メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2016年5月19日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2016/5/19号 vol.614
http://www.minato-ala.net =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。

===★5月のテーマ ★========
大切な人と楽しむ港区
=======================

^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『大人同士でのんびり過ごそう』
賑やかだった連休も終わり、ほっと一息つく頃ではないでしょうか。
今週はそんな方々のために、大人同士でくつろげるコースのご紹介です。
港区を流れる古川をめぐる、ちょっとマニアックなコースも大人同士ならではのコースです。

【ルート】
プリンス芝公園 ⇒ 古川の橋めぐり(一之橋〜古川橋) ⇒ 魚らん銀座商店会協同組合
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■――――――――――――□
Spot 1 芝公園
□■□――――――――――――■
5月の花といえばバラ!
バラは港区の花のひとつです。
港区立芝公園からプリンス芝公園にかけて、豪華なバラのスポットが集まっています。
5月中旬頃までの爽やかな季節にバラを眺めながら、大人の1日を過ごしましょう。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-01.jpg
港区立芝公園はバラの花壇がお出迎え

港区立芝公園の花の一部は、「アドプト・プログラム」に参加しボランティア活動をされている方々の努力により、一年中花が絶えることがありません。
特にこの時期は、公園の入口をたくさんのバラが皆さんをお出迎えします。
芝生に沿った遊歩道を奥へと進み、坂道を上がると、ザ・プリンス パークタワー東京の屋外庭園となっているプリンス芝公園へつながっています。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-02.jpg
プリンス芝公園のロマンチックなローズガーデン

プリンス芝公園の遊歩道沿いには、様々な色や形のバラが姿を現します。
この庭園は、東京タワーの絶好の撮影スポット。
夕方からは足元に照明が灯り、とてもロマンチックな雰囲気に包まれます。
バラと一緒に素敵な写真を撮影してはいかかがですか。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-03.jpg
バラの花々が見上げるように東京タワーを囲む

●=Information=●
ザ・プリンス パークタワー東京
【住所】港区芝公園4-8-1
【問合せ】03-5400-1111
【ホームページ】http://www.princehotels.co.jp/parktower/
【アクセス】
都営地下鉄 三田線「芝公園」徒歩3分
都営地下鉄 大江戸線「赤羽橋」徒歩2分
都営地下鉄 浅草線「大門」徒歩9分
東京メトロ 日比谷線「神谷町」徒歩12分
JR 山手線、京浜東北線「浜松町」徒歩12分
ちぃばす「芝公園駅」徒歩3分

■□■――――――――――――□
Spot 2 古川の橋めぐり(一之橋〜古川橋)
□■□――――――――――――■
プリンス芝公園を抜けて、増上寺を後ろに赤羽橋まで来ると、古川の流れと出会います。
古川は全長4.4km、現在港区内を流れる唯一の川です。
赤羽橋から、麻布十番方面に歩いていくと首都高一ノ橋ジャンクションが見えてきます。
ここでは橋と周辺の歴史をたどりながら、古川に架かる一之橋から古川橋までを散策しましょう。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-04.jpg
麻布十番近く、東麻布3丁目と三田1丁目をつなぐ一之橋

一之橋周辺は江戸時代の参勤交代で武家屋敷が増え、明暦の大火の後は川幅を広げるなど水運が整ったため、町家も集まり賑わいました。
麻布十番にある善福寺には、かつてはアメリカ公使館が置かれ、初代公使ハリスらが滞在していました。
ハリスの通訳官でもあったヒュースケンは、一之橋に近い「中之橋」で攘夷派浪士に襲われ命を落とし、光林寺に埋葬されました。
また、幕末に活躍した清河八郎も一之橋で暗殺されています。
一之橋は幕末の悲劇を見てきた橋といえるかも知れません。

一之橋を過ぎ、古川沿いを歩いて二之橋へ向かう途中には、新広尾公園親水テラスがあります。
公園内の階段を下りると、更に川面の近くに立つことができます。
特に、この季節は空気もヒンヤリしていて気持ち良く感じられます。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-05.jpg
古川とのふれあいの場、新広尾公園親水テラス

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-06.jpg
日向坂へ向かう二之橋

江戸時代に徳山藩毛利日向守の屋敷があった、三田1丁目と三田2丁目の間にあるこの坂は日向坂と呼ばれ、二之橋は日向橋とも呼ばれていたそうです。
徳川綱吉が別荘として白金御殿を建てた際、水運整備が一之橋から四之橋まで行われましたが、明治40年代にトロリー電車が通り、水上交通の役割も少なくなっていきました。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-07.jpg
松平肥後守の下屋敷脇にあったので肥後殿橋と呼ばれていた三之橋

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-08.jpg
古川は、古川橋からは次の新古川橋へと西にカーブしていきます

今日の古川の橋めぐりの終点、古川橋です。
ここは明治通りの起点であり、西に向かうと天現寺方面で、天現寺から古川は渋谷川と名称が変わります。
この地域の雨水は、古川へ集まりますが、過去に大雨による氾濫が多く、一之橋から渋谷川の恵比寿橋までの地下には、雨水を貯める調節池の整備が進んでいます。

人々が集い、憩いの場となるよう水質の改善など、環境整備も進められています。
かつては船も行き交い、賑わいを見せた川でした。
そのような歴史を感じながら、ゆっくり散歩してみるのもいかがでしょうか。

ここからは川を離れ、大人だったら懐かしさを感じるような商店街「魚らん銀座商店会協同組合」へお気に入りのお店を探しに行きましょう。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
一之橋の近くの飯倉片町には、江戸時代から明治まで「おかめ団子」という人気のお団子屋さんがありました。
お店はもうなくなってしまいましたが、落語の中でその繁盛ぶりを知ることができます。
古川散策の後は、落語の中の江戸時代の飯倉片町の様子と今の町並を比べて、時代の移り変わりを楽しんでみてはいかがですか。

●=Information=●
落語「おかめ団子」は、港区のホームページ内で紹介しています。
【ホームページ】https://www.city.minato.tokyo.jp/azabuchikusei/mirai/okamedango.html

■□■――――――――――――□
Spot 3 魚らん銀座商店会協同組合
□■□――――――――――――■
古川橋を渡ってまっすぐ白金高輪駅方面へ向かうと、緑地のある魚籃坂下の三叉路に出ます。
魚らん銀座商店会協同組合は、噴水のある魚籃坂下緑地を頂点として、桜田通りと麻布通りの間の三角エリアを中心とした商店街です。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-09.jpg
噴水のある緑地が目印の、魚らん銀座商店会協同組合

魚らん銀座商店会協同組合の理事長は、竜雲つり具店店主の伊藤方夫さんです。
竜雲つり具店は、高級カーボンの釣り竿からエサまで、釣りに関するあらゆるものがずらりと並んでいます。
釣り好きには堪らないお店です。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-10.jpg
釣りに関するあらゆるものがずらりと並ぶ、創業72年の竜雲つり具店

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-11.jpg
息子さんが4代目を継いでくれると、嬉しそうな伊藤理事長

商店会の周りにはお寺が多く、魚籃寺の観音様が右手に魚が入った竹かご(籃)を提げていることから、この辺りを魚籃というようになったそうです。
「魚籃寺のほかにも、貝塚や著名人のお墓など歴史的な名所が沢山ありますので、ぜひお立ち寄りください」と、伊藤理事長は笑顔でお話を聞かせてくれました。

そんな伊藤理事長が紹介してくださったのは、緑地帯の目の前の、写真館でカフェも開いている「富士スタジオ/カフェピボット」さんです。
【富士スタジオ/カフェピボット ホームページ http://cafepivotgyoran.blog83.fc2.com/

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-12.jpg
1階がカフェ、2階が写真スタジオになっています

ご主人の白石寛さんはこちらの写真館の2代目で、これまで家族写真などの記念写真や、結婚式の撮影など、数々活躍されてきました。
2階のスタジオは天井が高く立派な造りで、大きな原板(フィルム)を使う年代物も含め、何台もの専用カメラが並び、記念写真から証明写真まで様々な要望の撮影に応じています。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-13.jpg
写真館の歴史を感じる撮影スタジオ

以前、1階は物販スペースでしたが、10年前にカフェをオープンし、奥様の良江さんを中心に切り盛りされています。
お客様は近隣で仕事をされている方が多く、ランチタイムは特に賑わいます。
耳付きの山型パンを使ったサンドイッチは、ボリュームがありとても人気。
セットにはコーヒーゼリーなどのプチデザートも付きますよ!

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1605-3/1605-3-14.jpg
ボリュームいっぱいの海老とアボカドのサンドイッチ

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
魚らん銀座商店会協同組合では、お得な「魚らんポイントカード」を発行しています。
お買物100円で1ポイント、満点カード(300ポイント)で500円分のお買物ができます。
他にもお得な年2回の抽選がありますので、お店の方に聞いてくださいね。

●=Information=●
魚らん銀座商店会協同組合
【住所】港区高輪1丁目
【問合せ】03-3442-7571
【ホームページ】http://www.gyoran.org
【アクセス】
東京メトロ 南北線「白金高輪」徒歩0分
都営地下鉄 浅草線「泉岳寺」徒歩13分
都バス 田87、品97「魚籃坂下」徒歩2分
ちぃばす「魚籃坂下」徒歩0分

*★*彡―――――*★*
イベント情報
*★*彡―――――*★*
■エコライフ・フェアMINATO2016
エコに取り組む団体、企業等の各出展ブースやステージ等において、「参加団体や企業の環境報告のパネル展示」や「体験型イベント」が行われます。
「ステージイベント」「朝市エコバザー」「エコクイズラリー」「緑のカーテンの苗の無料配布」もあります。
子どもから大人まで、環境問題について楽しく学べるイベントです。

●=Information=●
港区環境課地球環境係
【場所】有栖川宮記念公園(港区南麻布5-7-29)
【日時】5月22日(日) 10:00〜15:00
※ 小雨決行
【問合せ】03-3578-2497
【ホームページ】
http://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/koho/minato2016/201605/20160511top/05.html
【アクセス】
東京メトロ 日比谷線「広尾」徒歩7分
都バス 橋86「愛育病院」徒歩1分
都バス 橋86、黒77、品97「広尾橋」徒歩3分
ちぃばす「有栖川記念公園」徒歩0分

*★*彡―――――*★*
商店街イベント情報
*★*彡―――――*★*
■一ツ木ワゴンセール
赤坂一ツ木通り商店街のお店ごとにお得なイチオシ商品や強力なラインナップを取り揃え、色とりどりの特設ワゴンが一ツ木通りにあふれます。
このほかにも魅力の1つとして、地方都市の物産展が開かれます。
知らなかった赤坂の楽しさを再発見できます。

●=Information=●
赤坂一ツ木通り商店街振興組合 事務局
【場所】赤坂一ツ木通り商店街(港区赤坂4-3)
【日時】5月25日(水)・26日(木)・27日(金)
【問合せ】03-3585-8759
【ホームページ】http://www.hitotsugi.jp/event.html
【アクセス】
東京メトロ 千代田線「赤坂」徒歩0分
東京メトロ 銀座線、丸の内線「赤坂見附」徒歩1分
ちぃばす「赤坂駅前」徒歩1分

*★*彡―――――*★*
産業振興課からのお知らせ
*★*彡―――――*★*
■「港区ワールドプロモーション映像」を発信中!
国内外から多くの観光客に港区を訪れていただくため、人、まち、歴史、文化、自然など、多様な港区の魅力を凝縮した「港区ワールドプロモーション映像」を制作しました。
港区ならではの、「とっておき」を感じられる映像が多く取り上げられています。
ぜひご覧ください。
【詳細情報】http://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/movie/minato-pv.html

■「VISIT MINATO CITY」を発信中!
港区観光協会が、国内外に向け港区の観光情報等を投稿するSNS「VISIT MINATO CITY」(日本語版、英語版、中国語版(簡体字)、ハングル版)を開設しています。
英語、中国語(簡体字)、ハングル、それぞれの言語を日常で使用する外国人記者が、外国人視点で捉えた情報を投稿します。
素敵な港区を発信していきますので、ぜひあなたのフォローをお待ちしています!

●Facebook●
英語    https://www.facebook.com/visit.minato.city.en/
ハングル  https://www.facebook.com/visit.minato.city.ko
日本語https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
●Twitter●
英語    https://twitter.com/visitminatocity
ハングル  https://twitter.com/visitminatoko
●Instagram●
各言語共通 https://www.instagram.com/visitminatocity/
●Weibo●
中国語   http://weibo.com/visitminatocity
●ポータルサイト●
英語    http://www.visit-minato-city.com
中国語   http://www.visit-minato-city.com/ch/
ハングル  http://www.visit-minato-city.com/ko/

==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひ御覧ください!
■港区観光協会ホームページ
https://www.minato-kanko.com
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
==================================

◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆

【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK