メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2016年6月23日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2016/6/23号 vol.619
http://www.minato-ala.net =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★6月のテーマ ★========
梅雨だからこそ出かけよう
===========================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『憂鬱な雨を吹き飛ばそう』
雨の日が多いと、気分は沈みがちになりますね。
そんな時は重たい空気を吹き飛ばし、気分爽快になれる場所に行ってみましょう!
【ルート】
岡本太郎記念館 ⇒ 南青山 清水湯 ⇒ 青山表参道商店会
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■――――――□
Spot 1 岡本太郎記念館
□■□――――――■
東京メトロ表参道駅のA5出口を出たら右手に進み、左手に青南小学校がある交差点を右折します。
しばらく進み、一つ目の左の曲がり角を左折すると岡本太郎記念館があります。
岡本太郎が平成8年に84歳で亡くなるまでの43年間を自宅兼アトリエとして生活した南青山の家は、フランスで活躍した岡本太郎の友人の建築家、ル・コルビュジェの弟子だった、坂倉準三に設計を依頼して建てられました。
この家は岡本太郎亡き後に改装され、平成10年に「岡本太郎記念館」として公開されました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-1.jpg
岡本太郎の絵とサインが迎えてくれる岡本太郎記念館入口

スタッフの五十嵐里枝子さんに館内を案内していただきました。
「入口を入ってすぐ右にあるこのスペースは太郎さんの生前から『サロン』と呼ばれ、お客様を招いたり取材を受けたりする場所でした。
マネキン会社の希望で作られた太郎さんの像は、本人の全身を型取って、作られたものなんです。」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-2.jpg
自分も岡本太郎に招かれた気分になれる、作品が溢れたサロン

「奥はアトリエです。実際に太郎さんが使っていたまま保存されており、約500点のキャンバスが並んでいます。年3回ある企画展では、このアトリエに保管している作品を展示します。」
作品のイメージと違い、整然としているアトリエですが、ここから強烈な色や形の作品が生み出されました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-3.jpg
岡本太郎本人が使っていたアトリエ

岡本太郎記念館では、7月3日(日)まで、岡本太郎が「運命の友」と呼んでいた縄文土器をテーマとする「生きる尊厳 −岡本太郎の縄文−」展が行われています。
國學院大學博物館の協力で本物の縄文土器が展示され、縄文文化に通じる岡本太郎の作品が飾られています。

同じく7月3日(日)まで、「第18回 岡本太郎現代芸術賞 岡本太郎賞」を受賞した、木崎公隆さんと山脇弘道さんのお二人による現代アートユニットYotta(ヨタ)の『吉報の夜明け』という作品が期間限定で展示されています。
巨大なポン菓子マシンに込められた、戦争と生と死に対する思いが感じられます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-4.jpg
Yotta「吉報の夜明け」

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
インターネット特別割引券のご案内
岡本太郎記念館の利用案内から「インターネット特別割引券」を印刷して持参すると、入場料の割引が受けられます。
詳しくはホームページを確認してください。

●=Information=●
岡本太郎記念館
【住所】港区南青山6-1-19
【開館時間】10:00〜18:00(最終入館17:30)
【休館日】火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12/28〜1/4)及び保守点検日
※7月4日(月)は臨時休業
【観覧料】一般 620円(520円)/小学生 310円(210円)
※( )内は15人以上の団体料金
【問合せ】03-3406-0801
【ホームページ】http://www.taro-okamoto.or.jp/
【アクセス】
東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道」徒歩8分
都バス 渋88「南青山六丁目」徒歩2分
ちぃばす「南青山六丁目」徒歩3分

■□■――――――□
Spot 2 南青山 清水湯
□■□――――――■
岡本太郎記念館から骨董通りに戻り、表参道方面に真っ直ぐ進むと青山通りに出ます。その交差点を外苑前方面へ歩き、3本目の曲がり角を右に曲がると「南青山 清水湯」です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-5.jpg
開店する正午前にはすでに行列ができる「南青山 清水湯」

「祖母が生まれた時にはもう銭湯だったので、創業から100年以上は経っていると思います。先代の時にビルになり、私の代でまた新しくしましたが、それまでは破風(はふ)造りの昔ながらの銭湯でした。」
と話してくださったのは、「南青山 清水湯」4代目の大倉正敬さん。
開店直前の忙しい時間に、お話を聞かせてくださいました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-6.jpg
左の高濃度炭酸泉は血行や疲労回復に、右の白いシルク風呂は美肌に効果的(女湯)

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-7.jpg
イタリア製タイルを使った重厚な雰囲気の男性用浴場

「お風呂場の内装は、男性はイタリア製タイル、女性は明るい色合いのスペイン製タイルを使っています。男女共にジェットバス、高濃度炭酸泉、微細粒気泡のシルクバス、サウナもあります。浴槽のお湯は全て軟水を使っているので、湯冷めしにくいですよ。」
と、大倉さんが教えてくださいました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-8.jpg
男湯女湯ともに人気のサウナ

「お風呂上がりに各種牛乳やソフトクリームもご用意していますが、最近はビールの評判がいいですね。グッズ類の販売も、今治タオルや石けん、シャンプーなど充実の品揃えです。手ぶらで来店いただいても入浴できる、手ぶらセットも用意していますので、気軽に銭湯を楽しんでください!」

店内は、清潔感に溢れ、女性でも安心して利用できる雰囲気です。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
「シルキーハーフバス」で気分爽快!
毎週木曜日は「軟水+シルク+ハーブ」の「シルキーハーブバスの日」です。
良い香りの微細粒気泡のお湯は、健康と美容に効果がありリフレッシュにもピッタリです!
また雨の日には入口カウンターでキャンディが無料でもらえます。

●=Information=●
南青山 清水湯
【住所】港区南青山3-12-3
【入浴料金】大人 460円/中人(6才以上12才未満) 180円/小人(6才未満2名まで)無料
※ご利用の仕方によって料金が変わるため、詳細はホームページで確認してください
【営業時間】平日 12:00〜24:00(最終入場23:30)/土・日・祝日 12:00〜23:00(最終入場22:30)
【定休日】金曜日
【問合せ】03-3401-4404
【ホームページ】http://shimizuyu.jp/index.html
【アクセス】
東京メトロ 銀座線、半蔵門線「表参道」徒歩2分
ちぃばす「表参道駅」徒歩1分

■□■――――――□
Spot 3 青山表参道商店会
□■□――――――■
南青山 清水湯の辺りは、すでに青山表参道商店会のエリアです。
青山通りの表参道交差点を中心に、外苑前方面、神宮前方面、根津美術館へ向かうみゆき通り、渋谷寄りの骨董通りまでを含めた広いエリアの商店会です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-9.jpg
表参道交差点を中心に多くの人で賑わう青山表参道商店会

昨年商店会長に就任された田中謙一さんに、骨董通りのオフィスでお話しを伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-10.jpg
温和な笑顔が印象的な田中会長

「昭和28年に青山表参道商店会は設立され、今年で63年目になります。
青山通りと骨董通りに都電が走る街でした。
道幅も半分の静かな街で、生活に密着した商店も多くありました。
時代が変わり、今はブランドショップなどが増え、大人の街になりました。」
そう話す田中会長は、長年商店会の役員などを務め、商店会の活動に携わってこられました。

「第2・4金曜日に行っている清掃活動をきっかけに、我々の活動を理解して、商店会に入会してくれるお店も多いです。
年間を通じて様々な活動を行っていますが、7月には善光寺様の境内で、恒例の「謝恩納涼盆踊り大会」を開催します。
お子さんや外国人の方、浴衣姿の方も多く、3,000人近くが集まり、盛り上がりますよ!
綿アメやかき氷など、会員の出店もありますので、ぜひお越しください。」と、田中会長は楽しそうにお話ししてくださいました。

田中会長ご紹介のお店は、同じく骨董通りの「菓匠菊家」です。
風に揺れる柳が目印の菊家さんは、戦前から続く青山の老舗の和菓子屋さんです。
先代が青山で開業され、今もご家族でお店を続けられています。
【菓匠菊家 ホームページ】http://www.wagashi-kikuya.com/

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-11.jpg
店先には柳が風にそよぐ「菓匠菊家」

懐かしさのある佇まいの店内には、季節の花が飾られ、ケースを覗くとため息がこぼれるような美しいお菓子が並んでいます。
奥様の秋田隆子さんに、お話を伺いました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-12.jpg
粋な蛇の目の浴衣がお似合いの隆子さん

「うちのお菓子は、主にお茶会用のご注文が多いです。お茶席が重なると1,000ものお菓子を作ることもあるんですよ。お店に出しているお菓子も、移り変わる季節でデザインを変え、桜も満開と散る頃では色形を変えています。」
そんな奥様がケースから出してくださったのは、今の季節の「清流」です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-13.jpg
日本の四季を表すお菓子が並ぶ

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1606-4/1606-4-14.jpg
寒天の中で餡を使った鮎が泳ぎ、カラフルな川底石の色が楽しい「清流」

「お近くにお住まいだった向田邦子さんは、うちの水羊羹をとても気に入ってくださり、エッセイに書いていただいたこともあります。小豆の香りを大切に、桜の青葉がある時期だけお出ししています。」
向田邦子さんにこよなく愛された水羊羹の他にも、友禅の手法で四季の草花を描いた干菓子など、手土産にも喜ばれそうなお菓子もたくさんあります。
季節を表す和菓子をいただいて、涼やかな気持ちになってはいかがでしょうか。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
菓匠菊家さんの水羊羹が登場する向田邦子のエッセイは「眠る盃」です。
自らを水羊羹評論家と称するほど水羊羹が大好物だった向田流の食べ方を真似て、この季節ならではの水羊羹を、より美味しく召し上がってください。

●=Information=●
青山表参道商店会
【住所】港区南青山5丁目付近
【ホームページ】http://www.aoyama-omotesandou.com/
【アクセス】
東京メトロ 銀座線、半蔵門線「表参道」徒歩0分
都バス 渋88「南青山五丁目」徒歩2分
ちぃばす「表参道駅」徒歩1分

*★*彡―――*★*
商店街イベント情報
*★*彡―――*★*
■第23回 郡上おどりin青山
岐阜県の郡上八幡城主・青山家の菩提寺が、青山の梅窓院にあるという縁で、東京青山に本場の郡上おどり保存会を招いたことから始まりました。
青山という地名の由来も、この青山家からだそうです。
本場の郡上おどりに加えて、当日は13時から郡上の観光物産展も開催され、鮎の塩焼きや、郡上の特産品を購入することもできます。

●=Information=●
青山外苑前商店街振興組合
【場所】秩父宮ラグビー場 駐車場(港区北青山2-8-35)
【日時】6月24日(金)、25日(土)  17:00〜20:30
※ 郡上物産展の販売開始は13:00から
※ 25日(土)は20:00終了
【ホームページ】http://www.aoyama-gaienmae.or.jp/event/indexodori.html
【アクセス】
JR 総武線「千駄ヶ谷」「信濃町」徒歩15分
都営地下鉄 大江戸線「青山一丁目」徒歩10分
東京メトロ 銀座線「外苑前」徒歩3分
ちぃばす「外苑前駅」徒歩3分

*★*彡―――*★*
イベント情報
*★*彡―――*★*
■「書画家 夏生」展 開催
光岡自動車麻布ショールーム/GALLERY麻布にて、「書画家 夏生」展が開催されています。
書画家 夏生氏は、東京学芸大学 書道科在学中、小林東雲氏に師事。
全日展水墨画部では5年連続上位受賞を果たし、最年少で国際芸術大賞を受賞、伝統技術と舞台演出を駆使した特大パネルへのライブパフォーマンスなど、精力的に活動されています。
本展示に合わせ、書道作品と車を描いた作品が多数展示されています。

●=Information=●
【場所】光岡自動車麻布ショールーム / GALLERY 麻布(港区麻布台2-3-3)
【日時】開催中〜7月10日(日) 10:00〜19:00
【休館日】火曜日及び第一水曜日
【料金】無料
【問合せ】03-5114-5505
【ホームページ】http://www.mitsuoka-motor.com/dealer/mitsuokagalleryazabu/
【アクセス】
東京メトロ 日比谷線「神谷町」徒歩5分
都バス 渋88「麻布台」徒歩3分
ちぃばす「東京タワー入口」徒歩4分

*★*彡―――――*★*
産業振興課からのお知らせ
*★*彡―――――*★*
■プレミアム付きスマイル商品券を販売します!
7月1日(金)の10時から、プレミアム付きスマイル商品券を販売します。
1万円の購入で1,000円分のプレミアムが付く、港区内の商店街等で使えるお得な商品券です。
完売した時点で終了ですので、お早めの購入をおすすめします。
販売場所や購入方法など詳細については、ホームページをご確認ください。
【ホームページ】http://www.minato-smile.net/smile.html

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひ御覧ください!
■港区観光協会ホームページ
https://www.minato-kanko.com
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK