メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2014年8月21日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.
MINATOあらかると観光情報メール
  『WELCOME港区』2014/8/21号 vol.523
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

┏…━━゚+.━★CONTENTS…━━o゚+.━★━━o゚+.━★━━o゚+.━★
┣■8月のテーマ『穴場スポットで自由研究をやっちゃおう!』
|8月21日号は「最先端技術を学べるスポット大特集」
|☆ミニコラム 最新技術「AR」で見学
┣■イベント&アート情報
┣■港区の名建築を訪ねて「港区の文化財特集(3)」
┗…━━゚+.━★…━o゚+.━★…━━o゚+.━★━━★━━o゚+.━★

こんにちは!『WELCOME港区』編集部です。

今日は何の日!?
8月21日は「噴水の日」です。
1877年のこの日、「第1回内国勧業博覧会」の開場式が開催され、
会場となった上野公園の人工池に西洋式噴水が作られたことを記念し、
この日が制定されました。

港区にも噴水のある公園がいくつか点在しているので、
涼を求め、そのような公園に足を運んでみるのもおすすめです。

さて8月のテーマは、『穴場スポットで自由研究をやっちゃおう!』。
3週目は、港区内で最先端の技術にふれられるスポットをご紹介します。
まだまだ予約可能なワークショップを開催しているところもありますので、
気軽に訪れてみましょう。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
8月のテーマ『穴場スポットで自由研究をやっちゃおう!』
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
「最先端技術を学べるスポット大特集」
TEPIA 先端技術館/ソニー・エクスプローラサイエンス

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■1TEPIA 先端技術館
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
東京メトロ銀座線「外苑前」駅から徒歩わずか4分。
企業や組織などの最先端技術を一同に集め、
間近で見たり、触ったり、動かしたりし、一般の人々が
先端技術を楽しく身近なものとして体感できる、新しいスタイルの展示施設です。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-01.jpg

アテンダントによるわかりやすい解説ツアーも用意され、
事前予約をすれば、平日に限り、
個別に希望のジャンルを集中的に案内してもらうことも可能。
「こんな自由研究がしてみたい!」と相談すれば、
それに合わせた見学もアレンジしてもらえます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-02.jpg

館内に足を踏み入れると、まずは「セグメントセンサ」がお出迎え。
カメラに映った人の顔画像を分析し、その人の性別と年齢を推定します。
推定に要する時間は約0.04秒。何歳と判定されるか、楽しみです!
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-03.jpg

エリア内は5つのエリアに分かれています。

◆テクノロジーパスウェイ◆
入口からインフォメーションまでの「テクノロジーパスウェイ」では、
なんと人型ロボット「ワカマル」が出迎えてくれます!
「ワカマル」は人と共に暮らすため、三菱重工業が開発したロボット。
人の顔を認識する画像認識技術や音声対話技術などを搭載し、
目の前にいる人としっかりと目線を合わせ、身ぶり手ぶりを交えて会話し、
ジャンケン対決や、一緒に体操をしたりすることも可能です。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-04.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-05.jpg

◆テクノロジーショーケース◆
最新の製品やサービス、技術やシステムを紹介するのが、こちらのエリア。
特に人気の高いものをご紹介しましょう。

まずは「生体質感造形」。
3Dプリンタと数種類の樹脂を使うことで、
手術などを受ける患者の臓器の立体模型が
オーダーメイドで作成できるようになりました。
質感もそっくりだといわれています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-06.jpg

次は「QMONOS」です。
クモの糸は、世界でもっとも強靭な繊維と言われており、
人工的に量産できれば、石油を使わない夢の新素材になるとされていました。
その量産に世界で初めて成功したのが「QMONOS」。
微生物にタンパク質を効率よく作り出せる遺伝子情報を持たせ、培養することで、
タンパク質でできているクモの糸の大量生産を行っています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-07.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-08.jpg

また日産自動車による「ロボットカーエポロ″」は、
ぶつからない車を目指す過程で作られたもの。
ぶつからずに泳ぐ魚群の動きを研究し、
周囲の障害物を見つけ出すレーザーセンサーと、
エポロ同士で通信してお互いの位置や動きを知ることができる技術を身に着け、
自動車の自動走行の研究にも役立っています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-09.jpg

さらに話題のミドリムシを使った、ユーグレナによる
「ミドリムシジェット燃料」の展示もあります。
これは水中の藻類の一種であるミドリムシが蓄積するオイルを、
燃料のバイオマスとして利用するものです。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-10.jpg

世の中で話題になっているさまざまな技術に触れることができるエリア。
ほかにも注目の技術がたくさんありました。

◆テクノロジースタジオ◆
体験型展示を多く集めているのがこのエリアです。
ここは、製品やサービスが、ちょっと未来の「くらし」や「社会」に
どう入り込むのかを体感できるゾーン。

座っただけで脈拍が計測できる、富士通研究所の「顔画像脈拍計測技術」や、
「ARボット」と呼ばれるロボットが家に居て、一緒に遊べるような
ソニー・コンピュータエンタテインメントによる「プレイルーム」があります。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-11.jpg

パナソニックによる「ネットワーク型家庭用植物工場」は、
完全人工光型の野菜を栽培する機器をキッチンなどに設置。
既に一般家庭でモニタリングまで行っているそうで、
将来は本当にこのようなキッチンが増えるかもしれません。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-12.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-13.jpg

そしてこの施設で子供に一番人気が高いのが、
神奈川工科大学「白井暁彦研究室」による
「Manga Generator(瞬刊少年マルマル)」です。
なんとこちらでは、自分が主人公になった漫画を作ることができます。
壁に現れる背景に合わせ、ポーズをとると、あら不思議!
自分が漫画の世界に入り込んでしまいます。
これはカメラと連動して人の動きを読み取る
モーションキャプチャーを使ったシステム。
できあがりの漫画は持ち帰ることができるので、試してみましょう!
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-14.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-15.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-16.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-17.jpg

ここには、東京理科大学小林研究室による「マッスルスーツ」もあります。
人工筋肉を用いた「マッスルスーツ」を装着すると、
0.5MPaの空気圧で最大30kgの補助力が発生し、
重たいものも持てるような力が得られます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-18.jpg

またセラピー用に開発されたアザラシ型ロボット「パロ」を
抱いて遊ぶこともできます!
パロは世界一の癒しロボットとして、ギネスブックに認定されており、
約50語の単語を識別し、声をかけたりなでたりすると、
鳴いたり、まぶたや体を動かし反応してくれます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-19.jpg

◆テクノロジーラボ◆
その先には、実験や観察、模型づくりなどを体験するコーナーがあり、
ここでさまざまなワークショップが開催されています。
平日は事前予約制、土日祝は当日会場で先着順の受付。
平日は中学生以上を対象とした「自分のDNA抽出に挑戦!」の人気が高く、
土日祝は小学3年生から参加可能な「効率のよい風力発電に挑戦!」
「未来のエネルギーミドリムシを探そう!」のワークショップがあります。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-20.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-21.jpg

◆TEPIAビデオライブラリー◆
また2階には館内シアターがあり、JAXAから提供された「はやぶさ」の映像や、
エネルギー、自然科学に関する映像など、
110インチのスクリーンで上映をしています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-22.jpg

また館内ブースでは、先端技術などに関する多数のビデオを個別に視聴可能です。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-23.jpg

こんなに楽しめて、無料でいいの?と、本当にありがたい施設。
ぜひ夏休みの間に、訪ねてみてください!!

【住所】港区北青山2-8-44TEPIA 先端技術館1F・2F
【時間】10:00〜18:00(土日祝〜17:00)
【定休日】月曜(祝日または振替休日の場合は翌平日)
【料金】無料
【交通】
東京メトロ銀座線「外苑前」駅3番出口 徒歩約4分
【問い合わせ】03-5474-6128
http://www.tepia.jp/exhibition/

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■2ソニー・エクスプローラサイエンス
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
次はお台場のメディアージュ5階にある、
ソニー・エクスプローラサイエンスのご紹介です。
ここは、「体験」と「発見」をキーワードに2002年にオープンし、
常設展示はもちろん企画展やワークショップなどのイベントも開催しています。
ソニーのエレクトロニクス製品や
エンタテインメント・コンテンツに応用されている
最新技術を体験し、3Dを含めたさまざまな科学とその原理を
楽しみながら学べる施設となっています。

◆インフォメーション&エンタテインメントゾーン◆
館内は、4つのゾーンと1つのスタジオに分かれており、
「インフォメーション&エンタテインメントゾーン」では、
「光」「音」「エンタテインメント」をイメージした映像が出迎えます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-24.jpg

◆シアター&ワークショップゾーン◆
その先にある、「シアター&ワークショップゾーン」では、
臨場感あふれる3D映像番組を上映。
北海道旭川市にある旭山動物園の人気の動物や、
沖縄美ら海水族館の美しい魚たちがスクリーンいっぱいに動き回ります。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-25.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-26.jpg

◆サウンドゾーン◆
その次に進むのが「サウンドゾーン」。
ここでは、「音」をテーマに「音」の楽しさを再発見できます。
人気の高いコンテンツ「オンバ」は、
20個のスピーカーを空間内に均等に配置したシステム。
音の構造を要素に分解して、再び集めることで出来る
「音の場」を体験することができます。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-27.jpg

◆ライトゾーン◆
次の「ライトゾーン」は、光をテーマにしたゾーン。
「スマイルファイト」は2人が笑顔で対決し、
「笑顔の度合い」の点数によって勝敗を競うもの。
これは事前に集められた大量の笑顔データを用いて、
統計的に判定する技術が使われています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-28.jpg

同様に「スマイルランキング」では、
今までの体験した人の中で、点数による笑顔度のランキングが決定します。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-29.jpg

同じゾーンで人気が高いのが、「ホロウォールテーブル」。
手で影を作ると、その影の形にあった動物が浮かび上がります。
これは赤外線カメラで影を認識し、CG画像が呼び出されるシステム。
3人まで同時プレイが可能となっています。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-30.jpg

◆ライブショー◆
ほかにもいろいろなコンテンツがありますが、
土日祝の14:30から15:00には、
「サイエンスバトラー」による科学実験ショーが上演されます。
これは10の惑星を代表するバトラーの中から、
毎回2名がライブで科学実験対決を行うもの。
バトラーは「光」「音」「大気圧」など、科学技術や数学の得意分野を持っており、
その優劣を観客が判定します。
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-31.jpg

◆企画展◆
8月31日までは、夏休み特別展『"超"深海をのぞいてみよう!
〜水深7800mの世界ってどんなところ?〜』を開催中。
2013年11月に日本海溝の水深約7800m海域に挑んだ、
深海探査機「江戸っ子1号」が深海で使用した機体と、その“超”深海で
世界で初めて(※)3Dデジタルハイビジョンビデオカメラレコーダーで
撮影された映像を見ることができ、
そこに映し出された深海魚や過酷な深海の世界、
海中の電波通信技術などを、学ぶことができます。
※ JAMSTEC<独立行政法人 海洋研究開発機構>調べ
【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-32.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-33.jpg

また2014年8月31日まで「夏の無料キャンペーン」を開催中です!
今回のキャンペーンでは、3つのシチュエーションで入場料が無料となります。
詳しくは下記HPを参照ください。
http://www.sonyexplorascience.jp/news/#news78

【住所】港区台場1-7-1メディアージュ5階
【時間】11:00〜19:00(入館は18:30まで)
【定休日】不定休(詳しくは電話またはHPを確認)
【入場料】16歳以上500円、3歳以上300円、3歳未満無料
【交通】新交通ゆりかもめ「台場」駅 徒歩2分
りんかい線「東京テレポート」駅 徒歩5分
【問い合わせ】03-5531-2186
http://www.sonyexplorascience.jp/

∽∽∽∽∽∽
☆ミニコラム
∽∽∽∽∽∽
最新技術「AR」で見学

博物館などの施設では、近年「拡張現実」=Augmented Reality、
略して「AR」を利用した展示を行っているところも多くなっています。
TEPIA 先端技術館でも、ARを利用することができ、
スマートフォンやタブレット端末に指定されたアプリを取り込んで、
対象物にかざしてみると、CG画像でよりリアルな動きなどを
眺めることができるようになっています。
展示スペースには、予めタブレット端末が準備されている展示物もありますので
ぜひ利用してみましょう。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
イベント&アート情報
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【1】日本初開催のピエール・シャロー展
パナソニック 汐留ミュージアム
「建築家ピエール・シャローとガラスの家」

1920年から1930年代のパリを舞台に
家具、インテリア、建築3つの分野で比類のない造型を生み出した
ピエール・シャローを紹介します。
中心となるのは、シャローが1927年から1931年の間に手がけた
パリ左岸に現存する邸宅“ガラスの家”。
1日の終わりには魔法のランタンのように内部から発光し、
夜が訪れれば外部に吊った大きな投光器が内部を照らします。
8月23日(土)13:30からは、
「ピエール・シャローの時代と空間:家具・装飾・建築」講演会を開催(要予約)。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-34.jpg
ピエール・シャロー≪ガラスの家≫1927-1931年
Photo(C)Centre Pompidou - MNAM Bibliotheque Kandinsky-Georges
Meguerditchian(Bibliothequeのtheのeはアクサン・グラーヴ付き)

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-35.jpg
ピエール・シャロー≪ガラスの家≫1927-1931年
Photo(C)Centre Pompidou - MNAM Bibliotheque Kandinsky-Georges
Meguerditchian(Bibliothequeのtheのeはアクサン・グラーヴ付き)

【期間】開催中〜10月13日(月・祝)※水曜休館
【住所】港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
【時間】10:00〜18:00(入館は閉館の17:30まで)
【入場料】一般800円、65歳以上700円、大学生600円、中・高校生200円
【交通】
都営地下鉄大江戸線「汐留」駅3・4番出口 徒歩約5分
東京メトロ銀座線「新橋」駅2番出口 徒歩約6分
新交通ゆりかもめ「新橋」駅 徒歩約6分
都営地下鉄浅草線「新橋」駅 徒歩約6分
JR山手線ほか「新橋」駅烏森口、汐留口、銀座口 徒歩約8分
【問い合わせ】03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://panasonic.co.jp/es/museum/


【2】染付磁器と色絵磁器で作られる食器と花入の作品展
クラフト小川・ ぎゃらりー小川
前田和子&会津無一窯 鈴木幹雄・孫枝「青と白の器展」

三重県伊勢の前田和子さんと、会津の鈴木夫妻が作る白磁作品。
前田さんのモチーフは山野草。
青と白を超えた豊かな彩りの器が並びます。
鈴木夫妻は、幹雄さんが器胎を、孫枝さんが染付と色絵の絵付けを担当。
洋花などの植物、果物、野菜などバラエティ豊かで個性的な作品が展示されます。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-36.jpg
前田和子「モミジアオイ文手付鉢」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-37.jpg
鈴木幹雄・孫枝「トウモロコシ文角皿」


【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-38.jpg
前田和子「サンキライ文蓋付丼」

【期間】開催中〜8月30日(土)※日曜休館
【住所】港区赤坂3-12-22
【時間】11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
【入場料】無料
【交通】
東京メトロ千代田線「赤坂」駅 徒歩約2分
東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅 徒歩約4分
【問い合わせ】03-3583-3628、03-3584-1765
http://www.craft-ogawa.co.jp/


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
港区の名建築を訪ねて
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
8月は港区の文化財特集(3)

■旧乃木邸及び馬小屋
旧乃木邸1902年竣工。木造平屋建て、日本瓦葺き。
馬小屋1889年竣工。煉瓦造平屋建て、日本瓦葺き。
邸宅は1879年に購入し、1902年に新築の後、
1912年9月13日、乃木希典(まれすけ)夫妻が
明治天皇に従い殉死するまでの住居となりました。
その後、遺言で東京市に寄付され、現在は港区が管理しています。
設計は海軍技師の北沢虎造で、建坪168平方m、傾斜地を利用し、
建物全体に半地下の構造を持っています。
乃木希典がドイツ留学中に、
フランス陸軍の聯隊本部の建物を見てスケッチし、
それを模範に建てたものといい、軍人の家らしく簡素で合理的に造られています。
一方、馬小屋は、間口約12.5m、奥行約4.5mに、馬房や馬糧庫があり、
住居が木造であるのに対し、
馬小屋が煉瓦造りで立派であるという評判もあったといいます。
煉瓦造の馬小屋は数少ない遺例として大変貴重であり、
馬をかわいがり大切にした乃木希典の人柄が偲ばれます。
1987年港区の有形文化財に指定されました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-39.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-40.jpg

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1408-3/1408-3-41.jpg

【住所】赤坂8-11-32 乃木公園内
http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/muse/j/bunkazai/bunkazai.cgi?id=5097

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、
どしどしお便りをお送りください。お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/
【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK