メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2014年7月17日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2014/7/17号 vol.518
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

┏…━━゚+.━★CONTENTS…━━o゚+.━★━━o゚+.━★━━o゚+.━★
┣■7月のテーマ『涼しい夏旅! ちぃばすミニトリップ』
|7月17日号は「歴史を学ぶ! 麻布東ルート大特集」
|☆ミニコラム「ちぃばすのバスロケ」
┣■イベント&アート情報
┣■港区の名建築を訪ねて「港区の洋館特集(3)」
┗…━━゚+.━★…━o゚+.━★…━━o゚+.━★━━★━━o゚+.━★

こんにちは!『WELCOME港区』編集部です。

今日は何の日!?
7月17日は「東京の日」です。

1868年のこの日に、明治天皇の詔勅により
「江戸」が「東亰(とうけい)」に改称されたことにちなみ、
「東京の日」とされています。
なお当初は「東京府」でしたが、
1878年には府下が区と郡に分けられ、
府税収入の多かった地域を選定、15の区が画定されました。
そのうちの3区が、「芝区」「麻布区」「赤坂区」。
その後、区域の変動などはありましたが、
1947年に3区が合併され、港区が誕生しました。

さて7月のテーマは、『涼しい夏旅! ちぃばすミニトリップ』。
第3週目は上記の芝、麻布エリアなどから、飯倉、六本木も通り、
神谷町方面を通過し、また芝方面へ一周する「麻布東ルート」のご紹介です。
港区内にある歴史の深い場所を
ちぃばすで回るおすすめコースをご紹介します。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
7月のテーマ『涼しい夏旅! ちぃばすミニトリップ』
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
「歴史を学ぶ! 麻布東ルート大特集」
御成門駅/増上寺/宝珠院/芝公園/芝東照宮/外交史料館/
島崎藤村旧居跡/東京英和女学院/東京タワー&東京タワー水族館

http://www.city.minato.tokyo.jp/kankyo-machi/kotsu/bus/community.html
http://www.fujikyu.co.jp/express/

【運賃】小学生以上一律1乗車100円
【問い合わせ】TEL:03-3455-2213(フジエクスプレス)

+‥‥‥‥‥‥+
■1御成門駅
+‥‥‥‥‥‥+
今回のスタートは、ちぃばすバス停「67 御成門駅」から。
このバス停は都営地下鉄三田線御成門駅A3出口からすぐの位置にあります。
平日ならば約20分おきに、土休日ならば約30分おきにバスが運行しており、
バス停からは東京タワーも見えます。
なお、このバス停は「芝ルート」のバス停にもなっているので、
バスを間違えないように気をつけましょう。

+‥‥‥‥‥+
■2増上寺
+‥‥‥‥‥+
ちぃばすミニトリップ、初めに下車するのはバス停「68 港区役所」。
ここから増上寺へ向かいます。
浄土宗七大本山のひとつ、増上寺。正式名は、三縁山広度院増上寺といいます。
徳川家の菩提寺とされており、二代秀忠をはじめとし、六代家宣、七代家継、
九代家重、十二代家慶、十四代家茂といった6名の将軍と
それぞれの正室、側室の墓所がこの寺院に設けられています。
表玄関に建つ朱塗りの三解脱門(三門)は、東日本最大級の門で国指定の重要文化財。
江戸の初期に大造営された当時の面影を残す唯一の建造物です。
また御本尊の阿弥陀仏が鎮座する大殿は、
浄土宗大本山の念仏の根本道場として1974年に再建されたもの。
東京タワーを背にした姿は、東京を代表する風景の一つとなっています。
さらに安国殿に祀られている秘仏の黒本尊は、徳川家康公が深く信仰し、
度重なる災難の除けたことから、勝運の仏様として今でも広く尊崇をあつめています。
次のスポット、宝珠院へは台徳院霊廟総門を通っていきます。

http://www.zojoji.or.jp/

【場所】港区芝公園4-7-35
【問い合わせ】03-3432-1431

+‥‥‥‥‥+
■3宝珠院
+‥‥‥‥‥+
増上寺から西側に歩くと、増上寺三十世霊玄上人によって開創された寺院の
宝珠院があります。
ここには1685年作といわれる、高さ2m、寄木造りで
右に司録、左に司命のニ像を従えた閻魔大王があり、
港区の文化財に指定されています。
またこの寺院には家康公が篤く信仰した弁財天があり、
「開運出世辨才天」と家康公が改称したといわれ、
港区七福神のひとつに制定されています。

【場所】港区芝公園4-8-55
【問い合わせ】03-3431-0987

+‥‥‥‥‥+
■4芝公園
+‥‥‥‥‥+
宝珠院の後は、増上寺の周辺に広がる芝公園を散策しましょう。
芝公園の園内には、
都内最大級の規模を持つ前方後円墳・芝丸山古墳や
近くの高輪の大木戸が測量の起点となったため東京地学協会により設けられた、
伊能忠敬記念碑もあります。
夏とはいえ、公園には池もあるので、緑の木陰は風が抜けると、
炎天下より涼しく過ごせることでしょう。

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index001.html

【場所】港区芝公園1・2・3・4丁目
【問い合わせ】03-3431-4359

+‥‥‥‥‥+
■5芝東照宮
+‥‥‥‥‥+
そのまま歩いて、今度は芝東照宮まで行きましょう。
この神社は、当初増上寺内境内に勧請されていましたが、
明治初期の神仏分離のため、増上寺から分かれて東照宮となりました。
60歳の徳川家康公が自ら命じて彫らせた等身大の寿像があり、
これがご神体として祀られています。
なお1945年5月の戦災で、社殿等は消失しましたが、
この寿像とともに残ったのがイチョウの大木。
三代将軍家光が植えたものと伝えられ、都の天然記念物に指定されています。
御参拝の後には、ちぃばすバス停「69 芝公園駅」まで歩きましょう。

http://www.shibatoshogu.com/

【場所】港区芝公園4-8-10
【問い合わせ】TEL:03-3431-4802

+‥‥‥‥‥‥+
■6外交史料館
+‥‥‥‥‥‥+
ちぃばすに乗り、次に降りるバス停は「90 飯倉片町」。
ここから飯倉片町の地下横断歩道を渡り、少し歩くと
外務省の外交史料館が建っています。
こちらの史料館では、日本の外交記録を閲覧可能なほか、
幕末から第二次世界大戦終結までを中心に日本外交の足跡を示す
代表的な条約書、国書・親書、外交文書などの展示も行っています。
また吉田茂元総理の遺品も常設展示されていますので、
気軽に立ち寄ってみましょう。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/

【場所】港区麻布台1-5-3
【問い合わせ】03-3585-4511

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■7島崎藤村旧居跡
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
ちぃばすバス停「90 飯倉片町」付近でもうひとつ訪れたいのが、
島崎藤村旧居跡です。
旧居跡は現在の鼬坂(いたちざか)を下ったあたりにあり、
メゾン飯倉という建物の前に石柱と石板が立っています。
藤村は現在港区にある明治学院の第一期生として入学し、
寄宿舎の「ヘボン館」に入っていましたが、
この学校を舞台とし『桜の実の熟する時』を書いたことでも知られています。
そのように港区とゆかりのある藤村ですが、
1918年から飯倉片町の家で18年間を過ごし、
代表作の『夜明け前』をここで完成させました。

http://www.minato-ala.net/details/guide2/j/0169.html
http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/yukari/j/man-detail.cgi?id=52&CGISESSID=852e12938678a2e41aa02f8aeb09a593

【場所】麻布台3-4-17

+‥‥‥‥‥‥‥‥+
■8東洋英和女学院
+‥‥‥‥‥‥‥‥+
バス停「90 飯倉片町」からバスに乗り、
次に降りるのは「19 東洋英和女学院前」。
かつて東洋英和女学校で学んでいたのが、
TVドラマ『花子とアン』で話題の村岡花子です。
9月末まで、本部・大学院棟1階ロビーにある学院史料展示コーナーで、
「村岡花子と東洋英和 U」を開催し、数々の史料を展示していますので、
立ち寄ってみましょう(8月7日〜13日は休館)。
また以前この学校の校舎を設計したのが、
日本で多くの西洋建築を手がけた建築家の
ウィリアム・メレル・ヴォーリズでした。
今は改築され、別の建物となっていますが、
一粒社ヴォーリズ建築事務所が改築の一部を担当したため、
鳥居坂側はヴォーリズのデザインを踏襲するような
スパニッシュ・ミッション・スタイルを基調した建物となっています。

http://www.toyoeiwa.ac.jp/topics/20140711180000_f.html
http://www.toyoeiwa.ac.jp/index.html

【場所】港区六本木5-14-40
【問い合わせ】03-3583-3166

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■9東京タワー&東京タワー水族館
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
「19 東洋英和女学院前」からちぃばすに乗り、
バスは「六本木ヒルズ」で折り返す形となります。
「108 飯倉片町」を過ぎた後、通ってきた道と別の道へ入りますので、
次は「110 東麻布一丁目(東京タワー下)」バス停で降りましょう。
バス停で降りたら、国道1号線の東麻布にかかる歩道橋を渡ります。
最後に立ち寄るスポットは、東京タワーです。
いつもは展望台を利用する人が多いと思いますが、
暑い夏には気分まで涼しくなる、
東京タワー水族館に立ち寄ってみてはいかがでしょう。
ここはフットタウン1階にある、
世界中の美しい観賞魚や珍しい魚を集めた水族館。
観賞魚約900種類、50000匹を展示しており、その規模は世界一。
わかりやすく日本と棲息地別などに分類展示されています。

http://suizokukan.net/
http://www.tokyotower.co.jp/

【場所】港区芝公園4-2-8
【問い合わせ】03-3433-5111

∽∽∽∽∽∽
☆ミニコラム
∽∽∽∽∽∽
ちぃばすのバスロケ

何時にバスがあるのか、またあとどれぐらいでバスが来るのかなど
知りたい時に便利なのが、バスロケーションシステム、略して「バスロケ」。
ちぃばすでも携帯電話やパソコンの端末から、
現在バスがどこを走行しているのか、
運行状況を確認したり、バスの所要時間など、
下記サイトで調べることができます。

http://www.buskuru.com/chiibus

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
イベント&アート情報
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【1】波山芸術の全貌を紹介する大回顧展
泉屋博古館分館
「没後50年回顧展 板谷波山 −光を包む美しきやきもの」

アール・ヌーヴォー様式を取り入れ、
東洋の古典意匠との融合によって自らの芸術ヘと昇華させ、
やきものの美を追求した日本近代陶芸の巨匠・板谷波山。
光を包みこむような美しいやきもの「葆光彩磁」を創造しました。

【期間】開催中〜8月24日(日)※月曜日は休館(7月21日は開館、翌22日休館)
【時間】10:00〜16:30(入館は16時まで)
【入場料】特別展一般800円、高・大学生 500円、中学生以下無料
【場所】港区六本木1-5-1住友コレクション 泉屋博古館分館
【交通】東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅 徒歩約5分
【問い合わせ】03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.sen-oku.or.jp/

【2】最新のグラフィックデザインを観賞
東京ミッドタウン・デザインハブ
「第46回企画展「日本のグラフィックデザイン2014」展」

日本のデザイン団体である日本グラフィックデザイナー協会が
年鑑『Graphic Design In Japan』の2014年版の発行を記念し、
掲載作品の中からおよそ300点を、実物とモニタで展示。
現在の日本のグラフィックデザインを見ることができます。

【期間】開催中〜8月3日(日)※会期中は無休
【時間】11:00〜19:00
【入場料】無料
【場所】港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー5F
【交通】
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木」駅直結
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅 徒歩約8分
【問い合わせ】03-6743-3776
http://designhub.jp/

【3】夏休みの子供たち、大集合〜!!
夏休みスペシャル! 親子で楽しむミナ*コレ&まち歩きツアー

自由研究などにぴったりの、まち歩きツアーを無料で開催します。
コースは赤坂コースと芝コースの2コース。
ツアーの最後には学習時間も設けているので、
その日のツアーで学んだことを、
その日のうちにそのまままとめることが可能です。
申し込みはお電話で、詳細は下記のとおりです。

【対象】区内在住・在学者の小学4〜5年生と保護者(2名1組)
【コース・日時】
@赤坂コース 7月24日(木) 9:15〜12:00(9時に地下鉄外苑前駅集合)
A芝コース 7月31日(木) 9:15〜12:00(9時に港区観光インフォメーションセンター(東京モノレール浜松町駅3階)前集合)
【内容】
@赤坂コース tepia、高橋是清翁記念公園ほか
A芝コース 福沢・近藤両翁学塾跡、パナソニック汐留ミュージアムほか
【人数】各コース10組20人(申込順)
【費用】無料
【申し込み】7月22日(火)までに産業振興課(03-3578-2554 平日8時30分〜17時15分)へお電話にてお申し込みください。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
港区の名建築を訪ねて
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
7月は港区の洋館特集(3)

■菊池寛実記念 智美術館 西洋館(旧菊池邸)
木造2階建て。
虎ノ門にある「菊池寛実記念 智美術館」の敷地内にあり、
美術館に隣接しているのが国の登録有形文化財となっている西洋館です。
ここは修復を重ねながら、建具等の室内装飾が丁寧に保全されており、
今日まで使用されている希有な建物です。
通常、建物の内部は非公開とされていますが、
各展覧会の期間内に開催する西洋館見学会では、
内部まで見学が可能となっています。

☆今後の公開日について
展覧会の開催期間中、元明治大学講師・建築家篠田義男先生の案内にて、
こちらの西洋館は各展示期間内に2回ほど限定公開されていますが、
今後の公開は下記のとおりです。

日時−7月26日、9月13日 11:00〜
定員−20名(予約制)
費用−ひとり8000円
西洋館の案内、美術館入館料(学芸員の解説付き)、
レストラン「ヴォワ・ラクテ」でのランチサービス含む

http://www.musee-tomo.or.jp/house.html

【住所】港区虎ノ門4-1-35
【問い合わせ】03-5733-5131

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、
どしどしお便りをお送りください。お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/
【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK