メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2016年4月21日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2016/4/21号 vol.610
http://www.minato-ala.net =毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。

===★4月のテーマ ★========
フレッシュな気持ちになろう!
===========================

^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『学生気分でキャンパスを歩こう!』
4月で誰よりもフレッシュな人、それは新入生ではないでしょうか?
今回は港区内にある大学をご紹介します。
大学のキャンパスを歩きながら、学生の時の気持ちを思い出しましょう。

【ルート】
東京海洋大学 品川キャンパス ⇒ 森永エンゼル街 ⇒ 慶應義塾大学 三田キャンパス
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^

■□■――――――――――――□
Spot 1 東京海洋大学 品川キャンパス
□■□――――――――――――■
品川駅港南口を真っ直ぐ進み、左手に見える御楯橋を渡ると、右手に東京海洋大学 品川キャンパスの正門が見えます。

東京海洋大学の歴史は、明治8年に岩崎弥太郎が設立した私立三菱商船学校と、明治21年設立の大日本水産会水産伝習所に遡ります。
平成15年に東京商船大学(旧 三菱商船学校)と東京水産大学(旧 大日本水産会水産伝習所)が統合し誕生した、国内唯一の海洋系大学です。

品川キャンパスで見逃せないのが、平成28年1月にリニューアルオープンした「マリンサイエンスミュージアム」です。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1604-3/1604-3-01.jpg
海洋にまつわるさまざまな展示物と出会えます。

海藻や貝など食品となるものから、クジラの骨格まで。
展示されている生物はすべて本物です。
東京海洋大学が保有してきた船舶模型や、漁業網のミニチュア、南極観測・ガラパゴス調査の際の標本コーナーまであり、海洋マニアはもちろんのこと、お子さんからご年配の方まで、幅広い世代が楽しめます。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1604-3/1604-3-02.jpg
アザラシやペンギンの剥製も

お隣には、クジラの全身骨格を展示する「鯨ギャラリー」があります。
部屋いっぱいに展示されている標本は、完全な形として保存される世界最大級の標本です。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1604-3/1604-3-03.jpg
写真には収まらないほどの大きさのコククジラ(手前)とセミクジラ(奥)の標本

キャンパスの奥へ進み、突き当たりのプールを左に曲がると、三本マストの巨大な帆船「雲鷹丸」が登場します。
大海で漁業実習や海洋調査などに活躍していた雲鷹丸は、船上でカニ缶詰の製造に成功し、後の蟹工船の先駆けになりました。
関東大震災の際には、停泊していた月島で市民を救うなど、名誉あるエピソードを持つ帆船です。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1604-3/1604-3-04.jpg
港南地区のビル群をバックにした雄々しい雲鷹丸

雲鷹丸と、後ろに広がる運河を見て、気持ちも晴れ晴れとしたら、品川駅に戻りましょう。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
東京海洋大学の脇を流れる高浜運河には、両岸に2.6kmの遊歩道があり、ウォーキングやジョギングにもおすすめです。
公園や緑が多く、お子さんもお楽しみいただけるエリアです。
お天気が良い日に、ちょっと寄り道してみませんか?

〜♪ ちょっと耳より Part2 ♪〜
4月24日(日)には、「みなと・港南ファミリーロードレース」が品川キャンパスで開催されています。
参加者の頑張る姿を見て、リフレッシュするのも良いかもしれません。
JR品川駅港南口駅前広場では、キッチンカーが出てミートパーティーが開催されています!
混雑の場合は、ロードレース参加者が優先になる場合もあるようですが、一般の方も参加できますので、スポーツイベントを楽しんでみてはいかがでしょうか。
【詳細情報】https://www.facebook.com/%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E6%B8%AF%E5%8D%97%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9-1034473303239678/

●=Information=●
東京海洋大学 品川キャンパス
【住所】港区港南4-5-7
【問合せ】03-5463-0400
【ホームページ】http://www.kaiyodai.ac.jp
【アクセス】
JR線、京浜急行「品川」徒歩10分
都バス 品96「東京海洋大学本部前」徒歩1分
ちぃばす「港南小学校前」徒歩1分

東京海洋大学 マリンサイエンスミュージアム
【開館時間】10:00〜16:00
【休館日】土日祝日、第2及び4木曜日
【料金】無料
【問合せ】03-5463-0430
【ホームページ】http://www.s.kaiyodai.ac.jp/museum/public_html/

東京海洋大学 鯨ギャラリー
【開館時間】10:00〜16:00(土曜日10:00〜15:00)
【休館日】日祝日
【料金】無料
【問合せ】03-5463-0430
※マリンサイエンスミュージアム・鯨ギャラリーともに臨時休館があるため、電話やホームページでご確認ください。

■□■――――――――――――□
Spot 2 森永エンゼル街
□■□――――――――――――■
広いキャンパスを歩いたら、少しお腹が空きましたね。
JRで品川駅から田町駅へ移動し、田町駅西口前の「森永エンゼル街」でお昼はいかがでしょうか。
森永プラザビルの竣工に合わせ、昭和49年にオープンしたのが森永エンゼル街です。
ビルの地下1階から地上2階が商店街になっており、銀行、書店、ファッション、飲食店が勢揃いしています。
駅前にあるため、とても便利です。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1604-3/1604-3-05.jpg
森永プラザビルにある森永エンゼル街

お話を伺った会長の中島隆弘さんは、1階にある写真店の2代目店主です。
近隣の学校のアルバム制作、出張撮影など、約42年間にわたり写真を通じて地元の方々と関わってこられました。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1604-3/1604-3-06.jpg
待ち合わせのシンボルとなっている森永エンゼル街の時計塔と、中島会長

森永エンゼル街の地下1階は、レストラン街。
今回、中島会長にご紹介いただいたのは、「謙徳蕎麦家( URL:http://www.angel-town.com/shop/kentoku.html )」です。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1604-3/1604-3-07.jpg
こちらでは外国人観光客のために、英語のメニューが用意されています。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1604-3/1604-3-08.jpg
お寿司がつくセットのランチメニューは、外国の方にも人気です。

「蕎麦屋には珍しく水槽もあり、活魚も売り物です。是非お蕎麦とともに味わってください!」と話すのは、二代目店長の堀内和博さん。
自ら厨房に立ち、お蕎麦屋さんを経営しながら、エンゼル街の歴史を見てきたお一人です。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1604-3/1604-3-09.jpg
堀内さんとお店を手伝う息子さん。
照れ笑いしながら一緒に並んでくれました。

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
謙徳蕎麦家は、テーブル席・お座敷を合わせて90席あり、個室も用意されています。
田町駅周辺でちょっとお仲間と集まりたい時に、最適のお店ですね。

お食事をしてお腹がいっぱいになったら、三田のランドマークともいえる慶應義塾大学の三田キャンパスへと場所を移しましょう。

●=Information=●
森永エンゼル街
【住所】港区芝5-33-1 森永プラザビル
【ホームページ】http://www.angel-town.com
【アクセス】
JR 山手線、京浜東北線「田町」徒歩1分
都営地下鉄 三田線、浅草線「三田」徒歩3分
都バス 田87「田町駅前」徒歩1分
ちぃばす 「田町駅西口」徒歩1分
※日曜日が定休日のお店もありますので、ホームページでご確認ください。

■□■――――――――――――□
Spot 3 慶應義塾大学 三田キャンパス
□■□――――――――――――■
田町駅西口から慶應仲通りを抜けて三田通りに出ると、右手に慶應義塾大学があります。
桜田通り沿いにある正門を入ると、そこには平成23年竣工の近代的な南校舎がそびえ立ちます。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1604-3/1604-3-10.jpg
ガラス張りの南校舎

かの福澤諭吉が創立した慶應義塾大学の歴史は古く、様々な文化財が残されています。
南校舎(別館)を抜けて左に行くと、茂る緑に囲まれたなまこ壁の三田演説館が見えてきます。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1604-3/1604-3-11.jpg
この建物で、長年熱い討論が繰り返されてきました。

三田演説館の開館は明治8年。
何度か修復工事は行われていますが、洋風の木造瓦葺の姿は当時と変わらず、現在でも演説会が開かれています。
昭和42年には、重要文化財に指定されました。

中庭を横切り、建物の間を抜けていくと、三田キャンパスの代表的なモニュメント、赤煉瓦造りの図書館旧館があります。
レンガと花崗岩のゴシック様式で、明治45年に竣工。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1604-3/1604-3-12.jpg
色褪せない赤煉瓦の中に、慶應義塾の歴史があるように感じます。

図書館の時計塔の文字盤には、「TEMPUS FUGIT(テンプス フギット)」。
ラテン語で「時は過ぎゆく」の文字が刻まれています。
心に響く言葉に出会いながら、キャンパスを散策するのも素敵ですね。

●=Information=●
慶應義塾大学 三田キャンパス
【住所】港区三田2-15-45
【見学問合せ】03-5427-1541
【ホームページ】http://www.keio.ac.jp/index-jp.html
【アクセス】
JR 山手線、京浜東北線「田町」徒歩8分
都営地下鉄 浅草線、三田線「三田」徒歩7分
都営地下鉄 大江戸線「赤羽橋」徒歩8分
都バス 田87「慶応義塾大前」徒歩1分
ちぃばす 「慶應義塾東門」徒歩1分

*★*彡―――――*★*
イベント情報
*★*彡―――――*★*
■いわきサンシャイン博IN新橋〜いわき感謝の広場〜
東日本大震災から5年の節目にあたり、いわき市が感謝の気持ちを込めて新橋SL広場でイベントを開催してくださいます!
いわき市の特産品や農作物の販売、フラダンスショーやお笑いライブ、いわき市市制施行50周年記念事業「いわきサンシャイン博」のPRなど、スペシャルイベントが行われる予定ですので、是非お出かけください!

●=Information=●
【場所】新橋SL広場(港区新橋2-7)
【日時】4月21日(木)11:00〜20:00
※荒天の場合、中止となる可能性があります。
【主催】いわき市、いわきサンシャイン博実行委員会事務局
【問合せ】0246-44-6545(一般社団法人 いわき観光まちづくりビューロー)
【アクセス】
JR「新橋」徒歩0分
東京メトロ銀座線「新橋」徒歩1分
都営地下鉄 浅草線「新橋」徒歩2分
ゆりかもめ「新橋」5分
ちぃばす「烏森神社」2分

■Kissポート財団 「音楽のさんぽ道」
三田の名刹、南台寺で音楽大学生による弦楽四重奏が開催されます!
厳かな空間で美しい音楽をお楽しみください。

●=Information=●
【場所】南台寺(港区三田4-11-14)
【日時】4月23日(土)14:00開演(13:30開場)
【出演】国立音楽大学 学生 弦楽四重奏Stern Quartett
【料金】無料
 ※ 未就学児の入場はご遠慮ください。
【定員】100名(先着順)
【問合せ】03-5770-6837(Kissポート財団 事業課)
【ホームページ】http://www.kissport.or.jp/event_detail.php?eventid=00001379
【アクセス】
都営地下鉄 三田線、東京メトロ 南北線「白金高輪」徒歩5分
京浜急行、都営地下鉄 浅草線「泉岳寺」徒歩7分
都バス 反94、反96、品97、田87「魚籃坂下」徒歩3分
ちぃばす 「魚籃坂下」徒歩3分

■「赤坂蚤の市 in ARK HILLS 〜2nd Anniversary〜」
2周年特別企画として、開催時間が通常より 2 時間拡大され、過去最大規模となる約 90 店舗が出店されます。
人気ショップが一日限定で出店されるほか、話題のレストランのキッチンカーや参加型のワークショップなどが登場します。

●=Information=●
【場所】アークヒルズ アーク・カラヤン広場(港区赤坂1-12-32)
【日時】4月24(日)10:00〜18:00 ※雨天決行、荒天中止
【問合せ】03-6406-6666(森ビル株式会社タウンマネジメント事業部)
【ホームページ】http://www.arkhills.com/event/7038.html
【アクセス】
東京メトロ 南北線「六本木一丁目」徒歩1分
東京メトロ 銀座線「溜池山王」徒歩1分
東京メトロ 日比谷線「神谷町」徒歩8分
都バス 都01「赤坂アークヒルズ前」徒歩1分

*★*彡―――――*★*
産業振興課からのお知らせ
*★*彡―――――*★*
■「VISIT MINATO CITY」を開設しました!!
港区観光協会が、国内外に向け港区の観光情報等を投稿するSNS「VISIT MINATO CITY」(日本語版、英語版、中国語版(簡体字)、ハングル版)を、4月6日(水)に開設しました。
英語、中国語(簡体字)、ハングル、それぞれの言語を日常で使用する外国人記者が、外国人視点で捉えた情報を投稿します。
素敵な港区を発信していきますので、ぜひあなたのフォローをお待ちしています!

●Facebook●
英語    https://www.facebook.com/visit.minato.city.en/
ハングル  https://www.facebook.com/visit.minato.city.ko
日本語https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
●Twitter●
英語    https://twitter.com/visitminatocity
ハングル  https://twitter.com/visitminatoko
●Instagram●
各言語共通 https://www.instagram.com/visitminatocity/
●Weibo●
中国語   http://weibo.com/visitminatocity
●ポータルサイト●
英語    http://www.visit-minato-city.com
中国語   http://www.visit-minato-city.com/ch/
ハングル  http://www.visit-minato-city.com/ko/

■「港区国際観光ボランティアガイド」を募集します!
区の多彩な観光資源を中国語・ハングル・英語で観光客等に紹介していただく「港区国際観光ボランティアガイド」になるための講座、「港区国際観光ボランティアガイド育成講座」を開講します。
15回程度の育成講座を通じて、技術を習得していただいた後、まち歩きツアー等のボランティア活動をしていただきます。
国際色豊かな港区で、あなたの語学力を生かしてみませんか。
港区国際観光ボランティアになって、あなたの「おもてなし」で港区を満喫してもらいましょう!

■「港区国際観光ボランティアガイド」募集説明会を行います!
4月25日(月)に港区国際ボランティアガイドの募集説明会を行います。
ご興味のある方は、ホームページをご確認ください。

【開催日時】4月25日(月) 19:00〜20:00
【場所】港区立商工会館(港区海岸1-4-28)
【アクセス】
ゆりかもめ「竹芝駅」から徒歩6分
JR「浜松町駅」北口から徒歩7分
都営地下鉄浅草線、大江戸線「大門駅」B2出口から徒歩10分
【申込み】直接会場にお越しください。
【詳細情報】http://www.city.minato.tokyo.jp/keieishien/28kankovolunteer.html
【問合せ】03−3578−2552(港区 産業振興課観光政策担当)

◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆

【発行元】港区 観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK