メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2016年8月4日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2016/8/4号 vol.625
http://www.minato-ala.net =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。

===★8月のテーマ ★========
夏休みの思い出をつくろう
=========================

^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『港区の文化芸術を堪能しよう』
8月31日(水)まで、港区内の美術館や博物館が、区と連携して集中的に文化芸術イベントを行うお祭り、「ミナコレ(MINATO COLLECTION)」が開催されています。
そこで今回は、ミナコレ対象施設をちぃばすで効率良く巡るルートをご紹介します!

スタンプ3つでグルーにゃオリジナルのポータブルごみ袋、6つでグルグル王子&グルーにゃオリジナルのスタンドポーチがもらえます!
今回ご紹介する施設は4つなので、ご紹介するコースを巡ればポータブルごみ袋が、あと2施設巡れば、スタンドポーチがゲットできます!
ぜひ夏休みの記念にスタンプを集めて、文化芸術に触れて新たな発見をしてみませんか。
ミナコレについては、詳しくはホームページを確認してください。

【ミナコレ ホームページ】https://www.city.minato.tokyo.jp/bungeishinkou/minakore/home.html

【ルート】
ニコンミュージアム ⇒ 港区立港郷土資料館 ⇒ 森美術館 ⇒ 東京都立中央図書館
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■――――――□
Spot 1 ニコン ミュージアム
□■□――――――■
ちぃばす高輪ルートを「港南二丁目」で下車し、旧海岸通りへ向かうと左側が品川インターシティです。
ニコン ミュージアムはC棟の2階に、カメラや映像事業などに代表される「ニコン」が、平成29年の創立100周年を記念し、昨年オープンしたミュージアムです。
「Spirit of Nikon 次の100年へ、受け継がれる精神」のコーナーでは、ニコン100年の歴史が、「原点としての光学」「精密の追求」「生きた技能の伝承」「信頼と品質」「不変性と革新性」「時代の最高を目指して」というテーマのもと展示されています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-1/1608-1-1.jpg
原点としての光学

「映像とニコン」のコーナーでは、ニコンカメラの第一号機「ニコンI型」から最新デジタル一眼レフカメラまで、約450点が一堂に展示されています。
関連するエピソードや技術解説もあるので、カメラ好きの方はぜひお立ち寄りください。
「トピックス展示」では、報道カメラや特別仕様カメラなどが並び、双眼鏡・メガネレンズの技術も紹介されています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-1/1608-1-2.jpg
歴代のカメラがずらりと並ぶ「Imaging 映像とニコン」

「レンズの実験室」は光とレンズの基本的な性質を、体験しながら学ぶ実験室です。
一眼レフカメラの最新レンズの魅力も体感でき、子どもから大人まで楽しめます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-1/1608-1-3.jpg
「Lens Laboratory レンズの実験室」

「シアター」では、ゲームやアニメなどのテーマ曲も手がける和田薫氏による交響組曲「LUX CENTURIAE」に乗せて、ニコン100年の歩みを辿る映像が上映されています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-1/1608-1-4.jpg
「A Century at Nikon 光と精密、100年の足跡」

カメラにとどまらず、産業やバイオ・医療機器などでも活躍するニコンの製品をお楽しみください。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
企画展「亀倉雄策と歩む」
前回の東京オリンピックのポスターも手がけた、日本のグラフィックデザイナーの先駆者、亀倉雄策氏はNikonのブランドロゴのデザインなど、ニコンブランドにも大きく貢献した存在でした。
企画展では、ニコン関連の製品を中心に、日本万国博覧会のポスターなど、亀倉雄策氏の作品を展示しています
【会期】開催中〜10月1日(土)

●=Information=●
ニコン ミュージアム
【所在地】港区港南2-15-3 品川インターシティC棟2階
【入館料】無料
【開館時間】10:00〜18:00(最終入館17:30まで)
【休館日】日曜日、祝日、および当館の定める日
※8月11日(木)〜8月15日(月)は夏期休館
【問合せ】03-6433-3900
【ホームページ】http://www.nikon.co.jp/profile/museum/
【アクセス】
JR「品川」徒歩7分
京急「品川」徒歩10分
都バス 品91・品96乙・品96甲・品98「品川駅港南口」徒歩10分
ちぃばす「港南二丁目」徒歩3分

■□■――――――□
Spot 2 港区立港郷土資料館
□■□――――――■
「港南二丁目」から再びちぃばす高輪ルートで「三田三丁目」まで行き、下車します。
バス停から三田通りを渡ると、「港区立港郷土資料館」のある港区立三田図書館に到着します。
港区の歴史や文化に関する調査や研究の成果を、展示を通して紹介しているのが港区立港郷土資料館です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-1/1608-1-5.jpg
港区の歴史や文化を知るにはピッタリのスポット

9月14日(水)まで開催中の「新収蔵資料展」では、平成27年度に受け入れた文献資料(古文書・古記録)、交通史・教育史関係資料などが紹介されています。

「さわれる展示室」は、展示資料に触ってみたい!という声から生まれました。
見るだけでは分からない資料の感触や、道具の使い方などが体験できます。
ミンククジラなど動物の骨格標本や、もう見かけなくなってしまった昔の生活の道具たち、江戸、弥生、縄文時代の遺物にも実際にさわることができます。
学芸員の方の解説もあり、質問にも答えてくれますよ。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-1/1608-1-6.jpg
大迫力のミンククジラの骨格標本は必見です!

●=Information=●
港区立港郷土資料館
【所在地】港区芝5-28-4 港区立三田図書館 4階
【入館料】無料
【開館時間】9:00〜17:00
※さわれる展示室は、火・金・土曜と夏休み期間の日曜・祝日 12:30〜16:30のみ
【休館日】日曜・祝日・第3木曜・年末年始・特別整理期間
※8月31日(水)までは夏休み期間のため、日曜・祝日も開館
【問合せ】03-3452-4966
【ホームページ】http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/muse/j/index.cgi
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「田町」徒歩5分
都営浅草線・三田線「三田」徒歩2分
都バス 浜95・田92・田99「田町駅」徒歩2分
ちぃばす「田町駅前」徒歩2分

■□■――――――□
Spot 3 森美術館
□■□――――――■
港区立港郷土資料館からちぃばす田町ルートの「田町駅前」まで歩き、森美術館のある「六本木ヒルズ」まで再びちぃばすで移動します。

森美術館は平成15年、六本木ヒルズ森タワーの53階に開館した美術館です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-1/1608-1-7.jpg
画像提供:森美術館
六本木ヒルズ全体を象徴する要素となっているミュージアム・コーン

「現代性」と「国際性」を基本理念に、世界の先鋭的な美術や建築、デザインなどを、独自の視座で作品を紹介しています。
特に日本を含めたアジアの美術に目を向け、アジアの現代美術を世界に発信する重要な拠点ともなっています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-1/1608-1-8.jpg
画像提供:森美術館
ミュージアム・コーンは夜になると幻想的にライトアップされます

「アート&ライフ」をモットーに、日常的にアートを楽しみ、アートを通じてコミュニケーションが生まれる場を提供しています。
また、多彩な教育普及プログラムやアートイベントなどを通して、東京の中心から身近にアートのある新たなライフスタイルを発信しています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-1/1608-1-9.jpg
画像提供:森美術館
森美術館のエントランスとなるセンターアトリウム

現在開催中の企画展は「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」です。
アートで宇宙を感じに行ってみるのはいかがですか。

●=Information=●
森美術館
【住所】港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー 53階
【営業時間】10:00〜22:00(最終入館21:30)
※火曜日は10:00〜17:00(最終入館16:30)
【料金】展覧会により異なりますので、ホームページをご確認ください。
【休館日】会期中(開催中〜平成29年1月9日(月・祝)まで)無休
【問合せ】03-5777-8600(ハローダイヤル)
【ホームページ】http://www.mori.art.museum
【アクセス】
東京メトロ 日比谷線「六本木」直結
都営地下鉄 大江戸線「六本木」徒歩4分
東京メトロ 南北線、都営地下鉄 大江戸線「麻布十番」徒歩5分
都バス RH01、都01折返、反96「六本木ヒルズ」徒歩1分
ちぃばす「六本木ヒルズ」徒歩1分、「六本木けやき坂」徒歩3分

■□■――――――□
Spot 4 東京都立中央図書館
□■□――――――■
森美術館からは、六本木ヒルズ南側の「六本木けやき坂」から、ちぃばす麻布西ルートに乗り、「愛育クリニック」で下車します。
クリニックを左に見て歩道を進み、敷地の角で左折、そのまま有栖川宮記念公園との間の道路を進むと公園の中に東京都立中央図書館の白い建物が見えてきます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-1/1608-1-10.jpg
有栖川宮記念公園の中にある図書館

都立中央図書館は、昭和48年に都立日比谷図書館の蔵書を引き継ぎ、南麻布の有栖川宮記念公園内に開館しました。
蔵書数は国内の公立図書館では最大級の約192万冊を所蔵し、このうち新しい図書を中心に約35万冊が開架されています。
来館される方への閲覧サービスや調査研究への支援、都内公立図書館に対するレファレンスの支援や資料の貸出など、サービスが充実しています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-1/1608-1-11.jpg
公立図書館では最大級の所蔵冊数を誇る図書館です

4階企画展示室では、「〜2020年オリンピック・パラリンピックに向けて〜 世界中の国のこともっと知ろう!」をテーマに、国内最大級の蔵書から関連資料がたくさん集められた展示が行われています。
第一弾はリオ2016オリンピック・パラリンピック競技大会にちなんで、「南米」がテーマです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1608-1/1608-1-12.jpg
南米をテーマにした関連資料が集められています

リオ2016オリンピック・パラリンピック競技大会は明日、8月5日(金)からスタートです!
ブラジルを含む南米の文化や歴史に対する理解を深めて、オリンピック観戦をすれば、さらに気分も盛り上がること間違いなしです!
ぜひ、涼しい図書館で南米について学び、熱いリオ2016オリンピック・パラリンピック競技大会をお楽しみください。

●=Information=●
東京都立中央図書館
【所在地】港区南麻布5-7-13 有栖川宮記念公園内
【開館時間】月曜〜金曜 10:00〜21:00(企画展示は20:00まで)
土・日・祝 10:00〜17:30
※特別文庫室及び音声・映像資料室は開室時間が異なります。
【休館日】8月は、8月4日(木)、8月19日(金)
※詳細はホームページを確認してください。
【問合せ】03-3442-8451
【ホームページ】http://www.library.metro.tokyo.jp
【アクセス】
東京メトロ日比谷線「広尾」徒歩8分
都営バス 橋86「愛育クリニック前」徒歩3分
ちぃばす「愛育クリニック」徒歩3分

*★*彡―――*★*
イベント情報
*★*彡―――*★*
■白金商店会 「第31回 四の橋夏まつり」
8月6日(土)、7日(日)の2日間、商店街がお祭り会場になります!
商店街のお店、近隣の有志団体等から、様々な屋台が出店予定です。
また時計台広場では、浴衣コンテスト、じゃんけん大会、音楽ステージなどの楽しいイベントも予定されていますので、ぜひお楽しみください!

●=Information=●
白金商店会
【会場】港区白金1丁目、3丁目四の橋通り周辺
【開催期間】8月6日(土)、7日(日)
【開催時間】15:00〜21:00
【ホームページ】http://www.shirokane-shotengai.jp/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E6%83%85%E5%A0%B1/%E5%9B%9B%E3%81%AE%E6%A9%8B%E5%A4%8F%E7%A5%AD%E3%82%8A/
【アクセス】
都営地下鉄 三田線・東京メトロ南北線「白金高輪」徒歩3分
都バス 田87「白金高輪駅」徒歩1分
都バス 都06「四の橋」徒歩1分
ちぃばす「高輪地区総合支所前」徒歩3分

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
https://www.minato-kanko.com
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
==================================

◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆

【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK