メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2016年3月10日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!
・‥…━゚+.━★・‥…━.+゚━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
 『WELCOME港区』2016/3/10号 vol.604
 https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
・‥…━゚+.━★・‥…━.+゚━★・‥….

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートをご案内します。

━゚+.━★CONTENTS…━o゚+.━★
■厳しい寒さもようやくやわらぎ、お出かけしたくなる季節になりました。
港区は徳川家康との関わりを代表として、歴史の転換点や文化発祥の舞台となったことが多い街でもあります。
3月のテーマは「歴史の”跡”をたずねる」です。
2週目は「文豪の家の跡」の旅に出てみましょう。

六本木エリア(志賀直哉)/飯倉エリア(永井荷風/島崎藤村)/初音商店会
━゚+.…━o゚+.━★…━o゚+━━★

―☆彡∴:―――――――――★
■1志賀直哉居住の跡
―――――――★―☆。.:*:・゜―
白樺派の小説家志賀直哉(1883年〜1971年)が14歳から29歳まで、1682坪という広大な敷地で過ごした住居の跡です。
残念ながら当時の屋敷は戦災で消失してしまいましたが、志賀直哉は処女作である『或る朝』『網走まで』『正義派』など名作を、ここで生み出しました。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-2/1603-2-01.jpg
今では想像もできませんが、当時は雑木林の趣さえ感じられる邸宅だったそうです。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-2/1603-2-02.jpg
『剃刀』、『自転車』など、この土地についての記述が出てくる作品も発表されています。


【基本データ】志賀直哉居住の跡
※社宅となっているので、敷地内に入ることはできません。
【住所】港区六本木4-3-13
【交通】東京メトロ日比谷線、都営地下鉄 大江戸線「六本木」徒歩4分
    都バス 渋88、反96、都,01「六本木駅」徒歩4分
    ちぃばす「檜町公園」徒歩1分

―☆彡∴:――――――――★
■2 永井荷風旧居「偏奇館」跡
――――――★―☆。.:*:・゜―
志賀直哉居住の跡から六本木1丁目方面に10分ほど歩いてみましょう。こちらは『墨(本来は旧字体で、さんずいが付きます)東綺譚』や『断腸亭日乗』で知られる耽美派の小説家である永井荷風(1879年〜1959年)が、大正9年(1920年)から昭和20年(1945年)までの25年ほどを過ごした住居の跡です。
向島の花街にもここから通っていました。
木造洋風2階建ての新築住居は、ペンキ塗りの洋館をもじって「偏奇館」と名付けましたが、昭和20年の東京大空襲で焼失してしまいました。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-2/1603-2-03.jpg
泉ガーデンの裏手にあり、小さな石碑が建てられています。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-2/1603-2-04.jpg
「偏奇館」の名は、西洋化で浮つきがちな日本近代を憎み、市井に隠れて滅び行く江戸情緒に郷愁を見出していた永井荷風の心情も表していました。

【基本データ】永井荷風旧居「偏奇館」跡
【住所】港区六本木1-6
【交通】東京メトロ 南北線「六本木一丁目」徒歩3分
    都バス 都01「六本木一丁目駅」徒歩5分

―☆彡∴:――――――――★
■3島崎藤村旧居跡
――――――★―☆。.:*:・゜―
飯倉方面に10分ほど歩くと、島崎藤村の旧居跡に着きます。
自然主義文学の代表作『破戒』で知られる島崎藤村(1872年〜1943年)は、大正7年(1918年)から昭和11年(1936年)まで旧麻布区飯倉片町で過ごし『夜明け前』を上梓しました。
島崎藤村は明治学院で英語を学び、その自由な校風が後の文学作品に大きな影響を与えたと言われています。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-2/1603-2-05.jpg
「フランスの旅から帰った当時、しばらく高輪二本榎に暮らした。」の出だしではじまる『飯倉付近』には、大正から昭和初期にかけての飯倉界隈の様子が描かれています。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-2/1603-2-06.jpg
飯倉交差点から裏路地に入ってすぐにあります。
周囲の雰囲気は当時をイメージさせます。

【基本データ】島崎藤村旧居跡
【住所】港区麻布台3-4-17
【交通】東京メトロ 南北線、都営地下鉄 三田線「白金高輪」徒歩5分
     都バス 反96「飯倉片町」、渋88「麻布台」徒歩2分
    ちぃばす「飯倉片町」徒歩1分

―☆彡∴:――――――――★
■3 初音商店会
――――――★―☆。.:*:・゜―
東京タワーからほど近い、東麻布2丁目を中心とした商店会です。
40年以上の歴史を持つ初音商店会では、昔からある小さなお店が、住んでいる人々の生活を支えています。
毎年行われる夏祭りやハロウィンのイベントでは大勢の子どもたちにお菓子や雑貨が配られ、賑わいをみせます。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-2/1603-2-07.jpg
ロシア大使館の裏手にある通り沿いが、初音商店会です。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-2/1603-2-08.jpg
内海会長の営む青果・果物店「山信商店」には土地柄、外国人の常連さんも多く、取材時も入れ替わり訪れていました。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-2/1603-2-09.jpg
今年86歳になられるという内海会長は、まだまだ元気。
初音商店会の顔として、行事をまとめています。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-2/1603-2-10.jpg
ボルシチに欠かせない野菜のビーツは看板商品のひとつ。
30年ほど前に、ロシア人のお客様から頼まれたのがきっかけ。
他では手に入りにくいこともあり、今では遠方からの注文を受けることも多いとのことです。

【基本データ】初音商店会
【住所】港区東麻布2丁目
【交通】都営地下鉄 大江戸線「赤羽橋」徒歩3分
     都バス 都06、反94、橋86「中の橋」徒歩1分
     ちぃばす「麻布いーすと通り」徒歩1分

=========================================================
■大盛況! 「港区ワールドフェスティバル」無事終了しました!
多くの大使館がある港区ならではのイベント「港区ワールドフェスティバル」。
増上寺を会場に、各国の料理が味わえる屋台や展示ブースが出展され、多くの来場者で盛り上がりをみせていました。
ステージではお国自慢や民族舞踊なども披露されて、国際色豊かな2日間となりました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

【PH】https://www.minato-ala.net/mag/photo/1603-2/1603-2-11.jpg
大使館スタッフの方々とも触れ合えた貴重なイベントでした。
=========================================================

─━─━─━─━─━─━─
イベント
─━─━─━─━─━─━─
■東京タワー 哀悼のダイヤモンドヴェール

東日本大震災から5年目を迎える3月11日、犠牲になった方々の冥福を祈り、東京タワーでは、先端部分をオレンジ色、高さ250m付近を白色に輝かせるライトアップ「哀悼のダイヤモンドヴェール」が点灯されます。
19:00〜20:00までは1階正面玄関の特設会場で和太鼓バンドによる鎮魂ライブも行われます。

【基本情報】東京タワー 哀悼のダイヤモンドヴェール
【実施日時】2016年3月11日(金)18:00〜23:00※雨天決行

■東京タワー ホワイトデーは東京タワーを歩いて昇ろう

3月14日のホワイトデーは白く輝く東京タワーに上ってみませんか。
東京タワーフットタウン屋上から大展望台(150m)まで、外階段(約600段)を登り切る頃には2人の関係もより強固になるのではないでしょうか。

【基本情報】東京タワー ホワイトデーは東京タワーを歩いて昇ろう
【実施日時】2016年3月14日(月)17:00〜22:00※雨天・荒天時は中止
【会場】東京タワー
【住所】港区芝公園4-2-8
【交通】都営地下鉄 大江戸線「赤羽橋」徒歩5分
    都営地下鉄 三田線「御成門」徒歩6分
        東京メトロ 日比谷線「神谷町」徒歩7分
    都バス 浜95、橋86「東京タワー」徒歩1分
    ちぃばす「東京タワー入口」徒歩1分
【問い合わせ】03-3433-5111

■Relight Days(リライト・デイズ)
2011年3月13日から消灯し続けている六本木ヒルズけやき坂のパブリック・アート『Counter Void』が5年ぶりに3日間限定で点灯します!
点灯式をはじめ、「未来の生き方や人間のあり方を考える」をテーマに、ワークショップやトークセッションなど様々なイベントが行われます。

【基本情報】Relight Days(リライト・デイズ)
【実施日時】2016年3月11日(金)〜13日(日) 10:00〜24:00
※3月11日(金)のみ17:50開始
【会場】六本木ヒルズけやき坂「Counter Void」前、TSUTAYA TOKYO ROPPONGI
【住所】港区六本木6-9
【主催】東京都、アーツカウンシル東京、特定非営利活動法人インビジブル
【詳細】http://relight-project.org/
【問い合わせ】050-3710-8483(Relight project事務局)

◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/


配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK