メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2016年12月8日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2016/12/8号 vol.643
http://www.minato-ala.net =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★12月のテーマ ★=====
素敵に出会う街、港区
=========================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『自転車シェアリングで「忠臣蔵」スポットめぐり』

港区は様々な神社や仏閣、歴史的建造物など歴史に出会える街です。
12月の歴史的な出来事といえば、忠臣蔵のもととなっている赤穂義士の討ち入りが挙げられます。
12月14日(水)には、泉岳寺で赤穂義士祭が行われます。
今週は、「コミュニティサイクル」を使い、忠臣蔵にまつわるスポットを回り、赤穂義士が討ち入り後に歩いたとされるルートを実際に辿ってみましょう!

「港区自転車シェアリング」は、港区に40か所以上あるサイクルポートのほか、千代田区、中央区、新宿区、江東区の5つの区のポートで、どこででも自転車のレンタルと返却ができる便利なシステムです。
※利用の際は、事前登録が必要です。詳しくは下記のホームページを確認してください。
【ホームページ】http://docomo-cycle.jp/minato/

【ルート】
浅野内匠頭終焉之地(あさのたくみのかみしゅうえんのち) ⇒ 水野監物邸跡(みずのけんもつていあと) ⇒ 高輪泉岳寺前商店会 ⇒ 萬松山(ばんしょうざん) 泉岳寺
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■―――――――――□
Spot 1 浅野内匠頭終焉之地(あさのたくみのかみしゅうえんのち)
□■□―――――――――■
JR新橋駅の烏森口を出たら、駅を背にしてニュー新橋ビルに沿って進み、烏森通りを日比谷通りに出るまで歩きます。
日比谷通りに出たら左折し、新虎通りを越えた場所に「浅野内匠頭終焉之地」の碑があります。

師走の頃になるとテレビや映画などで演じられる忠臣蔵は、江戸時代中期の元禄14年(1701年)に起こった「元禄赤穂事件」がもとになっています。
この事件は、江戸城にあった「松の廊下」という場所で、今の兵庫県の西側にあった赤穂藩の藩主、浅野内匠頭が江戸幕府の家臣、吉良上野介(きらこうずけのすけ)を刃で切り付け、重症を負わせたことが発端でした。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-01.jpg
日比谷通りに面して建っている「浅野内匠頭終焉之地」の碑

江戸時代、この辺りには奥州一之関藩(岩手県)田村右京太夫(たむらうきょうだいぶ)の上屋敷がありました。
内匠頭は江戸城松の廊下での刃傷沙汰があったその日のうちに、この屋敷で切腹させられました。
無念の思いを、辞世の句「風さそう花よりもなほ我はまた春の名残をいかにとやせん」に託しています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-02.jpg
史跡には辞世の句が記されています

新虎通りを汐留方面に歩くと、左手に新橋プラザビルが見えてきます。
今回はこの新橋プラザビルにあるサイクルポートを使用しましょう。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-03.jpg
コミュニティサイクルの自転車を使って、赤穂義士が歩いた道を辿ります

自転車を借りたら、新虎通りを汐留方面へ向かい、東新橋一丁目交差点を右折し、さらに第一京浜に沿って進みます。
第一京浜沿いに当たるこのルートは、吉良邸に討ち入った赤穂義士が亡き主君・浅野内匠頭の墓前に吉良の首級(しるし(討ち取った首))を供えるために、浅野内匠頭の墓がある泉岳寺へと向かったルートといわれています。
赤穂義士が歩いた道を辿りながら、次のスポット「水野監物邸跡」まで向かいましょう。

●=Information=●
「浅野内匠頭終焉之地」の碑
【所在地】港区新橋4丁目31
【アクセス】
JR、東京メトロ 銀座線「新橋」徒歩10分
都バス 東98「愛宕山下」徒歩5分
ちぃばす「愛宕一丁目」徒歩5分

■□■―――――――――□
Spot 2 水野監物邸跡(みずのけんもつていあと)
□■□―――――――――■
第一京浜を田町駅方面へ2.5km程向かうと、田町駅西口交差点に辿り着きます。
交差点を左折し、慶応仲通り商店街のアーチをくぐって、突き当りを右に入るとすぐ「水野監物邸跡(みずのけんもつていあと)」の説明板があります。
※慶応仲通り商店街は、8:00から20:00まで、自転車に乗ったままの通行を禁止しています。お越しの際は、自転車を押して歩くか、田町駅西口交差点を進んだ先にあるサイクルポートで一度自転車を返却してください。
※慶応仲通り商店街は大変道が狭いです。大勢でお越しの際は通行の妨げにならないよう、上記のサイクルポートで一度自転車を返却することをおすすめします。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-04.jpg
慶応仲通り商店街の一角に佇んでいます

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-05.jpg
水野監物邸跡についての説明板

水野監物邸跡は三河国岡崎藩主・水野氏の中屋敷跡です。
同屋敷には赤穂事件で吉良邸に討ち入った赤穂義士47人のうち9人が幕府の沙汰を待つためにお預けになり、結果として同邸で切腹し、その後泉岳寺に埋葬されました。

赤穂義士を預かった4大名のうち、水野家は細川家とともに義士の取扱いは丁重で世評もよく、「細川(越中守綱利(えっちゅうのかみつなとし))の水の(水野監物)流れは清けれど、ただ大海(毛利甲斐守綱元(もうりかいのかみつなもと))の沖(松平隠岐守定直(まつだいらおきのかみさだなお))ぞ濁れる」という落首(時事や人物を風刺した匿名の狂歌や狂句)がその状況をよく伝えています。

目的地の泉岳寺までは第一京浜沿いを約1.5km、ちょうど都営浅草線の三田から泉岳寺駅の真上に当たるこのルートは、吉良邸に討ち入った赤穂義士が亡き主君・浅野内匠頭の墓前に吉良の首級を供えるために、内匠頭の墓がある泉岳寺へと向かったルートと言われています。
このルートを800m程進むと、途中右手に御田八幡神社が見えてきます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-06.jpg
三田から泉岳寺の中間あたりに位置する御田八幡神社

ここ御田八幡神社にも、赤穂義士を預かった細川家の「堀内伝右衛門筆記(ほりうちでんえもんひっき)」に、エピソードが記されています。
義士の中の一人であった高田郡兵衛(たかたぐんべえ)は、義士の中でも仇討ちを急進していた立場でありながら、討ち入りから脱盟してしまいます。
討ち入り当日、成就後の赤穂義士引き上げに出会い、お祝いを述べたのですが義士の一行にこれを無視されてしまいます。
高田郡兵衛が義士たちの引き上げに出会う前に、討ち入り成功を祈願していた神社が、この御田八幡神社だったそうです。
仇討ちを急進していながら自ら脱盟した郡兵衛には、やむなく脱盟しなければならなかった理由があったそうです。
諸説ありますが、気になる人はぜひ調べてみてくださいね。
次は、高輪泉岳寺前商店会に立ち寄り、泉岳寺に向かいましょう。

●=Information=●
水野監物邸跡
【所在地】港区芝5丁目26-11
【アクセス】
JR 山手線・京浜東北線「田町」徒歩1分
都営地下鉄 三田線・浅草線「三田」徒歩1分
都バス 田87「田町駅前」徒歩1分
ちぃばす 「田町駅西口」徒歩1分

■□■―――――――――□
Spot 3  高輪泉岳寺前商店会
□■□―――――――――■
御田八幡神社から第一京浜に戻り、泉岳寺方面にまっすぐ800m程進むと、泉岳寺交差点に到着します。
この交差点を右折するとその周りには高輪泉岳寺前商店会が広がっています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-07.jpg
第一京浜から泉岳寺、そして門前の左右の通りに広がる高輪泉岳寺前商店会

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-08.jpg
泉岳寺参道のおみやげの店も商店会の会員

「高輪泉岳寺前商店会」には、飲食・理美容・コンビニなど26軒が加盟し、泉岳寺や駅すぐ近くの稲荷神社など、歴史的な観光スポットにも恵まれています。
会長の石川進さんは、第一京浜沿いのパブ・レストラン「いしかわ」のご主人です。
JRの新駅計画が進む中での、お気持ちなどもお話してくださいました。

「昔、第一京浜から東側は、すぐ東京湾だったそうで、うちの隣りには海から水を引いていた『潮の湯』という銭湯がありました。
その後、元パン屋だった私の家と一緒にビルに建替え、潮の湯はなくなり、うちはパブ・レストランに変わりました。
品川駅と田町駅の間にJRの新駅がこの近くに開業するので、老朽化した泉岳寺駅は安全性などを考え、ホームの拡幅など改装計画が進行中で、第一京浜東側の一部分は、3年後までには移転し、8年後には元の場所に戻って来る予定になっています。
しかし皆さんの合意を得ることや、8年後に高層ビルが建ち並ぶ新生の泉岳寺で、皆さんと無事街開きを迎えられるかなど、今は不安が大きいですね。」と、戸惑いと期待が入り交じったご様子でした。

「この辺りはオフィスも多いですが、住宅街でもあるので、イベントがあるとたくさんの方が参加してくれています。11月に泉岳寺児童遊園で行った恒例の餅つき大会には、500人程集まりました。
これからの年末にはオリジナルカレンダーの配布や、夜間パトロールも実施します。
開発という大きな波がこれから来ますが、その流れに乗っていけるような街づくりをしていくつもりです!」と、地元への強い心意気が感じられるお話でした。

石川会長からのご紹介は、明治から続く老舗「能登理容室」です。
【能登理容室 ホームページ】http://www.bb-minato.com/hp_noto.html

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-09.jpg
石川会長(右)と、商店会相談役でありご主人の能登さん

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-10.jpg
能登理容室の変遷が分かるアルバム、左上が明治30年(1898年)の創業当時

「初代の祖父が富山県の氷見から歩いて東京に出てきて、この地で理容室を始めました。今年で118年目になります。
お客様の中には遠方から新幹線で来店される方や、顔を剃りに名古屋からいらっしゃる女性、著名な方もいらっしゃいます。父の代から利用してくださる人もいて、皆さんと話が弾みます!
父は俳優にスカウトされたこともあるそうで、男前だったんですよ!」と、嬉しそうにアルバムの写真を見せてくれました。

「高輪は泉岳寺をはじめ、昔から名所旧跡に恵まれています。
これからも青年会・町会・商店会が協力し、古くからのお客様と住民の皆さんを大事に、街を見守っていきたいと思っています。」と、地元への熱い思いが感じられる能登さんのお話でした。
写真や手紙など、明治時代からの資料を大切にしていらっしゃるので、能登さんに髪をカットしてもらいながら、昔の泉岳寺や高輪のお話を伺ってみてはいかがでしょうか。
※事前のご予約は忘れずに!
貴重なお話を聞いた後は、いよいよ最後のスポットの泉岳寺へ向かいましょう。

●=Information=●
高輪泉岳寺前商店会
【所在地】港区高輪2丁目 一帯
【ホームページ】https://www.facebook.com/sengakujimae/
【アクセス】
都営地下鉄浅草線「泉岳寺」徒歩1分
都バス 品97「泉岳寺前」徒歩1分
ちぃばす「高輪二丁目」徒歩2分

■□■――――――――――□
Spot 4 萬松山(ばんしょうざん) 泉岳寺
□■□――――――――――■
泉岳寺へは、泉岳寺交差点から高輪方面に坂を上っていくと、左手に中門へ向かう路地が見えてきます。
路地を入って100m程で泉岳寺に到着です。
泉岳寺の山門の手前に広場がありますので、いったんそこで自転車を停めましょう。

吉良上野介を討った義士達はその後、亡き主君・浅野内匠頭の墓前に吉良の首級を供えるべく、内匠頭の墓がある泉岳寺へと向かいました。
泉岳寺に着いた一行は主君の墓前に報告を行い、一同焼香しました。
討ち取った吉良の首級を洗った井戸が今も残っており「首洗い井戸」と呼ばれています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-11.jpg
義士墓入口の門へ続く道にある「首洗い井戸」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-12.jpg
この階段を上がると赤穂義士墓地があります

討ち入りを果たした赤穂義士は元禄16年(1703年)2月4日に切腹した後、直ちにこの泉岳寺に埋葬されました。
主君の遺恨を晴らすべく、命をかけて吉良邸に討ち入った「義士」達が切腹に処せられたことは、人々に大きな衝撃を与えました。
討ち入りの約50年後から上演された歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」の興行がきっかけとなり、「赤穂事件」はより一層多くの人に知られていくこととなります。
現在も泉岳寺には多くの参拝客が訪れ、毎年4月初旬と12月14日には赤穂義士祭が催されています。
12月14日の赤穂義士祭で、忠臣蔵の時代を感じてみてはいかがですか。

【赤穂義士祭 ホームページ】http://www.sengakuji.or.jp/event/akougishisai.html

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-13.jpg
赤穂義士祭(12月14日)の様子

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
泉岳寺敷地内に、義士に関する資料館「赤穂義士記念館」があります。
中には義士の貴重な遺品などが収められており、忠臣蔵についてのビデオも上映しています。
泉岳寺を訪れた際には、ぜひお立ち寄りください。
※料金・開館時間等については泉岳寺の公式ホームページを確認してください。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1612-2/1612-2-14.jpg
義士の貴重な遺品などが収められている、赤穂義士記念館は必見です!

泉岳寺の参拝が終わったら、自転車を返却しに行きましょう。
泉岳寺の中門を出て、上ってきた坂道に出たら左折し、坂道を上っていきます。
道なりに進むと伊皿子交差点に出るので左折します。
そのまま進み、2つ目の曲がり角を右折、300m程進んだところに高輪地区総合支所のサイクルポートがありますので自転車を返却しましょう。

●=Information=●
萬松山 泉岳寺
【所在地】港区高輪2丁目11-1
【開閉門時間】
夏(4月1日〜9月30日) 7:00〜18:00
冬(10月1日〜3月31日)7:00〜17:00
【問合せ】03-3441-5560
【ホームページ】http://www.sengakuji.or.jp/
【アクセス】
都営地下鉄浅草線「泉岳寺」徒歩1分
都バス 品97「泉岳寺前」徒歩1分
ちぃばす「高輪二丁目」徒歩2分

*★*彡―――*★*
イベント情報
*★*彡―――*★*
■レインボーブリッジ スペシャルライトアップ
毎年恒例の、「レインボーブリッジ スペシャルライトアップ」が今年も実施されます!
また、お台場周辺各所にて、パンフレットまたはクーポン提示で特典等が受けられる「東京100カラットキャンペーン」も合わせて開催されていますのでお見逃しなく!
※詳しくはホームページを確認してください。

●=Information=●
首都高速道路株式会社
【開催日時】
・レインボーブリッジ スペシャルライトアップ
開催中〜平成29年1月3日(火) 日没〜24:00まで
※以下の日は点灯時間が異なります。
12月23日(金・祝)・24日(土) 日没〜翌2:00まで
12月31日(土) 日没〜元旦 日の出
・東京100カラットキャンペーン2016
開催中〜平成29年1月9日(月・祝)
【問合せ】03-3539-9359
【ホームページ】
http://www.shutoko.co.jp/company/press/h28/data/11/04_rainbow_detail/

*★*彡―――――*★*
産業振興課からのお知らせ
*★*彡―――――*★*
■プレミアム付きスマイル商品券、まだ間に合います!
プレミアム付きスマイル商品券を販売しています。
1万円の購入で1,000円分のプレミアムが付く、港区内の商店街等で使えるお得な商品券です。
完売した時点で終了ですので、お早めの購入をおすすめします。
販売場所や購入方法など詳細については、港区商店街連合会のホームページを確認してください。
※完売している販売所もございますので、事前に港区商店街連合会ホームページでの確認をおすすめします。
【ホームページ】http://www.minato-smile.net/smile.html

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひ、ご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
==================================

◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆

【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/


配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK