メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2016年3月24日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!
・‥…━゚+.━★・‥…━.+゚━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
 『WELCOME港区』2016/3/24号 vol.606
 https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
・‥…━゚+.━★・‥…━.+゚━★・‥….

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートをご案内します。

━゚+.━★CONTENTS…━o゚+.━★
■厳しい寒さもようやくやわらぎ、お出かけしたくなる季節になりました。
港区は徳川家康との関わりを代表として、歴史の転換点や文化発祥の舞台となったことが多い街でもあります。
3月のテーマは「歴史の”跡”をたずねる」です。
4週目は「幕末の跡」の旅に出てみましょう。

勝海舟邸跡・勝安房邸跡/西郷・勝両氏会見地/慶応仲通り商店会
━゚+.…━o゚+.━★…━o゚+━━★

―☆彡∴:―――――――――★
■1勝海舟邸跡・勝安房邸跡
―――――――★―☆。.:*:・゜―
山岡鉄舟、高橋泥舟とともに幕末の三舟と呼ばれた勝海舟は、ファンも多いのではないでしょうか。
江戸城無血開城など、幕臣として未来を見据えた、柔軟な発想で活躍しました。
そんな勝海舟ゆかりの地が港区内では2カ所もあります。
どちらも勝海舟が重要な役割を担っていた時期のゆかりの地です。

まずは、36歳だった安政6年(1859年)から9年弱、居を構えた住居地をご紹介します。
住み始めた翌年、咸臨丸船長としてアメリカに渡航し、日本の船として初めて太平洋横断を成功させました。
その後は、明治維新に向けて、幕府側として奔走しました。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-4/1603-4-01.jpg
1862年、坂本龍馬らが海舟を刺殺しようとして訪れた地でもあります。
龍馬とはその後、親しい付き合いをするようになりました。
現在はマンションになっていますが、詳しい銘板が設置されています。

【基本データ】勝海舟邸跡
【住所】港区赤坂6-10-39
【交通】東京メトロ千代田線「赤坂」徒歩5分
    ちぃばす「赤坂五丁目交番前」徒歩3分
    都バス 都01「六本木一丁目駅」徒歩4分

勝海舟邸跡から溜池山王方面に5分ほど歩いたところにあるのが、勝安房(かつあわ)邸跡です。
最後の徳川将軍である慶喜に従って行った静岡から戻った、1872年(明治7年)から77歳で亡くなる1899年(明治32年)まで住み続けた場所がこちらです。
ここでの生活などは、『氷川清話』などでうかがい知ることができます。
ちなみに、氷川とは、近所の氷川神社に由来する旧地名です。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-4/1603-4-02.jpg
東京都指定旧跡に指定されています。
安房とは、安房守に任ぜられたことに由来します。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-4/1603-4-03.jpg
石碑があるサン・サン赤坂内には、発掘で出土した陶器などが展示されています。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-4/1603-4-04.jpg
現在の施設と当時の屋敷内の配置を比較した資料もあり、当時の様子に夢を馳せることもできます。

【基本データ】勝安房邸跡
【住所】港区赤坂6-6-14 サン・サン赤坂
【交通】東京メトロ千代田線「赤坂」徒歩3分
    ちぃばす「赤坂駅前」徒歩3分
    都バス 都01「赤坂アークヒルズ」徒歩3分

=======================
■コラム 〜遠山の金さん邸跡〜
今回のルートからは少し外れますが、時代劇の人気者、おなじみの遠山の金さんは新橋に住んでいたことがありました。
意外かもしれませんが、幕末前夜に活躍した人で、勝海舟とも時代的に少しですが重なっています。
正式な名前は「遠山景元」で、金四郎は通称です。
江戸町奉行を務めるなどしましたが、ドラマにあるように若い頃は放蕩三昧で、刺青も定かではありませんが、入れていたという説が有力です。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-4/1603-4-05.jpg
開通したばかりの環状2号と第一京浜が交わる交差点の近く、現在の第2東洋海事ビル辺りにあったとされています。

【基本データ】遠山金四郎屋敷跡
【住所】港区新橋4-24-8
【交通】JR 山手線・京浜東北線「新橋」徒歩3分
    東京メトロ 銀座線、都営地下鉄 浅草線「新橋」徒歩3分
    都バス 都01/都06/橋63/橋86/市01/渋88「新橋駅」徒歩3分
    ちぃばす「新橋駅」徒歩3分
====================================

―☆彡∴:――――――――★
■2 西郷・勝両氏会見地
――――――★―☆。.:*:・゜―
「赤坂駅」から千代田線、三田線を乗り継いで「三田駅」で下車するか、勝安房邸跡から六本木交差点に向かって15分ほど歩いたちぃばす田町ルートの「六本木駅前」から乗車し、「浅草線三田駅前」で下車しましょう。
日比谷通りと第一京浜がぶつかるこの場所は、江戸城無血開城に向けて、西郷隆盛と勝海舟が会見を行った地とされています。
このほか、四国町の上屋敷、池上本門寺、愛宕山など諸説ありますが、予備的な会談は1868年3月13日に薩摩藩下屋敷(高輪ホテル・パシフィック付近)で行われ、翌14日にここにあった薩摩藩蔵屋敷で行われたという説が有力となっています。
当然のことながら、会談実現への道のりは困難を極めましたが、無事会談にこぎつけたのは歴史的な偉業と言っても過言ではないでしょう。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-4/1603-4-06.jpg
官軍の江戸城総攻撃直前に、両氏の会談によって、江戸は戦火から逃れることができました。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-4/1603-4-07.jpg
碑には会談の際の様子が解説され、さらに当時の海岸線の場所も表示されています。
4月11日に江戸城が無血開城され、元号が明治に変わったのは9月8日でした。

【基本データ】西郷・勝両氏会見地
【住所】港区芝5-33-11
【交通】JR 山手線・京浜東北線「田町」徒歩1分
    都営地下鉄 三田線「三田」徒歩1分
    都バス田87「田町駅」徒歩1分
    ちぃばす「浅草線三田町駅東口」「勤労会館前」徒歩1分

―☆彡∴:――――――――★
■3 慶応仲通り商店会
――――――★―☆。.:*:・゜―
西郷・勝両氏会見地からJR田町駅方面に向かって歩いてすぐの駅前交差点付近から、桜田通り(三田通り)を結ぶ一帯の路地裏にある慶応仲通り商店会には、様々なお店が並んでいます。
サラリーマンだけでなく、近くに慶應義塾大学があることから、「慶仲(ケイナカ)通り」とも呼ばれ、若い活気にも溢れています。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-4/1603-4-08.jpg
湯浅会長は海鮮和食店「炭火焼 湯浅」を営んでいます。[ http://www.siba-yuasa.com ]
狭い路地の商店会だからこそ、地域の防災には力を入れています。
道路上にある消火栓にホースをつないで、初期消火を行えるスタンドパイプを敷地内に設置しています。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-4/1603-4-09.jpg
商店会の路地には、今では港区でも少なくなってしまった銭湯「万才湯」があり、貴重な存在です。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-4/1603-4-10.jpg
慶應の中等部から大学までの制服を扱う「佐藤繊維」は、創業88年の老舗です。
「入学前の今の時期が一番忙しいんですよ」と三代目社長の佐藤さん。
http://satoseni.web.fc2.com ]

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-4/1603-4-11.jpg
福沢諭吉「独立自尊」の模写がかかる店内には、制服がズラリ並んでいました。
建物も歴史を感じるもので、商店街を訪れたらぜひ見てみてください。

【基本データ】慶応仲通り商店会
【住所】港区芝5丁目
【交通】都営地下鉄 浅草線・三田線「三田」徒歩1分
JR 山手線・京浜東北線「田町」徒歩1分
    都バス 田87「田町駅」徒歩1分
    ちぃばす「浅草線三田駅前」徒歩1分
【詳細情報】http://www.keinaka.jp
【Twitter】https://twitter.com/keinaka_jp?ref_src=twsrc%5Etfw

─━─━─━─━─━─━─
*★☆祝・桜の開花宣言☆★*
イベント情報
─━─━─━─━─━─━─
3月21日、東京の桜の開花宣言がされました。
区内では、桜にちなんだイベントが沢山開催されていますので、一部をご紹介します。
何かと忙しい時期ではありますが、今しか味わえない港区を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■東京ミッドタウン 「Midtown Blossom(ミッドタウン ブロッサム) 2016」
今年で9回目となるイベントは、「桜ライトアップ」、「フラワーアートエキシビション」。
イタリアのスパークリングワインが味わえるラウンジなど、どれも春を満喫できるものばかりです。
東京ミッドタウンには、「ソメイヨシノ 」や「ヤエベニシダレ」など旧防衛庁時代から受け継いだ約 45 本を含む、全 8 種類、約 150 本の桜が咲き誇り、とくに全長約 200mにも及ぶ東京ミッドタウンのさくら通りは圧巻です。

【基本情報】東京ミッドタウン 「Midtown Blossom 2016」
【実施日時】開催中〜2016年4月17日(日)
【場所】東京ミッドタウン (港区赤坂9-7-1)
【交通】東京メトロ 日比谷線「六本木」徒歩0分、千代田線「乃木坂」徒歩3分、南北線「六本木一丁目」徒歩10分
    都営地下鉄 大江戸線「六本木」徒歩0分
    ちぃばす「六本木七丁目」、「檜町公園」徒歩1分
    都営バス 都01・渋88・反96「六本木駅前」徒歩2分
【問い合わせ】東京ミッドタウン・コールセンター: 03-3475-3100(10:00〜21:00)
【詳細情報】http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/feature2016/blossom/

■デックス東京ビーチ 「DECKS SPRING(デックス スプリング)2016」
3Fのシーサイドデッキで行われる22万球の春らしい桜色の光が辺りを包み込む「お台場イルミネーション”YAKEI”夜桜Ver.」をはじめ、いちごや春野菜を使った食事メニューなどデックス東京ビーチが、春の装いに変身しています。

【基本情報】デックス東京ビーチ 「DECKS SPRING 2016」
【実施日時】開催中〜2016年4月21日(木)
※イルミネーション点灯時間18:00〜24:00
※変更になる場合があります。
【場所】デックス東京ビーチ(港区台場1-6-1)
※イルミネーション:3Fシーサイドデッキ
【交通】ゆりかもめ「お台場海浜公園」徒歩2分
    りんかい線「東京テレポート」徒歩5分
    都バス 海01・波01系統「台場二丁目」徒歩0分
    お台場レインボーバス「台場二丁目」徒歩0分
     kmフラワーバス「台場二丁目」徒歩0分
【問い合わせ】:03-3599-6500
【詳細情報】http://odaiba-decks.com/news1/post/news526.php

■六本木ヒルズ 「桜のライトアップ 2016」
桜の開花にあわせて、毛利庭園と六本木さくら坂のソメイヨシノ・シダレザクラを鮮やかにライトアップし、幻想的な夜桜が楽しめます。
毛利庭園のソメイヨシノは六本木ヒルズが誕生する前からこの地に根を張っているほか、六本木さくら坂には、六本木ヒルズの開発とともに植えられたソメイヨシノが、年々成長しています。

【基本情報】六本木ヒルズ 「桜のライトアップ 2016」
【実施日時】開催中〜2016年4月中旬くらいまで17:30〜23:00(毛利庭園:17:30〜23:00/六本木さくら坂:17:30〜22:30)
【場所】六本木ヒルズ内 毛利庭園/六本木さくら坂(港区六本木6丁目)
【交通】東京メトロ 日比谷線「六本木」徒歩0分
    都営地下鉄 大江戸線「六本木」徒歩4分
    ちぃばす「六本木けやき坂」徒歩0分
    都営バス RH01系統/反96/都01折返「六本木ヒルズ」徒歩0分
【問い合わせ】総合インフォメーション:03-6406-6000(10:00〜21:00)
【詳細情報】http://www.roppongihills.com/events/2016/03/rh_sakura/

■東京タワー 「SAKURA EASTER(サクラ イースター)」
東京タワーでは、「桜」と「イースターエッグ」で飾られた春限定のウエルカムゲートを大展望台 2 階フロアのエレベーター前に設置し、展望台に上る人に春の訪れを感じさせています。
フットタウンの2階カフェでは「桜フレンチトースト」、3階では「タワーたいやき さくらあん」など、桜スイーツも楽しめます。

【基本情報】東京タワー 「SAKURA EASTER」
【実施日時】開催中〜2016年5月8日(日) 9:00〜23:00
※大展望台の営業時間に準じます。
【料金】大人(高校生以上):900 円 /子ども(小・中学生):500 円 /幼児(4 歳以上):400 円
※大展望台までの展望料金で見ることができます。
【会場】東京タワー(港区芝公園4-2-8) 大展望台 2 階フロア  エレベーター前
【交通】都営地下鉄 大江戸線「赤羽橋」徒歩5分
    都営地下鉄 三田線「御成門」徒歩6分
        東京メトロ 日比谷線「神谷町」徒歩7分
    都バス 浜95、橋86「東京タワー」徒歩1分
    ちぃばす「東京タワー入口」徒歩1分
【問い合わせ】03-3433-5111
【詳細情報】http://www.tokyotower.co.jp/hot_topics/index.cgi?tno=2352

====================================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひ御覧ください!

■港区観光協会ホームページ
https://www.minato-kanko.com
■Google+  港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります
======================================================

◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/


配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK