メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2014年11月6日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.
MINATOあらかると観光情報メール
  『WELCOME港区』2014/11/6号 vol.534
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

┏…━━゚+.━★CONTENTS…━━o゚+.━★━━o゚+.━★━━o゚+.━★
┣■11月のテーマ『港区紅葉街あるき♪』
|11月6日号は「広尾、麻布十番の街を紅葉散策」です。
|☆ミニコラム「イチョウに雄株、雌株がある?」
┣■イベント&アート情報
┣■港区の名建築を訪ねて
┗…━━゚+.━★…━o゚+.━★…━━o゚+.━★━━★━━o゚+.━★

こんにちは!『WELCOME港区』編集部です。

今日は何の日!?
11月6日、この日の誕生花に「カサブランカ」があります。
カサブランカは、オリエンタルハイブリッドと呼ばれる
ユリ科ユリ属の耐寒性球根植物で、ユリの中で最も大きな花を
咲かせることから、ユリの女王と称えられています。
花言葉は「純潔」や「無垢」。

初夏に開花しますが、植え付けは今がベストシーズンです。
甘い香りと高貴な存在感が人気のカサブランカ。
来年に向けて、あなたも植え付けをしてみませんか?

さて、メールマガジン11月の特集テーマは
『港区紅葉街あるき』です。
いよいよ紅葉シーズンに突入で、お散歩が楽しいですね。
今週は広尾の有栖川宮記念公園からスタートして
麻布十番の麻布山 善福寺までをたどるルートをご紹介します!
朝晩は冷え込むので防寒対策もしっかりと。秋の散策に出掛けましょう!

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
11月のテーマ『港区紅葉街あるき♪』
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
「広尾、麻布十番の街を紅葉散策」
有栖川宮記念公園/都立中央図書館/ドイツ連邦共和国大使館/
日本基督教団 安藤記念教会会堂/麻布山 善福寺

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■1有栖川宮記念公園
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
東京メトロ日比谷線「広尾」駅から程近い、
閑静な住宅街の中にある有栖川宮記念公園。
麻布台地の地形を生かした小さな渓谷や滝、散策路、
遊具などがあり、近隣住人のオアシス的存在です。
秋の訪れと共に、池の周辺にあるイチョウの葉や
モミジが鮮やかに色づき、紅葉スポットとしても知られています。
池を覗くとカモや鯉が優雅に泳ぐ姿を見ることができます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-01.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-02.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-03.jpg

この土地は、江戸時代、盛岡南部藩の下屋敷がありました。
1896年、有栖川宮韶仁親王の
第一王子である有栖川宮威仁親王の御用地となり、有栖川宮が廃絶後、
大正天皇が有栖川宮の旧称高松宮の称号を賜り祭祀承継者に。
その後、児童の遊び場に深い興味を持っていた高松宮は
故有栖川宮威仁親王の命日にあたる1934年にこの地を東京市に
下賜され、記念公園として一般公開しました。

南東側の広場には、公園のシンボル「有栖川宮熾仁親王銅像」や
公園の歴史を刻んだ「記念碑」、
石彫の第一人者・舟越保武氏による「笛吹き少年の像」、
少年の保護育成推進のために建てられた「新聞少年の像」などが建てられています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-04.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-05.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-06.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-07.jpg

また、園内では不定期で季節のイベントも開催されており、
公園管理事務所などで告知を行っています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-08.jpg

+‥‥‥‥‥‥‥‥+
■2都立中央図書館
+‥‥‥‥‥‥‥‥+
有栖川宮記念公園の中にある都立中央図書館は、
1973年、都立日比谷図書館の蔵書を引き継いで開館しました。
通称「トリチュー」と呼ばれ親しまれている人気の図書館です。
閲覧スペースは1〜5階。蔵書数は国内の公立図書館では最大級の
約188万冊を所蔵。このうち約35万冊を開架しているほか、
新聞記事等のデータベース利用も可能です。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-09.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-10.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-11.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-12.jpg

館内へは、A4サイズ以上の荷物は持ち込みができないため、
受け付け横にあるコインロッカーを利用しましょう。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-13.jpg

館内の閲覧席数は1000席。有栖川宮記念公園に面している窓側席は、
秋になると紅葉が楽しめる特等席。春には桜も一面に広がります。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-14.jpg

5階のカフェテリアは、120席で和食・洋食・中華など
約40種類のメニューが並び、カレーライスが一番人気!
お弁当を持ち込むこともできます。
併設の談話室では、参加者が面白いと思った本を持ち寄り発表する
書評会(ビブリオバトル)の実践も可能です。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-15.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-16.jpg

なお4階の特別文庫室では、11月9日(日)まで、
東京文化財ウィーク2014の参加企画展
「江戸城本丸大広間−権力の舞台装置−」が開催中です。
国の重要文化財である江戸城造営関係の資料(甲良家伝来)が展示され、
巨大な江戸城本丸の複製平面図や、DVD上映、
貴重資料のパソコン閲覧などができます。※11月6日(木)は休館。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-17.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-18.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-19.jpg

11月22日(土)〜2015年1月18日(日)は、
「図書館から広がる世界〜所蔵資料でめぐる世界と日本の文化〜」が開催予定です。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■3ドイツ連邦共和国大使館
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
有栖川宮記念公園を南東に出ると、南部坂を挟んで
ドイツ連邦共和国大使館があります。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-20.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-21.jpg

今年の11月9日(日)は、ベルリンの壁崩壊から25周年にあたり、
これを記念して、ドイツ大使館では、大使館の外壁を使った写真展
「ベルリンの壁崩壊から25年−
壁に囲まれた街から世界に開かれた都市へ」を開催中。

外壁の一部にはグラフィックアーティスト乾慎一郎氏による
グラフィックアートが描かれています。
グラフィックアート制作の模様は下記サイトで閲覧可能です。
http://youtu.be/mRUPoW04rec

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-22.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-23.jpg

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■4日本基督教団 安藤記念教会会堂
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
南部坂から5分程歩いたところに
大谷石とステンドグラスが特徴的な礼拝堂があります。
教会の創立者である安藤太郎は、1886年初代ハワイ総領事就任時代に、
キリスト教と出会い、夫人とともに洗礼を受けました。
そして自宅を日本メソジスト銀座教会安藤記念講義所とし、
1918年「安藤記念教会」を設立しました。
建物は東京都選定歴史的建造物とされています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-24.jpg

ステンドグラスは日本初のステンドグラス作家・小川三知氏に
よるもので、礼拝堂後方の大きな作品は緑色を主調としながら、
赤を要所に用いた大変貴重なものです。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-25.jpg

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■5麻布山 善福寺
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
麻布十番方面へ足を運び、麻布山 善福寺へ。
昨週も紹介をした寺院ですが、実はこちらは紅葉の名所。
境内にある、推定樹齢750年の「逆さ銀杏」は、樹高約20m、
幹周り10.4mと都内最大級です。
かつて親鸞聖人が巡礼の際に立ち寄り、持っていた枝を地面に
さしたところ、芽吹いて成長したと伝えられており、
国の天然記念物に指定されています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-26.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-27.jpg

また、他にもハリス記念碑が建っている場所に
イチョウの大木があり、こちらも美しく色づきます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-28.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-29.jpg

【Data】
1有栖川宮記念公園
【住所】港区南麻布5-7-29
【交通】東京メトロ日比谷線「広尾」駅1番出口 徒歩3分
http://www.arisugawa-park.jp/index.php

2都立中央図書館
【住所】港区南麻布5-7-13
【交通】東京メトロ日比谷線「広尾」駅1番出口 徒歩8分
http://www.library.metro.tokyo.jp/guide/central_library/tabid/1404/Default.aspx

3ドイツ連邦共和国大使館
【住所】港区南麻布4-5-10
【交通】東京メトロ日比谷線「広尾」駅1番出口 徒歩3分
http://www.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/Startseite.html

4日本基督教団 安藤記念教会会堂
【住所】港区元麻布2-14-16
【交通】都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅7番出口 徒歩10分
http://ando-kinen.com
http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/yukari/j/bld-detail.cgi?id=34

5麻布山 善福寺
【住所】港区元麻布1-6-21
【交通】東京メトロ南北線「麻布十番」駅1番出口 徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅7番出口 徒歩10分
www.azabu-san.or.jp/zenpukuji
http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/yukari/j/man-detail.cgi?name=%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%B9

∽∽∽∽∽∽
☆ミニコラム
∽∽∽∽∽∽
イチョウの木には雄株と雌株があるのをご存知ですか?
俗説では、葉っぱの中央にある切れ目の浅い・深いで
雌雄を見分けると言われていますが、これには根拠がなく、
雄株、雌株は、開花時期の雄花と雌花の違いによって判別可能です。

雄株には実(銀杏)が成らず、雌株には実が成ります。
専門的には「雌雄異株」「雌雄別株」と言い、
他にもタカノツメ、ヤナギなどが雌雄異株です。
イチョウは落ちた銀杏の匂いが強いため、
街路樹としては、雌株より雄株の方が好まれているようです。


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
イベント&アート情報
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【1】約500作品が日本に初上陸!
森アーツセンターギャラリー
「ティム・バートンの世界」

映画「シザーハンズ」や「チャーリーとチョコレート工場」などを手掛け、
独特の世界観を見せてきた、映画界の鬼才・ティム・バートン。
彼が幼い頃から描き続けてきたデッサンやスケッチ、
オブジェに写真などに加え、10代の頃に撮影した未公開映像など、
作品の原点が垣間見える、日本初上陸の約500作品が展示されます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-30.jpg
ブルーガールとワイン 1997年頃 71.1 x 55.9 cm
油彩・キャンバス
(C)2014 Tim Burton

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-31.jpg
無題(『オイスターボーイの憂鬱な死』) 1982-1984年頃 25.4 x 22.9 cm
ペン・インク・マーカー・色鉛筆・紙
(C)2014 Tim Burton

This exhibition is organized by Jenny He, Independent Curator,
in collaboration with  Tim Burton Productions.

【期間】開催中〜2015年1月4日(日)
【住所】港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
【定休日】会期中無休
【時間】11:00〜22:00(土日祝は〜23:00、入館は30分前まで)
【入場料】一般1800円、高校・大学生1300円、4歳〜中学生800円
【交通】東京メトロ 日比谷線「六本木」駅1C出口 徒歩0分(コンコースにて直結)
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅 徒歩4分
都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅 徒歩5分
東京メトロ南北線「麻布十番」駅 徒歩8分
【問い合わせ】0570-063-050(ローソンチケット内)
http://www.tim-burton.jp

【2】多様な和紙と紙文化を知る
伊勢半本店 紅ミュージアム
「かみ、さまざま―広がる和紙の世界」

かつて紙は、特定の層が特定の用に使う貴重品でしたが、
近世になるとその消費量は町人社会にまで拡大します。
障子や屏風などの建具や行灯・提灯などの照明具、防水性を持たせた傘や合羽、
漆を塗り耐久性を持たせて煙草入れに使われるなど張り重ね、揉み、絞り、
あるいは撚って編み、折り包むなどして日常生活の実用品に姿を変えました。
あれもこれも「紙」からできている、驚きとその技術の素晴らしさを
江戸〜明治期の資料を中心に展示します。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-32.jpg
擬革紙/公益財団法人 紙の博物館

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-33.jpg
紙布手提げ袋

【期間】開催中〜12月14日(日曜)
【住所】港区南青山6-6-20 K's南青山ビル1F
【定休日】月曜(月曜が祝日または振替休日の場合、翌日休)
【時間】10:00〜18:00(金曜は〜20:00、入館は閉館30分前まで)
【入場料】一般500円(同伴者1名、障碍者手帳提示者、小学生以下無料)
【交通】
東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅B1出口 徒歩12分
都バス・ちぃばす青山ルート「南青山七丁目」バス停 徒歩すぐ
【問い合わせ】03-5467-3735(伊勢半本店 紅ミュージアム)
http://www.isehanhonten.co.jp

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
港区の名建築を訪ねて
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
■迎賓館赤坂離宮
1909年竣工。鉄骨煉瓦造(一部石造)、地上2階建(地階付)。

現在の迎賓館赤坂離宮の敷地は、
元紀州藩徳川家中屋敷があった場所。

現存する迎賓館赤坂離宮は、
当時皇太子だった大正天皇のための東宮御所として建てられ、
1899年に起工、1909年に竣工。
日本初の洋風宮殿建築です。

設計の総指揮を執ったのは、宮内省内匠寮技師の片山東熊(とうくま)。
片山は東京大学工学部の前身のひとつである工部大学校造家学科の1期生で、
鹿鳴館などを設計したジョサイア・コンドルの弟子であり、
同期には辰野金吾、曽禰達蔵などがいます。

その後、片山は工部省を経て、コンドルによる有栖川邸建設に参加し、
有栖川宮熾仁親王の欧州視察にも同行し、各国の宮殿を訪れています。

迎賓館赤坂離宮は、外観がネオ・バロック式で、
内部はフランス十八世紀末、十九世紀初頭の様式を主に各種の様式でまとめられ、
室内装飾や美術工芸品の調査・製作には、黒田清輝や浅井忠、岡田三郎助など
当時の芸術家の総力が結集されています。

建物は、戦後、国会図書館などに転用されましたが、
村野藤吾の監修により改修され、1974年に迎賓館として完成しました。
2009年、旧東宮御所(迎賓館、赤坂離宮)として、国宝に指定されています。

【お知らせ】
11月8日(土)から10日(月)の
10:00から16:00まで(入場受付15:30まで)、
迎賓館赤坂離宮の前庭公開が行われます。
事前申し込み不要でどなたでも入場いただけますので、気軽に出掛けてみましょう。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1411-1/1411-1-34.jpg

【住所】港区元赤坂2-1
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/index.html
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/sankan/zenteikoukai.html
http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/yukari/j/bld-detail.cgi?id=1
http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/yukari/j/man-detail.cgi?id=27

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、
どしどしお便りをお送りください。お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/
【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html


配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK