メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2015年3月5日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.
MINATOあらかると観光情報メール
  『WELCOME港区』2015/3/5号 vol.551
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

┏…━━゚+.━★CONTENTS…━━o゚+.━★━━o゚+.━★━━o゚+.━★
┣■3月のテーマ『桜・梅……春の花を訪ねて歩く』
|3月5日号は「お花見の新ポット・お台場エリアで散策」です。
|☆ミニコラム「お台場桜サイクリング」
┣■イベント&アート情報
┣■港区の名建築を訪ねて
┗…━━゚+.━★…━o゚+.━★…━━o゚+.━★━━★━━o゚+.━★

こんにちは!『WELCOME港区』編集部です。

今日は何の日!?
3月5 日は1967年に第1回、青梅マラソンが開催された日です。
第1回出場者の中には、東京オリンピック銅メダリストの円谷幸吉もいました。

青梅マラソンの場合、距離は30q(10qもあり)。
今までの最高記録は男子が1時間30分21秒の伊藤正樹選手、
女子が1時間39分9秒の野口みずき選手ですが、
唯一1時間30分を切った記録として残っているのは、
1981年の特別参加選手・瀬古利彦選手のオープン記録1時間29分32秒です。

さて、メールマガジン3月の特集テーマは
『桜・梅……春の花を訪ねて歩く』です。
今月からそろそろ桜の開花の便りもちらほら聞こえてくるようになりますが、
港区には有名なお花見スポットがいろいろあります。
そんなお花見スポットを中心に、
周辺の春の花なども併せて楽しんでしまおうというのが、今月の特集。
まずは、お台場エリアからスタートです!

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
3月のテーマ『桜・梅……春の花を訪ねて歩く』
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
「お花見の新スポット・お台場エリアで散策」
お台場海浜公園/台場公園/フジテレビ周辺/
デックス東京ビーチ「お台場イルミネーションYAKEI"〜夜桜Ver〜」

海のイメージが強いお台場ですが、
実は知る人ぞ知るお花見スポットとして、注目を集め始めています。

それというのも、お台場海浜公園に、
海上バスなどからもお花見が楽しめる名所を作っていこうと、
2004年から桜を植栽する「桜のネックレス形成事業」が行われ、
近年はお台場の海周辺がお花見できる散策コースとなってきているからです。
「桜のネックレス形成事業」とは変わった名称でありますが、
お台場の水域の周りを桜がネックレス状に咲いている様子を
イメージして付けられた名です。

またお台場の場合、特に1・2月から咲く「河津桜」から
3月下旬から4月に咲く「ソメイヨシノ」、
3月から4月に咲く「大島桜」、4月中旬から4月下旬に咲く「八重桜」と、
桜のリレーが楽しめるのも特徴となっています。

そして、今年からは夜のイルミネーションにも夜桜バージョンが登場!
より一層、お台場の桜が話題になりそうです。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■1 お台場海浜公園
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
まず始めは、お花見のメインスポットとなるお台場海浜公園から。
「お台場海浜公園」駅と「台場」駅、
どちらからも徒歩3分のロケーションにあります。

ここは、レインボーブリッジを眼前に、
フジテレビやリゾートホテルなどの近代的景観が広がる観光スポットですが、
静かな入り江を囲み白砂の砂浜や磯がある海浜公園となっており、
野鳥なども眺めることができる場所でもあります。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-01.jpg

園内各所に桜が植栽されており、
今年は2月から咲き始めた早咲きの河津桜が東岸などを中心に17本、
一重白の大島桜が122本、一重薄紅色のソメイヨシノが75本、
遅咲きのサトザクラが15本もあります。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-02.jpg

なおここにある早咲きの河津桜は、静岡県韮山町から寄贈されたもの。
台場建築150年を記念して、2004年に植樹されました。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-03.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-04.jpg

お花見時期には見事な景観を成し、
潮風を感じながら、お花見を散策が楽しめる心地よいスポットとなります。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-05.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-06.jpg

ちなみに800mも延びる人工の砂浜のおだいばビーチは、
伊豆諸島の神津島の砂を使用しているとのこと。
美しい白砂ビーチが景観にもマッチしています。
そして、ビーチ沿いや遊歩道の散策に疲れたら、
眺めのよいマリンハウスなどもあるので、ひと息つくのもおすすめです。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-07.jpg

+‥‥‥‥‥‥+
■2 台場公園
+‥‥‥‥‥‥+
お台場海浜公園の後は、その先にある台場公園へも足を延ばしてみましょう。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-08.jpg

今では多種の桜が咲くお台場ですが、
お台場の桜のはじまりは「台場」の地名の由来でもある、
ペリー来航時に造られた第三砲台の跡地にある台場公園と言われています。
砲台建設に尽力した江戸幕府の世襲代官・江川太郎左衛門と同郷民である
静岡県韮山町の韮山中学の生徒他34人が、
台場建設100年を記念し、現在の台場公園となっている場所に、
1953年3月10日に植樹を行った記録が残っています。

そしてこちらでは3月上旬から下旬にかけて、大島桜が楽しめます。
ここの大島桜は1本ですが、花が大きく純白の一重の花弁。
また例年4月中旬から咲く八重桜も7本あるので、
公園内の芝生エリアで、ピクニック気分を味わいながらお花見を楽しんでみましょう。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-09.jpg

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■3 フジテレビ周辺
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
さらにお台場の場合は、街路にもたくさんの桜があります。
アクアシティお台場の海側の街路には河津桜が咲き、
西側のホテル日航東京との間にも、ソメイヨシノがあります。
また特に美しいのが、フジテレビ周辺。
このあたりにはソメイヨシノなどが咲き、
桜並木となります。
夜も、街路灯に照らされた夜桜が楽しめるとのことです。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-10.jpg

一方、周辺にあるホテルでは、
桜にちなんだメニューなども用意されているので、
ゆったりと味わい、お台場で桜三昧の時間を過ごすのもいいでしょう。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■4 デックス東京ビーチ「お台場イルミネーションYAKEI"〜夜桜Ver〜」
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
クリスマスシーズンのイルミネーションで知られる、
デックス東京ビーチの夜景ですが、
いよいよ今年から、夜桜バージョンのイルミネーションが点灯しました。
期間は4月24日金曜まで。

高さ約20mの生木としては都内最大級の「台場メモリアルツリー」を中心に、
全長200mに渡る約40本の樹木が、ピンク色のやさしい光で構成される
約22万球の桜″をテーマにしたイルミネーションで彩られます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-11.jpg
画像はイメージ

また毎時0分と30分から、
「Emotional Spring(エモーショナル スプリング)」と題し、
1時間に2回流れる楽曲に合わせて樹木の光の色が変化する、
音と光のイルミネーションショーも開催されています。

さらに楽しみなのが、アジア初のプロジェクションシステムを採用した
「ILLUSION DOME(イリュージョンドーム)」。
壁面には幾層にも重なった立体的な桜並木の映像が投影され、
映像に触れると地面に散っている花びらが
一気に天井まで舞い上がる桜吹雪の演出などが楽しめます。
これはまさに、参加型のプロジェクションシステム。
シーサイドデッキ3階中央に設置されています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-12.jpg
画像はイメージ

なおシーサイドデッキ3階のハート型のオブジェは、
バックのイルミネーションと都心の夜景をワンカットで撮影できる
記念撮影スポットとして有名ですが、
ハート型のオブジェのボタンを押すと
バックに灯る樹木のイルミネーションの光が
音楽に合わせて色とりどりの光に変化します!

【Data】
1 お台場海浜公園
【住所】港区台場1丁目 お台場海浜公園
【交通】新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅北口 徒歩3分
新交通ゆりかもめ「台場」駅 徒歩3分
りんかい線「東京テレポート」駅 徒歩7分
【問い合わせ】03-5500-2455(東京港埠頭株式会社公園センター)
http://www.tptc.co.jp/tabid/395/default.aspx

2 台場公園
【住所】港区台場1-10-1
【交通】新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅北口 徒歩12分
りんかい線「東京テレポート」駅 徒歩15分
【問い合わせ】03-5500-2455(東京港埠頭株式会社公園センター)
http://www.tptc.co.jp/tabid/369/Default.aspx

3 フジテレビ周辺
【住所】港区台場2-4など
【交通】新交通ゆりかもめ「台場」駅 徒歩1、2分

4 デックス東京ビーチ「お台場イルミネーションYAKEI"〜夜桜Ver〜」
【住所】港区台場1-6-1
【交通】新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅北口 徒歩2分
りんかい線「東京テレポート」駅 徒歩5分
【問い合わせ】03-3599-6500
http://www.odaiba-decks.com/


∽∽∽∽∽∽
☆ミニコラム
∽∽∽∽∽∽
お台場桜サイクリング

お台場ではたくさんの桜が見られますが、
いろいろ見たい人には、レンタサイクルもおすすめです。

ホテル グランパシフィック LE DAIBAでは、
朝7:00から17:00まで自転車のレンタルが可能。
宿泊客以外の一般客は事前予約ができませんが、
2時間1500円、5時間2500円で、空いていれば借りることができます。

支払は現金のみ、貸し出しの際には身分証明書が必要となります。
詳しくはベルキャプテンデスクへ確認してみましょう。

【問い合わせ】03-5500-6711(代表)
http://www.grandpacific.jp/event/details.php?atg=20090615093327&preview=on


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
イベント&アート情報
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【1】注目のアーティストによるドローイングの世界
WAKO WORKS OF ART
「Drawings」

ジョーン・ジョナス、竹岡雄二、ヘンク・フィシュ、
リュック・タイマンス等をはじめとした、
世界を代表する現代アーティストの
ドローイング作品に注目した展覧会です。
普段発表されることの少なかった作品や活動初期の作品など、
貴重なドローイングが展示されます。
また、ジョーン・ジョナスは5月から開催される
世界最大規模の国際展「ベネチアビエンナーレ2015」で
アメリカの代表展示を務めることが決定しているアーティストです。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-13.jpg
「Drawings展」展示風景、 2015 (C) WAKO WORKS OF ART

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-14.jpg
「Drawings展」展示風景、2015 (C)WAKO WORKS OF ART

※展示作品は予告なく変更される場合があります

【期間】開催中〜3月28日(土曜)
【住所】港区六本木6-6-9ピラミデビル3階
【時間】11:00〜19:00
【定休日】日曜、月曜、祝日
【入場料】無料
【交通】東京メトロ日比谷線「六本木」駅3番出口 徒歩3分
【問い合わせ】03-6447-1820
http://www.wako-art.jp/top.php

【2】資料とともに振り返るノグチ・ルーム
慶應義塾大学アート・スペース
「ノグチ・ルーム再び アート・アーカイヴ資料展XII」

三田キャンパスにある“ノグチ・ルーム”は
彫刻家イサム・ノグチと建築家谷口吉郎の設計によるものです。
第二研究室一階に陣取ったこの談話室は、
2003年解体された後、形を変えて新校舎に移設されました。
今回の展示は、ノグチ・ルーム竣工時(1951)頃にキャンパス内にあった
他建築の資料とともに振り返る資料展となっています。

会期中の毎週水曜日14:00〜17:00には、
ノグチ・ルーム(萬來舎)の 特別公開をしています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-15.jpg
ノグチ・ルーム内観(移設前)写真1(撮影:平剛)

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-16.jpg
ノグチ・ルーム内観(移設前)写真2(撮影:平剛)

【期間】開催中〜4月17日(金曜)
【住所】港区三田2-15-45慶應義塾大学南別館1階アート・スペース
【時間】11:00〜17:00
【定休日】土曜、日曜、祝日
【入場料】無料
【交通】JR山手線ほか「田町」駅三田口、
都営地下鉄浅草線・三田線「三田」駅A3出口 徒歩8分
【問い合わせ】03-5427-1621
http://www.art-c.keio.ac.jp/

【3】世界がもっと近くなる!
新橋駅SL広場
「港区ワールドカーニバル」

港区にある各国大使館や観光団体が、
「人とつながる、地域とつながることで世界を感じよう!」をテーマに、
一堂に会する大イベント。

さまざまなブースが設けられ、
郷土料理や伝統民芸品の販売などが行われるほか、
舞台では各国の民族舞踊等も観賞することができます。

また3月6日(金曜)まで開催の、
港区内の大使館等をめぐるスタンプラリーイベント
「港区大使館 World Trip」の最終ゴールとなり、
集めたスタンプの数に応じて、くじ引きにチャレンジすることができます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-17.jpg

【開催日時】 2015 年 3 月 7 日(土曜)11:30〜 16:30
※雨天決行(荒天の場合は中止とする場合もあります)
【入場料】無料
【問い合わせ】03-6737-9343
(港区ワールドカーニバル実行委員会事務局
株式会社 JTB コーポレートセールス 霞が関第五事業部内
※平日9:30〜17:30、土・日曜、祝日休み)

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
港区の名建築を訪ねて
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
■根津美術館
弘仁亭・無事庵 1920年造営、木造平屋建
閑中庵・牛部屋 1920年造営、木造平屋建

今週から2週にわたり、根津美術館にある茶室について紹介します。

根津美術館の敷地は、実業家・初代根津嘉一郎本邸を受け継ぐものであり、
1941年には庭園と収集美術品を活用し、根津美術館が開館しました。
その後、戦災により3棟の蔵、現・薬師堂を残し、茶室群は罹災してしまいましたが、
1954年に美術館本館が再建され、各地から名席を移築することによって、
茶室群の復興がはかられました。
その時分の移築普請には、藤森工務店の藤森豊があたっています。

弘仁亭・無事庵は、
ともに煙草王と呼ばれた富豪の村井吉兵衛によって、
私邸「山王荘」(現・日比谷高校敷地)に建てられた茶室で、
建築着工は1916年、その後、1931年に赤坂の大倉男爵邸に移築された後、
1956年に「弘仁堂」跡地である現在地に再度移築され、
「弘仁亭」と名付けられました。

村井吉兵衛「山王荘」は、建坪558坪もの広大な住宅で、
武田五一、岡田信一郎を相談役に、小林富蔵が総棟梁を務めた近代和風建築です。
ここには、今日庵写しの二畳台目、又隠写しの四畳半と
広間の茶室の3席が連なっていました。

弘仁亭は三畳書院付の上段の間に、
一間床と半間脇床を持つ十四畳半の広間となっており、
二畳敷の控釜の部屋が接続しています。
白檀の曲木による床柱、上段の床の火頭窓、
竹と柾目板を組み合わせた無双の掃出窓など、
「山王荘」の室内意匠をほぼそのまま伝えています。
また上段の間部分の外壁側に
菱形の欄干をもつ濡縁があるため特徴的な外観となっており、
こちらも「山王荘」時代を踏襲しています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-18.jpg
庭園内の茶室「弘仁亭」と池

そして「山王荘」時代も弘仁亭と廊下を介し、連続していたといわれる無事庵。
ここは皮付丸太の床柱をもつ、四畳半本勝手の草庵茶席となっています。

一方、村井吉兵衛「山王荘」に弘仁亭の付属屋として建てられたのが、閑中庵。
ここは、客畳に添い襖を2枚入れ通い口としてあり、
五畳台目下座床向切の茶室となっています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1503-1/1503-1-19.jpg
閑中庵の門

また牛部屋は大炉を置く四畳半敷で、L字の土間が回る農家風茶席。
戦災で焼失した建物を再現し、1956年に再建。「清渓亭」と呼ばれていました。
当初、弘仁亭の待合に用いられていましたが、
1992年に現在の場所に移築された際に「牛部屋」となり、閑中庵に接続されました。
現在は、寄付や番茶席に用いられています。
門周辺は、光悦垣、鉄砲垣などが配されており、水琴窟も合わせ、
見どころとなっています。

なお2015年には、一般茶室見学が9回予定されており、
今月19日は、来週紹介予定の一樹庵・披錦斎の見学が可能となります。
また3月7日から4月6日までは本館で、
「コレクション展 救いとやすらぎのほとけ 菩薩」が開催されます。

【住所】港区南青山6-5-1
http://www.nezu-muse.or.jp/


◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、
どしどしお便りをお送りください。お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/
【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html


配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK