メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2014年12月25日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.
MINATOあらかると観光情報メール
  『WELCOME港区』2014/12/25号 vol.541
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

┏…━━゚+.━★CONTENTS…━━o゚+.━★━━o゚+.━★━━o゚+.━★
┣■12月のテーマ『街中を彩る☆港区イルミネーションスポット』
|12月25日号は「汐留・新橋・虎ノ門エリアを夜散歩」です。
|☆ミニコラム 虎ノ門ヒルズを訪れたらココにも注目!
┣■イベント&アート情報
┣■港区の名建築を訪ねて
┗…━━゚+.━★…━o゚+.━★…━━o゚+.━★━━★━━o゚+.━★

こんにちは!『WELCOME港区』編集部です。

今日は何の日!?
12月25日は「スケートの日」です。
1861年のこの日、冒険家のトーマス・ライト・ブラキストンが
日本で初めてスケートをしたことにちなんで制定されました。

港区内でも赤坂サカスにこの季節限定のスケートリンクが登場しています。
スケートへ行かれる時は、頭部を守るための帽子や素肌が出ない温かい服装、
手袋、靴下を持参しましょう。スケート靴を履く前には準備運動もお忘れなく!

さて、メールマガジン12月の特集テーマは
『街中を彩る☆港区イルミネーションスポット』です。
今週は、汐留や新橋のイルミネーションスポットを巡った後、
少し足を延ばして虎ノ門エリアまで夜散歩します。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
12月のテーマ『街中を彩る☆港区イルミネーションスポット』
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
「汐留・新橋・虎ノ門エリアを夜散歩」
カレッタ汐留/汐留シティセンター/新橋駅西口SL広場/虎ノ門ヒルズ

+‥‥‥‥‥‥‥‥+
■1カレッタ汐留
+‥‥‥‥‥‥‥‥+
カレッタ汐留で行われるイルミネーションは毎年人気が高く多くの人が訪れます。
今年のテーマは、「カノン・ダジュール Canyon d'Azur 〜光の渓谷へ〜」。
2015年1月12日(月曜・祝日)までの17:00〜23:00で開催され、
館内入口から続くブルーカーペットを辿っていくと、
趣向を凝らした “アジュール(青)”の装飾が散りばめられています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-01.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-02.jpg

特に見物となるのは、地下2階のカレッタプラザ。
360度の光に包まれる全長約15mにおよぶ「光の回廊」や、約10mの「光の柱」、
高さ約6mの「カリヨンツリー」など、約25万球のLEDで装飾された
“アジュール(青)”の世界に包まれる幻想的なイルミネーションです。
また、期間中の17:00〜22:00には、「カノン・ダジュール」の四季をイメージした
スペシャルプログラムショーを20分毎に開催しています。
※ショーの時間は、イベントや撮影などにより変更する場合があります
※2015年1月1日(木曜)、1月2日(金曜)は全館休業により休み
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-03.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-04.jpg

地上約200mからの絶景が素晴らしい46階のスカイレストランフロアにも、
フォトスポットが登場。また館内の対象飲食店舗、物販店舗では、
“アジュール(青)”にちなんだオリジナルドリンクや、グッズが販売されており、
「カノン・ダジュール」の世界を思う存分堪能できます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-05.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-06.jpg

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■2汐留シティセンター
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
青の世界を堪能した後は、真っ白な森の世界へ。
今年で11年目を迎える汐留シティセンターのイルミネーションは、
5万3000個のLEDで装飾され、羽ばたく鳥がイメージされています。
「White forest & Happiness flying Birds〜はばたき〜」を
テーマに、2015年1月12日(月曜)まで、16:00〜23:00で開催されています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-07.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-08.jpg

ショータイムでは、鳥たちが未来や夢に向かって美しく飛翔する様子を
光と音の演出で色鮮やかに表現し、都会のオアシスのような癒しを与えてくれます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-09.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-10.jpg

なお、本日12月25日(木曜)16:00〜23:30までは、汐留シティセンターの
エントランスや館内がクリスマスカラーで彩られています。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■3新橋駅西口SL広場
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
汐留を後に、待ち合わせスポットとして有名な新橋駅西口SL広場へ。
2015年1月10日(土曜)まで、17:00〜23:00の間、
シンボルの蒸気機関車が美しく彩られています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-11.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-12.jpg

約2万5000球の電飾で装飾された蒸気機関車は、
世界各国の音楽に合わせて電飾が動き、まるで機関車が走っているかのよう。
機関車の横には、愛らしい表情を浮かべた雪だるまが寄り添っています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-13.jpg

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■4虎ノ門ヒルズ
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
新橋から少し歩き、初めてのウィンターシーズンを迎える
新スポットへ向かいましょう。

虎ノ門ヒルズでは、2015年2月15日(日曜)までの間
冬の雪空をイメージした「TORANOMON HILLS WINTER 2014」が開催されています。

期間中、3層吹き抜けのアトリウム中央には、日本を代表する建築家・谷尻誠が
手掛けた「Toranomon White Forest」が登場。高さ10mのオブジェが
16:00〜23:00の間、4色に変化し、館内を華やかに演出します。
Toranomon White Forestの中には、虎ノ門ヒルズのキャラクター
「トラのもん」が顔を覗かせ、一緒に記念撮影ができるチャンスです。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-14.jpg

また虎ノ門ヒルズの頂部と、新橋側エントランス脇の換気塔では
「Sparkling stars, by celebration version」をテーマに
15分に1回、約2分間に渡り、様々なLEDがカラフルに光ります。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-15.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-16.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-17.jpg

そして何といってもこの冬の目玉は、屋外のオーバル広場に誕生した
高さ10mの彫刻《ルーツ》。世界的アーティストのジャウメ・プレンサによるもので、
8つの言語を使った文字で人間を象った巨大なパブリックアートです。
名前のとおり「虎ノ門ヒルズをルーツ(起点)として、
この一帯に新しい文化が根付き、その中から未来に繋がる発想や改革が
生まれるような街に成長してほしい」という願いが込められています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-18.jpg

【Data】
1カレッタ汐留
【住所】港区東新橋1-8-2
【交通】都営地下鉄大江戸線・新交通ゆりかもめ「汐留」駅すぐ
JR山手線ほか「新橋」駅 徒歩5分
【問い合わせ】03-6218-2100
http://www.caretta.jp/event/Illumination2014/index.html

2汐留シティセンター
【住所】港区東新橋1-5-2
【交通】JR山手線ほか「新橋」駅汐留口 徒歩3分
東京メトロ銀座線 「新橋」駅2番出口 徒歩3分
都営地下鉄浅草線「新橋」駅汐留(シオサイト)方面出口 徒歩1分
都営地下鉄大江戸線 「汐留」駅、JR・新交通ゆりかもめ「新橋」駅方面出口 徒歩1分
【問い合わせ】03-5568-3215
http://www.shiodome-cc.com

3新橋駅西口SL広場
【住所】港区新橋2-7
【交通】JR山手線ほか「新橋」駅日比谷口すぐ
【問い合わせ】03-3595-0145(愛宕一之部連合町会)

4虎ノ門ヒルズ
【住所】港区虎ノ門1-23-1〜4
【交通】東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅4番出口または1番出口 徒歩5分
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅3番出口 徒歩6分
都営地下鉄三田線「内幸町」駅A3番出口 徒歩8分
http://toranomonhills.com

∽∽∽∽∽∽
☆ミニコラム
∽∽∽∽∽∽
虎ノ門ヒルズを訪れたらココにも注目!

ウィンターシーズンに入り、より一層の盛り上がりを見せる虎ノ門ヒルズですが、
ご紹介したアート作品以外にも館内の至るところでパブリックアートを楽しめます。

例えば、1階車寄せロビーに展示された長さ約27mの巨大な油彩画は、
日本人若手アーティストによる作品で、日本の四季を色鮮やかに表現しています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-19.jpg
内海聖史《あたらしい水》

2Fオフィスロビーで一段と目を引くこちらは、大きな岩を約10mの高さから
落とし、床に砕け散った623個の岩を小宇宙に見立てています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-20.jpg
ジャン・ワン《Vniverse 29》

これらの生命力あふれるアートは、アジアを中心とした若手アーティストの力作で、
いずれも森美術館監修による選りすぐりの作品です。
常設展示されていますので、立ち寄られた際は、覗いてみてください。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
イベント&アート情報
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【1】名品の数々をまとめて公開!
サントリー美術館
「天才陶工 仁阿弥道八」

仁阿弥道八(にんなみどうはち)は、京都の陶工・高橋道八家の二代目にあたり
清水五条坂を拠点に活躍した京焼の名工です。茶道具から食器、置物などの
彫塑的な作品に至るまで多くの作品を残し、
その名品の数々は関西を中心に今もなお愛され続けています。

これまでは、まとめて公開される機会が少なかった仁阿弥道八の作品ですが、
本展では、技とユーモアが冴えわたる作品の数々を一挙に公開しています。
また、ボストン美術館所蔵「モース・コレクション日本陶磁」からも
12件の作品が里帰りしている貴重な展覧会です。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-21.jpg
色絵寿星立像 仁阿弥道八 江戸時代 19世紀
野崎家塩業歴史館蔵

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-22.jpg
銹絵芋頭水指 初代高橋道八作 松村景文画 江戸時代 18-19世紀
京都府立総合資料館蔵(京都文化博物館管理)

【期間】開催中〜2015年3月1日(日曜)
【住所】港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
【定休日】火曜、12月29日(月曜)〜2015年1月1日(木曜)
【時間】10:00〜18:00(金曜・土曜は〜20:00。入館は閉館の30分前まで、
但し2015年1月2日(金曜)は〜18:00)
1月11日(日曜)は20:00まで開館(いずれも入館は閉館の30分前まで)
【入場料】一般1300円、大学・高校生1000円、中学生以下無料
【交通】
東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線「六本木」駅 直結
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅2番出口 徒歩3分
【問い合わせ】03-3479-8600
http://suntory.jp/SMA/

【2】先住民族が作る貴重な作品を公開
カナダ大使館高円宮記念ギャラリー
「物語を探って:カナダ先住民現代アート」

大使館の中にありながら、一般の人も自由に入場できるギャラリーです。
今回は、アルバータ芸術財団のコレクションの中から、
12人の先住民アーティストに焦点を当て、伝統的なモチーフを見せたり、
コンテンポラリーな様式の作品などを展示しました。
写真をベースにしたものやアクリル画の作品など、バラエティーに富んでいます。

これらの作品に共通するテーマは「物語」の伝承です。
民族の長老から伝えられた「物語」、理解し意味を捉えようとする探究の「物語」、
アイデンティティーや帰属の「物語」、危機に瀕している文化を護るために
再び語られる「物語」などが表現されています。
作品の多くが、過去に浸り、現在を写し、
未来への希望に満ちたストーリーを語っているのです。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-23.jpg
Dale Auger, Caller of Blue Medicine Lodge, 2000

【期間】開催中〜2015年2月27日(金曜)
【住所】港区赤坂7-3-38カナダ大使館
【定休日】土曜、日曜 ※12月25日(木曜)、26日(金曜)、
1月1日(木曜)、2日(金曜)、2月11日(水曜)は休み
【時間】10:00〜17:30
水曜10:00〜20:00 ※31日(水曜)は10:00〜17:30
【入場料】無料
【交通】東京メトロ銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅4番出口 徒歩4分
【問い合わせ】03-5412-6257
http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/events-evenements/gallery-galerie.aspx?lang=jpn

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
港区の名建築を訪ねて
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
■清水畳店
1935年頃竣工、木造2階建。

先々週もご紹介した「白金北里通り」にある建築物。
今でも大正時代に建てられた出桁造の町家や
昭和初期の看板建築の建物が連続して建ち、
歴史的町並みを伝えていますが、
こちらの清水畳店は看板建築の代表的建物で、
通りの看板建築の中で、最も外観意匠を凝らした建物となっています。

白金北里通りの角地に立地しながら、
通り沿いの外壁二面をモルタル塗りにし装飾を施しています。
コーナーにはスクラッチタイルを張り、
外壁にアクセントをつけているのが特徴です。

当初、油屋が建てたものと伝わりますが、
現在の清水家が1944年にここに移り住み、現在まで建物を維持し続けています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-24.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-4/1412-4-25.jpg

【住所】港区白金6-2-19

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、
どしどしお便りをお送りください。お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/
【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html


配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK