メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2014年12月18日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.
MINATOあらかると観光情報メール
  『WELCOME港区』2014/12/18号 vol.540
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

┏…━━゚+.━★CONTENTS…━━o゚+.━★━━o゚+.━★━━o゚+.━★
┣■12月のテーマ『街中を彩る☆港区イルミネーションスポット』
|12月18日号は「台場エリアを夜散歩」です。
|☆ミニコラム イルミネーションアイランドお台場2014
┣■イベント&アート情報
┣■港区の名建築を訪ねて
┗…━━゚+.━★…━o゚+.━★…━━o゚+.━★━━★━━o゚+.━★

こんにちは!『WELCOME港区』編集部です。

今日は何の日!?
12月18日の誕生花は「セージ」です。

地中海沿岸に分布する植物で、観葉植物として有名なサルビアの仲間です。
古代ギリシア、ローマ時代から薬用、香辛料として使用されてきました。
香りが強いハーブで、特に肉の臭みを取るのにぴったり。
ラム肉や肝臓系の肉料理によく使われています。

また、セージには抗菌作用と抗酸化作用があるため
老化の防止や口内炎にも効果が期待でき、
セージのハーブティーは風邪で喉が痛い時などにおすすめです。

さて、メールマガジン12月の特集テーマは
『街中を彩る☆港区イルミネーションスポット』です。
今週は、デックス東京ビーチやフジテレビなど
台場のイルミネーションスポットをご紹介します。


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
12月のテーマ『街中を彩る☆港区イルミネーションスポット』
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
「台場エリアを夜散歩」
デックス東京ビーチ/“東京リゾー島”アクアシティお台場/フジテレビ
レインボーブリッジ/自由の女神像(レプリカ)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■1デックス東京ビーチ
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
お台場でイルミネーションといえば、ココは外せません。
今年はバージョンアップした「お台場イルミネーション"YAKEI"」が
11月13日(木)からスタート。1年を通して17:00〜24:00まで
見ることができるイルミネーションですが、クリスマスに向けた
今だけの趣向が散りばめられています。
※12月31日(水曜)のみ日没〜29:00まで点灯

見どころは3つ。
まずは「台場メモリアルツリー」です。
高さ約20m、幅10m、生木としては都内最大級の台場メモリアルツリーを
中心とした全長約200mに広がる樹木を、約22万球の光が包み込みます。
30分に1回流れる楽曲に合わせて、イエロー、オレンジ、レッド、ピンク、
パープル、ブルー、グリーンの7色に変化する
光と音のイリュージョンをお楽しみ頂けます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-01.jpg

12月20日(土曜)、27日(土曜)19:00〜約10分間には、
「お台場レインボー花火2014」(荒天の場合は中止)が開催されます。
台場の夜景と冬の花火が楽しめる幻想的な毎年大人気のイベントです。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-02.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-03.jpg

2つ目は、「ILLUSION DOME」です。
人の動きを感知して映像に反映し、トンネル型の壁面から床面までの
360度の映像を投影する、アジア初となる屋外参加型の
プロジェクションシステムです。
12月25日(木曜)までは、クリスマスバージョンとして、
サンタクロースやプレゼントなどのアニメーション映像が投影されます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-04.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-05.jpg

3つ目は「ハート型オブジェ」。
台場メモリアルツリーと都心の夜景、レインボーブリッジを
ワンカットで撮影できる記念撮影スポットです。
スタッフが撮影をしてくれるサービスもあります。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-06.jpg

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■2“東京リゾー島”アクアシティお台場
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
デックス東京ビーチで夜景を楽しんだ後は、隣のアクアシティお台場へ。
12月25日(木曜)まで、「AQUA XMAS2014〜きっと伝わる音と光の
ベイサイドクリスマス〜」を開催しています。

屋内にある「アクアアリーナ」では、海の底から上がってくる光の泡を
イメージした、高さ約7mのバブルツリーと、アーティストによる海の生物たちの
スポンジアートがコラボレーションしたイルミネーションを開催しています。
会期中は1時間に1回、海底の世界をイメージした音楽に合わせて
光のショーが繰り広げられ、イルカ、クジラ、カメなどの生物たちが
まるで深い海の中で泳いでいるような幻想的で癒しの空間を堪能できます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-07.jpg

また、屋外の「女神のテラス」には、「AQUA LOVE DOME」オブジェが登場。
自由の女神とレインボーブリッジを背景に、記念撮影はいかがでしょうか。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-08.jpg

そのほか、シーサイドモール 3Fのジョイポリスではクリスマスイベントが行われ、
館内のショップやレストランでは、クリスマス限定商品やメニューが店頭に並び、
華やかな雰囲気で賑わっています。

+‥‥‥‥‥‥‥‥+
■3フジテレビ
+‥‥‥‥‥‥‥‥+
フジテレビ社屋の壁面全面を使って表現される光と音のイルミネーション
「GLITTER8(グリッターエイト)〜キラキラヒカルフジテレビ〜」は、
窓727枚(LED数は46255球)を使い、フジテレビの人気番組楽曲などと
連動したイルミネーションショーで、通常は土曜と日曜の夜に行われています。

12月6日(土曜)から12月25日(木曜)までは、クリスマス限定として
「恋人たちのクリスマス」や「ラスト・クリスマス」などの
クリスマスソングにのせて、サンタやトナカイも登場するこの時季だけの
スペシャルコンテンツを開催しています。

また、12月20日(土曜)から1月4日(日曜)までは
連日で点灯し台場を盛り上げます。

※イルミネーションショーは18:00〜21:00の毎正時、毎半時開催

収録や天候によりスケジュールが変動する場合がありますので、
事前にHPを確認しましょう。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-09.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-10.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-11.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-12.jpg

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■4レインボーブリッジ
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
台場のシンボル、港区芝浦地区と台場地区を結ぶレインボーブリッジは、
2015年1月4日(日曜)日没〜24:00までの間、虹色に輝くスペシャル
ライトアップが実施されています。
※12月24日(水曜)日没〜翌2:00、12月31日(水曜)日没〜日の出まで
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-13.jpg

なお、通常のライトアップは白色ですが、季節によって色が変わり、
冬(11〜3月)は主塔が温かみのある白色(温白色)に、
夏(4〜10月)は主塔が涼しげな白色になります。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■5自由の女神像(レプリカ)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
最後に立ち寄ったのは、自由の女神像(レプリカ)です。
「日本におけるフランス年」を記念して、1998年4月から1年間
お台場海浜公園に来ていたパリにある自由の女神像から型を取って造られました。
台座からの高さ約11m、重さ約9トンのレプリカが、夜になるとライトアップ。
バッグの夜景やレインボーブリッジとのコントラストを楽しめます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-14.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-15.jpg

【Data】
1デックス東京ビーチ
【住所】港区台場1-6-1
【交通】新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅北口 徒歩2分
りんかい線「東京テレポート」駅B出口 徒歩5分
【問い合わせ】03-3599-6500
http://www.odaiba-decks.com

2“東京リゾー島”アクアシティお台場
【住所】港区台場1-7-1
【交通】新交通ゆりかもめ「台場」駅北口 徒歩1分
りんかい線「東京テレポート」駅B出口 徒歩6分
【問い合わせ】03-3599-4700
http://www.aquacity.jp

3フジテレビ
【住所】港区台場2-4-8
【交通】新交通ゆりかもめ「台場」駅北口 徒歩3分
りんかい線「東京テレポート」駅B出口 徒歩5分
【問い合わせ】03-5531-1111
http://www.glitter-8.com

4 レインボーブリッジ
【住所】港区海岸3丁目〜台場1丁目
【問い合わせ】03-6667-5855(首都高速お客様センター)
http://www.shutoko.jp

5自由の女神像(レプリカ)
【住所】港区台場1-4
【交通】新交通ゆりかもめ「台場」駅南口 徒歩3分
【問い合わせ】03-5531-0852(お台場海浜公園事務所)
http://www.tptc.co.jp/park/odaiba/tabid/769/Default.aspx

∽∽∽∽∽∽
☆ミニコラム
∽∽∽∽∽∽
イルミネーションアイランドお台場2014

12月25日(木曜)までの間、お台場では「ファンタジーが輝くクリスマス」を
テーマに、「イルミネーションアイランドお台場2014」が開催されています。
今回の夜散歩でご紹介した施設のほか、プロムナードや駅構内、他施設などでも
キラキラ輝くイルミネーションやクリスマスに向けたイベントを楽しめます。
下記の写真は、デックス東京ビーチとホテル日航東京の間を通るプロムナードの
イルミネーションです。詳細情報はHPをチェック。http://iiodaiba.com
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-16.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-17.jpg

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
イベント&アート情報
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【1】近世の風俗画コレクションが公開
根津美術館
「誰が袖図−描かれたきもの−」

「これは誰の袖なのか」。そんな風変わりな名前で呼ばれる絵があります。
衣桁や屏風にたくさんの衣裳を掛け並べた様子を描く「誰が袖図」です。
「誰が袖図」には、秘められた室内空間を覗き見て、そこに掛けられた
美しい衣裳を愛で、薫きしめられた香りをイメージし、ひいてはそれを
着る人の面影をしのぶ、そんな多層的な趣向が備わっています。

本展は、根津美術館が所蔵する華やかで、かつ少し謎めいた3点の
「誰が袖図屏風」を中心に、衣裳の美しさを見所のひとつとする美人画など、
近世の風俗画が楽しめる展覧会です。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-18.jpg
誰(た)が袖(そで)美人図屏風 (左隻) 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-19.jpg
誰(た)が袖(そで)図屏風 (左隻) 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

また、展示室2で「婚礼衣裳―旧竹田宮家所蔵品を中心に―」、
展示室5では「館蔵の名碗20撰」、展示室6で「霜月の茶」が同時開催されています。

【期間】開催中〜12月23日(火曜・祝日)
【住所】港区南青山6-5-1 展示室1・2
【定休日】月曜
【時間】10:00〜17:00(入館は16:30まで)
【入場料】一般1000円、学生(高校生以上)800円、中学生以下無料
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A5出口 徒歩8分
【問い合わせ】03-3400-2536
http://www.nezu-muse.or.jp

【2】白に映える自由な曲線
art gallery closet
樋口朋之「What You see and what I see」

白を基調としたシンプルなギャラリーに、鮮やかで透明感のある作品が並びます。
樋口朋之は、リズミカルなストロークの筆触とそこから生まれる形態が特徴的な
作家であり、躍動感が充溢した絵画空間を創出し続けています。
毎日、日記のようにデッサンを行い、テンペラや油彩という古典的な技法に
拘りながらも、時代の流行や枠にとらわれることがない魅力に引きつけられます。

本展では、自由な曲線の中に力強さを感じる
【Green x Green,910x1167(白神)】のほか、新作も公開される予定です。
また、12月20日(土曜)18:00より、作家を囲んだパーティーがあり
一般の人も参加することができます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-20.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-21.jpg

【期間】開催中〜12月27日(土曜)
【住所】港区西麻布2-11-10 霞町ビル3階
【定休日】水曜、日曜
【時間】12:00〜18:30、土曜・祝日11:00〜18:30
【入場料】無料
【交通】東京メトロ「乃木坂」駅5番出口 徒歩8分、
東京メトロ「六本木」駅2番出口 徒歩9分
【問い合わせ】03-5469-0355
http://www.gallery-closet.jp

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
港区の名建築を訪ねて
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
■吉川屋
1950年頃竣工、木造3階建。

マンサード屋根をのせたモルタル塗りの看板建築で、
現当主の父である先代の伊東三次郎が大工棟梁であったため、
自家設計で建てた建物。
棟梁は、元日本銀行総裁・一万田尚登の茶室普請にも携わった人物であり、
住宅普請も数寄屋を基調とした室内意匠となっています。
1階は店舗、2階以上が住居の併用住宅で、
2階床の間には金箔なども貼ってあったそうですが、
それらの意匠を守るため、
現当主夫妻は子供を2階では遊ばせなかったといいます。

この一帯は、戦時中、建物疎開が実施されたエリアのため
戦前の建物は残っておらず、こちらの建物も戦後初期に建てられたもの。
また周辺の再開発により、マンションへの等価交換などの話もあったそうですが、
現当主が土地を買い取り、現在の建物を残したといいます。
建物には釘をあまり使用しておらず、
先の東日本大震災時でも、さほどひどい揺れは感じなかったとのこと。

なお建築材料は京橋の篠田銘木店が担当、
建具については三田三丁目の建具屋だった杉浦氏が手掛けたものとなっています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-22.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1412-3/1412-3-23.jpg

【住所】港区芝5-29-2

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、
どしどしお便りをお送りください。お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/
【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html


配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK