メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2016年8月25日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2016/8/25号 vol.628
http://www.minato-ala.net =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★8月のテーマ ★========
夏の思い出をつくろう!
=========================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『体験型博物館で学ぼう』
最先端のテクノロジーは、大人よりも体で楽しく感じる子どもの方が、すぐ馴染んでしまいますよね。
今週は、先端技術とその歴史を楽しく学べる施設をご紹介します。
ちなみに、今回ご紹介する「NHK放送博物館」と「ソニー・エクスプローラサイエンス」は、ミナコレ対象施設となっています。
期間終了まで残りわずかです。
オリジナルグッズ獲得に向けてラストスパートに入ってはいかがですか。

【ルート】
NHK放送博物館 ⇒ 新橋赤レンガ通り発展会 ⇒ ソニー・エクスプローラサイエンス
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■――――――□
Spot 1 NHK放送博物館
□■□――――――■
御成門駅A5番出口を出て、日比谷通りを新橋方面に歩き、芝郵便局を左折して、愛宕下通りを横断すると、愛宕神社脇の愛宕トンネル入口の左側に「NHK放送博物館」へ向かうエレベーターと階段があります。

日本のラジオの第一声は、大正14年に芝浦の東京放送局仮放送所から流れましたが、本放送は愛宕山で始まりました。
昭和31年、この愛宕山に日本初の放送専門ミュージアム「NHK放送博物館」が開館し、今年1月には放送開始90周年記念を期に、リニューアルオープンしました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-01.jpg
放送の歴史がひと目で分かる「放送歴史絵図」

1階のウェルカムゾーンの「放送歴史絵図」は、リニューアルにより新しく登場しました。
歴史絵のタッチパネルに触れると、当時の画像や映像が現れます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-02.jpg
館内を案内してくださった副館長の浜野伸二さん

2階の「放送体験スタジオ」では、アナウンサーや天気予報士の体験ができます!
大河ドラマや、朝ドラの登場人物に変身できる「テレビドラマの世界」や、「こども番組がいっぱい」のコーナーも親子で楽しめます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-03.jpg
父娘でNHKのアナウンサーとキャスターに変身!

「愛宕山8Kシアター」では、大迫力の200インチの大型スクリーンと全身を包む22.2マルチチャンネルの音響で、注目の8Kスーパーハイビジョンを体験できます。

3階の「ヒストリーゾーン」では、日本で最初のラジオ放送のマイクから最新の8K用カメラまでを見ることができます。
昔の人気番組の映像も流れていて、懐かしいですよ!

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-04.jpg
日本初のラジオ音声を送った「ダブルボタンマイク」

4階には、放送に関する図書を閲覧できる「図書・史料ライブラリー」と、過去の番組を観ることができる「番組公開ライブラリー」があります。
ゆったりした空間の中で史料や過去の映像を楽しめます。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
3階企画展示室では「NHKアナウンサーヒストリー 〜ことばへの飽くなき挑戦〜」が、好評により12月18日(日)まで公開延長されています。
初期のアナウンサーたちの努力が、貴重な映像や文献資料から伝わってきます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-05.jpg
アナウンサー第1期生たちが勢揃い

●=Information=●
NHK放送博物館
【所在地】港区愛宕2-1-1
【入館料】無料
【開館時間】9:30〜16:30
【休館日】8月29日(月)
※毎週月曜日休館(月曜日が祝日の場合は翌日休館)
※9月以降はホームページで確認してください。
【問合せ】03-5400-6900
【ホームページ】http://www.nhk.or.jp/museum/
【アクセス】
東京メトロ 日比谷線「神谷町」徒歩8分
東京メトロ 銀座線「虎ノ門」徒歩13分
都営地下鉄 三田線「御成門」徒歩10分
JR「新橋」 徒歩20分
都バス 渋88「虎ノ門三丁目」徒歩5分

■□■――――――□
Spot 2 新橋赤レンガ通り発展会
□■□――――――■
NHK放送博物館から愛宕下通りを虎ノ門ヒルズ方面に向かって進み、愛宕神社の交差点を右に曲がって日比谷通りに戻ります。
日比谷通りを越えると、オレンジの車輪をモチーフにした街路灯が並ぶ「新橋赤レンガ通り発展会」に到着します。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-06.jpg
奥が愛宕警察方向、目の前には整備された環状二号線が走る

新橋赤レンガ通り発展会は、外堀通りから愛宕警察付近まで広がる、長さ約900mの商店会です。
鰻と焼き鳥の店「鳥かど家」のご主人 鈴木徹雄さんは、会長に就任されて3年です。
それまで会計を15年間担当され、長年商店会に貢献されてきました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-07.jpg
“鰻の汽車ポッポ”というヒットメニューも考案された鈴木会長

「祖父が大正元年に創業し、今年で104年になります。
初代が「鳥かど家」という鳥料理屋をはじめ、父の代からは鰻も始めましたが、この界隈の鰻屋も数えるほどになってしまいました。
震災などで店が3度焼けたのですが、幸い同じ場所で商売を続けています。
環状二号線が整備された影響などもあり、会員数は以前の半分の80店舗程になりました。
会員には、銀行などの企業も入会してもらっていますし、環状二号線が整備され、通勤で通る人はかなり増えました。
新年会やバス旅行、新橋こいち祭りへの協賛や10月は区民まつりへの出展、港区のアドプト・プログラムの協力を得て、春と秋には会員で赤レンガ通りに花も植えています」
と、商店会の活発な活動について鈴木会長からお話を伺いました。

今回、鈴木会長におすすめいただいたのは「タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店」さんです。
ストアマネージャーの半谷(はんがい)孝道さんに、商品や新橋への出店の経緯などを伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-08.jpg
プラモデルの世界へようこそ!

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-09.jpg
どんな質問にも答えてくれそうな半谷さん

「平成20年9月に、アンテナショップとしてオープンしました。
プラモデルは秋葉原などでは知名度は高いのですが、タミヤのプラモデルを知らない方や、懐かしいと思ってくれる方にアピールしたいという社長の考えから、サラリーマンの聖地である新橋に店を作りました。
最初は不安でしたが、すぐに昔プラモデルを作っていたというお客様が増えていきました」
とお話ししてくださいました。

「プラモデルは約6,000アイテムを取り扱っています。ジオラマも人気ですが、一番人気は接着剤を使わずに作れるミニ四駆シリーズです!
ファミリー層にも人気で、店内2階のサーキットで走らせることもできます。
競技会も開催しています。」
とお話しくださる半谷さん。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-10.jpg
ミニ四駆はレーシングサーキットで走らせることもできます

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-11.jpg
この中から自分が作りたいものを見つけよう!

「RC(ラジコンカー)も人気がありますが、プラモデルは80歳代のファンの方もいらっしゃるんですよ。
最近は、特殊な粘土で本物そっくりなお菓子が作れる「デコレーション・シリーズ」が女性に人気です!」
と幅広い客層についても教えていただきました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-12.jpg
「デコレーション・シリーズ」でリアルなスイーツ作りに挑戦!

外国人観光客も増え、今では年齢性別を超えたファンがいらっしゃるそうです。
子ども時代にプラモデルを作ったことのある人なら誰でも、お店に足を踏み入れた途端、昔の懐かしい気持ちがよみがえること間違いなしです!

【タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店 ホームページ】
http://www.tamiya-plamodelfactory.co.jp/shimbashi/

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
モデラーズスペースのサーキットは、ファミリータイムやグループ向けの貸し切りサービスも行っています。
ミニ四駆の兄弟対戦や、四駆仲間だけでヒートアップしたレースも楽しめます。
※詳しくはホームページを確認してください。

●=Information=●
新橋赤レンガ通り発展会
【所在地】港区新橋2丁目5、3丁目6〜11、4丁目5〜8・27〜28、5丁目5〜7 新橋赤レンガ通り 一帯
【ホームページ】http://www.shinbashi.net/10/
【アクセス】
JR・都営地下鉄 浅草線・東京メトロ 銀座線「新橋」徒歩3分
都バス 市01・橋63・渋88・都01・都06・都86「新橋駅前」徒歩3分

■□■――――――□
Spot 3 ソニー・エクスプローラサイエンス
□■□――――――■
新橋赤レンガ通り発展会で子ども心を取り戻したら、知識をさらに深めるためにお台場へ向かいましょう。
新橋赤レンガ通りを銀座方面へ歩き、新橋三丁目交番前の交差点を右折してJR新橋駅のガードを過ぎ、新交通ゆりかもめに乗ってお台場海浜公園で下車します。
台場駅方面に進み、デックス東京ビーチ隣りのメディアージュ5階に「ソニー・エクスプローラサイエンス」はあります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-13.jpg
ソニーの体験型科学館へようこそ!(サウンドゾーン入口)

「光・音・エンタテインメントを科学するサイエンスミュージアム」をテーマに、ソニーが社会貢献活動のひとつとして運営している体験型科学館です。
未来を生きる子どもたちに、科学を好きになってもらいたいと、ソニーの技術を活かした展示物などで、科学を楽しく学習できます。

「インフォメーション&エンタテインメントゾーン」「サウンドゾーン」「ライトゾーン」、そして「シアター&ワークショップゾーン」から構成されるフロアには30以上のコンテンツがあり、ワークショップ(不定期)も開催されています。

入口すぐのエンタテインメントゾーンは、「ARヘンシン ミラー」からスタートです。
モニターの前にいるだけで、自分の姿がどんどん変わる映像が映し出されます。
これは、カメラがとらえた人の位置や動きをコンピュータが瞬時に処理し、様々に変化させる「AR(拡張現実)」の機能が使われています。

「スマイルランキング」では、あなたの一番ステキな笑顔を見せてください!
デジタルカメラでも使われている笑顔認識機能で、事前に集められた大量の笑顔データから、統計的に「笑顔の度合い」をランキングにします。
その日の参加者の中で、あなたのスマイルは何位か挑戦してみてください!

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-14.jpg
あなたのスマイルは、ナンバーワン?!

次のサウンドゾーンの「サウンドカオス」は、テーブルにソニーコンピュータサイエンス研究所が生み出した、人の微量な電気を感じ取る「ハイパースキン」というセンサーが仕込まれ、触れるとセンサーの信号をコンピュータが受け取り、カラフルな光と音の世界に包み込まれます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-15.jpg
テーブルに触るとカラフルな光の模様が変化するサウンドカオス

またサイエンスシアターでは、「宇宙のはじまり物語」や「ハイビジョン旭山動物園」など、臨場感溢れる3D映像番組の上映や、サイエンスバトラーが宇宙平和のために対決する、科学実験ショーなどのプログラムが盛りだくさんです。
※プログラムについてはホームページを確認してください。

30以上のコンテンツは、すべて体験参加型です!
楽しみながら科学技術に触れられるので、夏休みのお子さんとぜひ訪れてみてください。
各ゾーンのアテンダントが、説明や質問にも答えてくれますよ。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
「つくってまなぶ音と光の科学工作教室」が8月28日(日)まで、5歳から小学6年生までを対象に開催されています。
「音」をテーマに一弦ギターや紙コップスピーカーなどのワークショップが行われ、作った作品の持ち帰りもできるので、お子さんの夏休みの自由研究にもぴったり!
詳しくはホームページで確認してください。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-4/1608-4-16.jpg
楽しく工作しながら、科学の不思議を学べます

●=Information=●
ソニー・エクスプローラサイエンス
【所在地】港区台場1-7-1 メディアージュ5階
【入場料】
大人(16歳以上) 500円 団体(15名以上) 400円
小人(3歳から15歳まで) 300円 団体(15名以上)200円
【営業時間】11:00〜19:00 (最終入場 18:30)
【休館日】毎月第2・第4火曜日、12月31日、1月1日、施設法定点検日(通常1月)
【問合せ】03-5531-2186
【ホームページ】http://www.sonyexplorascience.jp/index.html
【アクセス】
新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」徒歩3分
りんかい線「台場」徒歩2分
都バス 海01「フジテレビ前」徒歩1分
水上バス「お台場海浜公園」徒歩1分

*★*彡―――*★*
イベント情報
*★*彡―――*★*
■麻布十番商店街振興組合「麻布十番 納涼まつり」
40年以上続き、毎年たくさんの人が訪れる麻布十番の納涼まつりが開催されます!
地域物産やステージでのイベントなど、盛りだくさんのお楽しみが待っています。
ぜひ、足を運んでみてはいかがですか。

●=Information=●
麻布十番商店街振興組合
【会場】港区麻布十番1丁目、2丁目、3丁目一帯
【開催期間】8月27日(土)、28日(日)
【開催時間】15:00〜21:00
【問合せ】03-3451-5812
【ホームページ】http://www.azabujuban.or.jp/noryo/
【アクセス】
都営地下鉄 大江戸線・東京メトロ 南北線「麻布十番」徒歩0分
都バス 反96「麻布十番駅前」徒歩0分
ちぃばす「麻布十番駅前(一の橋)」徒歩0分

■高輪泉岳寺前商店会「夏祭り盆踊り大会」
模擬店が多数出店する大盆踊り大会です!
泉岳寺のすぐ近く、泉岳寺前児童遊園でやぐらを囲んでの盆踊りはいかがですか。

●=Information=●
高輪泉岳寺前商店会
【会場】港区高輪2-15-37(泉岳寺前児童遊園)
【開催期間】8月27日(土)、28日(日)
【開催時間】18:00〜21:00
【アクセス】
都営地下鉄 浅草線「泉岳寺」徒歩2分
ちぃばす「高輪二丁目」徒歩5分

■新一の橋商店会「新一の橋まつり」
会員店舗のワゴンや屋台が、新一の橋の交差点から東麻布方面へずらりと並んで、賑わいを見せます。

●=Information=●
新一の橋商店会
【会場】港区東麻布3丁目 都道沿い一帯
【開催期間】8月27日(土)、28日(日)
【開催時間】15:00〜21:00
【アクセス】
都営地下鉄 大江戸線「麻布十番」徒歩1分
ちぃばす「麻布十番駅前」徒歩0分
都バス 反94・都06・橋86「中ノ橋」徒歩1分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひ、ご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
https://www.minato-kanko.com
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
==================================

◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆

【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK