メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2016年8月18日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2016/8/18号 vol.627
http://www.minato-ala.net =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。

===★8月のテーマ ★========
夏の思い出をつくろう!
=========================

^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『夏を涼やかに過ごそう』
立秋も過ぎ、8月も折り返し地点を過ぎました。
しかし、この暑さはまだまだ続きます。
気分だけでも涼しくなって、夏の後半を乗り切りましょう!
今回はあまり人影がなく、緑が多い、お散歩に最適なコースを紹介します。

【ルート】
青山霊園 (尾崎紅葉のお墓、北里柴三郎のお墓、外人墓地、警視庁墓地)⇒ 青山長者丸商店会
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■――――――□
Spot 1 青山霊園
□■□――――――■
東京メトロ銀座線「外苑前」1b出口を出て、「青山一丁目駅」方面に向かうと、左手に東京女子医科大学附属青山病院と秩父宮ラグビー場が見られます。
そこから右に曲がり、真っ直ぐ歩いて行くと5分ほどで青山霊園の敷地になります。
青山霊園は、明治7年に開設された、日本で初めての公営墓地です。
面積約26ヘクタール、東京ドームの約5.5倍の広さに12万人以上の方が眠っていらっしゃいます。
公営墓地としての歴史は、雑司ヶ谷霊園や谷中霊園より半世紀ほど古く、江戸時代は武家屋敷のある静かな場所で、郡上藩青山家が宅地として賜ったことから、この地域が青山と呼ばれるようになったという説があります。
寺請制度で檀家の墓ができ、この辺りが墓地となったことが、青山霊園の由来です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-3/1608-3-01.jpg
青山霊園北中央口(右が管理事務所)

青山霊園とは縁のない方でも、春の桜で有名なことをご存知の方は多いでしょう。
霊園を南北、東西に抜ける道路は、春には約320本のソメイヨシノのトンネルとなります。
毎年、桜のトンネルを見るために、多くの方が訪れます。
夏には桜たちが緑の木陰をつくり、爽やかな風も抜けるため、散歩をする人も見られます。
車も通る道なので、気をつけて歩いてくださいね。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-3/1608-3-02.jpg
夏のソメイヨシノのトンネルも涼しげです

青山霊園が開設した時期からしても、幕末から明治時代にかけて名を残した人のお墓が多いことでも知られています。
著名人の中から、港区にゆかりのあるお2人について触れてみましょう。

まずは明治を代表する作家の1人、尾崎紅葉です。
芝中門前町(現在の芝大門2丁目)で生まれた紅葉、本名は徳太郎といいます。
当時の港区立桜川小学校に通い、小説集にも「芝肴」などの題名をつけるなど、終世生まれた土地にこだわりを持つ人だったようです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-3/1608-3-03.jpg
かつての住まい近くの首尾稲荷神社裏にある「尾崎紅葉生誕の地」の碑
【所在地】港区芝大門2-7

紅葉というと熱海の海岸が舞台となった「金色夜叉」が有名ですが、これは東京タワーが建設される前、あの場所にあった高級料亭「紅葉館」の給仕、お須磨を取り巻くエピソードから生まれたと言われています。
紅葉館とは、文士のほか、政治家や芸術家なども集うサロンのような場所だったそうです。
尾崎紅葉というペンネームも、紅葉館の場所が以前、紅葉山と言われたことに由来するのだそうです。
35歳で亡くなりますが、お墓は港区の青山霊園にあります。
地元愛を貫いた人だったのでしょう。

続いては、「日本の細菌学の父」と呼ばれる北里柴三郎です。
白金にある北里大学の前身である学校法人北里研究所の創設者です。
北里柴三郎は東京医学校(後の東大医学部)で細菌学を学び、のちに世界初の破傷風菌培養に成功、血清療法の開発からノーベル生理学・医学賞の候補になったこともありました。

その後、大学と対立し研究の場を奪われそうになりましたが、福沢諭吉が芝公園にあった自宅の一部を提供、森村市左衛門からは寄付を得て、日本初の伝染病研究所を設立しました。
様々な功績を残した北里柴三郎ですが、昭和6年に麻布の自宅で、78歳で亡くなりました。
このことは海外メディアでも報じられたそうです。
ドイツ語でドンネル(雷おやじ)との愛称があったそうですが、今は青山霊園で静かに眠っています。

江戸末期から明治にかけて、日本の文化や技術の発展に貢献するため、海外からやってきた「お雇い外人」と呼ばれる人々がいました。
その人たちや家族が眠るお墓が集まっているのが、外人墓地で、園内中央の南北道路脇西側にあります。
外国渡来文化の象徴ともいえる赤煉瓦で囲われたその一角は、お国によって墓石の様式も様々で、日本の墓地とは違った様相です。
日本のために来日し、日本で生涯を終えた人々のことを思いながら、外人墓地へも足を向けてみてください。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-3/1608-3-04.jpg
外人墓地を表す石碑

明治10年、西南戦争で命を落とした警察官を葬るために、青山霊園の一角に「警視庁墓地」ができました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-3/1608-3-05.jpg
警視庁墓地の碑

他には、明治維新の三傑の一人と称された大久保利通、画家の藤島武二、ハチの碑とともに、忠犬ハチ公の主人だった上野英三郎、日本で初めて新聞を発行したジョセフ・ヒコ、昭和天皇の料理番を50年以上勤めた秋山徳蔵、日本の印刷文化の発展に貢献したイタリア人のエドアルド・キヨッソーネなどが青山霊園に眠っています。
興味のある人がいたら、ガイドマップを片手に故人と対話するつもりで、お墓を訪れるのもいいですね。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
青山霊園管理事務所には、著名人のお墓の場所を紹介した「青山霊園歴史的墓所ガイド」が用意されています。
著名人のお墓の墓所番地と園内のマップが掲載されている、分かりやすいガイドマップです。
広い霊園の中、江戸末期から今日までの時間に思いを馳せ、その時代を生きた人々のお墓を巡るのも良し!
しばし暑さも忘れられる一時になることでしょう。

●=Information=●
青山霊園管理所
【所在地】港区南青山2-32-2
【問合せ】03-3401-3652
※8:30〜17:15(年末年始除く)
【ホームページ】http://www.tokyo-park.or.jp/reien/park/index072.html
【アクセス】
東京メトロ銀座線「外苑前」徒歩7分
東京メトロ千代田線「乃木坂」徒歩10分
東京メトロ銀座線・半蔵門線「青山一丁目」徒歩9分
都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」徒歩9分

■□■――――――□
Spot 2 青山長者丸商店会
□■□――――――■
東京メトロ銀座線「外苑前」に戻り、青山通りを表参道方面へ、外苑西通りを渡り一つ目の陸橋前の左側にある路地を入ると、そこは青山長者丸商店会です。
南青山三丁目にある船光稲荷神社から青山通りまでの通りは「青山長者丸通り」と呼ばれています。
この辺りが武家屋敷だった江戸時代、長者の屋敷があったため長者丸通りといわれるようになったそうです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-3/1608-3-06.jpg
この辺りが海だった頃、船光神社が長者丸という船を沈没から救ったという伝説も残されています

現在、「青山長者丸商店会」はこの通りだけでなく、この一帯に広範囲に広げる動きを始めているそうです。
商店会長の宮崎哲男さんは、お米を扱う有限会社宮崎商店のご主人でもあります。
暑い中、お米の積卸しに汗を流すお仕事の途中、宮崎会長にお話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-3/1608-3-07.jpg
青山というおしゃれな街らしい、多彩な交友関係をお持ちの宮崎会長

「戦後、父が米屋を始めましたが、この場所には私の代になってから移ってきました。
昔の長者丸通りは賑やかで、食料品を売る店や、街のお医者さん、美容室なども複数あり、たくさんの店がありました。
青山通りには都電が走っていて、ちょうど長者丸通りの入口辺りに停留所があったので、電車を降りた人がたくさん長者丸通りへ流れ、買物をしてくれましたね。
昭和43年に都電が廃止され、大きなスーパーマーケットができ、お店を閉めてビルに建て替える家が多くなるなど、通りの様子が変わっていきました。」
宮崎会長は当時を懐かしむように、今と昔の青山の様子を集めた写真を広げながらお話してくれました。

本業の傍ら、一時は有名人が経営していた青山のワインバーで、店長もされていたという宮崎会長。
趣味は車やバイク、インディアンジュエリー。
日本のものづくりの職人さんの仕事を紹介している、息子さんのブランドのモデルもされているそうです。
「今後は、近隣エリアと協力して、街を盛り上げていきたいと思っています。
防犯防災活動にも力を入れていますが、マンションが増えたり、家族の住まい方が変わるなど、独り暮らしの高齢者の方も多くなっているので、そういう方たちが気軽に交流できるような場もつくっていきたいと思っています。」
と今後の活動についてもお話しくださいました。

ワインに詳しい宮崎会長が紹介してくださったお店は、長者丸通りからすぐ近くの「青山小西商店」です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-3/1608-3-08.jpg
一見、普通の酒屋さんに見えるお店ですが・・・

明治37年の創業で、現在は4代目店主という鈴木洋介さんに、お店について伺いました。
「小西というのは関西から来た酒屋の屋号で、東京へ来て暖簾分けして増えていったお店です。
うちの曾祖父が銀座の藤小西という店で修行をしました。以前は地域密着型のお店で、お酒以外に日用品やお味噌も扱っていました。
しかし、青山の街も変わり、珍しくても良いものがあれば興味を持ってくれる方が多くなったので、ワインがメインの中野坂上 藤小西さんで3年勉強し、ナチュラルワインを扱うようになりました。
オーガニックワインと違うのは、単に健康のための無農薬と違い、味を重視しているという点です。
ワインはブドウのエキス、作られた土地柄や、生産者の個性がとてもよく表れます。
大量生産ではないので、生産本数も少なく、日本に入ってくる数も限られます。」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-3/1608-3-09.jpg
おすすめワイン『無理しないで』を手に、店主の鈴木洋介さん
(ご購入についてはお店へ確認してください)

ナチュラルワインを扱う店も少なく、青山小西商店ではインターネット販売もしていないので、北海道からお客様が来たこともあるそうです。
反対に鈴木さんが北海道へワインを探しに行かれることもあるそうです。
「ナチュラルワインは、肉じゃがなど日本のお惣菜にもよく合いますので、ワインを探しにいらしたら、ぜひご相談くださいね。」
と、美味しくて希少なワインに情熱を傾ける鈴木洋介さんのお話でした。

【青山小西商店 ホームページ】https://www.facebook.com/aoyamakonishi/

青山通りから少し入ると、普段の青山では見られないおもしろい発見があります。
青山霊園のすぐ近くで、ショッピングしながらまち歩きをするには最適なエリアですので、ぜひ自分だけのお気に入りを探しに、青山長者丸商店会を歩いてみてください。

●=Information=●
青山長者丸商店会
【所在地】港区南青山3丁目1、3〜5、7、8 青山長者丸通り一帯
【ホームページ】http://www.aoyama-shop-town.com/pg203.html
【アクセス】
東京メトロ銀座線「外苑前」徒歩5分
都バス 黒77「南青山二丁目」徒歩3分
ちぃばす「青山二丁目交差点」徒歩3分

*★*彡―――*★*
イベント情報
*★*彡―――*★*
■サントリー美術館主催「まるごといちにち こどもびじゅつかん!」
平成28年度港区文化プログラム連携事業の第1弾として、サントリー美術館が1日だけ“子ども専用の美術館”になります!
作品を観るだけでなく、実際に絵を描いたり作品を作ったりと、芸術を体験できるプログラムが盛りだくさんに用意されています。
この夏休みは、子どものための美術館で、学ぼう!遊ぼう!

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-3/1608-3-10.jpg
「まるごといちにち こどもびじゅつかん!」ご案内

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-3/1608-3-11.jpg
芸術を体験できるプログラムが盛りだくさんです!

●=Information=●
サントリー美術館
【所在地】港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
【開催期間】8月23日(火)
【営業時間】10:00〜17:00(入館は16:30まで)
【対象】小・中学生とその保護者
【料金】無料
【問合せ】03-3479-8600
【ホームページ】http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/kids/
【アクセス】
都営地下鉄 大江戸線、東京メトロ 日比谷線「六本木」直結
東京メトロ 千代田線「乃木坂」徒歩3分
東京メトロ 南北線「六本木一丁目」徒歩10分
都バス 都01・渋88・反96「六本木駅前」徒歩2分
ちぃばす「六本木七丁目」「檜町公園」徒歩1分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
https://www.minato-kanko.com
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
==================================

◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆


配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK