メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2016年10月13日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2016/10/13号 vol.635
http://www.minato-ala.net =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★10月のテーマ ★========
港区の秋めぐり
=========================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『武蔵野の秋に想いを馳せて 白金・高輪編』
自然教育園は昔からの東京の自然と出会える、貴重な都会のオアシスです。
そろそろ木の葉も色づき始める頃ですね。
今回は、森林の中で紅葉を楽しめる国立科学博物館附属自然教育園や、イチョウ並木とおしゃれなお店が並ぶプラチナ通り、そして昭和の街並みが残る白金北里通り商店会など、盛りだくさんな1日を過ごせるルートをご紹介します。

【ルート】
国立科学博物館附属自然教育園 ⇒ プラチナ通り ⇒ 白金北里通り商店会
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■――――――――――□
Spot 1 国立科学博物館附属自然教育園
□■□――――――――――■
地下鉄の白金台駅から目黒通りを目黒駅方面へ進むと、右手に「国立科学博物館附属自然教育園」があります。
自然教育園のある白金台では、土器片や貝塚が発見されていることから縄文時代中期には人々が暮らしていたと考えられています。
室町時代には豪族の白金長者が館を築いたと言われ、江戸時代に入ると松平讃岐守頼重(まつだいらさぬきのかみよりしげ)の下屋敷になりました。
園内のひょうたん池を中心とする回遊式庭園、「物語の松」や水生植物園西側の「大蛇(おろち)の松」などの松の木は、庭園の名残と言われています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-2/1610-2-01.jpg
紅葉の季節(11〜12月頃)には森林が紅く染まります

明治時代には軍の火薬庫になりましたが、大正6年(1917年)には宮内省の「白金御料地」となり、昭和24年(1949年)に豊かな自然が残る貴重な森林緑地として、国の「天然記念物及び史跡」に指定され、一般公開されることになりました。
昭和37年(1962年)には国立科学博物館の附属自然教育園となり、現在に至っています。

園内には路傍植物園、水生植物園、武蔵野植物園があり、それらを巡るように遊歩道が造られています。
入園してすぐの路傍植物園では、季節の野草たちが可憐な花を咲かせて、訪れる方々を迎えてくれます。
さらに進むと「物語の松」が太い幹を左右に広げており、その後ろには「ひょうたん池」があります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-2/1610-2-02.jpg
庭園の名残と言われている「物語の松」

そのまま真っすぐ進むと、左手には水生植物園、右手には湿地があり、水辺の植物のほか、鳥や魚、昆虫たちも多く生息しています。
この季節はススキが穂を風に揺らし、懐かしい秋の景色が見られます。
草木には種名表示板があり、見所スポットには解説板もあるので、それらを見つけながらの散策も、より楽しくなることでしょう。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-2/1610-2-03.jpg
季節の野草や花を、豊かな自然の散策の中で観察することができます

自然あふれる自然教育園は、紅葉スポットとしても忘れることはできません。
これから12月頃まで、湿地沿いの「森の小道」では、ケヤキやミズキなどの落葉樹の葉が、黄色やオレンジの点描画を描きます。
「物語の松」付近など、園内にはイロハモミジも多く、あちらこちらで鮮やかな紅葉が、訪れる方々を楽しませてくれることでしょう。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-2/1610-2-04.jpg
11月下旬〜12月上旬頃はイロハモミジなどの紅葉が鮮やかに

白金長者の館には、外敵や野火を防ぐために土塁(土盛り)が築かれたと考えられていますが、その上には樹齢が400年から500年と推定されるシイが植わっており、巨樹老樹の林は自然教育園ならではです。
水辺や遊歩道にはベンチや東屋(あずまや)があり、四季折々の姿をご自分のペースでゆったりと観察することができ、一度訪れると季節毎に足を運びたくなってしまう場所です。
入口の展示ホールでは、園内の調査記録などの企画展示が随時行われます。
また、絵はがきや写真集などを扱うミュージアムショップもありますので、散策の前後にぜひお立ち寄りください。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
自然教育園では園内の自然をより深く理解するために、年間を通して様々な学習支援活動やイベントを実施しています。
自然に対する知識をより深めたいという方は、ぜひご参加ください。
詳しくは、ホームページを確認してください。

●=Information=●
国立科学博物館附属自然教育園
【所在地】港区白金台5-21-5
【入園料】一般・大学生 310円、高校生(高等専門学校生含む)以下・65歳以上無料
【開園時間】
9月1日〜4月30日 9:00〜16:30(入園は16:00まで)
5月1日〜8月31日 9:00〜17:00(入園は16:00まで)
【休園日】
毎週月曜日(ただし、祝日・休日の場合は開園し、火曜日が休園)
祝日の翌日(ただし、土・日曜日の場合は開園)
年末年始(12月28日〜1月4日)
※上記の休園日でも臨時に開園することがありますので、詳しくはホームページを確認してください。
【問合せ】03-3441-7176(代表)
【ホームページ】http://www.ins.kahaku.go.jp
【アクセス】
JR山手線「目黒」東口徒歩9分
東急目黒線「目黒」正面口徒歩9分
東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線「白金台」徒歩7分

■□■――――――――――□
Spot 2 プラチナ通り
□■□――――――――――■
国立科学博物館附属自然教育園を出て、目黒通りを白金台駅方向に真っすぐ行くと白金台交差点があります。
白金台交差点を右に曲がって、白金台6丁目にある交差点までが「プラチナ通り」と呼ばれています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-2/1610-2-05.jpg
白金台交差点から臨むプラチナ通り

元々、外苑西通りの白金台周辺は高級マンションや邸宅が建ち並ぶ地域でした。
以前から地元の方々が通う飲食店や海外の洋服を扱うブティックなどがあったそうです。
昭和60年(1985年)辺りからはチョコレートショップや、カフェ・レストランなどもでき始めました。
地下鉄の白金台駅が平成12年(2000年)に完成すると、ポツポツとできたお店に買い物に来る方たちの高級車が外苑西通りに並び、静かだった通りは徐々に注目されるようになっていきます。
そして時期は定かではありませんが、「白金」の地名から「プラチナ通り」の愛称がつきました。

プラチナ通りには、早くからブライダル関連のお店もできたため、カップルのデートスポットとしても有名になりました。
ある雑誌編集者が白金界隈に住む主婦を「シロガネーゼ」と呼んだことから、プラチナ通りを訪れる女性もそう呼ばれるようになり、一時期はこの言葉が大流行したこともありました。
もとは白金長者が住んでいたことを考えると、土地柄は今に通じるところがあるのかもしれませんね。
今ではお店も増え、レストランやスイーツショップ、ファッションやインテリアのセレクトショップと、つい入ってみたくなるようなお店ばかりです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-2/1610-2-06.jpg
通りにはおしゃれなお店が立ち並び、デートにも最適

夏の名残がまだ微かに感じられますが、イチョウの葉を踏みしめてブーツでプラチナ通りを散歩できる、晩秋の頃が楽しみですね。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-2/1610-2-07.jpg
昔から変わらない並木が、晩秋には山吹色に変わります

●=Information=●
プラチナ通り(外苑西通りの一部)
【所在地】港区白金台4丁目と5丁目の間
【アクセス】
東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線「白金台」徒歩3分
都バス 品93「白金台駅前」徒歩3分

■□■――――――――――□
Spot 3 白金北里通り商店会
□■□――――――――――■
プラチナ通りを首都高速2号目黒線の下まで歩き、右方向へ歩くと恵比寿三丁目の交差点に出ます。
ここから白金北里通り商店会の西側の端になります。

白金北里通り商店会は、都バスの北里研究所前から恵比寿三丁目までの通りを中心とする商店会で、一部渋谷区の店舗も含まれています。
商店会をまとめる佐藤伸弘会長は、エネルギッシュでとてもお若い会長さんです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-2/1610-2-08.jpg
北里研究所を中心に、昭和の建物を使ったお店も多い白金北里通り商店会

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-2/1610-2-09.jpg
エネルギッシュな佐藤会長にお話を伺いました

佐藤会長は創業大正15年(1926年)の「佐藤栄次郎商店」の3代目で、電動工具から食器まで、幅広く家庭の道具類を扱う、商店会になくてはならないお店を営んでいます。
東日本大震災の時は流通経路がストップしたため、電池などの生活必需品を求める方が殺到したそうです。

「ここに住んで商売をしている方も多く、創業70年を超えるお店が6店舗も残っています。長屋など戦後の古い建物が多く残っているので、新しいお店もそれを活かした店造りをしているところがたくさんあります。
特に北里研究所側にある古い家並みには、石の壁に懐かしいレリーフが施されていたりするので、反対側の歩道から眺めると楽しいですよ。」と、佐藤会長はまち歩きのポイントも教えてくれました。

「商店会として、7年前から7月に阿波踊りを始めました。3つの連が登場し、コンテストもあるのでとても盛り上がります!
7月と12月には福引きセールを行い、10月には白金と高輪の商店会が共同してハロウィンのイベントも開催します。また、地元の小学生に商店体験をしてもらったり、お店のポスターを書いてもらったりと、商店会と地域の方々とのつながりを大切にしています。
北里大学北里研究所病院も会員ですが、昨年、大村智博士がノーベル生理学・医学賞を受賞された時は、商店会も盛り上がり、振る舞い酒でお祝いしました! 大村博士は昔からとても気さくな方なんですよ。」と、思いがけない話も教えていただきました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-2/1610-2-10.jpg
大村博士のノーベル賞受賞時は、商店会でお祝いしたそうです

その時のお酒が「白金三光町」で、白金北里通り商店会の「星野屋酒店」のお酒です。
店主の星野信一さんにお話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-2/1610-2-11.jpg
ご自慢の日本酒「白金三光町」の一升瓶を手にした星野信一さん

「祖父が明治42年(1909年)に白金で酒屋を始め、私で3代目になります。
昔はビールも扱っていましたが、コンビニやディスカウントショップなどでの需要が増えたので、今は、日本酒中心の品揃えにしています。
『白金三光町』は10年程前から製造しています。さらっとした呑み口で美味しいですよ。ラベルの文字はすぐ裏に住んでいらした方に書いてもらったものです。」店先で試飲もできるので、日本酒好きの方はお願いしてみては。

「この店も古い建物を利用していますが、周りも同じような店が多いですね。
前回の東京オリンピックの頃は、この辺りは町工場が多くて景気も良く、衣料品の店や靴屋、下駄屋もあり、町全体がスーパーのようでとても賑やかでした。
当時は酒屋が一軒あれば、八百屋と魚屋が三軒ずつあると言われていた時代です。
次のオリンピックでも、同じようにまちが盛り上がるといいですね。」
お隣には4代目の息子さんがいらっしゃり、浜松町で「三光町星野屋 白金酒倶楽部」という日本酒にこだわったダイニングバーをされているそうです。
商店会の副会長もされている星野さんの、地元愛が生んだ日本酒を、一度味わってみてください。

【星野屋酒店ホームページ】
http://shirokita-st.com/shoplist01/hoshinoya.html

●=Information=●
白金北里通り商店会
【所在地】港区白金4〜5丁目 一帯
【ホームページ】http://www.shirokita-st.com
【アクセス】
東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪」徒歩10分
東京メトロ日比谷線「広尾」徒歩10分
都バス 田87「北里研究所」徒歩0分

*★*彡――――*★*
商店街イベント情報
*★*彡――――*★*
■秋の一ツ木チャリティワゴンセール
商店街の各店ごとにお得なイチオシ商品や強力なラインナップを取り揃え、色とりどりの特設ワゴンが一ツ木通りにあふれます。
地方都市の物産展も魅力のひとつです。
「お楽しみ福引抽選会」もお見逃しなく!
知らなかった赤坂の楽しさを見つけに行くのはいかがですか。

●=Information=●
赤坂一ツ木通り商店街振興組合 事務局
【場所】赤坂一ツ木通り商店街 全域 (港区赤坂4-3 一帯)
【日時】10月26日(水)、27日(木)、28日(金)
11:00〜20:00
※「お楽しみ福引抽選会」の詳細については、ホームページを確認してください。
【問合せ】03-3585-8759 平日11:00〜17:00(12:00〜13:00を除く)

【ホームページ】http://www.hitotsugi.jp/event.html
【アクセス】
東京メトロ 千代田線「赤坂」徒歩0分
東京メトロ 銀座線・丸の内線「赤坂見附」徒歩1分
ちぃばす「赤坂駅前」徒歩1分

■青山三丁目商店会 ハッピーハロウィン
毎年好評の青山三丁目商店会ハッピーハロウィンが今年も開催されます!
仮装して「トリック オア トリート」と言ってお菓子をもらいましょう!
お菓子が欲しい子は、必ず仮装してきてくださいね!

●=Information=●
青山三丁目商店会
【場所】青山通り周辺 (港区青山3丁目 青山通り近辺)
【日時】10月28日(金) 17:00〜19:00
※お菓子が無くなり次第終了します。
【ホームページ】http://www.minato-smile.net/event.html#M10-10
【アクセス】
東京メトロ銀座線「外苑前」徒歩5分
ちぃばす「南青山三丁目交差点」徒歩0分
都バス 黒77 「北青山三丁目」徒歩3分

*★*彡――――*★*
イベント情報
*★*彡――――*★*
■六本木アートナイト2016
生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルの提案がコンセプトの「六本木アートナイト」が今年も開催されます!
今回のアートナイトは【六本木、アートのプレイグラウンド 〜回る、走る、やってみる。〜】をテーマに、アートの周りに、多様な人が集い、参加し、日常で忘れかけた無邪気な頃の思いを蘇らせます。
アートを自分の目で見て、聞いて、触れて、体感する、「リアル」な感覚を楽しむ週末を六本木で過ごすのはいかがですか。

●=Information=●
六本木アートナイト2016
【場所】六本木周辺の参加施設
※詳しくはホームページを確認してください。
【日時】10月21日(金)17:30〜10月23日(日)6:00
– コアタイム@ 10月21日(金)17:30 〜 24:00
– デイタイム  10月22日(土)11:00 〜 17:30
– コアタイムA 10月22日(土)17:30 〜 10月23日(日)6:00
※コアタイム、デイタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯です。
【入場料】無料
※ただし、一部のプログラム及び美術館企画展は有料
【問合せ】03-5777-8600 ハローダイヤル(8:00〜22:00 年中無休)
※10月21日(金) 17:30〜24:00
10月22日(土) 11:00〜10月23日(日) 6:00
上記イベント期間の問合せ先は 03-6406-6339
【ホームページ】http://www.roppongiartnight.com/2016/
【アクセス】
各開催場所へのアクセスは、ホームページを確認してください。

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひ、ご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
==================================

◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆

【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK