メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2014年8月14日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!
・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.
MINATOあらかると観光情報メール
  『WELCOME港区』2014/8/14号 vol.522
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

┏…━━゚+.━★CONTENTS…━━o゚+.━★━━o゚+.━★━━o゚+.━★
┣■8月のテーマ『穴場スポットで自由研究をやっちゃおう!』
|8月14日号は「放送博物館&TV局大特集」
|☆ミニコラム「テレビ局見学」
┣■イベント&アート情報
┣■港区の名建築を訪ねて「港区の文化財特集(2)」
┗…━━゚+.━★…━o゚+.━★…━━o゚+.━★━━★━━o゚+.━★

こんにちは!『WELCOME港区』編集部です。

今日は何の日!?
8月14日は、2008年の北京オリンピックで北島康介選手が、
「世界初平泳ぎ2大会連続2種目制覇」を成し遂げた日です。
暑さをしのぐためにも、プールに入りたくなる季節ですが、
8月は港区内のいくつかの区立小・中学校でプール開放を行っています。
未来のオリンピアンを目指す子供たちだけでなく
港区在住、在勤の大人の方も利用可能ですので
ぜひ泳ぎにお出かけください。

さて8月のテーマは、『穴場スポットで自由研究をやっちゃおう!』。
いろいろテーマはありますが、実は港区にはTV局がたくさんあります。
日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京に
NHKの放送博物館まで!
せっかくたくさんあるTV局ですので、いろいろ回り、
研究してみてはいかがでしょうか。
ちょうど今はまだ夏休みも半ば、夏フェスも盛んなTV局で、
イベントを楽しみながら、自由研究もできる、
そんな日帰りTV局巡りを楽しんでみませんか。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
8月のテーマ『穴場スポットで自由研究をやっちゃおう!』
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
「放送博物館&TV局大特集」
NHK放送博物館/テレビ朝日/TBS/フジテレビ

+‥‥‥‥‥‥‥‥+
■1 NHK放送博物館
+‥‥‥‥‥‥‥‥+
1956年に世界最初の放送専門ミュージアムとしてオープン。
1階から4階までテーマごとに紹介しています。
今回紹介するのは体験できる人気コーナー。
実際に触れながら放送について学んでいきましょう。
1階の受付で“探検シート(初級〜上級あり)”をもらい、
館内の各所にあるクイズの答えを記入して回るのもおすすめです。
ここで紹介できなかった2階では、ラジオ放送の始まりや
東京オリンピックを契機に発達した衛星中継などを紹介する放送の歴史を、
4階には、大河ドラマの衣装展示や図書・史料ライブラリーなどもあります。
◆放送開始当時の再現スタジオ◆
放送のはじまりを紹介する1階へ。
ラジオ放送開始当時に使われていたダブルボタンマイクや
スピーカーが展示されたスタジオで、
当時の音質で自分の声を聞くことができます。
◆体験スタジオ◆
中2階にあるスタジオのセットでは、
実際にカメラの前でニュースを読んだり、
電車に乗って車窓の景色を眺める疑似体験のできる人気ブースなどがあります。
◆豊かな文化を伝える◆
3階では放送の発展をジャンル別に振り返ります。
ここでは番組制作に使われた効果音の道具を体験できます。
実際に手に取って、雨音や波の音など試してみましょう。
夏休み企画としてワークショップ『テレビの原理を学ぼう』を
下記の日程で開催します。
この機会にテレビはどのようにして映像を映し出しているのか?
学んでみてはいかがでしょう。
8月16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)
※各日4回約30分(11:30/13:30/14:30/15:30)
小学3年生〜中学生対象、各回先着10名程度、3階多目的スペースにて

【住所】港区愛宕2-1-1
【時間】9:30〜16:30
【定休日】月曜(祝日または振替休日の場合は翌火曜)、年末年始休み
【料金】無料
【交通】
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅 徒歩約8分
都営地下鉄三田線「御成門」駅 徒歩約10分
東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅 徒歩約13分
【問い合わせ】03-5400-6900
http://www.nhk.or.jp/museum/

+‥‥‥‥‥‥+
■2テレビ朝日
+‥‥‥‥‥‥+
六本木ヒルズにある「テレビ朝日本社見学」は、
学校などのグループ単位で、小学生の場合引率の先生も必要となりますが、
1階アトリウムは、朝9時30分から20時30分まで一般公開しているので、
気軽に入ってみましょう。
番組ディスプレーや、テレアサショップなどがあります。

また今年はじめて夏フェスを開催した「テレビ朝日」。
8月24日まで、「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」を
行っているので立ち寄ってみましょう!
ヒルズの玄関口【66プラザ】で、迎えてくれるのは
なんと66体ものドラえもん!!
それ以外にもテレビ朝日の人気番組の戦隊ショーや、
アニメヒーローのステージショーなどもあります。
また子供に人気のスタンプラリーも開催中です。
【住所】港区六本木6-9-1(テレビ朝日・アトリウム)
【時間】9:30〜20:30(ショップにより異なる)
【定休日】なし
【入場料】無料
【交通】東京メトロ日比谷線「六本木」駅 徒歩5分
【問い合わせ】03-6406-5555(代表)(「テレ朝館内見学」問い合わせ)
0570-068-555(サマステインフォメーション)
http://www.tv-asahi.co.jp/hq/index.html
http://www.tv-asahi.co.jp/summerstation/

+‥‥‥+
■3TBS
+‥‥‥+
赤坂にあるTV局は、TBS。
「TBS放送センター見学」は、
小学5年生から高校3年生までの学習を目的とした見学に限られ、
月曜から金曜まで(平日のみ)各日2回行っています。
小学生の場合は、引率の先生が必要となり、
見学日の2週間前までに電話で申し込む、完全予約制です。

また赤坂サカスにて8月31日まで開催されている、
「夏サカス2014 デリシャカス 〜番組グルメでおもてなし〜」で
雰囲気を味わってみるのもおすすめです。
番組と有名店がコラボしたデリシャスなメニューを満喫できます!
【住所】港区赤坂5-3
【時間】施設により異なる
デリシャカス11:00〜21:00
【定休日】施設により異なる、デリシャカス期間中無休
【入場料】無料
【交通】東京メトロ千代田線『赤坂』駅 直結
http://www.tbs.co.jp/interaccess/ichao/kengaku.html
http://sacas.net/season_event/index.html

+‥‥‥‥‥‥+
■4フジテレビ
+‥‥‥‥‥‥+
夏休みの間も大人気なのは、見学内容が充実しているフジテレビの本社ビル。
球体展望室『はちたま』もあり、チューブエスカレーターに乗れば、
7階の『屋上庭園』へ行くことができます。
この先、『はちたま』へは別料金がかかりますが、
25階の展望フロアからは、レインボーブリッジもきれいに見えます。
また球体の下部24階では、実際に現在使われている
「めざまスカイ」のスタジオ見学も可能(収録のため見学不可の場合あり)。
5階は7月19日にバージョンアップしたばかりの、
『フジテレビワンダーストリート』があり、
人気番組のコーナーなども目白押しです。

また8月31日まではイベントの「お台場新大陸2014」を開催。
「ネプリーグ 超常識クイズランド」トロッコアドベンチャーなど、
連日熱く盛り上がっています。

【住所】港区台場2-4-8
【時間】10:00〜18:00(ショップ、レストランは異なる)
【定休日】無休(店舗により異なる)
【入場料】無料(球体展望室のみ大人550円/小中学生300円)
【交通】新交通ゆりかもめ「台場」駅 徒歩3分
【問い合わせ】0180-993-188(見学等)、0570-092-888(お台場新大陸)
http://www.fujitv.co.jp/gotofujitv/

∽∽∽∽∽∽
☆ミニコラム
∽∽∽∽∽∽
テレビ局見学

テレビ局の仕事現場の見学は、
学校単位などのグループ単位で受け入れているところが多く、
個人参加は不可のところが多くなっています。
今回ご紹介していない、「日本テレビ」では、
小学校5年生から高校3年生まで、教師の引率が必要な完全予約制、
「テレビ東京」も校外学習として、
小学校5年生から高校3年生まで学校の授業の一環としてだけ受け入れています。
気軽に訪れたいならスタジオ見学なども行っているフジテレビの見学など、
うまく利用してみましょう。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
イベント&アート情報
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【1】二人のアーティストによる時空を超えたコラボレーション
森アーツセンターギャラリー
「特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉- 」

「2013‐2014日本スペイン交流400周年」を記念し、
ガウディ自筆のスケッチや図面や建築模型など、
貴重な資料約100件を通してガウディの偉業を紹介するとともに、
漫画家・井上雄彦氏が、建築家・ガウディの人間像とその物語を描く特別展。
ガウディの少年時代から建築家としてまだ無名の頃までをたどる第1章、
黄金期のガウディが建てた代表作を紹介する第2章、
サグラダ・ファミリアに焦点を絞った第3章の3部構成で展示されます。
本展では、井上雄彦氏による作品約40点、
画が動き出すプロジェクション・マッピング、
建築構造のインスタレーションなどの展示演出も行われます。

【期間】開催中〜9月7日(日)※会期中無休
【住所】港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
【時間】10:00〜20:00(最終入場19:30)
【入場料】一般・大学生1800円、中・高校生1300円、4歳〜小学生800円
【交通】
東京メトロ 日比谷線「六本木」駅1C出口 徒歩0分(コンコースにて直結)
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅 徒歩約4分
都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅 徒歩約5分
東京メトロ南北線「麻布十番」駅 徒歩約8分
【問い合わせ】TEL0570-063-050(ローソンチケット内)
http://www.gaudinoue.com/


【2】江戸時代から明治初期にかけての陸上交通について紹介
物流博物館
「にっぽん歴史街道 街道の旅と輸送〜江戸から明治へ〜」

江戸時代から昭和までの物流のあゆみと現代の物流産業について紹介する博物館。
今回の企画展では、これまであまり公開する機会のなかった、
物流博物館所蔵の旅と輸送に関する資料を展示し、
江戸時代から明治初期にかけての陸上交通の変遷をたどります。
この企画展は、同時期に開催される埼玉県立歴史と民俗の博物館の特別展
「江戸の街道(みち)〜絵図でたどる宿場と関所〜」の
共催事業である「にっぽん歴史街道展」の一環として企画されたものです。
また埼玉県立歴史と民俗の博物館、郵政博物館、物流博物館の
 3館をまわるスタンプラリーも開催しています。


【期間】開催中〜31日(日)
※毎週月曜及び毎月第4火曜(これらが祝日・振替休日の場合はその翌日)、
祝日の翌日、展示替期間(直近は9月1日(月)〜5日(金))、年末年始は休み
【住所】港区高輪4-7-15
【時間】10:00〜17:00(入館は16:30まで)
【入場料】大人(高校生以上)200円、65歳以上100円、小・中学生無料
【交通】
JR山手線ほか「品川」駅 徒歩約7分
都営地下鉄浅草線「高輪台」駅 徒歩約7分
ちぃばす高輪ルート「東京高輪病院」下車 徒歩約1分
【問い合わせ】03-3280-1616
http://www.lmuse.or.jp/

【3】50周年のありがとうを込めて。思い出写真募集!!
東京プリンスホテル
「マイ『東プリ』ストーリー」

2014年9月1日に開業50周年を迎えるにあたり、
歴史を振り返る「写真展」を開催します。
そこで東京プリンスで過ごした思い出とメッセージを募集します。
なお応募可能な写真は、1964年〜1980年までに撮影されたものが対象。
展示に採用された方には、「ホテルペアディナー券」をプレゼントします。
応募方法は、メールもしくは郵送で、詳細はHPを参照ください。
【写真応募締切】8月28日(金)必着
【展示期間】9月上旬〜2015年1月下旬
【場所】港区芝公園3-3-1東京プリンスホテル1Fロビーとその周辺
【問い合わせ】03-3432-1111(平日10:00〜18:00)
http://www.princehotels.co.jp/tokyo/event/50thanniversary/


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
港区の名建築を訪ねて
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
8月は港区の文化財特集(2)

■堀商店
1932年竣工。鉄筋コンクリート造4階建、塔屋付。
1890年創業の錠前、建具金物などを扱う会社で、
当初建てた木造建築が関東大震災で罹炎し、現在の建物は再建したもの。
設計を担当したのは、公保敏男と
その実兄であり聖徳記念絵画館(神宮絵画館)を設計した小林正紹です。
角地の特性を活かしたファサードとなっており、
外壁全体はスクラッチタイルを基調として、
水平に窓が連続するモダニズム要素を基本としながら、
様々な装飾を施しています。
最上階には住宅が設けてあるのも、
当時の商業建築に見られる構成です。
昭和初期を代表する商業建築として、
1998年に国の登録有形文化財に指定されました。
http://www.hori-locks.co.jp/company_bilding.html

【住所】港区新橋2-5-2


◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、
どしどしお便りをお送りください。お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/
【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK