メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2016年12月29日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2016/12/29号 vol.646
http://www.minato-ala.net  =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
=== ★12月のテーマ ★ ===
素敵に出逢う街、港区
=========================
^ ◆ +.^ ◇ +━.+^*:━^ ◆ +.^ ◇ +━.+^
今週のテーマは...
『初詣の計画は、年末のうちに! 』
平成28年も残すところあと2日ですね!
来年も良い年になるよう、新年は初詣から始めましょう。
今回は芝の由緒ある神社と、参拝の時に立ち寄りたい、昔ながらの喫茶店をご紹介します。

【ルート】
芝大神宮 ⇒ 三田春日神社 ⇒ 慶応仲通り商店会
^ ◆ +.^ ◇ +━.+^*:━^ ◆ +.^ ◇ +━.+^

■□■―――――――――□
Spot 1   芝大神宮
□■□―――――――――■
都営浅草線・大江戸線の大門駅A6出口を出て、すぐ右手にある芝神明商店会を100m程まっすぐ進むと、左手に「芝大神宮」の参道が広がります。
参道を通って、神社の石段を上がるとお社があります。
芝大神宮は、伊勢神宮の御祭神である、天照大御神(あまてらすおおみかみ)と豊受大神(とようけおおかみ)を主祭神として、寛弘2年(1005年)に創建されました。
今回は、権禰宜(ごんねぎ)の相原さんに、神社の歴史などを伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-01.jpg
伊勢神宮の流れを汲む芝大神宮の社殿

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-02.jpg
「千木筥(ちぎばこ)」を手にした相原信治さん

「創建当時は『飯倉神明宮』と呼ばれ、東京タワー付近にあったそうで、江戸時代に今の場所に移りました。当時は『関東のお伊勢さま』ともいわれ、その賑わいは錦絵にも描かれています。震災や戦争で社が燃えてしまった後、現在の社殿となりました。
9月の日本一長い『だらだら祭り』が有名で、鎮座の頃は周りが生姜畑だったので、神前に生姜が供えられ、祭礼の間に生姜市が開かれる伝統は、今も残っています。」
とお話ししてくれました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-03.jpg
「二拝二拍手一拝」と、丁寧にお参りされていた女性

「当宮だけの名物に、『千木筥 (ちぎばこ)』があります。
祭礼でお餅を神前にお供えする器を『もちき』といい、もちきが転じて千木(ちぎ) になり、千木に豆を入れて重ね、縄で結わいたものが千木筥です。千木が「千着」に通ずることから、衣装が増えることを願い、女性がタンスに収める習慣があります。
東京を代表する郷土玩具でもありますが、千木を作る職人さんは、今は、日本には1人しかいません。
新年は、神矢(しんや)や、酉年の置物、年の幸運色の幸運(ごううん)御守りもご用意しております。」と、相原さんはおっしゃっていました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-04.jpg
千木筥が表紙に描かれた御朱印帳も好評です

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-05.jpg
芝大神宮 正面祭礼図 北斎画 (芝大神宮所有)

初詣のピークは元旦の0:00から2:00頃、朝は6:00頃から参拝者で賑わうそうです。
深夜にはお札(おふだ)が当たる「百番くじ」が配られ、1,500人分の甘酒やお茶、干支福まんじゅうなど、温かいおもてなしもあるそうです。
年末から芝大神宮周辺に置かれるチラシを持参すると、厄除け開運の御守りがいただけるそうなので、年末にも足をお運びください!

〜 ♪ ちょっと耳より ♪ 〜
芝大神宮は、「神明恵和合取組(かみのめぐみわごうのとりくみ)」という歌舞伎の演目の舞台としても有名です。
文化2年(1806年)に起こった、火消しのめ組と相撲取りの喧嘩を題材とするこの芝居は、当時の様子を知ることができる、楽しい演目ですので、機会があればぜひご覧ください。

次は、芝大神宮と同じく鎮座から千年を超える、慶應義塾大学お隣の三田春日神社へ向かいましょう。

● = Information = ●
芝大神宮
【所在地】港区芝大門1-12-7
【問合せ】 03-3431-4802
【ホームページ】http://www.shibadaijingu.com
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「浜松町」徒歩5分
都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門」徒歩1分
都営地下鉄三田線「御成門」徒歩5分
都バス 都06、浜95「大門駅前」 徒歩1分
ちぃばす「港区役所」徒歩3分

■□■―――――――――□
Spot 2 三田春日神社
□■□―――――――――■
芝大神宮を後にして、大門駅のあった大門通りを増上寺のある日比谷通りまで進みます。
増上寺のある交差点を左折し、芝公園の野球グラウンドがある交差点を赤羽橋方面に右折します。
東京タワーが麓から綺麗に見える赤羽橋の交差点を左折し、三田通りを札の辻方面に8分程歩くと、慶應義塾大学の少し手前の右側に「三田春日神社」があります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-06.jpg
江戸時代からの石段は、一段が一枚の石で造られています

8代目の宮司になられる、禰宜(ねぎ)の三笠貴春さんにお話をお聞きしました。
「日本全国に春日神社はありますが、奈良の春日神社が総本社です。
天徳2年(958年)、藤原氏と公家の守り神として、現在の目黒区三田に春日神社が創建され、500年程前に今の場所に遷座しました。
江戸時代は上野の寛永寺のご住職が管理されていましたが、明治時代の神仏分離の際、奈良の三笠山にいた先祖が宮司となり、私で8代目になります。
境内の桜は、祖母が大戦後の焼け跡で見つけ移植した木で、春には見事な花を咲かせます。」と、染井吉野の木を案内してくださいました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-07.jpg
「初詣にいらっしゃった人には破魔矢を差し上げます」と三笠貴春さん (数に限りがあります)

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-08.jpg
樹齢70余年の桜 「神は人の敬によりてその威を増し」

「元旦は、0:00から太鼓を叩き『歳旦祭(さいたんさい)』を始めます。
神社の関係者に続いて、一般の人に参拝していただき、行列は2:00頃まで続きます。最近は0:00を過ぎてからの人出が増え、夜中は若い人が多いですね。
三田春日神社は、地域の皆さんに支えられている氏子神社なので、今後は氏子区域として、慶應義塾大学と街とのつながりが、さらに深まるよう願っています。明治時代には、福沢諭吉先生も参拝にいらっしゃったそうで、曾祖父とは交流があったようです。
御守りは、文系の人にご利益があるといわれ、慶應義塾大学の合格祈願にいらっしゃる人も多く、合格率が高いといわれているようですよ。」と、三笠さんは、笑顔で話してくださいました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-09.jpg
資格試験の合格祈願にみえた慶應の卒業生の皆さん、試験の時には必ずお詣りしたそうです(合格をお祈りしています!)

三田春日神社でお参りをしたら、三田駅からすぐの慶応仲通り商店会にお昼を食べに行きましょう。

〜 ♪ ちょっと耳より ♪ 〜
境内には、かつての大鳥居の基礎石を加工した石臼が祀られており、毎年末のお餅つきに使われているそうです。

● = Information = ●
三田春日神社
【所在地】港区三田2-13-9
【問合せ】 03-3451-5420
【ホームページ】http://phoresto.net/shrine/mitakasuga/
【アクセス】
JR「田町駅」徒歩10分
都営地下鉄 浅草線・三田線「三田駅」徒歩10分
都バス 田87「慶應義塾大前」徒歩1分
ちぃばす 「慶應義塾東門」徒歩1分

■□■―――――――――□
Spot 3  慶応仲通り商店会
□■□―――――――――■
三田春日神社を出て、三田通りを、東京タワーを背に三田三丁目の信号まで行くと左手に細い路地があります。
地元では「ケイナカ」と呼ばれる慶応仲通りに出ます。
慶応仲通りを中心とする商店会が、「慶応仲通り商店会」です。

【 PH 】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-10.jpg
三田駅に近い商店会のゲート

水野監物邸跡近くで居酒屋「湯浅」を営む、会長の湯浅孝雄さんにお話を伺いました。
「私は、生まれも育ちも芝ですが、その後、地方と東京で修行をし、三田に戻って店を持ちました。
関西風おでんや鮮魚がお勧めですが、美味しいものは何でも取り入れています。
開店して18年、自分の地元で店ができて幸せに思っています。」
会長になり6年目という湯浅さんは、趣味で釣った魚もお店で出されているそうです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-11.jpg
自ら考案したメニューに囲まれる湯浅孝雄さん

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-12.jpg
古い家が残る路地が情緒ある慶応仲通り

「この辺りは、慶應義塾大学の卒業生や職員の人も多いですが、昔は学生がもっと多く、喫茶店や雀荘がたくさん並んでいました。当時から物販店は少なく、今は飲食店街となっています。
ケイナカは都市計画に入らず、昔ながらの路地の魅力が残っています。戦争で焼け残った木造家屋も多く、飲食店が多くあり、消防車が通れないので、商店会でポンプとホースを設置しました。月1回、防犯防災パトロールを実施し、放置自転車や客引きなど、迷惑行為の防止にも力を入れています。
会長になって得た宝物は、人とのつながりや触れあいです。今後もみんなで協力し、暮らしやすい商店会にしていきたいと思います。」と話す、湯浅会長でした。

湯浅会長からのご紹介は、これぞ“学生街の喫茶店”、52年の歴史を持つ喫茶店「ペナント」です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-13.jpg
慶應のOBOGから現役の学生たちへと、受け継がれているお店

「平成の初めまでは、学生の街でしたね・・・」と、懐かしそうな目でお話ししてくださったのは、昭和40年(1965年)からお1人でこの喫茶店を切り盛りして来られた、マスターの海帆(かいほ)秀幸さんです。
「母が渋谷でペナントという店をやっていたので、私がここで店を開く時も同じ名前にしました。当時は街にも学生さんが多く、開店2年目ぐらいから、慶應の落語研究会や応援団、体育会系の学生たちが来てくれるようになりました。
慶應という学校は上下のつながりが強く、OBが後輩の飲食代をまとめて置いていってくれたものでした。
最近はみんなアルバイトが忙しいようで、歩いている姿も少なく、学生街のイメージもなくなって来ています。」と、少し笑顔が寂しそうな海帆さん。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-14.jpg
写真や色紙、名刺など、思い出が詰まった店内

「店の名物は、辛さが0から50段階まであるドライカレーです。一味唐辛子を一杯ずつ増やすのですが、50を食べられる人は滅多にいないですね。
裏メニューには、ケチャップライスとドライカレーを混ぜた『ケチャドラ』、ケチャップライスとピラフを混ぜた『ケチャピラ』もあります!
きょうは腰の調子が悪くて作れないんですが、ぜひ食べに来てくださいね。」
残念ながら、今回は写真をご紹介できませんが、年が明けたらぜひ激辛ドライカレーに挑戦しに行ってください!

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-5/1612-5-15.jpg
マスターの海帆さん(左)と、慶應義塾大学の羽鳥裕基(はとりひろき)さん

「ペナントは私たちの家です!」と話してくれた慶應の羽鳥さんは、なんと応援団の来期主将です!
 マスターのお話を真剣に聴いていらっしゃいました。
海帆さんは学生さんの影響で、長渕剛さんのファンになり、店内のBGMも全て長渕さんの音楽です。(ご本人も来店されたとか。)
煙草の煙が漂う店内には、熱い心を持つ学生たちや、OBOG、常連たちが集います。
昭和の歴史と若者の成長を見守ってきた貴重な喫茶店です。

【ペナント 問合せ】03-3452-0226
【休業日】日曜日・祝日、平成28年12月28日(水)〜平成29年1月4日(水)

● = Information = ●
慶応仲通り商店会
【所在地】港区芝5丁目 一帯
【ホームページ】http://www.keinaka.jp
【アクセス】
JR「田町駅」徒歩3分
都営地下鉄三田線・浅草線「三田駅」徒歩2分
都バス 田87「田町駅」徒歩2分
ちぃばす 「浅草線三田駅前」徒歩2分

*★*彡―――*★*
イベント情報
*★*彡―――*★*
■都立芝浦南ふ頭公園特別開放
平成29年元旦、都立芝浦南ふ頭公園が特別に開放されます。
お台場から昇る新年の初日の出を観るチャンスです!
また、レインボーブリッジも12月31日(土)10:00から1月1日(日)13:00まで開放されていますので、こちらもお見逃しなく!
※芝浦側・台場側のどちらからでも入退場できます。
※12月30日(金)まで及び1月2日(月)からは、平常どおりの開場時間です。 ※詳しくは、ホームページを確認してください。
【ホームページ】http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/news/H28nenmatsuRB.pdf

●=Information=●
芝浦港南地区総合支所協働推進課地区政策担当
【所在地】都立芝浦南ふ頭公園(港区海岸3丁目33-20)
【開催日時】平成29年1月1日(日) 6:00開門〜21:00閉門
【問合せ】03-6400-0013
【ホームページ】
http://www.city.minato.tokyo.jp/shiba-kouchikusei/chikukoho/hatuhinode.html
【アクセス】
ゆりかもめ「芝浦ふ頭」徒歩10分
ちぃばす「芝浦ふ頭駅」徒歩10分

今回の『WELCOME港区』が、年内の最終週となりました。
一年間ご愛読いただき、ありがとうございました。
引続き、来年も『WELCOME港区』をよろしくお願いいたします。
それでは皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください!
==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひ、ご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報 「VISIT MINATO CITY-YOUR TOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================

◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆

【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK