーをバックに、いち早くお花見はいかがでしょう。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-1/1703-1-09.jpg
華やかな河津桜と東京タワー

お花見といえば、宴会・お酒ですね。
次は、三田の飲食店をまとめる「三田料理飲食業組合」の杉山組合長に、美味しい日本酒が飲めるお店を紹介していただきましょう。

●=Information=●
芝公園
【所在地】港区芝公園1〜4丁目 一帯
【開園日】常時開園
【入園料】無料 (一部有料施設あり)
※営業時間等は都立芝公園サービスセンターへお問い合わせください。
【問合せ】03-3431-4359(都立芝公園サービスセンター)
     080-9811-1659(区立芝公園)
【ホームページ】https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index001.html(都立芝公園)
http://shiba-italia-park.jp/shiba/(区立芝公園)
【アクセス】
JR「浜松町」徒歩12分
都営地下鉄三田線「芝公園」「御成門」徒歩2分
都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門」徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」徒歩2分
ちぃばす「芝公園」徒歩0分

■□■------------------------------------□
Spot 3  三田料理飲食業組合
□■□------------------------------------■
今回は、芝、三田、芝浦などのエリアの飲食店を対象とする組合「三田料理飲食業組合」をご紹介します。
芝公園から日比谷通りを南下し、古川を越えた一帯です。
若い頃、好きだったジャズを流す喫茶店を始めたのが、飲食業へ足を踏み入れたきっかけという、杉山光敬(すぎやま みつひろ)組合長にお話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-1/1703-1-10.jpg
組合長に就任して4年目の、杉山光敬さん

「組合の創立は戦前で82年前、組合員も150店舗と、23区内では最大規模で、最も歴史のある飲食業組合になりました。
この辺りは、江戸時代に4つの国の大名屋敷があったということから、町会は「北四国町会」といいます。
三田はチェーン店が少なく、家族経営の店が多いのが特徴です。2代目、3代目と、この地で生まれ育った人が多く、商売をしている人はみな昔からの顔なじみということが強みですね。
地域のつながりが強く、7月の『三田カーニバル』も手作りのお祭りとして、人気が出てきました。地域密着の組合として、若い人も育ってきてくれていることが一番嬉しいですね。」と、杉山組合長はおっしゃっていました。
三田料理飲食業組合からは、日本酒と焼酎の品揃えが自慢という、「亭久五(ていくふぁいぶ)」をご紹介します。
【亭久五 ホームページ】 http://music.geocities.jp/since1977take5/

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-1/1703-1-11.jpg
三田の隠れ家的なお店「亭久五(ていくふぁいぶ)」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-1/1703-1-12.jpg
山小屋をイメージした落ち着いた店内に、日本酒は約80、焼酎は100程の銘柄が揃っています

ご主人の長坂芳雅(ながさか よしまさ)さんは、奥様のお父様のお店を継がれたのだそうです。
店名の「亭久五(ていくふぁいぶ)」は、ジャズの名曲「Take 5」から来た名前で、「ちょっと一休みしていって欲しい」という意味が込められているそうです。
「人気のあるお酒や、セオリー通りの飲み方以外にも、もっと自由にお酒を楽しんでいただけるように、様々な飲み方を提案していきたいと思っています。
妻は利酒士(ききざけし)の資格を持っていますので、料理に合うお酒や、飲んだことのない銘柄についてなど、何でも聞いてくださいね。
餃子やニラ玉など、お酒に合うメニューもご用意しています。」と、長坂さんのお話でした。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1703-1/1703-1-13.jpg
亭久五の一番人気メニューは、本格的な焼き餃子

三田料理飲食業組合のエリアは広く、隠れ家的な美味しいお店も多いです。
賑やかな通りだけでなく、オフィス街や住宅街などでも、自分好みのお店を探してみてくださいね。

●=Information=●
三田料理飲食業組合
【所在地】港区三田2-14-7
【問合せ】03-3451-0762

*★*彡-----------*★*
イベント情報
*★*彡-----------*★*
■東京タワー台湾祭 2017
台湾の「観光・産業・芸能・文化・美食」等の魅力を感じてもらうため、東京タワーにて、日本と台湾の交流を目的に3日間限定で台湾を凝縮させた「テーマパーク・台湾」が再現されます。
台湾と言えば「夜市」ですが、この夜市で人気の屋台が東京タワーにやってくる台湾グルメ飲食ブースや、イベントステージなど、様々なイベントが予定されています。
台湾に訪れたことがある人も、まだない人も、「リアル台湾」を体験してみてはいかが。

●=Information=●
台湾祭実行委員会
【場所】港区芝公園4-2-8 東京タワー1F正面玄関前広場 屋外特設会場
【開催期間】3月18日(土)〜3月20日(月・祝)
【開催時間】11:00〜21:00(最終日は20:00終了)
【料金】入場無料
【ホームページ】http://www.taiwanfesta.com/
【アクセス】
都営地下鉄 大江戸線「赤羽橋」徒歩5分
都営地下鉄 三田線「御成門」徒歩6分
都バス 橋86、浜95「東京タワー」徒歩1分
ちぃばす「東麻布一丁目」徒歩8分
==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報 「VISIT MINATO CITY-YOUR TOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK