メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2016年7月7日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2016/7/7号 vol.621
http://www.minato-ala.net =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。

===★7月のテーマ ★========
港区 水のあれこれ
===========================

^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『桟橋めぐり』
東京港の発展に願いを込めて付けられた区名の「港区」にとって、海は欠かせない存在です。
昭和56年から約14年間の歳月をかけた再開発事業により、港区のベイエリアは埠頭という存在だけでなく、魅力的な観光名所へと一変しました。
今回は、竹芝埠頭・日の出桟橋からの、180度の展望をお楽しみください。
【ルート】
大門振興会 ⇒ 竹芝埠頭 ⇒ 日の出桟橋
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■――――――□
Spot 1 大門振興会
□■□――――――■
都営線の大門駅周辺で、大門通り沿いに位置し、その名のとおり大門をシンボルとした商店街が「大門振興会」です。
増上寺や芝大神宮が近く、羽田空港からのモノレールの発着点でもあるため、海外からの旅行者も急増している商店会です。
会長であり、芝大門ホテルで勤務されている佐久間克文さんに、お話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1607-1/1607-1-1.jpg
赤門と芝大門ホテル

「大門振興会は50年余りの歴史があり、地元の昔からの商店や、地域開発のために集まった企業が協力して活動しています。この地域のシンボルでもある芝大門(通称 赤門)が、今年5月、138年ぶりに東京都から増上寺に返還されました。2020年のオリンピックでは、芝大門がマラソンコースの一部になるという計画があるそうなので、商店会も協力し、綺麗に改修して地域の発展につなげたいと考えています。」
と、佐久間会長は今後の展望を話してくださいました。
佐久間会長のおすすめのお店は、江戸時代からの歴史を持つ老舗蕎麦屋の「更科布屋 本店」さんです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1607-1/1607-1-2.jpg
寛政三年(1791年)創業の更科布屋 本店

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1607-1/1607-1-3.jpg
七代目の暖簾を守る店主の金子栄一さん

【更科布屋 本店 ホームページ】http://www.sarashina-nunoya.com

「創業して220年になりますが、新橋の露月町(現 新橋5丁目)から芝大門に来て、百数十年が経ちました。」
と話される、生まれも育ちも芝、江戸っ子の店主 金子栄一さんにお江戸の蕎麦事情を伺いました。

「米に恵まれていた江戸では、『江戸煩ひ(えどわずらい)』といって、ビタミンB不足で脚気(かっけ)が流行し、脚気に効くと蕎麦が食べられるようになりました。働き者の江戸の男たちに、さっと食べられる蕎麦は人気で、江戸市中に蕎麦屋は3,400軒ほどあったそうです。」
当時の蕎麦は、どこも蕎麦粉100%で打たれ、店の味の決め手は蕎麦つゆだったそうです。
鰻のたれのように、蕎麦つゆも一子相伝のものであったと、金子さんが教えてくれました。
更科布屋さんの蕎麦つゆも、醤油に砂糖を溶かし込んだ原液を1か月寝かせて作られているそうです。

「『家伝変わり蕎麦』は、更科布屋ならではの蕎麦です。」
と、江戸時代から伝わる更科布屋さんならではのお蕎麦も紹介してくださいました。
季節の素材を打ち込んだ変わり蕎麦は、春は桜、冬は柚子など、体調を整える効果もあり、色合いも草木染めのような美しさです。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1607-1/1607-1-4.jpg
変わり蕎麦二種と更科蕎麦を楽しめる人気の三色蕎麦

「最近は外国人のお客様も多く、蕎麦を召し上がった後は増上寺、そして東京タワーに行かれます。これは浅草からスカイツリーへの流れと同じだそうです。お客様にとっていつも新鮮で、お手頃な食べものとして、蕎麦をこれからも提供していきたいと思っています。」
季節のお蕎麦を堪能したら、竹芝の海を見に行きましょう。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
「店主の独り言」のタイトルで、お蕎麦の豆知識ミニチラシが店内に置かれています。
店主 金子さんの、奥深い知識が詰まった内容ですので、注文したお蕎麦が出てくるまでの時間にぜひご一読ください!

●=Information=●
大門振興会
【所在地】港区芝大門1〜2丁目、芝公園1〜2丁目大門通り沿い 一帯
【アクセス】
都営地下鉄 浅草線・大江戸線「大門」 徒歩0分
JR 山手線・京浜東北線「浜松町」 徒歩0分

■□■――――――□
Spot 2 竹芝埠頭
□■□――――――■
更科布屋を出て左方向に歩き、JR浜松町駅の高架下を抜け、竹芝通りを真っ直ぐ行くと、高い船のマストが目印の竹芝埠頭に出ます。
大正時代に埋め立てられた土地が、昭和に入り竹芝町となり、後にできたのが竹芝桟橋でした。
再開発により、乗船客や観光客のための施設も揃い、港区を代表するベイエリアとなっています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1607-1/1607-1-5.jpg
竹芝埠頭の中心にあるシンボルのマスト

竹芝埠頭からは、伊豆七島の大島や神津島へ行く高速ジェット船「セブンアイランド」や、小笠原諸島 父島行きの「おがさわら丸」などが発着しています。
「東京ヴァンテアンクルーズ」は、東京湾のビュースポットを巡りながら、フレンチのコース料理が楽しめる船として有名です。
船上でパーティーをする方も多く、ウェディングクルーズも人気です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1607-1/1607-1-6.jpg
7月2日に就航を始めた「新おがさわら丸」竣工式

岸壁の2階には、潮風に吹かれながら散歩ができる「プロムナードデッキ」があり、長いボードウォークは外国の埠頭に来ているかのようです。
周囲のニューピア竹芝や高層のホテルにはレストランも多く、食事をしながら東京湾の景色を楽しめます。
また、広々とした待合所には、伊豆大島の郷土料理「べっこう寿司」のアレンジ料理を食べられるお店もできました。
どんなお寿司か気になりますね。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1607-1/1607-1-7.jpg
海を眺めるためのベンチも多く、気持ちの良いボードウォーク

これからのシーズンは、浜松町駅から竹芝通りでは、納涼船に乗る浴衣姿の人々でいっぱいになり、夏をさらに感じることができます。
皆さんも、涼を求めて夏の竹芝埠頭へ出かけてみてはいかがですか。
次はお隣の日の出桟橋へ移動し、美しい船を眺めに行きましょう。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1607-1/1607-1-8.jpg
レインボーブリッジへ向けて、ディナークルーズへ出発するヴァンテアン

●=Information=●
東京港客船ターミナル
【所在地】港区海岸1-16-3
【第一・第二待合所 開設時間】7:00〜22:00
※但し、22時以降に船の発着がある場合は発着時間まで開設
【問合せ】03-3432-8081
【ホームページ】http://www.tptc.co.jp/terminal/guide/takeshiba
【アクセス】
ゆりかもめ「竹芝駅」隣接
JR山手線・京浜東北線「浜松町」徒歩8分
都営浅草線・大江戸線「大門」徒歩11分

■□■――――――□
Spot 3 日の出桟橋
□■□――――――■
竹芝桟橋から台場方面に向かってゆりかもめ沿いに歩くと、日の出桟橋のゲートが見えてきます。
日の出桟橋は、港区で最も古い桟橋です。
大正12年の関東大震災で、地上の物資輸送が麻ひした際、救援物資の海路輸送が必要になり、日出町先地(現在の海岸2丁目)に桟橋が架けられました。
今では竹芝埠頭と並び、東京湾観光のキースポットとなっています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1607-1/1607-1-9.jpg
たくさんの人が利用する日の出桟橋

隅田川をさかのぼる浅草までのコースや、お台場海浜公園、ビッグサイトへの水上バスもここから発着し、真っ白い貴婦人のような東京湾のクルーズ船、シンフォニーも日の出桟橋が本拠地です。
船の上で過ごす時間は、海という異空間だけでなく、非日常の世界へと連れて行ってくれます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1607-1/1607-1-10.jpg
エレガントな姿が美しいシンフォニー

ガラス張りの日の出客船ターミナル内には、気軽に立ち寄れるカフェもあり、乗船までの待ち時間には最適です。
シンフォニーの待合所の2階にはカレーなどが食べられる食堂もあり、東京湾を眺めながらランチができる穴場でもあります。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1607-1/1607-1-11.jpg
船に乗るワクワク感を盛り上げるおしゃれなターミナル

日没からレインボーブリッジのイルミネーションが点灯すると、東京湾の眺めもがらりと変わり、ロマンティックなムードが増します。
遠くに見える、お台場パレットタウンの大観覧車も、対岸に並ぶ高層ビルの灯りも煌めきます。
今年の夏は、港区の東京ベイで素敵な時間を過ごしてみてはいかがですか。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
東京ベイ・クルージングレストラン・シンフォニークルーズでは、乗船した方の記念撮影用にシンフォニー乗船員のユニフォームの貸出しをしています。
船長の気分になって記念撮影してみては。

●=Information=●
東京都観光汽船 TOKYO CRUISE
【所在地】港区海岸2-7-104
【問合せ】0120-977-311
【営業時間】10:00〜船の最終便まで
【ホームページ】http://www.suijobus.co.jp/index.html
【アクセス】
ゆりかもめ「日の出」徒歩2分
JR山手線・京浜東北線「浜松町」徒歩8分

*★*彡―――*★*
イベント情報
*★*彡―――*★*
■アクアパーク品川「花火アクアリウム by NAKED」
昨冬からアクアパーク品川は、3Dプロジェクションマッピングなどを手掛けるクリエイティブ集団「NAKED」と、季節ごとにコラボレーション企画を行っています。
今夏は第2弾として「花火」をテーマに、「和モダン」に演出された空間の中でショーや展示、カフェなど、様々な企画を楽しめます。
水族館の、洗練された空間を体験しに行くのはいかがですか。
●=Information=●
アクアパーク品川
【所在地】港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル
【開催期間】7月7日(木)〜9月30日(金)
【営業時間】10:00〜22:00
※7月16日(土)、7月30日(土)〜8月31日(水)は9:00〜22:00
【料金】高校生以上 2,200円/小・中学生 1,200円/幼児(4歳以上) 700円
アクアナイトチケット 1,800円(高校生以上が17:00からお得に入場できるチケット)
【ホームページ】http://www.aqua-park.jp/aqua/hanabi/index.html
【問合せ】03-5421-1111
【アクセス】
各線「品川駅」徒歩2分
都バス 各路線「品川駅西口」徒歩2分
ちぃばす「品川駅高輪口」徒歩2分

*★*彡―――――*★*
産業振興課からのお知らせ
*★*彡―――――*★*
■プレミアム付きスマイル商品券が完売しました!
7月1日(金)の10時から販売していたプレミアム付きスマイル商品券は、好評につき、当日中に完売しました。
ありがとうございました。
次回の販売もよろしくお願いいたします。

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
https://www.minato-kanko.com
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
==================================

◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/


配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK