メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2016年10月06日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2016/10/6号 vol.634
http://www.minato-ala.net =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★10月のテーマ ★========
港区の秋めぐり
=========================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『色づく秋の、青山・赤坂編』
秋、五感で味わう美味しい季節の到来です。
今月は港区内で紅葉を楽しめるスポットを中心に、「芸術」や「食」など秋ならではの楽しさをご紹介していきます!

【ルート】
神宮外苑いちょう並木 ⇒ サントリー美術館 ⇒ 赤坂福榎商店会
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■――――――――――□
Spot 1 神宮外苑いちょう並木
□■□――――――――――■
地下鉄各線「青山一丁目」駅で下車して、青山通りを表参道方面へ5分程歩くと、青山二丁目交差点に到着します。
交差点を右折すると、明治神宮外苑入口のいちょう並木が見えてきます。

港区の紅葉スポットといえば、何といっても神宮外苑いちょう並木ですね。
約300mの道に続く、立派ないちょう並木を見られる場所は、他にありません!

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-1/1610-1-01.jpg
見事な遠近感のあるいちょう並木

大きないちょうの木、いったい何歳くらいでしょうか。
実は明治41年(1908年)生まれの、108歳です!
大正から昭和にかけて活躍した造園家、都市計画家の折下吉延(おりしも よしのぶ)により、新宿御苑のいちょうから採取されたギンナンが、現在の明治神宮内で育てられました。
大正15年(1926年)に明治神宮外苑が創建された時、青山通りから、いちょう並木が造られることになり、すでに6m程に育っていた明治神宮のいちょうの木から146本が選ばれ、4列の並木が植えられました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-1/1610-1-02.jpg
樹齢100年を越す幹の太さは2mを超えるものも

いちょうの木は、高さと目通り周り(目の高さの幹の周囲)が、青山通りから聖徳記念絵画館へと、下り勾配に植えられているそうで、聖徳記念絵画館を眺めた時、見事な遠近感が生まれるように計算されているのだそうです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-1/1610-1-03.jpg
変わりゆく色合いや、グラデーションも美しい風景

今はまだ、いちょうの葉も緑ですが、11月も中旬になると鮮やかに色づき始めます。
いちょうは樹齢の長い木ですが、意外にも東南アジアでしか見られないそうです。
黄金色の絨毯を踏みながら、いちょうのトンネルを歩くのは、とてもロマンチックです!
秋が深まった頃にもう一度訪れていただき、いちょう並木のコントラストを楽しんではいかがですか。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-1/1610-1-04.jpg
包まれるような、いちょうのトンネルをお散歩

●=Information=●
神宮外苑いちょう並木
【所在地】港区北青山1・2丁目 都道414号線沿い
【アクセス】
東京メトロ銀座線「外苑前」徒歩5分
東京メトロ半蔵門線・銀座線、都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」徒歩5分
ちぃばす「外苑前駅」徒歩5分

■□■――――――――――□
Spot 2 サントリー美術館
□■□――――――――――■
神宮外苑いちょう並木から青山通りへ戻り、青山一丁目駅から都営地下鉄大江戸線に乗り、六本木駅で下車します。
六本木駅と直結する東京ミッドタウンのガレリア3階に、サントリー美術館の受付があります。
美しいいちょう並木を堪能した後は、日本画に描かれた自然の美を見に行きましょう。

昭和36年(1961年)、東京 丸の内に開館したサントリー美術館は、昭和50年(1975年)に赤坂見附に移転、平成19年(2007年)に六本木に移り現在に至ります。
開館当初から「生活の中の美」を基本テーマに作品収集と企画展示を行い、集められた収蔵品は、絵画、陶磁、漆工、染織など日本の古美術を中心に、国宝や重要文化財も含め約3,000点に及びます。

美術館の設計は、建築家の隈研吾(くま けんご)氏が行いました。
館内には木と和紙が用いられ、2枚の格子をスライドさせて調光ができる「無双(むそう)格子」など、日本建築の技法が効果的に使われています。
また、床材にはサントリーらしく、ウイスキーの樽材が再利用されているそうです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-1/1610-1-05.jpg
和モダンを取り入れ、安らぎと優しさに溢れる3階吹き抜けスペース
(C)木奥惠三

6階には旧美術館から一部を移設した茶室「玄鳥庵」、3階にはミュージアムショップとカフェが一体化したshop×cafe(ショップ バイ カフェ)もあります。
美術館鑑賞後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-1/1610-1-06.jpg
shop×cafe shopには暮らしに取り入れたアート小物、cafeでは加賀麩料理やスウィーツが楽しめます
(C)木奥惠三

現在、サントリー美術館では「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展が開催されています。
江戸時代初期の京都で、俵屋宗達(たわらや そうたつ)により生み出された琳派は、尾形光琳(おがた こうりん)により江戸時代の絵画の華麗な様式として確立されました。
その流れを江戸の地で再興したのが酒井抱一(さかい ほういつ)ですが、鈴木其一(すずき きいち)は抱一の一番弟子でした。
抱一没後は一門の中でも圧倒的な存在となり、その後はダイナミックな構成と明快な色彩により独特の技法を築き、大名家や豪商の支持を得て、抱一の江戸琳派を継承しつつも自らの世界を築き活躍しました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-1/1610-1-07.jpg
朝顔図屏風
鈴木其一筆 六曲一双のうち左隻
江戸時代 19世紀
アメリカ・メトロポリタン美術館
(C)The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY
【全期間展示】

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-1/1610-1-08.jpg
夏秋渓流図屏風
鈴木其一筆 六曲一双のうち左隻
江戸時代 19世紀
根津美術館
【展示期間:開催中〜10/30】

展覧会では代表作の「朝顔図屏風」を始めとする名品や新出作品などが揃い、これまで見ることのできなかった作品とも出会えます。
「風神雷神」など琳派の伝統的な画題や技法を、其一がどのように表現したかも見所ですし、直筆の書簡の展示では、其一の人となりも伺えます。
其一が育てた、近代まで続く江戸琳派の系譜も含め、艶やかで斬新な画業の集大成を、見ながら秋の1日を過ごすのも良し!

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
サントリー美術館6階の茶室「玄鳥庵」で、10月13日(木)、27日(木)に点茶席が用意され、お抹茶と季節のお菓子をいただけます。
1日限定50名(当日先着順)、料金は1,000円(別途要入館料)です。
点茶券は当日10時から3階受付にて販売されます。
美術館内のお茶室で優雅な時間を過ごしたい方は、詳細をホームページで確認し、ご参加ください。

●=Information=●
サントリー美術館
【所在地】港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階受付
【会期】10月30日(日)まで
※作品保護のため、会期中展示替が行われます。
※各作品の出品期間は、ホームページを確認してください。
【入館料】
一般1,300円、学生(高校生・大学生)1,000円
※中学生以下は無料です。
【開館時間】10:00〜18:00(ただし金・土曜日及び10月9日(日)は20:00まで開館)
※10月22日(土)は「六本木アートナイト」のため、22:00まで開館
※いずれも最終入館は閉館30分前まで
【休館日】火曜日、展示替期間、年末年始
【問合せ】03-3479-8600
【ホームページ】http://www.suntory.co.jp/sma/
【アクセス】
都営地下鉄大江戸線、東京メトロ日比谷線「六本木」直結
東京メトロ千代田線「乃木坂」徒歩3分
都バス 都01「六本木駅前」徒歩2分
ちぃばす「六本木七丁目」「檜町公園」徒歩1分

■□■――――――――――□
Spot 3 赤坂福榎商店会
□■□――――――――――■
東京ミッドタウンを出て、檜町公園の噴水脇を抜けて道路に出たら右折し、更に突き当たりを左折します。
そのまま氷川神社の前を進むと、数分で青い赤坂福榎商店会のフラッグがある通りに到着します。
フラッグのある赤坂2丁目一帯が「赤坂福榎商店会」です

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-1/1610-1-09.jpg
隠れ家的なお店が並ぶ赤坂福榎商店会

凪いだ海が好きだと「コーヒー カーム」という店名の珈琲店を経営されている、会長代理の吉田恒宏さんにお話を伺いました。

「当商店会も、先人の方々の話を伺えば、歴史も古く60年に及ぶそうです。開発などにより、商店の数も年々減り、現在は25店舗くらいですが、小規模ながら毎日頑張っております」とお話してくだいました。

吉田会長代理からご紹介いただいたのは、お袋の味だったらここ!という、「赤坂丸重」です。
皆さんから大ママと親しまれている林かう子(こうこ)さん、そして娘さんとそのご主人がお店の温かい雰囲気を作っています。
【赤坂丸重ホームページ】
https://twitter.com/#!/marujhuakasaka

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-1/1610-1-10.jpg
江戸っ子口調で威勢の良い吉田会長代理(左)と、みんなの大ママ林かう子さん

「もとは昭和38年(1963年)から赤坂丸重ベーカリーというパン屋を、今のアークヒルズが建設される前の場所で経営していました。当時は日比谷高校の中で、パンの売店もしていたんですよ。当時から居酒屋もやっていたのですが、アークヒルズが完成し、溜池山王駅ができると人の流れも変わってしまい、商売も難しくなったので、居酒屋としてこちらの商店会へ20年程前に移転して来ました。」大ママと仲良くお店を切り盛りする娘さんが、当時の様子を話してくれました。

お昼はボリュームたっぷりの日替わり定食を、近くで仕事をされているたくさんの常連の方たちが食べにいらっしゃるそうです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-1/1610-1-11.jpg
日替わりのランチ定食、この日はチキン南蛮

夜は、小あじの唐揚げや特製ポテトサラダ、豚バラたまご焼など、定番ながらつい頼んでしまいたくなるような料理が、手書きのお品書きに並んでいます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1610-1/1610-1-12.jpg
新鮮なお刺身の盛り合わせ

「お客様がいらっしゃると昔ながらの雰囲気なので、『懐かしい!』と言われます。中2階と2階もあるんですよ。最近はチェーン店の居酒屋も多いですが、今では数少なくなった懐かしさを感じられる店なので、ぜひ昭和の雰囲気を感じにいらしてくださいね。」と、姉さん被りがお似合いの娘さんはおっしゃっていました。

●=Information=●
赤坂福榎商店会
【所在地】港区赤坂2-19〜21、23 一帯
【アクセス】
東京メトロ南北線「六本木一丁目」徒歩5分
都バス 都01 「赤坂アークヒルズ」 徒歩3分
ちぃばす「赤坂五丁目交番前」徒歩10分

*★*彡――――*★*
商店街イベント情報
*★*彡――――*★*
■フェスティバル2016ウェスタンカーニバル in AOYAMA村
近隣から好評を博している、恒例イベントのイベントが今年も開催されます!
第25回スポーツフェスティバル綱引き大会(景品盛りだくさん)、カントリー&ウェスタンライブも予定されています。
参加費無料で楽しめますので、ぜひ足を運んでみては!

●=Information=●
青山南一商振会
【場所】区立青葉公園 (港区南青山1-4-4)
【日時】10月16日(日) 9:00〜16:00
※8:30から参加登録受付開始
【ホームページ】http://www.minato-smile.net/event.html#M10-07
【アクセス】
都営地下鉄 大江戸線「青山一丁目」徒歩3分
ちぃばす「青山一丁目駅前」徒歩3分

■高輪台うなジュージュー祭
都営浅草線「高輪台」駅付近の、区立高輪台遊び場(通称ジャリ公園)にて「第7回 うなジュージュー祭」が開催されます。
特製ミニうな丼が格安のお値段で販売され、売り切れ次第終了です!
今年は20:00まで開催され、楽しいイベントが盛りだくさん!
エレクトリカル仮装コンテストは必見ですよ!

●=Information=●
高輪台商店会
【場所】区立高輪台遊び場(通称:ジャリ公園) (港区高輪3丁目)
【日時】10月16日(日) 11:00〜20:00
【ホームページ】http://www.takanawadai.net/topics/report_jyujyu2016.html
【アクセス】
都営地下鉄 浅草線「高輪台」徒歩3分
都バス 反94「高輪台駅」徒歩3分
ちぃばす「高輪三丁目」徒歩1分

*★*彡――――*★*
イベント情報
*★*彡――――*★*
■〜日本とオーストラリアの国際交流イベント〜文化交流でお互いの国を理解し、スポーツ観戦で交流を深めよう!
オーストラリアとの国際交流事業を実施します。
第T部では港区の中学生によるオーストラリア派遣報告会を行い、第U部ではサッカーワールドカップアジア最終予選(Road to Russia)、オーストラリア対日本のパブリックビューイングを開催します。
ぜひ、ご来場ください。

●=Information=●
港区赤坂地区総合支所協働推進課
【会場】赤坂区民センター 区民ホール
(港区赤坂4-18-13 赤坂コミュニティーぷらざ3階)
【日時】10月11日(火)第T部:16:30〜 第U部:17:30〜
【参加方法】当日直接会場へお越しください(先着250名)
※18歳未満の方は、保護者同伴でのご来場をお願いします。
【問合せ】03-5413-7272
【ホームページ】
http://www.city.minato.tokyo.jp/houdou/kuse/koho/dekigoto/koremade/201609/20160923houdou.html
【アクセス】
東京メトロ銀座線・丸ノ内線 「赤坂見附」徒歩10分
都営大江戸線、東京メトロ銀座線・半蔵門線 「青山一丁目」徒歩10分
ちぃばす 「赤坂地区総合支所前」 徒歩0分
==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひ、ご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
==================================

◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆

【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK