メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2017年2月9日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2016/2/9号 vol.652
http://www.minato-ala.net =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★2月テーマ ★========
港区ロケ地めぐり
=========================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『麻布、芝編』
今週は、都会を舞台とする恋愛ドラマに欠くことのできない、港区を代表する東京タワーと、多くの買い物客でにぎわう六本木ヒルズ、静かな住宅街の中にある日赤通り商栄会をご紹介します。

【ルート】
東京タワー ⇒ 六本木ヒルズ ⇒ 日赤通り商栄会
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
■□■------------------------------------□
Spot 1 東京タワー
□■□------------------------------------■
都営大江戸線の赤羽橋駅の赤羽橋口から、芝公園に接するザ・プリンスパークタワー東京の横を抜け、東京タワー前の信号を左に飯倉への坂を上ると、東京タワーはすぐ目の前にあります。
また、JRの浜松町駅や都営浅草線・大江戸線の大門駅からも、徒歩13分程なので、芝公園や増上寺に立ち寄り、少し歩くのもおすすめのコースです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-01.jpg
東京タワーをバックにしたロケ地の王道は、都立芝公園4号地からの眺め

東京タワーが完成したのは昭和33年(1958年)なので、年齢でいえば今年で59歳ということになります。
平成17年(2005年)に公開された映画、「ALWAYS 三丁目の夕日」では建築中の姿が周辺の街並とともにCGで蘇り、話題になりました。
竣工以来、様々な小説や歌、テレビドラマや映画に登場してきましたが、今もドラマなどの中で、都会のロマンチックなシンボルとして登場するところが、東京タワーのあせない魅力を表しているのでしょう。

【PH】 http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-02.jpg
「君の名は。」タッチの東京タワーのイラストレーション

今もロングランを続ける、昨年の大ヒット映画といえば、新海 誠監督の「君の名は。」です。
上記の東京タワーの絵は、この映画の雰囲気が出ているでしょうか。
映画を観た人もこれから観る人も、東京タワーの展望台からアニメーションで描かれた東京と、実際の世界を見比べてみてはいかがでしょうか。

現在、東京タワーでは、「東京タラレバ娘」との初コラボイベント、「イタ(痛)イルミネーション」が開催されていますが、日本テレビで放映中のドラマ版「東京タラレバ娘」の中でも、東京タワーを背景とするシーンがよく見られます。
2月1日(水)放映の第3話では、ネイリストの香と元カレ涼のキスシーンの三田通りからのバックで、脚本家の倫子とモデルのKEYとの2人のシーンでは、夜の品川シーズンテラスの緑地が使われ、桜並木の間の水景にも東京タワーが輝いていました。
夜に浮かぶ東京タワーは、とてもロマンチックです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-03.jpg
品川シーズンテラスからの東京タワーは、新しいロケ地として注目です!
※イルミネーション開催時の写真です。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
昨年のフジテレビの月9ドラマ、「好きな人がいること」の中でも東京タワーが度々登場し、パティシエの主人公の櫻井美咲が、カリスマ・シェフの柴崎夏向(しばさき かなた)へ東京タワーがついたキーリングをプレゼントしました。
これが話題となり、一時このキーリングは品切れになってしまったそうです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-04.jpg
ドラマ「好きな人がいること」で話題となったキーリング

今では東京タワーの売店や、オンラインショップでも手に入りますが、キーリング以外にも、自分で使いたいような可愛らしい東京タワーグッズがたくさんあります。
ぜひお気に入りの“東京タワーグッズ”を探してみてください。

次は、映画「君の名は。」で登場した六本木ヒルズに行ってみましょう!

●=Information=●
東京タワー
※大展望台はリニューアル工事のため、2017年夏頃まで休止しています。
【所在地】港区芝公園4-2-8
【問合せ】03-3433-5111
【ホームページ】https://www.tokyotower.co.jp/index.html
【アクセス】
都営地下鉄 大江戸線「赤羽橋」徒歩5分
都営地下鉄 三田線「御成門」徒歩6分
都バス 橋86、浜95「東京タワー」徒歩1分
ちぃばす「東麻布一丁目」徒歩8分

■□■------------------------------------□
Spot 2 六本木ヒルズ
□■□------------------------------------■
東京タワーの入口から東京タワー通りを左方向に飯倉方面へ進み、飯倉交差点を過ぎそのまま直進し、六本木交差点を左折し、8分程歩くと六本木ヒルズに到着します。

映画「君の名は。」では、山深い田舎町に住む女子高校生の宮水三葉と、東京の都心で暮らす男子高校生の立花瀧が主人公で、港区内が様々なシーンで描かれています。
ポスターやホームページでお馴染みのイラストレーションでは、主人公2人の間に、六本木ヒルズが描かれています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-05.jpg
映画「君の名は。」のポスターの中の六本木ヒルズ
(c)2016「君の名は。」製作委員会

主人公の立花瀧が、アルバイト先の憧れの先輩、奥寺ミキとデートしたのが、六本木ヒルズの展望台「東京シティビュー」でした。
世界20各国以上で上映されるほどのヒットは、登場した場所を巡る「聖地巡礼」ブームをも巻き起こし、六本木ヒルズもそのスポットのひとつとなりました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-06.jpg
劇中での六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」
(c)2016「君の名は。」製作委員会

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-07.jpg
東京シティビューの中での1シーン
(c)2016「君の名は。」製作委員会

【PH】 http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-08.jpg
こちらは実際の東京シティビュー

映画「君の名は。」は現在も大ヒット上映中です。
映画の世界と現実の世界、双方で美しい景色を堪能してくださいね。
さて、映画の世界から現実に戻り、日赤通り商栄会へ美味しい和菓子を探しに行きましょう。

●=Information=●
〈六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー〉
【住所】港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー 52階 屋上
【営業時間】
平日・休日:10:00〜23:00(最終入館22:30)
金曜・土曜・休前日:10:00〜25:00(最終入館24:00)
※スカイデッキ:11:00〜20:00(最終入館19:30)
【料金】通常料金 一般:1,800円/シニア(65歳以上):1,500円/学生(高・大学生):1,200円/子ども(4歳〜中学生まで):600円
※スカイデッキ(屋上)には別途追加500円が必要です(4歳〜中学生は300円)。
但し、天候不良などで予告無く閉鎖する場合があります。
【問合せ】03-6406-6652
【ホームページ】 http://www.roppongihills.com/tcv/jp/
【アクセス】
東京メトロ 日比谷線「六本木」直結
都営地下鉄 大江戸線「六本木」徒歩4分
東京メトロ 南北線、都営地下鉄 大江戸線「麻布十番」徒歩8分
都バス RH01、都01折返、反96「六本木ヒルズ」徒歩1分
ちぃばす「六本木ヒルズ」徒歩1分、「六本木けやき坂」3分

■□■------------------------------------□
Spot 3 日赤通り商栄会
□■□------------------------------------■
六本木ヒルズからは、六本木通りを渋谷方面へ歩きましょう。
西麻布の交差点を越え10分程進むと、高樹町の交差点があります。
交差点のある西麻布三井ビルを左に入った通りから、東京女学館中学校・高等学校の手前までが「日赤通り商栄会」です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-09.jpg
西麻布、南青山、渋谷区に接する「日赤通り商栄会」

町の人々に親しまれる電気屋さん、「ワガヤ電気商会」の社長であり、日赤通り商栄会の会長を務める、和賀 康博さんにお話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-10.jpg
お店に来るお客様たちとは、長年のお付き合いの和賀会長

「この店は戦前からで、わたしで3代目になります。最近は電気工事や、製品の取り付けなどを中心に商売をしています。
港区では似たような環境も多いと思いますが、この辺りも昔は、お手伝いさんがいるような家が多い、お屋敷街でした。
この商店会も、昔は生鮮食品を扱うお店が多く、青山通りの都電の駅が近かったり、日赤病院も今より近い所にあったので、どちらからもお客様がたくさん来て、通りも賑やかでした。
今は近くにスーパーが無いので、日常の買物をする人は、車で他の街へ行ってしまいます。しかし最近は個性的で魅力あるお店が増えたので、個々の店のファンの人が買物にいらっしゃることが多くなりました。」と和賀会長は商店街について教えてくれました。

「秋には、町会の秋まつりとともに、露店を出すバザールを40回以上続けてきました。また、年末には歳末セールも行っています。
現在会員数は40軒前後で、短期の入れ替わりも多いですが、イベントを続けながら、昔からお住まいの人にも、マンションで暮らす人にも、住みやすく活用していただける商店会を目指しています。」と、穏やかな笑顔の和賀会長のお話でした。

和賀会長からご紹介していただいたのは、和菓子の老舗「麻布昇月堂」です。
お店の奥様に、お話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-11.jpg
モダンな外観の麻布昇月堂

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-12.jpg
先代が外で使っていた、店内に飾られている一枚板の大きな看板

「戦前に根津美術館の辺りで創業した店ですが、戦後になりこちらへ移転しました。都電が走っていた頃は人出が多く、日赤病院の辺りには甘味のお店もたくさんありました。
最近のお客様は年齢層が広く、地元にお住まいの人や、仕事をしている人が、おやつやお使い物としてお求めいただいています。」
3代目のご主人とお嬢さんが、こちらでお菓子を作り、ご家族でお店を営まれています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-13.jpg
中央の箱に入っているのが一番人気の「一枚流し麻布あんみつ羊かん」

「一番の人気商品は『一枚流し麻布あんみつ羊かん』といい、羊かんにあんみつの具の寒天や求肥を乗せたお菓子です。
20年程前から始めたもので、当初は夏場限定でしたが、一年中食べたいというお客様の声から、一年を通して販売しています。羊かんを水羊羹と本練り羊羹の間の状態にしたことで、生菓子に近いですが、冷蔵で一週間は召し上がっていただけるようになりました。
ほかは季節の上生菓子や、蕎麦粉を使った『麻布どらやき蕎麦』も、お客様に喜んでいただいています。
昔からの最中は、餡をその場で詰めてお売りしています。こうすると最中の皮がパリッとし、美味しく召し上がっていただけます。」と奥様が教えてくださいました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-14.jpg
明るい店内には、お菓子とお茶をいただける10席の喫茶コーナーもあります

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1702-2/1702-2-15.jpg
今の季節は桜の上生菓子とお抹茶のセットで、優雅な午後のひと時を

「この辺りもお菓子屋さんが少なくなったので、和菓子で季節感を感じていただけたらと思っています。
昇月堂のお菓子は美味しいとお客様に感じていただき、またお越しいただけるよう日々頑張っております。」と愛情を込めてそれぞれのお菓子を紹介してくれました。
【麻布昇月堂】03-3407-0040

地下鉄の駅からは少し離れた静かなエリアですが、常連の人も多い素敵なお店に出会えますので、ぜひ日赤通り商店会へ足を運んでみてはいかがですか。

●=Information=●
日赤通り商栄会
【所在地】港区西麻布4丁目・南青山7丁目
【アクセス】
東京メトロ日比谷線「広尾」徒歩10分
都バス 渋88・都01「南青山七丁目」徒歩2分(地下道使用)
ちぃばす「西麻布四丁目」徒歩2分、「日赤医療センター」徒歩1分

*★*彡----------*★*
イベント情報
*★*彡----------*★*
■NHK大河ドラマ“蔵出し”ポスター展
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送が1月8日から始まり、昭和38年(1963年)の第1作「花の生涯」から数えて56作目となります。
NHK放送博物館は、歴代の大河ドラマのうち43作241点のポスターを所蔵しており、所蔵する全43作のポスターが一堂に展示されています。
歴代のポスターをゆっくりと鑑賞し、大河ドラマの世界に浸ってみてはいかがですか。

●=Information=●
NHK放送博物館
【場所】NHK放送博物館 3階 企画展示室(港区愛宕2-1-1)
【開催期間】開催中〜2月26日(日)
※毎週月曜日休館(祝日除く)
【開催時間】9:30〜16:30
【料金】無料
【問合せ】03-5400-6900
【ホームページ】
http://www.nhk.or.jp/museum//event/217011701.html
【アクセス】
東京メトロ 日比谷線「神谷町」徒歩8分
東京メトロ 銀座線「虎ノ門」徒歩13分
都バス 渋88「虎ノ門三丁目」徒歩5分
ちぃばす「愛宕一丁目」徒歩10分
==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報 「VISIT MINATO CITY-YOUR TOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/


配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK