メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2015年3月26日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.
MINATOあらかると観光情報メール
  『WELCOME港区』2015/3/26号 vol.554
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

┏…━━゚+.━★CONTENTS…━━o゚+.━★━━o゚+.━★━━o゚+.━★
┣■3月のテーマ『桜・梅……春の花を訪ねて歩く』
|3月26日号は「芝から東京タワーの新スポットへ」です。
|☆ミニコラム「芝エリアの桜スポット」
┣■イベント&アート情報
┣■港区の名建築を訪ねて
┗…━━゚+.━★…━o゚+.━★…━━o゚+.━★━━★━━o゚+.━★

こんにちは!『WELCOME港区』編集部です。

今日は何の日!?
3月26日、その日の誕生花はいくつかありますが、
そのうちの一つが、「ハナカイドウ」です。

薄紅色の華やかな花は同じバラ科の桜にも似て、
しばしば間違える人もいるようです。

さて、メールマガジン3月の特集テーマは
『桜・梅……春の花を訪ねて歩く』です。
3月最終週の今週は、桜の名所として有名な芝公園と増上寺を回り、
東京タワーにオープンした注目のスポット「東京ワンピースタワー」まで
足をのばすコース。
東京タワーを背景とした、桜の景観が美しいエリアを紹介します。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
3月のテーマ『桜・梅……春の花を訪ねて歩く』
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
「芝から東京タワーの新スポットへ」
芝公園/増上寺/東京ワンピースタワー

芝公園エリアは「芝公園」駅や「御成門」駅、「赤羽橋」駅に「大門」駅、
「神谷町」駅、「浜松町」駅など、いくつもの駅からアクセス可能。
桜のスポットも集中しているので、非常に便利なエリアです。

+‥‥‥‥‥+
■1芝公園
+‥‥‥‥‥+
都心の桜の名所として知られる、芝公園。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-01.jpg
(C)公益財団法人 東京都公園協会

1873年に指定を受けた日本で最も古い公園のひとつですが、
園内には約140本の桜があり、
広い敷地の中でも、特に1号地の芝丸山古墳周辺や、
「赤羽橋」駅近くにある17号地などに桜が集中しています。
おもな品種はソメイヨシノにサトザクラ、シダレザクラなど。
ほかに弁天池の周辺にも桜が咲いている一群があります。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-02.jpg
(C)公益財団法人 東京都公園協会

またライトアップされた東京タワーと夜桜が観賞できるため、
シーズンになると、仕事帰りの人々のお花見スポットとしてもにぎわいます。
特に芝丸山古墳の中腹などはシートを敷いて、お花見をする人が多いエリアです。
また最近では近隣のホテルなどに泊まっている外国人に、
お花見を体験できるスポットとして知られるようになっており、
国際的な雰囲気が漂うことも。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-03.jpg

ただし、港区の条例で園内では禁煙のほか、
園内での販売禁止、料理のデリバリーなども禁止ですので、
お花見を予定している人は、事前の準備をおこたりなく。

お花見シーズンには、
東京都公園協会の下記ウェブサイトに、
今年の桜の開花状況などが毎日更新されるので、
チェックをしてから出かけるのが、おすすめです。
http://www.tokyo-park.or.jp/special/cherry/

+‥‥‥‥‥+
■2 増上寺
+‥‥‥‥‥+
芝公園に囲まれている増上寺も、境内に約400本もの桜が咲く名所です。
浄土宗の七大本山の一つである「増上寺」は、
1393年、浄土宗第八祖酉誉聖聰(ゆうよしょうそう)上人により開創され、
家康公の手厚い保護を受けた、徳川家の菩提寺としても有名です。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-04.jpg

境内に咲く桜の品種としては、特にソメイヨシノが多いため、
寺院建築物と桜という日本情緒漂う景観と、
一方で東京タワーと桜のコントラストという
近代的な桜風景のどちらも楽しめる貴重な場所です。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-05.jpg

三解脱門(三門)をくぐると、
シダレザクラをバックに大殿が建ち、
その先に東京タワーがそびえる東京ならではの風景に巡り合えます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-06.jpg

お花見の時期には、境内に露店も登場しますので、
食べ歩きなどの楽しみも!
4月2日から8日までは、
関東近県の物産展「ふれあいフェア」も開催されます。

また4月8日には、お釈迦様の誕生を祝う法要「潅仏会(花まつり)」が行われ、
甘茶の無料接待が11:00過ぎ(法要終了後)から大殿前広場で開催されるので、
参列されてもいいでしょう。

さらに今春は、増上寺に関してトピックスがあります。
4月2日に、「増上寺宝物展示室」がオープンするとのこと。
ちょうど2015年は徳川家康公没後400年にあたり、
その記念すべき年に本堂地下1階に開館します。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-07.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-08.jpg
Royal Collection Trust/(C)Her Majesty Queen Elizabeth U 2015

展示の中心となるのは、
英国ロイヤル・コレクション所蔵となっている「台徳院殿霊廟模型」。
もともと台徳院殿霊廟は、二代将軍秀忠公の御霊屋(おたまや)として
三代将軍家光公が造営した壮大な建築群でしたが、
高村光雲などの監修を得て、1909年、10分の1のスケールで模型が再現され、
「台徳院殿霊廟模型」として、1910年の日英博覧会に出品。
博覧会終了後にその模型は英国王室へ贈呈され、
ロイヤル・コレクションとして大切に保管されてきました。
その後、1945年に戦災で台徳院殿霊廟は焼失しましたが、
エリザベス2世女王陛下の厚意を得て、
「台徳院殿霊廟模型」が、長期貸与されることとなりました。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-09.jpg

ほかにも狩野一信「五百羅漢図」などの寺宝がこの展示室に順次展示されますので、
是非立ち寄りたいですね。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■3 東京ワンピースタワー
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
増上寺の安国殿脇の出口から歩いて6分ほどで、東京タワーに到着します。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-10.jpg

ここに3月13日にオープンしたのが、東京ワンピースタワー。
アニメ『ONE PEACE』の史上初、大型テーマパークです。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-11.jpg

ここでは1階から5階までを利用し、新たなストーリーが展開され、
来訪者は“麦わらの一味”の冒険が体感できる仕組みとなっています。
またエスカレーターなど、各所に隠れワンピースが潜んでいたり、
壁面には描き下ろしのイラストが描かれていたり、
随所に楽しめる仕掛けが施されています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-12.jpg

目玉のアトラクションは、5階の「ルフィのエンドレスアドベンチャー」。
ルフィの戦いをウォークスルーで楽しめるほか、
映像に合わせた水しぶきや風などリアルな演出が行われる体験型ワイドシアター、
ライブ・エンターテインメントショーなども人気です。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-13.jpg

4階では、
サウザンド・サニー号の中を探検できる「チョッパーのサウザンド・サニー号探検」、
「カルガモのレース」などの体験ができる
航海士ナミが経営する「ナミのカジノハウス」なども楽しめます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-14.jpg

また同じ4階にあるのが、
ゾロの剣術道場のアトラクション「ゾロの一刀両断」。
海軍砲弾を一刀両断できるシミュレーターを体験できるほか、
ずらりと並んだ登場人物の刀も見学できます。
さらにはフランキー将軍オリジナルフィギュアが手に入る
「フランキーのヘ・ン・タ・イボールコースター」も(1回500円、はずれなし)!
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-15.jpg

3階には販売している登場人物の衣装を購入し、
写真撮影などできる「なりきりコーナー」もあり。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-16.jpg

さまざまなアトラクションのほか、
1階にはビュッフェレストランの「サンジのおれ様レストラン」や、
麦わらの一味のくつろぎカフェ「Cafe Mugiwara」があり、
オリジナルメニューがいろいろ用意されています。
『ONE PIECE』好きにはうれしい、メニュー名にも注目です!
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-17.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-18.jpg

そして最後に寄りたいのは、「麦わらストア 東京ワンピース店」。
「ルフィ―の麦わら帽子」2000円などのほか、
作中に登場する悪魔の実の味を完全再現した「メラメラの実グミ」500円など
東京タワー店限定みやげあるので、必ずチェックして帰りましょう!
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-19.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-20.jpg
(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)Amusequest Tokyo Tower LLP

【Data】
1 芝公園
【住所】港区芝公園1・2・3・4丁目
【交通】都営地下鉄三田線「芝公園」駅A4出口・「御成門」駅A1出口 徒歩2分
都営地下鉄大江戸線 「赤羽橋」駅赤羽橋口 徒歩2分
【問い合わせ】03-3431-4359
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index001.html

2増上寺
【住所】港区芝公園4-7-35
【交通】都営地下鉄三田線「芝公園」駅A4出口、「御成門」駅A1出口 徒歩3分
都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門」駅A6出口 徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」駅赤羽橋口 徒歩7分
JR山手線ほか「浜松町」駅北口 徒歩10分
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅1番出口 徒歩10分
【問い合わせ】03-3432-1431
http://www.zojoji.or.jp/
http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/yukari/j/bld-detail.cgi?id=43

3 東京ワンピースタワー
【住所】港区芝公園4-2-8東京タワー フットタウン内
【交通】都営地下鉄大江戸線「赤羽橋駅」赤羽橋口 徒歩5分
都営地下鉄三田線「御成門」駅A1出口 徒歩6分
東京メトロ日比谷線「神谷町」1番出口 徒歩7分
都営地下鉄浅草線「大門」駅A6出口 徒歩10分
JR山手線ほか「浜松町」駅北口 徒歩約15分
【料金】料大人3200円、子供1600円、3歳以下無料
【問い合わせ】03-5777-5308(パーク)
03-5473-3737(ショップ)
03-5473-1500(レストラン・カフェ)
http://onepiecetower.tokyo


∽∽∽∽∽∽
☆ミニコラム
∽∽∽∽∽∽
芝エリアの桜スポット

今回、紹介した芝公園や増上寺以外にも
このエリアには桜スポットが集中しています。

芝東照宮には、ソメイヨシノのほかにも
カンヒザクラやシダレザクラ、一葉という八重桜があり、
少しずつ時期をずらして咲くので、長い期間楽しめます。

また増上寺の北側にある東京プリンスホテルも桜の多いスポット。
ガーデンアイランド付近で楽しめるほか、
店内から桜の眺められるレストランもあり、
4月12日まで「桜まつり」を開催しています。


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
イベント&アート情報
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【1】人間が共存 する違和感や不自然さを見つめた写真展
フォト・ギャラリー・インターナショナル
「竹之内祐幸作品展「鴉」」

鴉(カラス)を被写体にした写真展。
作者が幼い頃、“黒は鴉の色で鴉は怖い鳥だからダメ”と言われたこと、
最後まで減らないまま残ってしまうクレヨンの黒色への違和感や疑問などを
今、写真を撮ることでさぐりながら、同時に、
象徴することの不確実さも問いかける写真展となっています。
「もうひとつの視点」をテーマに日常の光景をスナップしながら、
違和感や不自然さの存在をあぶり出す写真を見ることができます。
作品展には、カラー作品約20点を展示します。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-21.jpg
(C)Hiroyuki Takenouchi

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-22.jpg
(C)Hiroyuki Takenouchi

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-23.jpg
(C)Hiroyuki Takenouchi

【期間】開催中〜4月28日(火)
【住所】港区芝浦4-12-32
【時間】月〜金曜11:00〜19:00、土曜11:00〜18:00
【定休日】日曜・祝日
【入場料】無料
【交通】JR山手線ほか「田町駅」芝浦口 徒歩10分
新交通ゆりかもめ「芝浦ふ頭」駅 徒歩15分
【問い合わせ】03-3455-7827
http://www.pgi.ac

【2】ヨーロッパ風俗画の魅力を鑑賞
国立新美術館
「ルーヴル美術館展」

パリのルーヴル美術館のコレクションから厳選された約80点を通し、
16 世紀から19 世紀半ばまでの人々の日常生活の情景を描いた
ヨーロッパ風俗画の展開をたどる企画展です。
中でも、ルーヴル美術館が所蔵するフェルメールの作品2点の内の1点
『天文学者』は、日本で初めて見ることができる作品です。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-24.jpg

ヨハネス・フェルメール『天文学者』1668年
Photo (C)RMN-Grand Palais (musee du Louvre) / Rene-Gabriel Ojeda /
distributed by AMF-DNPartcom
(museeの先のe、Reneの後のe、Ojedaのeにはフランス語のアクサン テギュが付きます)
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-25.jpg
ティツィアーノ『鏡の前の女』1515年頃
Photo (C) RMN-Grand Palais (musee du Louvre) / Franck Raux /
distributed by AMF - DNPartcom
(museeの先のeにはフランス語のアクサン テギュが付きます)

【期間】開催中〜6月1日(月曜)
【住所】港区六本木7-22-2
【時間】10:00〜18:00、金曜は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
【定休日】火曜 ※5月5日、26日は開館
【入場料】一般1600円、大学生1200円、高校生800円、中学生以下無料
【交通】東京メトロ千代田線「乃木坂」駅6出口 直結
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅7出口 徒歩4分
東京メトロ日比谷線「六本木」駅4a出口 徒歩5分
【問い合わせ】03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.ntv.co.jp/louvre2015


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
港区の名建築を訪ねて
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
■虎ノ門  金刀比羅宮
社殿(拝殿、幣殿)1951年造営、木造平屋建
銅鳥居 1821年造営

こちらの神社では戦災によって社殿が焼失し、
拝殿と幣殿を1951年に復興しましたが、
これらは建築家であり、東京帝国大学の建築史の教授で、
東洋建築史家の伊東忠太の設計校閲によるもの。
伊東忠太は、重要文化財の築地本願寺の設計などでも知られ、
こちらの建物にも日本古来の建築技法が随所に用いられています。

ともに総尾州檜造り、銅板葺の権現造りで、
拝殿は入母屋造の千鳥破風を張り出し、向拝部分は軒唐破風となっています。
2001年には東京都選定歴史的建造物に指定されました。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-26.jpg

また社殿の参道に建っているのが、銅鳥居。
1821年に奉納された明神型鳥居で、
左右の柱の上部に四神の彫刻が施された非常に珍しいものです。

四神とは四方の守護神で、
東を青龍、西を白虎、南を朱雀、北を玄武が守る霊鳥霊獣のこと。
こちらは、2001年に港区指定有形文化財・建造物として指定されました。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-4/1503-4-27.jpg

【住所】港区虎ノ門1-2-7
http://www.kotohira.or.jp/


◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、
どしどしお便りをお送りください。お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆


【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html


配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK